ガルパン 一撃。 CRガールズ&パンツァー (ガルパン)パチンコ 甘デジ・ミドル 保留・信頼度・潜伏・進軍モード・評価・スペック

【ガルパン】一番は誰だ?ガルパンのキャラをランキング

ガルパン 一撃

2 97. 7 99. 9 100. 0 102. 7 105. 5 110. 1% スロット一撃出玉性能 一撃連チャン出玉性能は、ホールでの初当たりデータ及びその1回の大当たり出玉数から、出玉分布図の作成、平均出玉、最小出玉、最大出玉、出玉中央値、上限枚数(一撃2400枚)到達率を解析しています。 実測値• 平均出玉 : 381枚• 最低出玉 :1枚• 最高出玉 :2069枚• 一撃での最高出玉2069枚はでした。 1回の初当たりにおける出玉中央値は263枚でした。 攻略解析 ・ ・ ・ C GIRLS und PANZER Projekt.

次の

AT概要:パチスロ ガールズ&パンツァー

ガルパン 一撃

9号機から新たに設けられた「有利区間制限」。 AT・ARTは、突入前の高確状態を含め、1500Gを超えて続いてはならないという規制である。 さらに6号機では一撃2400枚以上増えてはならないという規制が追加。 新規則のパチスロで2400枚以上出すには、初当たりを連打するしかない……設定不問の一撃大量獲得の夢はもう見られないと思われていた。 ところが、最近になってこの有利区間の壁を突破した6号機が次々とホールに登場。 実際に2400枚を超える一撃大量獲得が報告されている。 『超AT 美ら沖』で一撃5000枚 美ら沖最高かよ? 一撃5000枚出るとか6号機まだまだ夢あるなぁ😍 — ツヨシ 水戸黄門きっず kyuji0139 この機種の大きなポイントは「アンリミテッドAT」と呼ばれるボーナスの塊が50%以上でループする点。 有利区間移行時に「ストック放出モード」への移行を抽選し、移行すれば基本的に111G以内のボーナスが濃厚。 さらにボーナスのストックがあれば基本的に111G以内の連チャンも濃厚となり、ここでまずボーナスの塊を獲得できる。 有利区間を抜けてもすぐに有利区間へ移行し、その際のストック放出モードへの移行率が50%以上もあるため、それに当選し続ければボーナスの塊を何度でも掴むことができるのだ。 七匠が6月3日にリリース。 擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やすタイプ。 有利区間「突入時」にストック放出モードの突入抽選が行われるため、有利区間を完走 or 終了してもさらなる連チャンに期待できる。 「アンリミテッドAT」と名付けられたこの新システムにより、一撃5000枚以上を叩き出した台もある。 193: 名無しさん@お腹いっぱい。 一撃に期待できることに加え、「気楽に打てる」という良さもあるようだ。 数ゲーム消化後に有利区間を再セットし、 有利区間移行から2G目~8G目は 「龍宮ゾーン」と呼ばれる ボーナスの超高確率ゾーンに滞在します。 ネットが6月17日リリース。 「美ら沖」同様、擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やすタイプ。 ボーナス終了時に必ず有利区間が終了するという斬新な仕様。 そして、有利区間突入後すぐにボーナスの超高確率ゾーンが訪れるため、一撃でどこまでも伸びる可能性がある。 実際に3000枚を超えた台も確認された。 ~』の特殊仕様 ガルパンG初打ちにて マウスへの挑戦含め 3連覇なんぞしてしまった…。 2連覇後の戦車道チャレンジで引き戻してくれたんで、有利区間リセットからの戦車道で36戦目で敗退したものの、一撃3500枚オーバーみたいな感覚😋 タイヤ交換の出費が戻ってきた👻 — Aki leochin13 本機は「有利区間終了時にCZに突入する」という仕組みを採用。 これにより「ATの当選を有利区間の頭に持ってくる」事が可能になり2400枚獲得より手前で有利区間のリミットに到達するリスクはほぼ無くなっている模様。 また、リミット到達後はCZ状態からスタート 優勝演出でCZをストック するという恩恵もあり。 オリンピアが7月8日リリース。 ゲーム数不定のATで出玉を増やすタイプ。 通常時はCZからATを目指す王道のゲーム性だが、CZ突入の際に有利区間がリセットされるため、有利区間をATでフルに使える仕様。 さらに、AT10連で「表彰式」を発生させてCZをストックすれば、AT再突入のチャンス。 この引き戻しにより、(実質)一撃3500枚獲得したユーザーも居るようだ。 さらに……。 「ガルパンG」で万枚報告!? 一撃ではないとは言え、AT中のCZストックが万枚達成に貢献したであろうことは、スランプグラフからも見て取れる。 このように、6号機でも有利区間を突破できる仕様であれば、一撃で2400枚以上獲得することは可能なようだ。 天元突破システム搭載! ボーナス後は高確率状態の謁見の間と、ボーナス連チャンゾーンのグレンラガンチャンスへ交互に突入。 どちらもボーナス期待度は80%を誇るが、ここでポイントとなるのが謁見の間は「非有利区間」だということ。 七匠が8月5日リリース予定の『パチスロ 天元突破グレンラガン』も、上記の機種たちに続く、有利区間の壁を突破した機種だとされている。 これだけでも出玉の匂いがするが、2種類あるゾーンのうちの一つ「謁見の間」は非有利区間であるため、ヒキさえ良ければ出玉ストッパーを突破し、一撃万枚の夢さえ見られる仕様。 果たしてどれほどの突破力を誇るのか、この夏注目の1台と言えるだろう。 メーカーの創意工夫により有利区間の壁を超える一撃に期待できるようになった。 喜ばしいことだが、このタイプの機種を打つ場合は念のため閉店時間を気にしておこう。 5号機以前と同様、取り切れない可能性がある。 ぜひとも時間に余裕を持って打ち始めていただきたい。

次の

パチスロ ガールズ&パンツァー

ガルパン 一撃

ア行のパチスロ機種情報• カ行のパチスロ機種情報• サ行のパチスロ機種情報• タ行のパチスロ機種情報• ナ行のパチスロ機種情報• ハ行のパチスロ機種情報• マ行のパチスロ機種情報• ヤ・ラ・ワ行のパチスロ機種情報• ア行のパチンコ機種解析• カ行のパチンコ機種解析• サ行のパチンコ機種解析• タ行のパチンコ機種解析• ナ行のパチンコ機種解析• ハ行のパチンコ機種解析• マ行のパチンコ機種解析• ヤ・ラ・ワ行のパチンコ機種解析•

次の