コロナ ウイルス 感染 確率。 もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

新型コロナウイルス、1万人規模のイベントに感染者がいる確率

コロナ ウイルス 感染 確率

驚くべき論文が出ました! 台湾では2020年5月14日現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者440人、死者7人で感染制御に成功しています。 その台湾衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)からJAMA Internal Medicine(2020年5月1日オンライン版)に「台湾のCOVID-19感染ダイナミクス」の論文が出ました。 100人の感染確定者と2,761人の接触者について追跡(contact tracing)を行い、時期による感染力の違いが明らかになりました。 内容は誠に驚くべきものでした。 最大のポイントは「COVID-19感染は発症前から発症5日が最多で、6日以後はほとんど感染しない!」です。 最重要点は次の3つです。 接触者追跡は発症4日前までさかのぼれ 2. COVID-19は発症前から発症5日までに感染リスクがあり、6日以降はない! 3. COVID-19の二次感染までの期間(serial interval)は4~5日、SARSは8. 4日 すなわちCOVID-19患者が肺炎を起こして入院するころにはもう感染しにくくなっているというのです。 これは医療者にとっては誠に福音(エバンゲリオン、good news)です。 発症6日以後にCOVID-19患者に接触した852人で発症はなんと0(95%CI 0~0. 中国や香港でも、医療者は病院でなくて家庭で感染する方が多かったというのです。 ドイツでも発症1週以後、生存ウイルスは分離されていません。 重症の肺炎患者は大量のウイルスを出しているのではなく、サイトカインストームにより悪化するということなのでしょうか? 1. 接触者追跡は発症4日前まで遡れ 世界保健機関(WHO)テドロス事務局長が1月30日に「中国への渡航を禁止すべきでない」と勧告しましたが、それに従った国はいずれも悲惨な結果を招きました。 台湾でCOVID-19の第1例は1月21日でした。 2月6日からいち早く中国への渡航、入国を全面的に禁止しました。 感染者、濃厚接触者、海外から戻った人には14日間の家庭での隔離を徹底、1日当たり1,000台湾ドル(約3,600円)を支給する一方、違反者に最高100万台湾ドル(360万円)の罰金を科しました。 実際に3月23日付けの報道によると、東南アジアから最近台湾に戻り14日間の自宅隔離を義務付けられた男性が台北のナイトクラブにいたところを巡回中の警察に発見され360万円の罰金を科せられたとのことでした。 台湾ではマスク不足に対しては記名制販売、マスク増産を行いました。 この中国渡航禁止と、「感染力の一番強い発症前から初期の患者の徹底した隔離」により台湾は感染制御に成功したようです。 CDCの公式サイトは関連リンク1です。 日々の感染者数が更新されています。 武漢のアウトブレイク後、2020年1月15日から3月18日まで台湾CDCはCOVID-19確定患者100人を発端者(index patient)として、発症後14日間にわたりその接触者2,761人のフォローを4月2日まで行いました。 感染確認にはRT-PCRを使用しました。 接触者追跡は発端者の発症当日または必要なら4日前までさかのぼって行われました。 COVID-19患者は発症前から感染力がありますので、この4日前までのさかのぼりは妥当だろうとのことです。 密接触(close contact)の定義はPPE(Personal Protective Equipment)なしで発端者と向き合って15分以上の接触、医療施設ではPPEなしで時間関係なしに2m以内としました。 気管挿管のようにエアロゾルが発生する場合にはサージカルマスクは妥当でなくN95が必要とされました。 密接触者は14日間家庭で隔離し、この期間に症状(発熱、咳、その他呼吸器症状)がある場合にはRT-PCRを行いました。 家庭や医療施設のハイリスク群では症状の有無にかかわらずRT-PCRを行ないました。 この論文での統計処理は症例数が少ないので安定性を増すため階層ベイズモデルを使用しています。 ベイズ推定(Bayesian inference)を簡単に説明します。 紳士服売り場の客に対し店員さんは、客全体で買う人はだいたい2割(0. 2)、買わない人は8割(0. 8)と「謎の勘」で見積もります。 これを事前確率といいます。 そして買う人の9割(0. 9)は店員に声を掛けるだろう、買わないのに声を掛ける人は3割(0. 3)だろうと見積もります。 すると、声掛けした客で服を買うのは0. 9=0. 18、声掛けしながら買わないのは0. 3=0. 24です。 ですから声掛けをして買ってくれる確率は0. 18+0. 24)=0. 43となります。 これを事後確率といいます。 つまり声掛けにより事前確率0. 2が事後確率0. 43に上がったのです。 これをベイズ更新といいます。 事前確率の変数(パラメータ)が、新たな現象が加わるごとに変化し、変数に階層が見られるのでこれを階層ベイズというようです。 ベイズ推定は事前の知識(確率)に新たな事実を加えることにより事後確率がより、正確になっていくというものです。 診断学で使えます。 こういうことです。 ベイズ推定はかつての統計学の教科書では「最初に経験的な確率を自ら設定するため、曖昧過ぎて科学性に欠ける」とされました。 ベイズ推定には高度な積分が必要になりますが最近はITが、飛躍的に進化しベイズ推定が応用できるようになったとのことです。 