起き たら 背中 が 痛い。 朝起きると背中が痛いのは内臓の病気に関係ある?

助けてください〜(; ;)

起き たら 背中 が 痛い

反発力が足りずに寝返りがうてていない マットレスは適度な反発力がある事により、スムーズに寝返りが出来るように出来ています。 しかし、身体に合っていないマットレスでは寝返りが上手に出来ないので、背中の筋肉が硬直してしまい痛みを感じる事があります。 寝返りをうつ理由は解明されていて、• 寝ている間の筋肉の硬直を防ぐ• 血液やリンパの流れを促進する• ノンレム睡眠とレム睡眠を切り替える という事が分かってきました。 その証拠に体を動けないようにして眠ると、そのとたんに背中はもとより腰や肩まで様々な部位が痛くなります。 これは、寝ている間に筋肉が硬直してしまっているからです。 適度な反発力のマットレスに変える 寝返りは一晩に20回~30回すると言われていますので、20分に1回くらいのペースで寝返りをしているくらいが熟睡している目安になります。 寝返りがうちやすいマットレスと言うのは、体格にあった反発力が備わっているマットレスの事で、• 100N(体重:~45㎏)• 140N(体重:45㎏~80㎏)• 170N(体重:80㎏~) が目安になっています。 >> 一方で低反発マットレスと高反発マットレスの違いはこの反発力にあるのですが、JIS規格によると• ~100N:低反発マットレス• 100N~:高反発マットレス と定められています。 そのため、子供や細身の女性のように軽い体重の方であれば低反発マットレスでも問題ないのですが、一般的な大人の体格の人は高反発マットレスの方が寝返りがしやすい事になります。 現在使用しているマットレスが極端に沈み込むようであれば、へたっているか体格に合っていない可能性が高いので、買い替えるようにしましょう。 寝返りをうちやすいおすすめのマットレス「モットン」 39800円~ モットンは、満足度94. 2%と人気が高い高反発マットレスです。 一番の特徴はマットレスの反発力を選べるところにあります。 モットンでは体重別ごとにマットレスの反発力を変えていて、• 100N(体重:~45㎏)• 140N(体重:45㎏~80㎏)• 170N(体重:80㎏~) の3つから自分の体格に合わせた硬さを選ぶことが出来るので、寝返りをスムーズにする事が出来ます。 睡眠の質を判断する寝返りの回数も、モットンの場合20回~30回と理想的な数値になっています。 耐圧分散が出来ていない 寝ている姿勢では、• 頭に8%• 肩に33%• 腰に44%• 足に15% の重力がかかっています。 そのため一か所に負荷が集中すると、腰や背中を痛めやすいので耐圧分散をして、負荷をまんべんなく分散してあげる事が大切です。 しかし、マットレスの中にはボンネルコイルマットレスのように耐圧分散が出来ていないものがあります。 背中に痛みを感じているのであれば、今お使いのマットレスが耐圧分散出来ているか確認するようにしましょう。 耐圧分散に優れているおすすめマットレス「デュラテクノマットレス」 56,236円~ 耐圧分散に優れているマットレスとしては、「フランスベッド社製のデュラテクノマットレス」があります。 マットレスは硬すぎてもダメですが、柔らかすぎてもお尻や肩が落ち込んでしまいます。 デュラテクノマットレスで寝ると、圧力が程よく分散されていて、背中や腰にかかる重力を分散してくれます。 マットレスの厚みが足りていない ウレタンマットレスには• 3㎝~7㎝の「マットレストッパー」• 10㎝以上の「マットレス」 の2種類があります。 もしもあなたが使用しているマットレスが10㎝ないのであれば、そもそも使い方を間違えている可能性があります。 