日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師。 薬剤師認定制度

薬剤師認定制度認証機構,Council on Pharmacists Credentials(CPC)

日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師

この記事の目次• 認定薬剤師とは?意外と知らない専門薬剤師との違いも解説! 認定薬剤師とは? 近年、医学や薬学が年々高度になり、薬剤師も特定の医療分野に対して深い知識と高度な技量、豊富な経験などが求められるようになってきました。 そこで 必要なスキルが十分にあるかどうかの判断材料として、薬剤師認定制度認証機構による認定制度が設けられるようになりました。 それが認定薬剤師の資格です。 専門薬剤師とは? 認定薬剤師と同じような「 専門薬剤師」と言う資格をご存知な方も多いのではないでしょうか? 専門薬剤師と呼ばれるか、認定薬剤師と呼ばれるかは認定する団体によって異なります。 認定薬剤師の資格を取得した後、専門の研修の業績が評価されると専門薬剤師と認定されます。 認定薬剤師と専門薬剤師の違い 専門薬剤師と認定薬剤師の 1番の違いは年収に出てきます。 やはり専門性の観点から述べると 専門薬剤師の方がスペシャリストに一段近い段階となります。 そのため周りからの評価は高まり、それが給料にも大きく影響するという薬剤師の方は多いです。 なので薬剤師としてキャリアアップを目指すなら、 認定薬剤師だけではなくて専門薬剤師まで目指すことをオススメします。 認定薬剤師資格を取得する2つのメリット 資格取得にお金と時間がかかる認定薬剤師ですが、そんな中でなぜ認定薬剤師を目指す人が多いのでしょうか。 そこには2つの理由があります。 【メリット1】キャリアアップ まず一つ目の理由が「 薬学の専門家としてステップアップできる」という点です。 やはり薬剤師となった後も薬学を学び続け、薬学の専門家としてキャリアアップしていくことが大事となります。 薬学を学ぶ上で漠然と学び続けるよりも、資格を取得することを目指すことにより学ぶ意欲の向上にもつながります。 また専門的な知識を持っているため 医師からの信頼も高くなります。 【メリット2】収入アップ 二つ目の理由が「 収入がアップする可能性高まる」という点です。 職場の上司としては 専門能力や専門知識を多く持つ部下を評価したくなるもの。 そこで専門能力を身につけていくことが評価が高くなる要因につながり、年収もアップしたと言う方は少なくありません。 特に、専門性が高く求められる 病院への転職では年収アップする可能性が高いです。 調剤薬局やドラッグストアの場合、無条件に年収アップすることは少し難しいですが、資格を取得していた方が 年収・時給交渉が有利に進むことは間違いありません。 そのため、認定薬剤師を目指す薬剤師の方は時間とお金をかけて、学び続けることを選ぶのです。 認定薬剤師になる方法とコツを公開 認定薬剤師になるためには 認定薬剤師になるためには各資格で決められた、試験や論文・学会発表・症例・研修単位などの条件をクリアする必要があります。 ここでは条件として多い研修単位について説明します。 認定薬剤師 資格取得の流れ 研修単位を証明するには、薬剤師認定制度認証機構(CPC)により認証された研修を受け、受講を証明する単位シールを集めていく必要があります。 各資格ごとに決められた期限以内に必要な単位数を取得し、申請することで認定薬剤師になることができるのです。 研修・試験を受けやすくするコツ 認定薬剤師になるためには多くの時間をかけ、たくさんの研修や試験を受ける必要があります。 加えて、資格取得後に更新していくには、普段の薬剤師の仕事をしながら研修を受けなくてはなりません。 そのため、薬剤師の 生涯学習に理解のある職場でないと資格取得・更新はかなりハードなのです。 なので資格を取ることを考えている方は、まず 資格取得を推奨・支援してくれる職場を探して転職をするという賢い選択肢も1つ視野に入れるべきでしょう。 