外貨 終身保険 デメリット。 終身保険とは?メリットとデメリット [生命保険] All About

マニュライフ生命・こだわり外貨終身の評判・デメリットなど!FPが解説!

外貨 終身保険 デメリット

貯蓄性のある保険を考えていたところ、日本円ではなく外国のお金で積み立てる 「外貨建て保険」をすすめられました。 外貨ってあまりなじみが無くてわからないのですが、メリットやデメリットがあれば教えてください。 こんにちは! ファイナンシャルプランナー兼サラリーマンのFP吉田です。 外貨建て保険は、日本円ではなくドルやユーロで保険料を積み立てるタイプの保険です。 その中でも、外貨で保険料を支払う終身保険が「外貨建て終身保険」となります。 日本の金利が低下する一方である今、日本よりも金利が高い外貨を利用してお金を増やそうという保険です。 そのため、 死亡保障というよりは、貯蓄性を重視した保険となっています。 日本円より安く死亡保障が確保でき、高金利でお金を貯めることができますが、反面、 外貨で積み立てるゆえの注意点もあります。 このページでは、外貨建て保険の特徴や、メリット・デメリットを紹介します。 では、はじめましょう! 外貨建て保険と、日本円建て保険の違いは、 「保険料を外貨で積み立てるかどうか」です。 この場合の外貨としては、主に次のような通貨が用いられます。 米ドル• 豪ドル• 加入者が支払った保険料を、保険会社は海外のファンド等を通して外貨で積み立てて運用します。 外貨建て保険のポイント1海外の利率が適用される 保険会社が外貨で運用することによって、運用する国の利率が適用されるという効果が得られます。 現在、日本は超低金利となっており、日本円建ての終身保険の金利はかなり低くなっています。 (それでも銀行預金よりは高いですが…。 ) 金利に関しては、日本よりも海外の方が高くなっていることが多いです。 そのため、日本よりも高金利の国で保険料を運用することで、日本円建ての保険よりも高い利息を得ることができるのです。 外貨建て保険のポイント2保険料の支払いは「円」「外貨」どちらでもOK 外貨建て保険に加入した場合、当然ながら保険料を支払う必要があります。 ただ、保険料は、「日本円」「外貨(米ドル等)」のどちらでも払い込むことができます。 原則は「外貨」となりますが、「円換算支払特約」を付けることで円で支払うことも可能です。 ただし、 日本円で払い込む場合には、為替手数料として1ドルにつき1円程度の手数料が加算されてしまいます。 そのため、よりお得にしたい場合には、外貨で直接支払う方がお得となります。 このように、同じ死亡保障がほしい場合でも、保険料が安くて済むというのは大きなメリットです。 メリット2利率に高い最低保証がついている メリットの2つ目は、利率に高い最低保証がついているということです。 外貨建て保険のような、積立の利率が変動するタイプの終身保険では、 積立利率に最低保証が付いています。 こうした保険を「 」と言い、日本円建ての終身保険にも存在します。 外貨建て保険では、最低保証の利率が日本円建てのものよりもかなり高く設定されています。 具体的に、同じ保険会社の終身保険で比べてみても次のような違いがあります。 保険の種類 日本円建て 外貨建て 保険商品名 メットライフ生命 メットライフ生命 ドルスマート 最低保証利率 0. その違いは、メリット1でご説明した保険料の違いにも表れています。 