鬼滅の刃 188 ネタバレ。 【鬼滅の刃】188話ネタバレ!伊黒の過去判明!やっぱり甘露寺が好きだった

【鬼滅の刃最新話ネタバレ205話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

鬼滅の刃 188 ネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の全話ネタバレまとめページです。 鬼滅本誌の最新話も紹介しているので、鬼滅の刃の続きや結末を知りたい時は是非参考にしてください。 週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。 関連リンク 鬼滅本誌の最新話ネタバレ 舞台はついに現代東京へ。 そこでは炭治郎や禰豆子、善逸伊之助たちの子孫が平和に暮らしていた。 戦いで死亡した者たちも転生を果たし、おばみつや胡蝶姉妹も再会。

次の

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

鬼滅の刃 188 ネタバレ

鬼滅の刃22巻188話のネタバレ 蜜璃の負傷 激しさを増す無惨の攻撃に、義勇たちは防戦一方になってしまう。 蜜璃に至っては勘でなんとか避けているといった状態。 このままでは役に立てないと蜜璃は捨て身で突っ込むことを決意する。 しかし次の瞬間、何かに引っ張られるような感覚に蜜璃の動きが止まってしまう。 そこに無惨の攻撃が直撃し、蜜璃は体の左側に大きな傷を負ってしまい倒れる。 それを見た小芭内は慌てて蜜璃のもとへ駆け寄る。 小芭内は蜜璃を抱え離れた場所に移動すると、近くの隊士に愈史郎を探して手当を頼むよう伝え、再び戦いへ戻る。 立ち去る小芭内に蜜璃は待って私も行く、死なないでと涙ながらに訴える。 小芭内は振り返らず走り去りながらこんな事を思う。 もし鬼がいなかったら一体どれだけの人が死なずに済んだのだろうか。 蜜璃と何気ない日常で出会うことができたらどんなに良かったかと。 だがそんな考えもすぐにかき消す。 そもそも自分は蜜璃の傍らにいることが許されないような汚れた血族の人間なのだと。 いつも小芭内の顔の下半分を覆っていた包帯が解けると、その口は大きく裂けていた。 小芭内の過去 小芭内は強奪した金品で贅沢をする、そんな一族に生まれた。 その一族は女ばかり生まれるという変わった家系で、男である小芭内が生まれたのは実に三百七十年ぶりだったという。 小芭内は生まれたときから座敷牢に入れられていたが、母や姉妹、叔母たちは皆異様なほど親切で、毎日食べきれないほどのごちそうを与えられるというちぐはぐな扱いを受けていた。 夜になると何か巨大なものが這い回るような音が聞こえ、粘りつくような視線を感じていた。 十二になると座敷牢から引きずり出され、きらびやかで豪華な広間へと連れて行かれる。 そこで待っていたのは、下半身が蛇のようになった女の鬼だった。 小芭内は夜中、自分を見に来ていたのはこの鬼だったのだとすぐに理解した。 小芭内の一族は、この鬼が人を殺して奪った金品で生計を立てていた。 その代わりに赤ん坊が好物のこの鬼に、自分たちが生んだ赤ん坊を生贄として捧げていたのだ。 小芭内は珍しく男であることと、風変わりした目をしていたことが気に入られ、成長して食える量が増えるまで生かされていたのだった。 鬼がもう少し大きくして食べることに決めた為、小芭内はもうしばらく生かされることになった。 だがその際鬼は、耳まだ大きく裂けた自らの口と形を揃えると言い、小芭内の口を切り裂かせた。 そしてその時溢れた血を盃にためて飲んだのだった。 そこからの小芭内は逃げることだけを考え、盗んだ簪で木の格子を削り続ける毎日だった。 この時迷い込んできた蛇に鏑丸と名付け、唯一の心支えにしていた。 そうして牢を抜け出し逃げることができた小芭内。 鬼に途中で追いつかれたが、当時の炎柱が駆けつけたことで救われる。 炎柱は生き残った従姉妹と引き合わせてくれたが、そこで吐かれた言葉は、黙って喰われてれば良かったのに、お前のせいでみんな殺されたという酷いものだった。 そんな身勝手な言い分も小芭内の心を抉るには十分だった。 小芭内自身、自分が逃げれば親族がどうなるか考えなかったわけではないのだ。 小芭内は一族が屑ならば、自分もまた屑だと自分を責め、やり場のない怒りを鬼にぶつけていった。 だがそれでも自分の汚れた過去からは逃れられない。 だからせめて無惨を倒して死にたい。 そしてもし鬼のいない世界で生まれ変わり、蜜璃と再び出会えたら今度こそは好きだと伝える。 そう小芭内は願うのであった。 鬼滅の刃22巻188話の扉絵とタイトル考察 今回の扉絵は座敷牢に囚われた小芭内が描かれたものです。 エピソードタイトルは「悲痛な恋情」。 小芭内が蜜璃に対して特別な感情を抱いているのは、今までも描かれていましたが、思いを伝えられずにいたのは、鬼殺隊という明日をも知れぬ身だからと言うことだけではなかったのですね。 鬼滅の刃22巻188話の名台詞 今回印象的だった台詞は小芭内の「もう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず君に好きだと伝える」です。 恋愛描写が殆ど無い作品だけあって、小芭内と蜜璃の関係はかなり際立ちます。 この台詞、逆に言えば生まれ変わりでもしない限り、思いを伝えることなどできないと言う意味でもあり、とても切ないものがあります。 小芭内には過去の自分を赦し、現世で思いを伝えられるように願わずにいられませんね。 鬼滅の刃22巻188話の感想・考察まとめ 小芭内の悲惨な過去が描かれた今回。 小芭内に関してはここまであまり語られることがなかったため、気になってはいたのですが、まさかこんな過去だったとは。 他の隊士たちは鬼に対する仇討ちが大きな動機になっているように思えますが、小芭内の場合は贖罪というか罪滅ぼしのような面が大きいのかも知れませんね。 次回から小芭内も戦いに戻り、無惨との戦いが描かれることでしょう。 189話の展開に注目しましょう。 漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選 近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。 合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。 サービス名 月額料金 税抜き 888円 1780円 1990円 無料期間 2週間 30日間 31日間 無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後 公式サイト 無料期間内の解約 全て可能。 解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能 どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。 そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。 ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』189