現在はロケット制御、自動車衝突回避などにも応用されます。 機械学習はベイズ推定から発展したものです。 この総説にはCOVID-19患者100人と接触者2,761人の潜伏期や、発症から伝染までの期間(serial interval)のガンマ分布(確率密度)のグラフがAppendixにあります。 東海地域の大地震は90年から160年に1回起こっています。 ある程度の間隔を空けてランダムに何度も起こる事象を表す分布に、ガンマ分布、ポアソン分布、指数分布の3つがあります。 まとめて確率密度関数(probability density function)といいます。 東海大地震が1回発生するまでに何年かかるかの確率分布を表すのがガンマ分布です。 COVID-19発症から二次感染を起こした22例で発症までの期間(serial interval)や潜伏期(incubation period)のガンマ分布曲線(gamma distribution)が95%CIを含めて掲載されています。 COVID-19は発症前から発症5日までに感染リスクがあり、6日以降はない! 3月18日までにPCRで確定した患者は100人です。 そのうちクラスター10人、無症候9人、年齢中央値44歳(11~18歳)、男性56人、女性44人でした。 接触者が2,761人いましたが、家庭での感染5. 5%、2. 8%は家庭以外での家族接触(non-household family contacts)、25. 3%は医療者でした。 接触者追跡で23人の二次感染者がありました。 9例の無症候者からの感染はありません。 22ペアの調査から潜伏期中央値は4. 1日(95%CI 0. 4~15. 8日)、Serial interval(1人から次の患者感染までの間隔)中央値も4. 1日(95%CI 0. 1~27. 8日 でした。 2,761人の接触者の内、二次感染者は22人で感染リスクは0. 8%(95%CI 0. 5~1. 重要なのは22例全例が発端者との接触が発症6日以内だったことです。 発症患者でない者の68%が発症6日以内の接触です。 二次attack rate(初発例に曝露された接触者の内の発症者数の割合)は発症6日以後より発症5日以内の接触で多かったのです。 発症前に接触した735人もリスクがあり二次attack rate1. 5~2. つまりCOVID-19は発症前から発症5日以内に感染リスクがあり6日以後はないというのです。 家庭での二次attack rateは、151人のうち4. 6%(95%CI 2. 3~9. 3%)、家庭以外での家族接触者76人のうち5. 3%(95%CI 2. 1~12. Attack rateは特に40歳から59歳で1. 1%(95%CI 0. 6~2. 9%(95%CI 0. 3~2. 重症6例の接触者786人のリスク比は3. 76(95%CI 1. 10~12. 76)、軽症56例の接触者1,097人のリスク比は3. 00~15. 84)でした。 無症候9例の接触者91人で感染はありませんでした。 COVID-19の二次感染までの期間(serial interval)は4~5日、SARSは8. 4日 この調査で明らかになったのはCOVID-19の感染は発症時ごろに最も感染性が高く、時間がたつにつれ感染性が弱くなることです。 これはSARSと比べて大きな違いです。 SARSでは発症5日以後も感染性は低いですが存在します。 COVID-19の二次感染を起こすまでの期間(serial interval)は4から5日で短いですが、SARSではシンガポールで8. 4日でした。 COVID-19のserial intervalの短さは「初期で感染すること」と「感染期間が短い」ことによると思われます。 また中国で観察されたようにウイルス量(viral load)は発症初期に多く、10日以後は減少します。 ドイツでは発症1週以後、生存ウイルスは分離されなかったというのです。 ウイルス量自体は無症候者、軽症者、重症者ともに似たようなものなのです。 台湾のデータでは発症前から発症1週以内が最も感染性が高く以後減少します。 台湾では院内感染は少なかったのですが、これはPPE使用だけでなく、患者入院時には既に感染力が減弱しているためと思われます。 これは中国、香港でも観察され、医療者は病院でなく家庭で感染することが多かったのです。 発熱、呼吸困難、肺炎症状は普通発症5日から7日で起こります。 他人への感染はそれ以前に起こるのですから隔離、感染防御の難しさが分かります。 香港でも入院は発症5日以後が多かったのです。 台湾では2月6日から海外から来た者は全て14日間の隔離を行いました。 初期患者を徹底的に隔離したことが感染防御の勝因なのでしょう。 1週以後感染性が減弱した後で患者はしばしば入院しますから、入院隔離は感染防御にあまり役に立たないことになります。 今後、確定患者が増加した場合、軽症患者のホームケアが行われるでしょう。 台湾で入院期間が最も長い患者は2カ月に及びました。 もし軽症者全員を入院させたら医療崩壊(overwhelmed)となるでしょう。 COVID-19重症肺炎から生還した英国首相ボリス・ジョンソン氏が今後のモットーをキケロの「法律について」のラテン語から引用しました。 ジョンソン首相はオックスフォード大学の古典語(ラテン語、ギリシャ語)専攻です。 国民の安全が最高の法律でなければならない! それでは最重要点3点の怒涛の反復です。 接触者追跡は発症4日前までさかのぼれ 2. COVID-19は発症前から発症5日までに感染リスクがあり、6日以降はない! 3. COVID-19の二次感染までの期間(serial interval)は4~5日、SARSは8. 4日 引用元 :.