このように、高利率の最低保証が付いているというのは外貨建て保険の大きなメリットです。 外貨建て保険のデメリット デメリット為替変動リスクがある 外貨建て保険のデメリットは、為替変動リスクがあるということです。 これが 外貨建て保険の最大の特徴でもあり、難しいところとなっています。 外貨は、日本円に対しての価値が常に変動しています。 テレビニュースでも毎日報じられている「為替の値動き」がこのことに相当します。 外貨の日本円に対しての価値が常に変動しているため、外貨の変動の仕方によっては、 死亡保障額を日本円に換算したときに目減りしてしまうリスクがあります。 具体的に計算してみましょう 先ほどのメットライフ生命の「ドルスマート」を例に具体的に計算してみます。 次のような条件でドルスマートに加入したとします。 加入年齢:30歳• 払込終了:60歳• 月保険料:134. 70ドル• 最低保証:3. その場合、ドル換算で 解約返戻金は53,001. 75ドルになります。 計算はこのように行っています。 外貨建て保険を受け取るのは、加入から10年以上などの長い時間が過ぎてからとなります。 そのため、 受け取りの時点で円安になっているのか、それとも円高になっているのかは誰にもわかりません。 このように、外貨建て保険には為替変動による日本円に換算した際の価値の変動というリスクがあります。 もちろん、うまく円安になってくれればメリットとなりますが、円高になった場合にはデメリットとなってしまいます。 円安になるまで預けておくという方法もある なお、60歳になった時点で円高になって価値が低下していた場合、 日本円に戻さずにドルのままにしておくという方法もあります。 保険を解約せずに保険会社に預けたままにしておけば、解約返戻金は増加していきます。 そして、いつか円高から円安へと変わる可能性もあります。 そうなれば、解約返戻金は増加します。 もし、すぐに解約する必要性がないのであれば、円安になるのを待つという方法もあります。 どんな時に活用するのが良い? ここまでご紹介したのが、外貨建て保険の仕組みやメリット・デメリットです。 見ていただいて分かるとおり、日本円の終身保険よりも保険料や積立利率という点では非常に優れています。 ただ、 為替変動という切り離せないリスクが付いてきます。 そのため、選ぶ場合にはそのリスクを考慮した上で加入する必要があります。 資産運用には適している なお、 こうしたリスクを考慮すると、外貨建て保険を選ぶのに最も適しているのは「資産運用」や「資産分散」を考える場合です。 現状、日本の超低金利を考えたら、日本で安定的に資産を増やすのは難しいです。 また、日本円だっていつまで価値がある通貨であるかは分かりません。 もし将来円安になった場合、 日本円のままだと円の価値は低下してしまいます。 しかし、先ほどデメリットでご説明したとおり、ドルにしておいた場合には円安になるほど資産価値が増加します。 (不思議な話ですよね…。 ) このように、円を外貨に換えて資産を守ったり、増やしたりしたい場合には外貨建て保険は適しています。 初めての死亡保障にはおすすめしません なお、まだ何も終身保険に加入していないような場合には、外貨建て保険はおすすめしません。 確かに、円安になった場合のことを考えれば外貨建て保険の方が有利です。 ただ、 いざという時の換金性や選ぶ難易度を考えたら、最低限の終身死亡保障は円建てで持っておきたいです。 難易度が高めのため、選ぶ際にはぜひ専門家に相談を.