このような職場では会社単位で資格を取得し、薬剤師がスキルアップすることを目指しているので、 モチベーションを高く保ちながら資格を取得することができます。 認定薬剤師の職場別種類一覧 ここからは病院・薬局・企業・学校における 職場別おすすめ資格とその内容や難易度について紹介していきます。 興味ある分野の資格をチェックしてみてください。 病院でスキルアップするためのオススメ認定資格5つ 1. 感染制御薬剤師 この資格を取得すると 感染制御全般に関する知識はもちろん、 衛生的な環境づくりに関する知識を習得することができます。 医師や看護師などと一緒に、感染対策チームの一員として活躍することになり、職場で重宝されます。 取得条件の研修単位数だけではなく「日本病院薬剤師回主催の感染制御に関する講習会を1回以上」と細かく指定があるので注意しましょう。 がん薬物療法認定薬剤師とは 患者に合った 抗がん薬の組み合わせを考えたり、患者を悩ませる 抗がん薬の副作用対策を学ぶことができます。 がんセンターなど大きな病院で3ヶ月間じっくりと研修を受講、試験を受けた後に「症例50以上」提出が必要など難易度が高いことが特徴です。 緩和薬物療法認定薬剤師とは この資格では、薬を効果的に用いて がん治療の痛みや苦痛を予防・改善できるようにする知識が身につきます。 取得条件のひとつに「症例を病院で30保険薬局で15」とあるため、少なくとも病院と薬局2つの業種に関わっている必要があります。 日本医療薬学会認定薬剤師とは この資格は、医療薬学分野をリードする研究活動を実践するとともに、 薬物療法の基礎となる幅広い知識や技能を持つ人が習得することができます。 論文2編以上・学会発表2回以上など 資格の取得条件が非常に厳しいので、資格取得難易度が高くなっています。 救急認定薬剤師とは この資格を取得すると、 重症度や緊急度の高い患者に対して豊富な知識と的確な判断を持って処置するための知識が身につきます。 そのため救急病棟やICUなどの、救急医療の現場でキャリアアップを目指している方にオススメします。 「試験・研修単位・論文・学会発表・症例・勤務歴」など多くの資格取得条件があるのでよく確認しましょう。 薬局でスキルアップするためのオススメ認定資格6つ 1. 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 この資格を取得すると、 妊娠・授乳期の母体の健康と胎児・乳児への作用、2つの観点に配慮しながら薬物療法を行えるようになります。 この資格は、 小児科の門前薬局で重宝される資格となります。 小児薬物療法認定薬剤師 この資格を取得すると小児薬物療法の知識や適性を備え、かつ 患児とその保護者に対して助言や行動を行えるようになります。 この資格も、 小児科の門前薬局で重宝される資格となります。 漢方・生薬認定薬剤師とは この資格を取得すると、漢方薬の飲み合わせなど服薬指導がより的確にすることができるようになります。 試験の合格率が高いことと 漢方薬や生薬を正しく扱うことができるニーズが高まっていることで資格の人気が高まっています。 プライマリーケア認定薬剤師とは この資格を習得すると、 患者さんの状態を総合的に理解して、健康促進や維持をするためになにができるのかを薬学の観点から考えられるようになります。 取得条件は「試験」と「研修単位4年間で50単位」となっております。 在宅療養支援認定薬剤師とは この資格を習得すると薬剤師が 在宅医療チームの一員として貢献するための知識が身につきます。 そのため、在宅医療を実施する薬局勤務の方が取ることをオススメしています。 資格取得条件として試験や研修単位などの他に「実務3年」があります。 DLM認定薬剤師 この資格を習得すると 医薬品や健康食品を安全に使用するための知識が身につきます。 それが、医薬品などの相談を受けた時に自信を持って返答することにつながります。 【 研修認定薬剤師について】 研修認定薬剤師資格は 持っていることが最低条件のレベルと言われることがあります。 なぜなら、取得が比較的簡単で、かかりつけ薬剤師の必要条件となっているからです。 