オフ ウィズ ユア ヘッド。 【Live 】ツイステ・オフウィズユアヘッド作り方【100均メイン】コスプレ質問にお答えしつつ作ります。

【ツイステ】10分耐久!リドル寮長のオフ・ウィズ・ユアヘッド ボイス集【10 minutes endurance OFF WITH YOUR HEAD】【Twisted

オフ ウィズ ユア ヘッド

ストーリーネタバレありますのでご注意を! 今回は占い師と曲芸師の話だけです。 『占い師のユニーク魔法の名前は』 寮長 「ラギーくんのユニーク魔法は素晴らしいよ。 勿論レオナ、君の物もね。 」 イライさんはあんな大事が起きた後も変わらず穏やかに二人に話す。 …僕より寮長みたいだ。 「はっ。 素敵な魔法じゃないか。 」 「勝手に俺様のサンドイッチ奪ったりな!」 「グリム!」 グリムの口を押さえ付けた。 イライさんが言いたいのはきっと違うこと。 「ラフ・ウィズ・ミー。 つまり一緒に笑おう。 …君には共に笑ってくれる人が側にいるんだ。 さっきのように強制だけど笑わせてくれる人がね。 」 「……。 」 イライさん…そんな風に…。 僕じゃ思い付かないや…。 「君の力もだよ、レオナ。 」 「砂漠化が?どこがだ。 」 「君は視野が狭いのだね。 …いや、周りがそうしたのだね。 」 イライさんはいつもしていた目隠しを外した。 「……蒼い…。 」 「綺麗だ…。 」 デュースとリドル先輩が言うように綺麗な蒼色の瞳だった。 そして優しい色だった。 「砂漠での死亡原因の一位は何か知っているかな?」 「そんなの遭難による餓死とか、脱水とかじゃねぇの?」 「砂嵐に埋まるとか?」 エースやケイト先輩が言うようにどれかな気がする。 けどイライさんが言うってことはレオナ先輩に何か関係するのかな? 「…溺死なんだよ。 」 「はぁ!?溺死!?」 「だよね?レオナ。 」 「……砂漠は基本的に水を吸わねぇ。 」 「マジなんだ…。 」 そうなんだ…知らなかった。 ……あれ?じゃあ…。 「レオナ。 君のユニーク魔法は使い方次第で命を救えるんだよ。 砂漠の王子として相応しい。 」 「……ふん。 行くぞ、ラギー。 」 「え、あ、ちょ……ありがと、イライ。 」 ラギー先輩はイライさんにお礼を述べて去っていった。 そんなイライさんにジャックさんが肩を叩いた。 」 「なんか良い呼び名考えない?イライちゃんの!」 ケイト先輩の言葉にふっと頭に言葉が浮かんだ。 「ブルー・サンダーボルト?」 「おお…!いいんじゃね!?」 「私はそのままで良いんだけどなぁ…。 」 イライさんはいつものように目隠しをつけた後変わらず穏やかに笑っていた。 『曲芸師のユニーク魔法』 「そう言えば…マイクってなんかユニーク魔法使えんの?」 トランプさんが不思議そうに聞いてきた。 ユニーク魔法。 個性が溢れているその人しか使えない魔法。 「使えるよー。 」 「そうなのか!?」 鶏さんまで食い付いてきた。 んー…見せても問題ないよね。 けど大釜は召喚魔法でもあるよね。 」 僕は曲芸師。 お客さんを喜ばせるのが仕事だった。 だからか観察力は人より強い自信がある。 一度見たユニーク魔法の真似が出来る魔法だよ。 」 「マジかよ…。 」 「本物には劣っちゃうけどね。

次の

【ツイステ】10分耐久!リドル寮長のオフ・ウィズ・ユアヘッド ボイス集【10 minutes endurance OFF WITH YOUR HEAD】【Twisted

