みらい メディカル。 【愛称:みらいメディカル】アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(年2回決算型)│投資信託│埼玉りそな銀行

株式会社みらいメディカル

みらい メディカル

手術件数は年々増加しており、さらなる普及が見込まれます。 体への負担が少ない• 合併症のリスク軽減• 上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを示唆・保証するものではありません。 また上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。 次世代シーケンサーの登場により、遺伝子解析コストと期間は劇的に低下しました。 病気の早期発見やテーラーメイド医療の実現など、様々なメリットが期待されます。 遺伝子解析にかかるコストの低下と 期間の短縮 期間:2001年9月~2017年7月、2003年3月までは半年ごと、2003年10月以降は3ヵ月ごと。 出所:National Human Genome Research Instituteホームページ、各種資料などを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。 上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを示唆・保証するものではありません。 また上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。 がんの新たな治療法として「免疫療法」が近年注目されています。 また、技術革新が再生医療の実用化を加速させ、再生医療の市場規模は急速に拡大していくと見込まれています。 免疫療法 免疫療法とは、免疫本来の力を回復させる治療法です。 臨床での研究で効果が明らかにされている免疫療法としては、がん細胞が免疫にブレーキをかける仕組みに働きかける免疫チェックポイント阻害剤などがあります。 免疫チェックポイント阻害剤とは、がん細胞が体内の免疫細胞 T細胞など にブレーキをかけるのを防ぐことで免疫細胞の働きを持続させ、がん細胞への攻撃を助けるものです。 【ご参考】 キメラ抗原受容体T細胞 CAR-T細胞 療法 血液などから免疫細胞を取り出し、遺伝子組換え技術を用いて免疫能力を増強し培養したのち、体内に戻す治療法。 次世代の治療法として研究開発が進められています。 出所:国立がん研究センター「がん情報サービス」ホームページ等の情報を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。 イラストはイメージです。 再生医療 再生医療とは、病気や怪我などによって失われてしまった機能を回復させることを目的とした治療法です。 iPS細胞 人工多能性幹細胞のことで、皮膚などの細胞をもとに作られる、あらゆる細胞に変化できる細胞 iPS細胞は再生医療や、病気の原因を解明し、新しい薬の開発などに活用できると考えられています。 出所:京都大学iPS細胞研究所、経済産業省 再生医療の実用化・産業化に関する研究会の最終報告書 等の各種資料を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。 イラストはイメージです。 上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを示唆・保証するものではありません。 また上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。 現在の医療現場では、AIなどの最先端の情報技術を積極的に活用する医療のデジタル化が急速に進んでいます。 世界のデジタル医療市場は引き続き拡大すると見込まれています。 デジタル医療の推進 遠隔診療 遠隔診療とは、テレビ電話などの情報通信技術を用いて診療を行うことで、「医師同士をつなぐ」ものと「医師と患者をつなぐ」ものがあります。 次世代の移動通信システム「5G」を活用して地域の診療所と大学病院を結ぶ実証実験も始まっています。 AI病院 日本では、カルテの自動入力や画像診断などにAI 人工知能 を積極的に利用する「AI病院」の実現に向けて産官学が連携する方向です。 *デジタル医療市場は遠隔医療、オンライン・モバイル医療 ヘルス 、電子カルテから構成されます。 2017年以降は予測値。 出所:Statistaのデータを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。 上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを示唆・保証するものではありません。 また上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。 中でも医療テクロノジー関連株式は、ヘルスケアや医薬品の株式よりも堅調なパフォーマンスを示しています。 <当資料で使用した指数およびその権利について> 当資料では、特に記載の無い限り、以下の指数を使用しております。 【ヘルスケア株式】MSCIワールド・ヘルスケア・インデックス、【医薬品株式】MSCI World Pharmaceuticals GICS Level 3 Index、【情報技術株式】:MSCI World Information Technology Index、【世界株式】MSCI ワールド・インデックス• ・MSCIの各インデックスは、MSCI Inc. が開発した株価指数です。 同指数に関する著作権、その他知的財産権はMSCI Inc. に帰属しております。 ・ブルームバーグは、ブルームバーグ・ファイナンス・エル・ピーの商標およびサービスマークです。 ブルームバーグ・ファイナンス・エル・ピーおよびその関係会社(以下「ブルームバーグ」と総称します。 また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2019年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。 国際株式型(グローバル) 部門は、2019年12月末において当該部門に属するファンド546本の中から選考されました。 ・当ウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社が日本の居住者の皆様を対象として設定・運用を行う国内投資信託の特色・仕組みおよび運用状況等をお伝えすることを目的として、アムンディ・ジャパン株式会社が作成したものであり、法令等に基づく開示書類ではありません。 また、当ウェブサイトに含まれるいかなる金融商品の販売を意図し、または購入あるいは売却を勧誘する目的で作成されたものではありません。 ・当ウェブサイトの作成にあたり、情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。 ・ファンド等に関わる数値・グラフ等はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。 また、手数料・税金等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。 換金時(および償還時)の費用・税金等は考慮しておりません。 ・当ウェブサイトにおいて表明された将来見通し、意見および情報は作成時点のものであり、予告なしに変更される可能性があります。 当ウェブサイト中のいかなる内容も、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。 ・投資信託の取得のお申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、お受取の上、詳細の内容は投資信託説明書(交付目論見書)で必ずご確認ください。 なお、投資に関する最終決定は、ご自身でご判断ください。 ・投資信託は預金、保険ではなく、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また、登録金融機関を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の保護の対象とはなりません。 ・投資信託は、株式など値動きのある有価証券(外貨建資産には、当該外貨の円に対する為替レートの変動による為替変動リスクもあります。 )に投資しますので、基準価額は変動します。 したがって、金融機関の預金と異なり、購入金額を下回る場合があり、元本が保証されているものではありません。 また、投資信託に生じた利益および損失は、すべて投資者の皆様に帰属します。