そのためエージェントによると、この資格に限っては持っていると有利なのではなく、 持っていないと転職が不利になる可能性があるそうです。 企業でスキルアップするためのオススメ認定資格4つ 1. 感染制御薬剤師 この資格を取得すると 感染制御全般に関する知識はもちろん、 衛生的な環境づくりに関する知識を習得することができます。 そのため勤務先で重宝されます。 取得条件の研修単位数だけではなく「日本病院薬剤師回主催の感染制御に関する講習会を1回以上」と細かく指定があるので注意しましょう。 NR・サプリメントアドバイザー この資格を取得すると、 健康機能食品やサプリメントの消費者に対して、栄養状況などを考慮しながら専門的アドバイスをすることができます。 この資格の取得条件は「試験と研修40単位」です。 精神科薬物療法認定薬剤師 この資格を取得すると、 精神科領域の服薬に関する専門的知識を習得することができるので、薬物療法の立場から患者さんの社会復帰に貢献できます。 取得条件に「実務5年・精神科薬物療法5年」とあり、資格取得までに年数がかかるため注意しましょう。 日本禁煙学会認定指導者 この資格を習得すると、 防煙や禁煙に関する専門的知識を習得することができるので、企業において防煙教育に携わることができます。 企業の禁煙対策が進む中で、服薬領域の立場から専門的に助言することができます。 学校でスキルアップするためのオススメ認定資格3つ 1. スポーツファーマシスト この資格を取得すると、 最新のドーピング防止規則に関する正確な情報と知識を得られるので、学校やアスリートなどのいる企業などでドーピングを防止する活動を行うことができます。 こちらの資格は、整形外科の門前薬局で医師からの指示も得られていることから幅広く使える資格となるでしょう。 小児薬物療法認定薬剤師 この資格を習得すると 小児科領域の医薬品に関わる専門的知識を習得できるので、患児や保護者へ適切な助言を行うことができるようになります。 また、研修の条件が「eラーニング40時間・研修認定施設で1日」となっているため、 研修に行く時間がない方も隙間時間を見つけて取り組むことができるでしょう。 日本禁煙学会認定指導者 この資格を習得すると、 防煙や禁煙に関する専門的知識を習得することができるので、教育機関において防煙教育に携わることができます。 専門薬剤師の種類一覧 それでは次に、専門薬剤師についてみていきましょう。 専門薬剤師の種類一覧 オススメの専門薬剤師には次の5種類があり、全て日本医療薬学会が認定します。 がん専門薬剤師 医療チームの一員として ガン薬物療法を提供するために必要となる高い知識と技術があることを認める資格です。 この資格は、チーム医療に貢献できる資格として注目されています。 感染制御専門薬剤師 感染症治療のエキスパートとして活躍することのできる 消毒薬や抗生物質に対する知識を持っていることを認める資格です。 精神科専門薬剤師 精神科領域の治療に必要な薬物に対する知識や技能が高いことを認定する資格です。 妊婦・授乳婦専門薬剤師 妊娠や授乳婦の薬物療法について、高度な知識と技能を持っていることを認める資格です。 HIV感染症専門薬剤師 HIV治療において重要となる薬物療法について、高度な知識や技能を持っていることを認める資格です。 資格取得支援のある職場を探すなら「薬キャリ」 前述した通り、資格取得をするために、支援のある職場に転職することは賢い選択肢の1つです。 もし「資格取得支援有り」の職場を探すなら、数ある転職サイトの中でも 薬キャリをオススメします。 薬キャリは、フリーワード検索で「資格取得支援有り」の職場を絞ることができるので、最小労力であなたの希望にあった職場をピックアップすることができます。 加えて、薬キャリのエージェントは、 職場に関する圧倒的な知識量をもち、かつ 条件交渉を強みとしています。 あなたが目指す資格に当たってどんなサポートが強い職場が適切なのか助言してくれるだけでなく、あなたが望むサポート内容を職場側に依頼してくれるのです。 薬キャリで資格取得支援のある職場を見つけて、あなたの資格取得・更新を有利に進めてみてはいかがですか?.