オフ ウィズ ユア ヘッド

ツイステのことをもっと考えたくて突然プロローグから読み返そうと思った次第です。 とりあえず今日はPrologue1~Prologue7までの内容を読み返して、メモしたり思ったことなど書いて行けたらと思います。 手を取る 残された時間は少ないという不穏な始まり方です。 そういえばアプリがリリースされた当初はディアソムニア寮の生徒の手を取ることは できなかったのですが、 最近ダウンロードした人はディアソムニア寮の生徒の手を取ることもできるようです。 棺は『扉』• 「 それまでの世界に別れを告げ、新しく生まれ変わる。 「あの扉の意匠にはそんな思いが込められているのです。 」 「それまでの世界に別れを告げ、新しく生まれ変わる。 」とか これからの主人公にかかってきそうで、ドキドキです。 初見の時、「え、これ主人公死んでるんじゃ…。 」と思ったのを思い出しました。 クロウリーは校長 「私は理事長よりこの学園を預かる校長。 ディア・クロウリーと申します。 」 最初の方は結構さらさらっと流していたので、気にもとめていなかったのですが、 ナイトレイブンカレッジには理事長がいるみたいですね。 ここでわざわざ 「理事長からこの学園を預かる」という言い方をしているので、 もしかしたらこれから理事長が登場することもありそうです。 入学できるのは• 「この学園に 入学できるのは『闇の鏡』に優秀な魔法士の資質を認められた者のみ。 「選ばれし者は、『扉』を使って世界中からこの学園へ呼び寄せられる。 「貴方のところにも『扉』を載せた黒い馬車が迎えにきたはずです。 」 選択肢• 「暗い森を通ったような……」• 「この者からは魔力の波長が一切感じられない……色も、形も、一切の無である。 」 という『闇の鏡』の発言から、主人公は魔法を元から持っていない? でもそれだと馬車が迎えに来ないはずで…。 どうして主人公のところに馬車が迎えに来たのかわかる日が楽しみです。 「魔法が使えない人間を黒き馬車が迎えに行くなんてありえない!」• 「生徒選定の手違いなどこの100年ただの一度もなかったはず。 ハートの女王の法律・第23条『祭典の場に猫を連れ込んではならない』 『首をはねろ』(オフ・ウィズユアヘッド)• 「ま、学園からつまみ出される頃には外れてるよ。 」 リドルから 距離が離れると魔法が解かれる、もしくは 時間経過で解けるかのどちらかっっぽい? ハーツラビュルが登場してる章もまた見返すのでそこでまた確認したいです。 マレウスの印象• カリム「うーん。 でもオレ、アイツのことあんま知らないんだよなー。 カリムって割とみんなと仲がいいイメージだったから仲良くないのは意外だったのですが、 ジャミルは「カリムとマレウスが絡むのは面倒なことが起こりそう…」 とか考えそうなので、 ユニーク魔法使ってカリムに近寄らないようにしてたりもしそう…。 生徒C「怖えぇ……。 リドル「どうも彼には声をかけづらいオーラがあるんだよね。 」と思ってても おかしくなさそうなのですが、それを上回るくらい話しかけづらいオーラがあるって どんだけオーラあるんだって感じですね。 この者のあるべき場所はこの世界のどこにも無い……無である。 主人公が自分の住んでた場所を言って、学園長に聞いたことがないといわれます。 後々出てくるオンボロ寮の鏡にミッキーの姿があったことなどから、 鏡の向こう側の世界に主人公の故郷があるのかな?と思いました。 「世界地図どころか、有史以来どこにも貴方の出身地の名前は見当たりません。 「こうなってくると貴方がなんらかのトラブルで別の惑星……」• 「あるいは異世界から招集された可能性も出てきましたね。 」 別の惑星や異世界のことを学園長がすんなり受け入れられるのは、 今までに前例があったからっぽいですよね。 まあ、魔法が存在する世界なので、結構なんでも起こりそうな感じはします。 魔導車免許書・靴の片方? 免許書の方はアメリカの多くの州では免許は16歳からとれるらしいので、 免許書の話をしているのかなと思いました。 靴の片方ってなんのことだろ?と考えたんですが、 シンデレラくらいしか思い浮かばなくて考えるのをやめました。 4章くらいになるとこの頃のボロボロで埃っぽいオンボロ寮がなんだか懐かしいですね。 雨宿りにオンボロ寮に入ってきたグリムとの会話のシーンです。 どうして学校に入りたいのか?• 「単純な話なんだゾ!」• 「オレ様が大魔法士になるべくして生を受けた天才だからなんだゾ!」• 「いつか黒い馬車が迎えに来るのをオレ様はずっとずっと待ってた。 幽霊退治を終えて、学園長の挑戦を受ける話でした。 この章はほとんどリズミックの反復練習って感じです。 「 ユウさんの魂を呼び寄せてしまったことに関しては闇の鏡を所有する学園にも責任の一端はある。 」 この学園長の発言で思ったんですが、 「魂」って言ってるの、なんだか引っかかりません? 鏡の向こう側の世界の人がこっちに来るには魂だけじゃないと来れないとか、そういう話になってくる? ミッキーをわざわざ出しているで、異世界人・宇宙人だったという線は ほとんど消えてくると思います。 鏡の向こうに主人公の体は合って、まだ生きていて帰るか帰らないか選ぶとか お話的にありそうですよね。 今日はここまで とりあえず今日はPrologue1~7までのお話を振り返ってみました。 最初は全く気に留めていなかったことが少し話が進むとあの時の言葉ってそういうことだったんだとか、 こういうことなのかなとか想像できて、やっぱりツイステって面白いなと思いました。 また続きも書くと思うので、よかった読んでくれるとうれしいです。 ここまで読んでくださってありがとうございました。 motimoti444.