次の

新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか~残存率低下の条件とは(石田雅彦)

コロナ ウイルス 感染 確率

クルーズ船をはじめ新型コロナウイルスへの稚拙な対応が問題になっているが、日本ではアンダーグラウンドから爆発的に感染が広がる可能性がある。 風俗嬢発の大感染だ。 プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファブロガー。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「」、アジアの闇をテーマにしたブログ「」を運営している。 「経路が分からない感染者」多発は当然 日本全国でじわじわと新型コロナウイルスが広がっている。 政府は1月の段階で大量の中国人を阻止しないで国内に入れてしまったので、今になって日本国内のあちこちで感染者が出てきている。 タクシーの運転手が「100人と濃厚接触」だとか、「医師と看護婦が濃厚接触」と書いてあるのを見て、ぼんやりしていると「タクシーの運転手は100人と性行為を行ったのか」「医師と看護婦が性行為していたのか」と勘違いしてしまう。 濃厚接触とは『感染症などの疑いがある有症者と行動をともにしたり、接触したり、航空機などで近隣の座席に座ったりした人』を指すので、それこそ誰かと一緒に食事したり談笑したりしているだけで「濃厚接触」となる。 当然だが、満員電車の中で感染者と隣り合ったりしたら濃厚接触だ。 春節の時期に1月下旬から2月2日までに大量に日本に入ってきた中国人が、日本国内で多くの日本人と濃厚接触をしたのは事実である。 タクシーの運転手、バスの運転手、病院の医師が感染者となってクローズアップされているが、濃厚接触の現場はそれだけではない。 中国人観光客は日本国内を自由に歩きまわり、自由に店に入り、自由に様々な人と接触したのだから、今後は「経路が分からない感染者」が多発しても何ら不思議なことではない。 中国人・韓国人の客と遭遇する風俗嬢が恐怖している 幸いなことに日本人は衛生観念がしっかりした民族だ。 多くの人はマスクをつけて他人にうつさないようにしている。 また、しっかりと手洗いをして清潔を心がけているので、感染は比較的緩やかであるかもしれない。 こうした衛生観念が抑止になって、日本国内でのエピデミック(伝染)が最小限に抑えられることを私は期待している。 しかし、そうだとしても家族のひとりが感染したら、その一家は濃厚接触で全滅になるだろうし、会社や学校でも濃厚接触は避けられないので、感染がネズミ算式に拡大していくと、もはや日本人の衛生観念でも太刀打ちできなくなるかもしれない。 私が懸念しているのは、アンダーグラウンドもまた新型コロナウイルスの影響を避けることができなくなるだろう、というものだ。 金曜日、私は歌舞伎町で中国語でも宣伝している風俗に勤める20代前半の風俗嬢に会ってきたのだが、彼女の恐怖と危機感は尋常なものではなかったことを報告したい。 こんな状況下にあるのだから、さすがの風俗店も外国人客を100%シャットアウトしているはずだと私たちは思うはずだ。 ところが風俗嬢に話を聞いてみると、そうではなかった。 さすがに日本語のできない中国の客は店側がすべて拒否しているということだが、問題は日本語がうまい客はケースバイケースになってしまうということだ。 たとえば、日本在留の長い中国人や韓国人の客は店もことさら拒めない。 つまり、受け入れる外国人客もいるということを意味している。 彼女は中国人の客はまだ当たっていないのだが、日本語のできるアジア系の外国人の客は仕方なく受け入れたと言う。 しかし、恐怖は消えないし「怖い」と心情を吐露していた。 今ごろどこかの風俗嬢が感染しているはずだ 日本人なら絶対に安全で、中国人なら絶対に危険であるというわけではない。 日本人でも感染者はいるかもしれないし、中国人でも感染していない人はいくらでもいる。 そもそも、中国人とひとことで言っても、香港人もいればシンガポール人もいれば台湾人もいるわけで一概に「すべて大陸から来た中国人」ではない。 そういう意味で、中国人でなければ安全が担保されるわけではない。 