次の

外貨建て(ドル建て)の法人保険・生命保険の特徴や節税対策の方法

外貨 終身保険 デメリット

学資保険代わり!外貨建て終身保険とは? 教育資金を増やしたい! 子供が生まれたら教育資金を増やすために考えてみたい学資保険。 しかし近年はマイナス金利などの影響もあって各社商品ともその貯蓄性は下がりつつあり、学資保険はあまりお金を増やせるものではなくなりつつあります。 その代わりに最近注目されているのが 外貨建て終身保険を学資保険の代わりにする方法です。 外貨建て終身保険は預かった保険料を国内ではなくドルなどの外貨に交換して、海外で運用することで利回り(いわゆる儲け)を高められるというメリットがあります。 では、学資保険代わりの外貨建て終身保険として今最もおすすめの商品はどれなのでしょうか? また外貨建て終身保険で注意すべき独自の特徴、デメリットとは? 以下に述べていきます。 (最終更新:2018年11月) 学資保険の仕組みは?最近の動向は? まず改めて学資保険とは、主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才くらいまで保険料を払い込み、その後に金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取る仕組みとなっています。 また、保険料の払い込み期間中に契約者(親)が死亡したりケガや病気、障害を負った場合は、その後の保険料支払いが免除されます。 つまり 貯蓄+保障の保険です。 学資保険で最も重視されるのは 「いかに返戻率が高いか(増やせるお金が多いか)」です。 しかし近年、マイナス金利政策などの影響で学資保険の貯蓄性はどんどん下がる傾向にあります。 現在、国内で販売されている学資保険でトップクラスの返戻率となっている主な商品は以下の通りです。 2018年学資保険おすすめトップ5 商品名 返戻率の目安 保険料払込期間 特徴 104. 祝金を受け取らないプランでの返戻率が高い。 104. 15歳までの保険料支払いのため、毎月の保険料はやや高め。 「高額割引」で返戻率が高まる。 104. ソニー生命のライフプランナーを通じての加入となる。 101. 100. 死亡保障を重視するなら選ぶ価値も出てきますが、「より教育資金を増やしたい」という方にとっては物足りなさを感じてしまいやすいのが現状です。 「学資保険の代わりに終身保険」とは? そうした最近の学資保険の流れを受けて今、注目されているのが 「外貨建て終身保険」を学資保険の代わりに使う方法です。 まず終身保険(終身死亡保険)とは、「いつ亡くなっても必ず保険金が受け取れる死亡保障保険」であり、払い込んだ保険料を保険会社が運用することで将来の解約時に支払った保険料以上の金額を解約返戻金として受け取ることができます。 優れている部分を 色付けします。 学資保険 終身保険 保険料の支払期間 0〜18歳くらい 0〜18歳くらい 返戻率 より高め より低め 学資金(保険金)の受取時期 大学入学or在学時まで(〜22歳) いつでも解約して受け取れる。 ずっと持ち続けて貯蓄性をさらに高めることも可能 契約者(親)の死亡時 その後の保険料支払いが免除され、予定通りのタイミングで保険金を受け取る すぐに死亡保険金が支払われる 途中解約 返戻率が9〜10割と高め 返戻率が7割以下と低め 参照 終身保険の主なメリットとしては 「学資金にこだわらず、状況によってはより長く保有して返戻率を高められる」という柔軟性が挙げられます。 一方、デメリットとしては国内で運用する終身保険は子供が大学に入るまでの短い期間(約18年)だと 学資保険より返戻率が低くなるという点が挙げられます。 「外貨建て終身保険」とは? 終身保険を学資保険代わりに使う際の「返戻率の低さ」というデメリットを補うのが 外貨建て終身保険です。 一般的に保険会社は預かった保険料を国内投資で運用しています(国債や地方債、社債などがメイン)。 しかし外貨建て終身保険の場合、預かった保険料を米ドルや豪ドルなどの 外貨に換えて海外の投資先で運用します。 海外のより利回りの高い投資先を選択することで、将来的な受取金額(解約返戻金)をより高めようとしているのが外貨建て終身保険のメリットです。 例えば最近であれば、メットライフ生命の外貨建て終身保険 「USドル建終身保険ドルスマート」(以下、ドルスマート)などが人気となっています。 メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマート」の加入例• 保険料払込期間:30歳から10年間• 保険金額:5万ドル• 保険料: 162,35ドル/月• 18年後の解約返戻率: 114. なのでその時々の為替(ドル円の交換レート)によって円換算の保険料、死亡保険金、解約返戻金は変動します。 「ドルスマート」は、積立利率(銀行預金でいう金利のようなもの)が 最低3. 参照 また保険料支払いはより短期の10年払いを選ぶことで返戻率を上げることが可能です。 試算例にある通り、10年払いを選べば解約時の返戻率は 約114%です。 日本生命「ニッセイ学資保険」の加入例• 学資金:300万円• 保険料支払期間:10年間• 保険料: 23,320円/月• 返戻率: 107. 一番のデメリットは「為替リスク」 ただし、外貨建て終身保険にもデメリットはあります。 一番大きいのが 為替リスクです。 加入例にも示したように、外貨建て終身保険はドルなどの外貨で保険料を積み立て、将来の解約返戻金も外貨で受け取ります。 つまり、 その時の為替レートによって円に換算したときの金額が変動します。 最も理想的なのは円高の時に保険料を積み立てて、円安の時に解約して返戻金を受け取ることです。 しかし、老後の資金準備など解約時期のタイミングをある程度調整できるのならまだ良いのですが、学資保険は必要となる時期、つまり「出口」が決まっています(大学への進学時期)。 学資金が必要な時に大きく円高となっていれば、ドルとしては増えていても 円に換えたときには元本割れとなるリスクもゼロではありません。 「絶対に失敗できない教育資金を為替リスクにさらすべきではない」という主張もあり、外貨建て終身保険を学資保険の代わりに使うことには専門家の間でも意見が分かれています。 基本的には「金融知識に乏しいので手堅くいきたい」という方は円建ての学資保険を選び、「為替や資産運用についてそれなりに知識があり、為替リスクも受け入れる」という方なら外貨建て終身保険を学資保険代わりに活用する余地があるといえます。 まとめ 外貨建て終身保険を学資保険の代わりに使うのは 「より高い貯蓄性が期待できる」というメリットがある一方、 「教育資金を為替リスクにさらすことになる」というデメリットも抱えることになります。 この点をよく理解したうえで選び分けていくことをおすすめします。