薄手のマットレストッパーは単独では使用しない マットレストッパーは、普通のマットレスや敷布団の上に敷くことで寝心地を改善するためのもので、それ単体で使用するようには出来ていません。 マットレスの厚みがそもそも足りなていないので、横になった時に背中や腰が「底付き感」を感じてしまい、背中の筋肉を傷める原因になってしまいます。 一方で、10㎝以上のマットレスは基本的にはそれ単体でもしっかりと熟睡出来るように作られています。 寝た時に厚みが足りずに背中が痛いのであれば、10㎝以上のマットレスを購入するようにしましょう。 >> マットレスのクッションがしっかりしている「雲のやすらぎプレミアム」 39800円~ 「雲のやすらぎプレミアム」は、厚みが17㎝あるマットレスで、復元力が99. 9%ととにかく「へたらない」のが特徴です。 8万回の繰り返し実験を第三者機関で行い、高品質素材と言う事を実証しています。 100日間の返金保証がついているので、一度試してみるのもおすすめです。 寝姿勢が崩れている 安物のマットレスでは、身体にしっかりとフィットしないものがあります。 眠る姿勢は人によってさまざまで、仰向けの人もいれば、横向きになる人もいます。 あるいは、うつぶせ寝が好きな方もいるでしょう。 人は寝ている間に様々な寝姿勢をとるので、どのような姿勢でもしっかりと体を支えてくれるマットレスが理想的です。 ボンネルコイルマットレスはフィットしにくい ボンネルコイルマットレスはコイルが連結していて、面で体を支える構造になっています。 耐久性には優れていますが、基本的にフィット感が少ないので、背中などに痛みを感じやすいマットレスとなっています。 腰が浮きあがっている感覚がある場合には、その分背中に重力がかかっている証拠なので、点で体を支えるポケットコイルマットレスにしましょう。 おすすめのポケットコイルマットレス「EVAエヴァ」 11,851円~ EVAエヴァは、低価格で高品質なスプリングマットレスです。 ボンネルコイルマットレスと、ポケットコイルマットレスの両方がありますが、背中が痛い人はフィットしやすいポケットコイルマットレスにして下さい。 内臓に病気があって背中が痛くなっている 「」と言う言葉をご存知でしょうか? 本来は内臓などに疾患があるのに、それとは別の個所が痛くなる現象の事です。 神経は体の末端にいくほど枝分かれしていますが、各部位の神経が集まる箇所では1本の太い束でまとまっています。 神経のひとつから傷害があると信号が出ていても、脳は同じ神経の束とつながっている他の部位からだと誤認識することがあり、それが背中の痛みとして出ている可能性があります。 背中のどこが痛いかを確認する 確認してほしいのが、背中と言っても具体的にどこが痛むのかです。 肩甲骨のまんなか・・・胃炎、胃潰瘍など• 背骨の右側・・・肝臓、十二指腸、胆石など胆のうに関する病気• 背骨の左側・・・膵臓、狭心症など心臓に関する病気 関連痛は、背中の中でも近い内臓の箇所が痛くなるケースが多いので、肩甲骨であれば胃に疾患があるケースが多いです。 また、右側の背骨であれば、肝臓や十二指腸、胆石などが疑われます。 左側の背骨付近では、心臓に疾患を抱えている可能性があるので、マットレスの寝心地に問題がないのに背中の痛みが消えないようであれば、一度内科でレントゲンやMRIを取ってもらった方が良いでしょう。 マットレスで寝ると背中が痛いまとめ マットレスで寝ていて、朝起きた時に背中に痛みが走るようであれば、• 寝返りがうてていない• 耐圧分散が出来ていない• マットレスの厚みが足りていない• 寝姿勢が崩れている などの原因が考えられます。 また、内蔵に疾患がある場合にも背中の痛みとして症状が出るケースがあります。