しかし、新型コロナウイルスの震源地は中国大陸であるのは「まごうことなき事実」であり、風俗嬢が警戒したり恐怖を感じたりするのは分からないことでもない。 今は言ってみれば非常事態なのである。 非常事態である以上は、リスクのある客と関わりたくないと思うのは自然な感情である。 何しろ風俗嬢の仕事は、表社会の人たちが言うところの「近隣の座席に座ったりした人」どころではないのだ。 濃厚な性的接触なのである。 もし相手が新型コロナウイルスの感染者であれば、もはや「100%の確率で感染してしまう」と言っても過言ではない。 密室で、近距離で、全裸で、長時間に渡って皮膚接触と粘膜接触を行うのである。 新型コロナウイルスの場合は、有症者と2メートルの距離で2分間一緒にいたら間違いなく感染するとか、1メートルの距離で15秒一緒にいた人も感染したとか、いろんなことが言われている。 風俗嬢は0ミリの距離で60分以上に渡って一緒にいる。 まさに「超濃厚」である。 これでは避けられるわけがない。 1月の下旬から2月2日の春節の休みの間に日本にやってきて、日本人の風俗嬢と関わった中国人の男はゼロではないはずだから、その中で「たったひとり」でも感染者がいたのであれば、どこかの風俗嬢が感染しているはずだ。 風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が起きるか? 新型コロナウイルスに感染したら1日で発症する人もいれば、25日目に発症する人もいる。 平均して14日であるというのが今の定説だ。 新型コロナウイルスに感染した風俗嬢が、仮に14日間フルで風俗の仕事をして1日4人の客と関わったとしたら、彼女は14日で56人の客に感染させることになる。 もし、感染した風俗嬢が10人いたらその10人が560人の人間を感染させることになる。 10人の風俗嬢だけで560人の男が感染してもおかしくないのである。 風俗嬢と関わる男は30代から50代までの働き盛りが大半なので、彼らは満員電車に乗って通勤する。 満員電車でこの560人が新型コロナウイルスをばら撒くと、東京は1ヶ月も経たないうちに武漢を彷彿とさせるほどの凄惨な汚染エリアと化す。 場合によっては日本が壊滅するようなレベルになっても不思議ではない。 私は新型コロナウイルスが1,000万人レベルの日本人を感染させるような事態になったとしてもまったく驚かない。 すでに日本政府がインバウンド政策を採ってから、アンダーグラウンドでは梅毒やエイズが大量発生している。 日本の梅毒感染者は20代の女性と30代から50代の男性の間で大量発生しているのだが、梅毒は2年連続で6,000人超えなのである。 日本はインバウンド政策で風俗嬢が非常に危険な状況に陥ってしまったのに、このことについては冷淡かつ無関心で放置してきた。 そうであれば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が始まったとしても、ツケが回ったとしか言うしかない。 パンデミックの下地は整っている もう一度まとめよう。 春節で日本にやってきた新型コロナウイルスの中国人感染者が日本の風俗嬢を抱いたら、風俗嬢は100%の確率で感染する。 その風俗嬢は2週間で50人超の男に100%感染させることができる。 感染した男たちは働き盛りでアクティブに行動して感染を広げる。 そうであるならば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染で、日本が壊滅状態になったとしても不思議ではない。 そうならないことを望むが、最悪そうなってもおかしくないことは覚悟しておく必要がある。 日本政府は中国人の観光客を無尽蔵に入れた。 だから、日本のアンダーグラウンドで感染が広がっていても何ら驚きではないのだ。 春節の時期に日本に入った中国人の感染者が、風俗嬢と関わっていないことを私たちは祈ろう。 () 2019年12月配信分• 「捨て石」の概念を見直せ。 2019年の総括と、2020年のこと。 相場の動きは読まない。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