次の

加入前に要確認!ドル建て終身保険のデメリットと注意点

外貨 終身保険 デメリット

毎月保険料の支払い時に手数料がかかる• 保険金の受取時に手数料がかかる このような場面で為替手数料が発生することになりますね。 為替手数料は保険会社によって違いがあり、外貨建て保険を扱っているところを見ると、 1ドルあたり0. 01円~0. 5円ほどの差があります。 一見すると大した手数料ではありませんが、終身保険の保険料を支払う毎月のコストになるので、長期になると放置はできない金額差になってきます。 外貨建ては円建てに比べて高金利ですが、この 為替手数料を含めて考えると実質的な金利は下がることになりますね… なので、保険会社を決める際は 手数料の部分も考慮して検討するのがいいでしょう。 ですが、「1ドル=90円」の円高になれば、月9,000円の保険料で済みます。 これがドル建て終身保険のリスクでもありますね。 理想としては、終身保険の契約期間中は「円高」で保険料を安くして、満期を迎えたときは「円安」で受け取る保険金を多くすること。 ただ、 為替相場というのはそう都合よく操作できるものじゃありません… それに米ドル建ては長期的に安定するとはいえ、将来的に為替レートがどう変動しているかは、簡単に予想できるものでもないです。 なので、為替リスクが不安になる方は、円建て終身保険を選ぶのが無難ですね。 終身保険をドル建てで運用すると、 為替相場や解約時のタイミングを意識する必要があります。 仮に「円安」時に上手く受け取ることができれば保険金が増えますが、 「円高」時に受け取ってしまうとお金が目減りすることに… 最悪の場合だと「元本割れ」した状態で、終身保険を解約せざるを得ない可能性もあります。 解約する時期を決めてドル建て終身保険に積み立てる方は、こうしたデメリットがあることも理解しておかないといけません。 ドル建て終身保険は円建てと比較して、保険料が安かったり金利が高かったりする魅力がありますが、 為替リスクにも十分注意しておきましょう。 ドル建て終身保険は、とにかく 「為替相場」によって大きく影響を受ける商品です。 一生涯の保障を受けつつ、老後資金を効果的に積み立てることができる一方で、 受け取れる金額が必ずしもプラスになるとは限りません。 なので、「外資投資ってなに?」「為替ってどういう仕組みなの?」という初心者の方は、あまりおすすめできる商品ではないですね。 「なんとなく儲かりそう。 」という気持ちで始めてしまうと、 運用中に不安になったり精神的にも良くありません。 ドル建て終身保険は資産運用目的なところもあるので、保障がメインの方は円建て終身保険でも問題ないかと思います。 終身保険のドル 外貨 建てと円建てではどのくらい金額差があるのか• 加入時の年齢:30歳• 保障金額:1,000万円• 保険払込期間:30年• 支払い方法:月払い 男性の場合 円建て ドル建て 毎月の保険料 23,650円 13,910円 保険料累計額 8,514,000円 5,007,600円 解約返戻金 8,008,000円 5,535,000円 返戻率 94. 1% 110. 男性の場合は、どちらも保障金額1,000万円と同じながら、ドル建て終身保険の方が支払い額や返戻率もお得であることがわかります。 累計額は円建てに比べて約350万円も安く、最終的には50万円ほど多く受け取れますね。 女性の場合でドル建て・円建て終身保険を比較• 加入時の年齢:30歳• 保障金額:1,000万円• 保険払込期間:30年• 支払い方法:月払い 女性の場合 円建て ドル建て 毎月の保険料 21,980円 11,710円 保険料累計額 7,912,800円 4,215,600円 解約返戻金 7,565,000円 4,734,000円 返戻率 95. 6% 112. 女性の場合でも、男性と同様に毎月の保険料が安く、返戻率も高くなっているのがわかります。 同じ終身保険の保障内容でも、ドル建てと円建てで大きく金額差がありますし、こうして見ると円建てにはあまり魅力を感じなくなりますね。 ただ、先にお伝えしたように ドル建て終身保険には「為替リスク」が伴うので、必ずしもこの結果にはならないことを理解しておきましょう。 終身保険のドル 外貨 建てで上手く運用していくためには 生活に負担のかからないお金で運用しよう。 