きくらげ と 豚肉 の 卵 炒め。 生きくらげと豚肉と卵の炒め物

豚肉ときくらげの卵炒め by JACK0904 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

きくらげ と 豚肉 の 卵 炒め

その他の栄養素 102. 0g 2. 5g 0. 2g 5. 1mg 5. 8mg 1. 0mg 4. 6mg 3. 7mg 15. 4g アミノ酸 17650mg 分岐鎖アミノ酸 3272mg イソロイシン 850mg ロイシン 1436mg リシン 1399mg メチオニン 509mg シスチン 277mg フェニルアラニン 811mg チロシン 694mg トレオニン 827mg トリプトファン 235mg バリン 986mg ヒスチジン 610mg アルギニン 1156mg アラニン 1038mg アスパラギン酸 1811mg グルタミン酸 2580mg グリシン 790mg プロリン 753mg 調理油 0. 5g 21. 4g 9. 26g 5. 58g 0. 74g 4. 72g 中鎖脂肪酸 0. 00g オクタン酸 0mg デカン酸 6mg ラウリン酸 16mg 0. 2g 1. 4g 利用可能炭水化物(単糖当量) 3. 5g でん粉 0. 2g ぶどう糖 0. 5g 果糖 0. 3g ガラクトース 0. 0g 麦芽糖 0. 0g 乳糖 0. 0g 有機酸 0. 1g 酢酸 6mg リンゴ酸 3mg クエン酸 9mg 硝酸イオン 0. 0g 関連料理.

次の

豚肉ときくらげの卵炒め

きくらげ と 豚肉 の 卵 炒め

きくらげはぬるま湯につけて20分置いて戻し、石づきを取って食べやすいお大きさに切ります。 豚バラ肉は2cm幅に、スナップえんどうは筋を取って斜め半分に、長ねぎは縦半分に切ってから1cm幅に切ります。 卵をボウルに割り入れ、【A】の塩、水で溶いた片栗粉を加え、長ねぎを混ぜます。 【B】のしょうゆ、酢、砂糖、水、片栗粉を合わせます。 スナップえんどうを熱湯で1分ゆで、きくらげを加えて温まったらざるに上げます。 フライパンに油大さじ1を強火で熱し、3を入れて大きく混ぜながら火が通ったらざるに取り出します。 フライパンをふいて油少量を入れ、しょうがの薄切り、豚肉を中火で炒め、6を戻し入れます。 強火にして4を全体にからめ、最後にごま油を回し入れたら完成!• ボウルに水を入れてゼラチンを振り入れてふやかします。 鍋に無調整豆乳、生クリーム、はちみつを入れて中火で熱し、かき混ぜながら沸騰直前まで温めます。 2を火からおろし、ふやかしたゼラチンとアーモンドエッセンスを加え、ゼラチンが完全に溶けるまで混ぜます。 茶こしなどでこしながら器に等分に流し入れ、粗熱を取って冷蔵庫で2時間以上冷やします。 水で戻したクコの実を飾ったら完成! 中華のスイーツといえば杏仁豆腐ですね! ヘルシーに豆乳でつくるものを合わせてみました。 クコの実って日本じゃあまりなじみがないかもしれませんが、中国ではよく使っていました。 鶏肉のスープなんかにも入れると美味しいですし、菊茶と一緒に入れて飲んだりもしていましたよ~。 普通のスーパーではあまり見かけませんが、ネット通販で購入可能です^^.

次の

【レシピ】炒めるだけの定番中華「トマトとキクラゲの卵炒め」

きくらげ と 豚肉 の 卵 炒め

中華料理の木須肉(ムーシーロー)を家庭にある調味料でつくりやすくアレンジしました。 豚肉ときくらげは中華料理でよく使われる食材です。 豚肉は和食でもよく使いますが、きくらげは和食の家庭料理では余り使わないので馴染みが少ないですが、乾燥きくらげは干ししいたけと違い、短時間の水戻しで使えて食感よく、食物繊維が豊富な食材です。 しかも値段がお安く保存生が良い、買っておいて忘れた頃に使っても大丈夫です。 戻したら、大きめの一口大に切ります。 チンゲンサイは茎と葉に切り分け、茎は縦方向、8等分のクシ型に切ります。 2)豚こま肉はボウルに入れ、Aを揉み込みます。 卵はボウルに割り入れ、Bを加えて溶いておきます。 Cを混ぜてタレを作ります。 3)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけます。 熱くなったところに卵液を一気に入れます。 半熟になったところで、さっと混ぜて、ふわふわの炒り卵にし、一旦、取り出しておきます。 4)同じフライパンにごま油を入れ、弱めの中火にかけます。 下味をつけた豚肉を入れて炒めます。 豚肉の色が変わってきうたら、フライパンの端に避け、空いた部分にチンゲンサイの茎を入れて焼きます。 チンゲンサイの茎に透明感が出たきたら、きくらげを入れて炒めます。 チンゲンサイの葉を入れ、混ぜ合わせたCをかけて炒めます。 タレが馴染んだら火を消します。 取り出しておいた炒り卵を戻して混ぜます。 皿に盛り付けて出来上がりです。 豚肉ときくらげの卵炒めの完成です!豚肉は柔らかで旨味があり、コリコリの食感のきくらげ、ふっくらした炒り卵と一緒に食べると美味しいです。 チンゲンサイはシャキッとしていて、それぞれの食材の美味しさを楽しめます。 豚肉、炒り卵は下味をつけているので、全体の味付けは薄味でも美味しく作れます。

次の