次の

マットレスで寝ると朝起きた時に背中が痛い!原因はマットレスor内蔵?

起き たら 背中 が 痛い

朝起きると背中が痛い 朝起きると背中が痛い内臓の病気を紹介します。 背中の右側が痛い場合に疑われる内臓の病気には、・慢性肝炎・急性肝炎・胆石症・胆のう炎などがあります。 背中の左側が痛い場合に疑われる内臓の病気には、・胃炎・神経性胃炎・膵炎・胃潰瘍・狭心症・心筋梗塞などがあります。 朝起きた時だけでなく、会社での勤務中や家事やお買い物などで背中の片側の痛みが続く時は病院での精密検査をおススメします。 内臓の病気 朝起きると背中が痛い症状が続く時には病院の診察をおススメします。 筋肉痛・神経痛は姿勢を変えると楽になることがあります。 骨折の場合は姿勢を変えるときに激痛がすることがあります。 内臓の病気の時には、 ・どんな姿勢でも痛みが変わらない ・安静にしていても痛みが治まらない ・痛みの症状がだんだんひどくなる ・空腹時、食事中、食後などで痛みが変化する ・排尿時に痛む ・血尿がでる ・生理のときに痛みが強くなるなど、日常生活や食事で痛みが変化します。 背中の痛みと腰痛を筋肉痛や打撲痛と勘違いして、すい臓がんを悪化させる人もいます。 気になる背中の痛みは専門医の診察をおススメします。 内臓以外の原因 朝起きると背中が痛い原因はいろいろあります。 朝起きると背中が痛い内臓の病気の他にも、筋肉痛・神経痛・骨折による痛みなどがあります。 一般的には、背中が痛い原因では筋肉疲労・筋肉痛が最も多くなります。 筋肉疲労や筋肉痛でも重症の場合があります。 重症化すれば生活の質(QOL)低下にもつながるので注意が必要です。 背中が痛い時に胸や呼吸が苦しい時には肋間神経痛などの神経痛や骨折の可能性もあります。 背中が痛いと同時に下半身がしびれて腰痛があるときには背骨が骨折している場合もあるようです。 背中の病気は病院に行く前に自分で痛い部位や症状を把握することも大切です。 朝起きると背中が痛いと感じても毎日の仕事が忙しいとなかなか病院に行くのも難しいのが現実です。 朝起きると背中が痛い内臓と感じられるときには病院での診察が大切ですが、筋肉痛や筋肉疲労だと判断できるものであれば自分でケアできます。 ・ストレッチ体操をする ・適度な運動を習慣化する ・正しい姿勢で仕事をする ・仕事の間に小休憩をはさむなどで改善できます。 自分でケアしていても背中の痛みが変わらない時や悪化するときには内臓の病気が疑われるので病院での診察をおススメします。

次の

寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法|Good Sleep Labo

起き たら 背中 が 痛い

この記事の目次• 血液検査の結果は問題なし さて、かかりつけの病院にCT画像のCD-ROMが届いたタイミングで、読影をしてもらってきました。 血液検査の結果と、輪切りにした自分のCT画像を見ます。 血液検査の結果は・・・どの数値も平均範囲内。 問題なし。 すい臓に関する値だけわずかに範囲から出て、多かったですが、問題ない範囲とのこと。 良かった・・・。 CT画像の読影は・・・ CT画像ですが、断面を上から順々に見せて下さいました。 こうしてみますと、腎臓って結構背中の近くにあるんですね。 ですから、肝臓やすい臓、腎臓などの、 背中に近い臓器を、「朝起きると背中が痛い」というわけなので、念入りに読影していただいたわけですね。 で、とくに所見はないとのことで、こちらも安心でした。 さらに、このCTを取っていただいた技師の方の所見も見せていただき解説してもらうことに。 で、それも問題無い模様。 いやはや、ほんと良かったです。 >> 内科の先生は、1枚1枚断面図を見せてくれて、説明も丁寧にしてくださってわかりやすかったです。 今回の背中の痛みは筋肉的なところ? しかし肝臓ってほんと大きいんんですね、最大の臓器と呼ばれてるそうで、ちょっとびっくりでした。 以下は肺ですが、こちらも問題ないとのこと。 さて、今回の結果から、内臓的なところは原因ではなさそう、とのこと。 よって、背中の痛みは、筋肉的なものから来ているのでは、ということでした。 まあ、胃の中など内臓のなかまでは、今回は見れなかったのですが、最近、痛みもおさまってきたので、そうなのかなと思い、今回はこれにて終了。 私は国保です。 ですので、3割負担で8340円。 まあ、前回の診察や血液検査など含め、約1万円といったところですかね(前回の領収証無くしました・・・)。 人間ドックというか、今回ほんと丁寧に見ていただきましたので、検査費用と考えればこんなものかと思います。 フリーは体が資本ですから、診ていただいてよかったです。 血液検査はもうドラッグストアでもできるみたい 全店舗ではないそうですが、もうすでに、ドラッグストアで血液検査してもらえるみたい。 >> 今回、血液検査でも内臓の状態がある程度は推し量れるとわかりました。 早めの察知という点では、気軽にできるにこしたことないですよね。 で、検索してみたらありました。 規制緩和でできるようになったみたい。 早く全店舗で実施してほしいですね。 DNA検査キットは、もうすでに競争が始まってます。 昨日のニュースでは、今度はファンケルが参入とか。 健康市場はまだまだ加熱しそうです。 >> とにかく予防が一番低コストかと思いますので、血液・尿・便の検査は、ぜひとも身近に受けられるようになるといいなあ。 というわけで皆さん、ご心配をおかけしました。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の