ドル建て終身保険は、円建て終身保険よりも毎月の保険料が安くなるとはいえ、保障額が大きくなるとなかなか高額な費用になってきます。 それに加えて、為替相場の変動によって長期的に元本割れするリスクも… ここでもし必要資金で支払いを行っていると、 リスクに耐えられず保険料の支払いが難しくなる場合も考えられますよね。 ドル建て終身保険は、 常にリスクを考慮した上で運用できるかが重要。 「元本割れしても大丈夫。 」と思える心の余裕がある方は、ドル建て終身保険での運用がおすすめできます。 為替手数料も地味に負担になってくるので、そこも含めて 余剰資金で始めることが望ましいですね。 毎月支払いで為替リスクを軽減する 一括払いはおすすめしないよ。 何度も繰り返しになりますが、ドル 外貨 建て終身保険は「為替リスク」を伴う商品。 一時払いとして一括で保険料を支払うこともできますが、仮に支払い後すぐ相場が大きく変動した場合、 資産も大きく減ってしまう可能性があります。 これは「時間的リスク分散」の観点からおすすめできません。 基本的に長期的な積立投資というのは、 できるだけ長く一定金額を分散して投資していくことで、安定的な利益を作ることを可能にしています。 為替相場はいつどのような変動が起こるか予測できないので、まとめて一点に投資するよりも、 時期をずらして投資回数を増やすことでリスク低減に繋がります。 なので、一括払いではなく「月払い」で保険料を支払っていくのがおすすめですね。 結局は終身保険のドル 外貨 建てと円建てはどっちがいいの? ぼくにはどっちの保険が向いてるのかな… 終身保険は結局「ドル建て」がいいのか「円建て」がいいのか、まだ迷っている方は多いかもしれません。 そこで1つの参考として、どちらが向いているのかを考えてみました。 リスクは避けて確実な保険金を受け取りたい方は円建て終身保険 円建て終身保険はドル建て終身保険とは違って、 為替リスクがなく決まった金額を受け取れることがメリットと言えます。 投資目的ではなく自分の死亡保障や、子供のための学費として資金を残しておきたい方もいますよね。 そんな場合は、受け取り時の保険金が目減りしてしまうと、いざというときに困ります。 また、「リスクのことをあれこれ考えたくない!」という方もいますし、無理をしてドル建て終身保険を選ぶ必要はありません。 分散投資や高金利などに魅力を感じないようであれば、円建て終身保険を選ぶのがいいかと思いますよ。 資産運用として老後資金を貯蓄したい方はドル建て終身保険 保険を資産運用として考えながら、利益を求めて積立を続けていきたい方は、ドル建て終身保険が向いています。 為替相場の変動や手数料などのリスク・デメリットはありますが、 保険金を受け取るときに円安だと大きく利益が得られる可能性があります。 それに保険料の支払い期間中に円高が続いてくれれば、毎月の支払い額も安くなりますからね。 もしドル建て終身保険に加入するなら、 為替レートが円高になっているタイミングだと、より割安でお得になります。 ソニー生命の魅力は、 他社と比較しても非常に割安な為替手数料。 外貨建て保険を扱っている主要7社で手数料も比較してみました。 保険会社 為替手数料 ソニー生命 0. 01円 プルデンシャル生命 0. 25円 三井生命 0. 25円 ジブラルタ生命 0. 5円 メットライフ生命 0. 5円 マニュライフ生命 0. 5円 PGF生命 0. 保険会社の為替手数料を抑えたいなら、間違いなく「ソニー生命の米ドル建終身保険 」がおすすめと言えますね。 また、ソニー生命では ライフプランナーの「無料相談」も受け付けています。 終身保険の外貨投資も検討しよう。 ドル 外貨 建て終身保険について難しいところも多いので、この記事ではわかりやすくメリット・デメリットをまとめてみました。 円建てよりも高金利で運用できるだけでなく、円高になれば毎月の保険料が安くなります。 そして将来的に円安になれば、保険金受取時に資産も増えるのが魅力的ですね。 ただ、良いことばかりではなく、ドル建て終身保険では必ず「為替リスク」がついて回ります。 為替手数料も毎月かかるコストになりますが、ここでご紹介した「ソニー生命の米ドル建終身保険 」なら最小限に抑えることは可能です。 円建て終身保険に比べるとリスクが高いですが、保険の資産運用に興味がある方は終身保険の外貨投資も検討されてみて下さいね。 <PR>.

次の