魔法少女リリカルなのは 小説。 魔法少女リリカルなのは

魔法少女リリカルなのは―流水の魔導師―

魔法少女リリカルなのは 小説

なのはとの決着を望むフェイトの話しを軸に、 アリシアが生きていた頃のプレシアの姿や、 アリシアを失う事になる事故の真相、 フェイトの幼少と教育係のリニスが描かれます。 アリシアをとり戻したいという願いが過ぎた、 と言うにはあまりに残酷な結末を迎えてしまいますが、 プレシアが壊れるのも無理ない話しです。 なのはの底知れない実力が垣間見れるというか、 そこまで考えていたとは恐ろしい。 いろいろとこれ読んで納得できました。 昨年10月~12月まで放映された「なのは」アニメは全部見たわけなんですが、時系列的に ・アニメ最終回の直後。 なのはがフェイトと再戦(サウンドステージ03より前) をベースに、 ・アニメ1話以前、フェイトの幼少時代(プレシアの悲劇からサウンドステージ02まで) を回想してまとめた。 次作に向けての補完ストーリー小説版です。 プレシアの悲劇については意外なほどに詳細に描かれており、その後狂気へと移行していく彼女の悲哀が伝わってきます。 おそらく本編のどこでも語られない部分、しっかり描きたかったのかもしれません。 ひとつだけ気になったのは、アニメ最終回で「名前を呼ぶシーン」がこの小説内でも別の場所で繰り返しになっているところ。 一編の小説として話を終わらせるには必要だったかもしれませんが、アニメから引き続きで読んでいる身としてはやや違和感がありました。 とりあえずA's放映中に読んでおきたい1冊です。 1期アニメ版を見て、サウンドステージを聞いていない身としては、1期最終回のパラレルワールドヴァージョンに感じます。 小説を読む人がサウンドステージを必ずしも聴いているとはいえませんから、アニメ版のラストと、小説の戦って、なのはとフェイトがつかむものを描かれたものを選ぶかみたいな感覚になるのではないでしょうか。 なのは1期全体を知るにしては浅いかもしれませんが・・・ とはいえ、何よりもプレシア視点が描かれていたことがピックアップすべき所でしょう。 1期アニメだけを見る人とすれば、フェイトがあれだけ信じているにもかかわらず、道具的にしか考えていないような悪者おばさんにも見えますが、どうして壊れていったのか、アリシアをとても思っていたためがための過程が描かれていて、ただの悪者という視点ではなくなりますね。 この視点がA's11話のフェイトに関する物語や、アリシアの言葉に対する重み(思み? )につながるわけですから、それだけ期待したとして買ったとしても益となる小説です。