新型コロナ「感染率」ワースト1位は東京ではなく、福井だった 10万人当たり感染者数で見えた真実

コロナ ウイルス 感染 確率

世界では、何人に1人が陽性? 4月14日時点で、陽性者の割合が一番多い国はルクセンブルクで、国民186人に1人の割合です。 スペインは272人に1人、スイスは329人に1人、イタリアは373人に1人の割合。 感染者数が世界で1番多いアメリカも、国民561人に1人の割合にまで感染が拡大しています。 現在の東京都は、6千人に1人の陽性確率 日本全体の陽性者は、4月14日時点で約1万5千人に1人の割合です。 感染拡大中の東京都は、人口約1400万人 ()で、4月14日時点で陽性2,319人なので、約6,037人に1人の割合です。 しかし、なかなか検査を受けさせてもらえない状況や8割が無症状か軽症ということから推測すると、東京都では1,200人に1人の割合で感染する可能性があります。 東京都がルクセンブルクの状況になると、約7万5千人が陽性に 前述のようにルクセンブルクでは、186人に1人が陽性と診断されています。 もしも、人口約1400万人の東京都がルクセンブルクの状態になると、約7万5千人が陽性と判定されることになってしまいます。 絶対に避けなければいいけない状況ですね。 普通の風邪だと思って、PCR検査を受けること無く治ってしまっている人も多くいるようです。 この事から、現在陽性と確認されている人の5倍は感染者がいると推定できます。 無自覚を含めて感染する最悪の確率は、ルクセンブルクの数字を用いると、約186人の5分の1になるので、約37人に1人の割合になります。 4月14日時点の世界の状況 以下の表には、無自覚感染者が8割いると仮定した場合に、国民何人に1人の割合で感染するかという数字も付け加えてありますが、国によっては全数検査に近い検査を行っていることも考えられるので、計算上の参考数値です。 感染者 人口 国民何人に 1人感染? 無自覚8割 とすると 584,073 327,750,000 561 112 172,541 46,930,000 272 54 162,488 60,600,000 373 75 131,100 83,150,000 634 127 98,076 66,990,000 683 137 94,829 66,000,000 696 139 82,249 1,400,000,000 17,021 3,404 74,877 80,000,000 1,068 214 61,049 82,003,822 1,343 269 31,119 11,492,000 369 74 27,580 17,384,000 630 126 26,206 37,240,000 1,421 284 25,936 8,540,000 329 66 24,169 209,470,000 8,667 1,733 17,448 10,270,000 589 118 14,197 8,800,000 620 124 11,868 8,880,000 748 150 11,445 10,220,000 893 179 10,941 1,210,570,000 110,645 22,129 10,647 4,920,000 462 92 10,564 51,270,000 4,853 971 9,784 31,990,000 3,270 654 8,173 125,950,000 15,410 3,082 7,917 18,730,000 2,366 473 7,202 38,390,000 5,330 1,066 6,691 5,810,000 868 174 6,879 19,760,000 2,873 575 6,623 5,328,212 805 161 3,292 613,894 186 37.

次の