鬼滅の刃 188 ネタバレ

2019年12月23日(月)週刊少年ジャンプ4・5号 発売 188話のネタバレ さらに速度があがった無惨の攻撃を甘露寺が受けてしまった。 倒れ込む甘露寺に伊黒が駆け寄る。 悲鳴嶼、不死川、富岡の3人が無惨を食い止めている間に、伊黒は甘露寺を安全なところに移動させ、隊員に甘露寺の手当てを頼んだ。 そしてすぐに戦いに戻る伊黒に、甘露寺は死なないでと叫んだ。 甘露寺と違う出会い方をしたかったと思う伊黒だが、それでも汚い自分は甘露寺と一緒にはなれないと考える。 過去を思い出しながら走っていく伊黒の口元の包帯がほどけた。 そこには左右に大きく切り裂かれた口があった。 蛇鬼に支配されていた伊黒家。 伊黒家は蛇鬼が殺した人の持ち物を奪って生きていた。 代わりに一族に生まれた赤子を生贄として差し出していた。 370年振りに生まれた男であった小芭内は目も変わっていたことから、大きくなってから食べると言われて牢に閉じ込められて育てられた。 しかしそのことを知った小芭内は逃げ出した。 柱の登場で蛇鬼は死んだが、小芭内が逃げ出したことで一族は小芭内の従姉妹の女の子1人を残して殺された。 小芭内はずっとその罪の意識に苛まれてきたのだ。 無惨の所に向かいながら伊黒は、鬼のいない世界に生まれ変わることが出来たら今度こそ甘露寺に好きと伝えると誓った。 「鬼滅の刃」188話の感想(ネタバレ含む) 「鬼滅の刃」188話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 出自に負い目があることと、その生い立ちが明らかにされた伊黒。 特異体質であったこと以外は何不自由なく育った蜜璃とはまるで対照的であることと、蜜璃は自分とは違い何も恐れることなく無邪気に旺盛な食欲を発揮していることから、伊黒が蜜璃に惹かれる理由がよくわかる回でした。 伊黒を助けた「当時の炎柱」というのは、年齢から考えると煉獄杏寿郎の父・槇寿郎でしょうね。 たくさんの人間を食べてきたはずの蛇鬼をたやすく倒したということで、やはり相当な実力者であることは間違いないと考えられます。 そして、命の恩人の息子ということで、作中では語られずとも煉獄杏寿郎について伊黒は特別に感じていたところがあったのかもしれません。 漫画「鬼滅の刃」188話を無料で読む方法 「鬼滅の刃」188話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の