次の

申請資格|認定薬剤師制度|日本緩和医療薬学会

日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師

1970年代、医薬分業開始当時、薬剤師は医師の処方せんを調剤するだけの存在でした。 しかし時代は変わりました。 この40年で、医療は医学や薬学の進歩とともに高度かつ複雑化したのです。 医師をはじめ医療スタッフは、患者さんに最善の治療を提供するために、いろいろな職種がチームを組み、連携して治療にあたるようになりました。 いわゆる チーム医療です。 このチーム医療の一員として医師や看護師とともに臨床の現場に立ち、効果的な薬物治療を行うために活躍している薬剤師 臨床薬剤師 が増えています。 最近では、がん治療での分子標的治療薬など新たな薬剤も登場し、専門領域での最新の知識・技能が薬剤師に求められるようになってきました。 このようにして誕生したのが 「専門薬剤師」です。 専門薬剤師は、 各専門領域の医学や医療の知識、薬物治療の高度な知識と技能を持っている薬のプロフェッショナルです。 その医療の場で役立つ最新の薬学的専門情報をつねに医療スタッフに提供し、患者さんへの治療がより効果的で安全に行えるように活躍しています。 このページの目次 CLOSE• 専門薬剤師、認定薬剤師とは? 現在、専門薬剤師として認定されているのは• がん専門薬剤師• 感染制御専門薬剤師• 精神科専門薬剤師• 妊娠・授乳婦専門薬剤師• HIV感染症専門薬剤師 などがあり、他にも専門薬剤師の名称を使ってないものの、各種の認定薬剤師制度があります。 認定薬剤師とは専門薬剤師の途上というイメージがわかりやすいです。 基本的には、 認定薬剤師の上に専門薬剤師があります。 専門薬剤師を認定しているのは、主に日本病院薬剤師会です 現在、 1 がん(2)感染制御(3)精神科(4)妊婦・授乳婦(5)HIV感染症の 5 つの領域で専門薬剤師が認定されています。 がん専門薬剤師制度は平成21年11月1日より日本医療薬学会に移管• がん専門薬剤師• 精神科専門薬剤師• HIV感染症専門薬剤師 専門領域の病気を深く理解し、薬の専門知識を生かすとともに、患者さんを取り巻く環境などを考慮して、安全で効果的な薬物治療を推進しています。 妊婦・授乳婦専門薬剤師 妊娠・授乳期の薬に関する高度な知識と正確な情報収集技術で、母子への薬の影響を考え、医師と連携して母子の健康に貢献しています。 感染制御専門薬剤師 細菌やウイルスの感染、消毒薬や抗菌薬 に対する高度な知識を持って、患者さんの安全と安心できる治療環境を提供するために幅広く活動しています。 そのため、認定薬剤師はかなりの数が存在しています。 「乱立しすぎ」「数が増えすぎて質の確保ができない」といった批判も挙がっています。 認定薬剤師取得を目指す場合は、こういった点も考慮しながら決めたいですね。 詳しくは書籍をご覧ください。 この資格は各専門領域での実務経験や実績、一定期間の研修や講習で知識と技能を高め、試験に合格することで認定されます。 その上で各専門領域の研究業績が吟味されてはじめて「専門薬剤師」と認定されます。 また、認定を受けた後も 5年毎の資格更新が必要です。 なぜ資格更新が必要かというと、日々進歩する医学、医療の進歩についていくためです。 専門薬剤師取得の難易度はかなり高いです。 下記が感染制御専門薬剤師取得の条件ですが、最低条件として 病院薬剤師であることが必須です。 認定薬剤師までなら中小病院でも可能ですが、 専門薬剤師になると研究能力のある大学病院などでないと困難であることがわかります。 専門薬剤師を目指すなら、病院へ就職をお勧めします。 (1)日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること。 (2)薬剤師としての実務経験を5年以上有し、日本病院薬剤師会の会員であること。 ただし、別に定める団体のいずれかの会員であればこれを満たす。 (3)別に定める学会のいずれかの会員であること。 (4)日病薬病院薬学認定薬剤師であること。 ただし、日本医療薬学会認定薬剤師であればこれを満たす。 (5)申請時において、引き続いて3年以上、施設内の感染対策委員会または院内感染対策チームの一員(院内感染対策チームと連携しての活動を含む)として感染制御活動に従事していること(病院長あるいは施設長等の証明が必要)。 (6)施設内において、感染制御に貢献した業務内容及び薬剤師としての薬学的介入により実施した対策の内容を20例以上報告できること。 (7)日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会、及び別に定める学会が主催する感染制御領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修していること。 (8)病院長あるいは施設長等の推薦があること。 (9)日本病院薬剤師会が行う感染制御認定薬剤師認定試験に合格していること。 「別添」 感染制御認定薬剤師認定申請資格に関する事項 1.(2)で「別に定める団体」とは、以下の通りである。 日本薬剤師会• 日本女性薬剤師会 2. (3)、(7)で「別に定める学会」とは、以下の通りである。 日本医療薬学会• 日本薬学会• 日本臨床薬理学会• 日本TDM学会• ICD制度協議会に加盟している学会・研究会 3.(6)で「感染制御に貢献した内容」とは、以下の通りである。 院内ラウンドの実施• 薬物血中濃度モニタリング業務への参画• 院内感染対策マニュアル及び抗菌薬使用ガイドラインの作成• 感染制御に関する各種サーベイランスへの参加 等 4.(7)で「日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会」とは、以下の機関または団体が実施する講習会である。 厚生労働省・都道府県• 日本病院薬剤師会• 日本病院薬剤師会が実施する e ラーニング• jshp. 申請時において、感染制御認定薬剤師あるいはICD制度協議会が認定するインフェクションコントロールドクター 以下「ICD」という。 の資格を有している者であり、かつ、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会のいずれかの会員であること。 日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本TDM学会、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会、日本薬剤師会学術大会、関連する国際学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において感染制御領域に関する学会発表が3回以上 うち、少なくとも1回は発表者 、複数査読制のある国際的あるいは全国的な学会誌・学術雑誌に感染制御領域に関する学術論文が2編以上 うち、少なくとも1編は筆頭著者 の全てを満たしていること。 病院長あるいは施設長等の推薦があること。 日本病院薬剤師会が行う感染制御専門薬剤師認定試験に合格していること。 jshp. とくに、 がん専門薬剤師は、医師から一目置かれる存在といっても過言ではないでしょう。 専門薬剤師によって医師の負担が軽減され、薬物治療の効果を上げ、副作用を抑えることができるので、医療チームの中で高い評価を得ることができます。 専門薬剤師は転職、収入に有利か 病院に転職するのであれば、専門薬剤師は評価されると思います。 しかし、それは転職が有利になるというだけで、収入に反映されるわけではありません。 現在の専門薬剤師は名誉職という意味合いが強く、なかなか収入増につながらないのが問題ではあります。 ただ、今後は 臨床経験豊富な専門薬剤師が、大学で教鞭を執る時代が来ると思います。 臨床薬剤師の必要性が叫ばれている今、現在の大学では、実務経験のある教授が不足しているからです。 現在は実利的なリターンが望めなくても、 将来的には様々なキャリアが期待できます。