次の

ゼルガーのおすすめ小説リンク集

魔法少女リリカルなのは 小説

リリカルまじかるな凡夫です。 ごめんなさい。 嘘です。 この記事では魔法少女リリカルなのはシリーズのおすすめSS・二次小説作品を紹介していきます。 魔法少女リリカルなのはViVid視聴しました。 完全にグラップラー刃牙です本当にありがとうございました。 序盤はなんかもう少年兵にでもするのか?という和やかムードではあるけれどやっていることは完全に軍事訓練で驚いていたのですが、後半は完全に闘技場戦でそのうち愚地さんとか渋川剛気さんとか登場するんじゃないか?と思いながら楽しく視ていました。 それとなのはママにフェイトママという呼称にドキドキしました。 え? この2人はやはりガチ百合だったん?という風なことを考えてなんか幸福な気分になっていました。 この2人にこの曲を歌って欲しいのですがどういう権力を使えば叶いますかね? Contents• 魔法少女リリカルなのはSS クロスオーバー 魔法少女リリカルなのはとクロスオーバーしたおすすめ作品を紹介していきます。 型月 戦う代行者と小さな聖杯(21)完結 型月世界とリリカル世界のクロスオーバー。 転生した先は聖堂教会代行者見習い。 海鳴に落ちたジュエルシードを巡って戦う魔法少女の尻拭いがお仕事です。 原作通りに進めばよいと思っていた矢先、謎の敵も現れて……。 黒鍵とマジカル八極拳で敵と戦う代行者の物語。 だが所詮は見習いです。 リリカルまじかるだけど型月とクロスオーバーしているから結構大変な世界になっている作品です。 魔法少女リリカルなのはSS オリ主 なのはSSってストライカーズ2みたいな雰囲気がありますが全く関係ありません。 サイドストーリーの略です。 ここでは魔法少女リリカルなのはの世界でオリジナル主人公が活躍する二次小説作品を紹介していきます。 転生者の魔都『海鳴市』 多重クロスオーバー 完結 この物語は魔法少女の物語ではありません。 もっと悍ましい何かの物語です。 正義を志す者が初心を貫き通す事は稀であり、悪を志す者が最期まで滅びないかもしれません。 多重クロスオーバー作品です。 うわ、なにこれ闇鍋を通り越して魔女の釜みたいになってるぞ。 様々な世界は様々な想いが寄り集まって形作られ、いくつかの想いは様々な形で重なることになる。 星の数ほども存在するそれらの世界は、時として衝突し、時として滅びていった。 そしてそんな数多存在する幾千幾万の世界を「管理」し、平和を守る者達が存在した。 彼らは時に言葉を、時に武力を用いて世界を守る…………「次元世界」を、守護する者達。 幼い頃より兄弟同然に育った幼馴染、クロノ・ハラオウンと共にロストロギア『ジュエルシード』の引き渡し任務に参加したイオス・ティティアは、肝心の取引相手であるスクライア一族の次元航行艦を襲った事故に巻き込まれてしまった。 そして彼は、それまでの彼の人生を一変させる可能性を秘めた1年間を経験することになる。 はたして彼は誰に出会い、何を想って歩んで行くのだろうか……。 マテリアルズRebirth 完結 長編 ベルカ男子が嘱託魔導師をやっていました。 彼は仕事請け負いました。 その仕事先で、存在しない筈の少女達を拾いました。 苦労しながらも少女を守ったり育てたりします。 そんな話です。 基本的にマテ子達がヒロインかもしれません。 あと魔法(物理)でメイン盾な方向性。 ハーレムなのでヒロインは少しずつ増えるかもしれません。 シリアスほのぼのが5:5ぐらいですかね、純粋にイチャイチャだけが読みたいのであれば注意をした方がいいかもしれない。 オレを踏み台にしたぁ!? 転生憑依 リリカルな世界で憑依した主人公の一人称視点の物語です。 憑依先はチート能力(喪失済み)を授かった銀髪オッドアイ美形の典型的な踏み台転生者。 憑依先の彼として生きていくことを決めた主人公の勘違いはやがて周囲にも伝播していき… という物語になる予定です。 夜天に輝く二つの光 完結 死を呼ぶ魔導書と、その主に選ばれた兄妹の物語。 手に入れたのは、新たな家族と温かな時間のはずだった。 その真実を知るまでは……。 誓いを胸に秘め、少年は、破滅の道を進み行く。 絶望の運命を、打ち破るために。

次の

魔法少女リリカルなのは (まほうしょうじょりりかるなのは)とは【ピクシブ百科事典】

魔法少女リリカルなのは 小説

作者 アカルト様 ジャンル 魔法少女リリカルなのは 神様転生 オリ主 セイバー 全作品 チート リンク _______________________________________ オリ主ケント・コルテットが大財閥コルテット家の長男として転生する物語。 Fateに出てきた女セイバー全ての能力を使用することができるが故にチート。 皇帝特権とか卑怯すぎる。 だが、元々の素体が魔力値SSSランクとやはり最強。 自分のクローンが出てきたり、同じ転生者と戦ったり、チートが周りにばれて後ろ指さされたりと、テンポよくかつネタ豊富に進んでゆく。 読んで損は無い管理人おすすめの作品。 _______________________________________ 現在176話。 連載停止中。 作者 てんぞー様 ジャンル 魔法少女リリカルなのは マテリアルズ ハーレム チート ギャグ シリアス 神様転生 オリ主 ほのぼの リンク _______________________________________ これは神様転生したオリ主、イスト・バサラとマテリアルズのほのぼのシリアス系作品。 管理局嘱託魔導師のイストは突入した違法研究所でなのは達のクローン、マテリアルズを見つける。 最初は自らに迫る危険性ゆえに抹消しようとしたが、助けを求められつい助けてしまう。 後は、裏から手を回し密入国、イストが匿う形で同棲していく。 マテリアルズのハーレムとかなにそれ羨ましい。 パルパルパルパルパルパルパルパル。 _______________________________________ 全209話。 完結済み。 作者 月の光様 ジャンル 魔法少女リリカルなのは オリ主 神様転生 念動力 最強 リンク _______________________________________ 神様のミスにより死んでしまった月無 零冶は、お詫びとしてなのはの世界に転生させられる。 特典として念動力と成長率の上昇を手に入れた彼は、他にもいる転生者に原作は任せてのんびりしているつもりだったのに、何故かバットエンドに向かって行ってしまう。 それを阻止すべく、零冶は仮面を被り密かに行動を開始する。 オリ主系ハーレム、踏み台もいるよ。 な作品。 現在無印編。 _______________________________________ 現在10話。 これからどう展開していくのか気になる作品。

次の