次の

会社案内|株式会社みらいメディカル

みらい メディカル

(2)マザーファンドにおいては、個別銘柄選択を重視した運用を行います。 (3)実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。 (4)ファミリーファンド方式で運用を行います。 設定日 2018年07月31日 決算日 年2回:1月、7月の各15日(休業日の場合は翌営業日) 購入価額 申込受付日の翌営業日の基準価額 購入単位 1万円以上1円単位 信託期間 2028年07月14日まで 収益分配 原則として毎決算時に収益分配方針に基づいて分配を行います。 運用会社 1 ご購入時に直接ご負担いただく費用 購入時手数料 取得申込総金額に応じて下記料率を購入申込受付日の翌営業日の基準価額に乗じて得た金額 取得申込総金額 店頭・テレバン マイゲート・積立 3,000万円未満 3. 2 保有期間中に間接的にご負担いただく費用 運用管理費用 (信託報酬) 信託財産の純資産総額に対して 年率1. 793%(税込) その他の費用・手数料 その他の費用・手数料として下記の費用等が投資者の負担となり、ファンドから支払われます。 3 途中換金時に直接ご負担いただく費用 信託財産留保額 ありません 1 お申込み時に直接ご負担いただく費用 購入時手数料 取得申込総金額に応じて下記料率を購入申込受付日の翌営業日の基準価額に乗じて得た金額 取得申込総金額 店頭・テレバン マイゲート・積立 3,000万円未満 3. 2 保有期間中に間接的にご負担いただく費用 運用管理費用(信託報酬) 信託財産の純資産総額に対して 年率1. 793%(税込) その他の費用・手数料 その他の費用・手数料として下記の費用等が投資者の負担となり、ファンドから支払われます。 3 途中換金時に直接ご負担いただく費用 信託財産留保額 ありません• なお、「投資信託説明書(交付目論見書)」は当社Webサイトからもダウンロードできます。 投資信託ご購入にあたってのご注意事項• 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況等の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。 投資資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。 投資信託へのご投資では、商品ごとに定められた手数料等(お申込金額に対して最大3. 3%(税込)のお申込手数料(購入時手数料)、純資産総額に対して最大年2. 0%の信託財産留保額、その他運用に係る費用等の合計)をご負担いただきます。 手数料等の合計については、保有金額または保有期間等により異なるためあらかじめ記載することができません。 成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。 (2019年10月1日現在)• 投資信託は預金でなく、預金保険の対象ではありません。 また当社を通じてご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。 投資信託の募集・申込等の取扱いは当社、設定・運用は投資信託委託会社が行います。 商品ごとに手数料等およびリスクは異なります。 詳細については、店頭に用意しております最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。 なお、「投資信託説明書(交付目論見書)」は当社Webサイトからもダウンロードできます。 <マイゲートでのお取引き>• 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引きとさせていただきます。 インターネット専用ファンドの取扱いは、マイゲート(インターネットバンキング)のみの受付となります。 インターネット専用ファンドについてのご注意はをご確認ください。 <通貨選択型投資信託についてのご注意事項>• 通貨選択型ファンドは他のファンドと比べて商品性が複雑なファンドです。 商品の仕組みをご理解の上、ご購入を検討してください。 仕組みについてはからご確認ください。 情報提供:時事通信社 本画面および本画面に含まれる情報(「本情報」)に関する著作権を含む一切の権利は、時事通信社またはその提供元(「情報源」)に帰属します。 本情報は、情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性および信頼性等を確認することは債務に含まれておらず、時事通信社および情報源は、原因の如何を問わず、本情報の過誤等について一切責任を負いません。 本情報の内容は予告なく変更される場合があります。 本情報の提供については、遅延・中断等があります。 本情報の蓄積・編集・加工等および本情報を方法の如何を問わず第三者へ提供することは、禁止します。