次の

研修認定薬剤師になるには

日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師

日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師申請資格 緩和薬物療法認定薬剤師認定試験を受験する者は、次の各項の条件をすべて 満たす必要がある。 日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること• 申請時において、薬剤師としての実務歴を5年以上有する日本緩和医療薬学会(以下、本学会)の会員であること。 申請時において、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、あるいは日本医療薬学会認定薬剤師のいずれかであること。 申請時において、引き続いて3年以上、緩和ケアチームまたは緩和ケア病棟を有している病院、診療所等のいずれかの施設において緩和ケアに従事している薬剤師であること(所属長の証明が必要)、あるいは申請時において、引き続いて3年以上、麻薬小売業者免許を取得し、かつ、がん診療を行っている在宅療養支援診療所等の医療機関と連携する保険薬局等に勤務し、緩和ケアに従事していること(依頼する医師および薬局開設者の証明が必要)。 過去5年以内で、かつ、本会会員として認定対象となる講習等を所定の単位(計100単位、毎年20単位)以上履修していること。 過去5年以内に、疼痛緩和のための医療用麻薬適正使用推進講習会(がん疼痛緩和と医療用麻薬の適正使用推進のための講習会)(厚生労働省、麻薬・覚せい剤乱用防止センター等主催)に1回以上参加していること。 薬剤師として実務に従事している期間中に、本学会年会あるいは別に規定する学術集会において緩和医療領域に関する学会発表(一般演題)を2回以上(少なくとも1回は発表者)行っていること。 病院等に勤務する薬剤師は緩和ケア領域薬剤管理指導の実績について本学会所定の様式に従い30症例提示できること。 保険薬局に勤務する薬剤師は緩和ケア領域服薬指導等の実績について本学会所定の様式に従い15症例提示できること。 所属長(病院長あるいは施設長等)または保険薬局においては開設者の推薦があること。 認定試験に合格した者は認定の申請を行うことができる。 注)v. における所定の単位は本学会入会後の履修に限る。

次の