次の

#4 成り代わりサバイバー×ツイステ 3

オフ ウィズ ユア ヘッド

マジックを演じる際に必ず必要になってくる「秘密の動作」。 これを自然に行うためにマジシャンはスライハンドを磨くわけですが、そもそもその動作の存在自体を観客の記憶から消すことができたら?もっと正確に言えば、「消す」というよりも、秘密の動作を観客の意識の外で行うことで、初めから観客の記憶に残らないようにすることができたら? 実際にマジックが起きているのは演者の手元ではなく、観客の脳の中です。 本書に解説されているのは、指先の技術ではなく、観客の心理に働きかけるテクニック。 この、どんなマジックにもどんな手順にも応用できるマジックの根本的な技術が、オフビートでありミスディレクションです。 オフビートとミスディレクション。 この二つの技術がとても重要ということは、様々な場所で言われています。 しかしそれについてこれだけ凝縮された内容が一冊にまとめられたものは、本書が発表されるまでありませんでした。 本書がこの分野に関する名著として世界中から絶賛を浴びてから20年以上たちますが、いまだにこれを超えるものはありません。 この日本語版が発表されたのは1992年ですが、マジシャンが理解しておくべき観客心理の本質が書かれたその内容は、いまだに輝きを失いません。 それどころか、これからの時代にあらためて必要な技術・知識となることでしょう。 より高い目的 演出 ミスディレクション あなたの身体を道具のように使う 身体的なスペースと演出 身体的な動き:基本的な強さと弱さ 身体的な演出:イフェクトのための構成 視覚的ノイズ 公明正大なポジション 精神的・物質的なテクニック アクティブな状態とリラックスした状態 オフビート オフビートを作る 注意をふたたび取り戻す アクションのコーディネイト ムーブのプライオリティ 動きの拙訳 フォーカル・インタラクショナル・テクニック 焦点 視線 フォーカル・インタラクショナル・ミスディレクション 言葉によるテクニック イフェクトに焦点をあわせる ヨーヨー・ジレンマ 本質的な要素に注目する 焦点とマジックを起こす医師 焦点 観客とあなた 縛られた視線 純粋に心理的なテクニック オープンネス・公明正大 観客の確認 うなずくテクニック 確認、そして観客を巻き込む 確認と記憶 確認と記憶の歪曲 うなずくテクニックと心理的な操作 演技のために作品を準備する.

次の