次の

【医師の紹介】

みらい メディカル

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況等の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。 投資資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。 投資信託へのご投資では、商品ごとに定められた手数料等(お申込金額に対して最大3. 3%(税込)のお申込手数料(購入時手数料)、純資産総額に対して最大年2. 0%の信託財産留保額、その他運用に係る費用等の合計)をご負担いただきます。 手数料等の合計については、保有金額または保有期間等により異なるためあらかじめ記載することができません。 成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。 (2019年10月1日現在)• 投資信託は預金でなく、預金保険の対象ではありません。 また当社を通じてご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。 投資信託の募集・申込等の取扱いは当社、設定・運用は投資信託委託会社が行います。 商品ごとに手数料等およびリスクは異なります。 詳細については、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。 <マイゲートでのお取引き>• 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引きとさせていただきます。 インターネット専用ファンドの取扱いは、マイゲート(インターネットバンキング)のみの受付となります。 インターネット専用ファンドについてのご注意はをご確認ください。 <通貨選択型投資信託についてのご注意事項>• 通貨選択型ファンドは他のファンドと比べて商品性が複雑なファンドです。 商品の仕組みをご理解の上、ご購入を検討してください。 仕組みについてはからご確認ください。 <NISA・つみたてNISA ご利用にあたって共通のご注意事項>• 日本にお住まいの20歳以上の個人の方(口座開設年の1月1日時点)が口座を開設できます。 埼玉りそな銀行ではNISA・つみたてNISA口座開設には、投資信託の口座開設が必要です。 NISA・つみたてNISA口座は全金融機関を通じて、同一年において一人一口座のみの開設となります(金融機関変更をした場合を除く)。 金融機関の変更を行い、複数の金融機関にNISA・つみたてNISA口座を開設したことになる場合でも、各年において1つのNISA・つみたてNISA口座でしか購入することができません。 NISA・つみたてNISA口座内の株式投資信託等を変更後の金融機関に移管することもできません。 なお、金融機関を変更しようとする年分の非課税投資枠で、すでに株式投資信託等を購入していた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。 埼玉りそな銀行でのNISA・つみたてNISA対象商品は株式投資信託のみです。 NISA・つみたてNISA口座は他の口座との損益通算、損失の繰越控除はできません。 NISA・つみたてNISA口座には非課税投資枠(NISAは年間120万円・つみたてNISAは年間40万円)が設定されており、株式投資信託等を一度売却した場合、その分の非課税投資枠を利用した再投資はできません。 NISA・つみたてNISA口座預り分から発生した収益分配金を再投資する場合も非課税枠を利用することとなります。 中長期投資のための制度であることから、短期間での売買(乗換え)を前提とした商品には適しません。 非課税となる投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は従来より非課税であり、NISA・つみたてNISA口座での制度上のメリットは享受できません。 つみたてNISA制度とNISA制度は併用できません。 どちらかを選択する必要があります。

次の