ゔ ぁ ん ゆん。 【ヴァンゆん】ヴァンビ(VAMBI)の本名は超珍しい!?年齢/学歴(高校/大学)/炎上/兄弟ゆんは彼女なの?

ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】

ゔ ぁ ん ゆん

しかしながら皆さんご存知のコロナウイルスが猛威を振るい、これまで予定していたライブがほぼ全てなくなってしまいました。 それにより皆さんと関われる場所を失った今、なんとか配信なども行っていますがやはり直接期な関わりに勝ることはありません。 そこで、ようやくコロナの波も落ち着いてきた今、私は皆さんと再び喜び、楽しみを共有する為に7月19日 日 に初台DOORSにて、双葉ゆん自主企画を開催することを決定いたしました!! 企画には配信中に盛り上がった内容のガンプラ大会、ミニ四駆大会など皆さんが楽しめる企画をふんだんに盛り込んでいます! しかしこの企画だけでは本来私が目指していた「ライブを精力的に行う」ことは含まれていないと考えました。 そこで7月19日 日 に初台DOORSの双葉ゆん自主企画ではライブも開催したいと考えました!! ただここでライブ実施にあたり、費用の問題が発生してしまいました。 私はソロで活動をしているため、ライブを行うにもサポートメンバーを揃えたり機材を借りたりとしなければいけません。 このコロナの状況で活動もできていないこともあり、予算に制限が出てきてしまっているのが現実です。 そこで、このクラウドファンディングを使ってライブの資金を皆さんにもご協力いただきながら、実施する形を選ばせていただきました。 この企画にご参加いただき、ぜひお力を貸していただけないでしょうか。 どうかよろしくお願い致します。 目標は 30万円とさせていただきます! クラウドファンディング の実施形式は、目標指標の達成、未達成に関わらず企画を実施する「Flexible形式」でのキャンペーン となります。

次の

【好きなゲームのことを熱く詳しく語るブログ】chゆんゆん

ゔ ぁ ん ゆん

6月2日に日本テレビ系で放送される「踊る!さんま御殿!! 」(火曜午後7:56)は、ゲストにヴァンゆん、カズレーザー(メイプル超合金)、かなで(3時のヒロイン)、坂口涼太郎、柴田英嗣(アンタッチャブル)、髙橋ひかる、滝沢カレン、出川哲朗、遊井亮子を迎え「クセ強めの有名人が大集合!強烈キャラSP」をおくる。 前回に続き、今回もかなで、髙橋、滝沢、出川の4人はスタジオに登場し、ヴァンゆん、カズレーザー、坂口、柴田、遊井は別室からリモートでトークに参加することに。 この対策にさんまは「わけわからへん」「完全に水族館のさんま」と納得行かない様子。 本番前、全出演者の楽屋に、出演者をイメージした花をプレゼントしたという坂口。 しかし、柴田は彼の花のセレクトに疑問があると言いだす。 また、関西出身だという坂口は「さんまさんは神様だという義務教育を受けてきた」と番組出演を喜んだが、リモート出演だったため「実在しているか分からない」とさんまの存在を疑い始める。 以前番組に出演し、好きな男性のタイプについて「マグロ漁船に乗ってるような人」「あまり一緒にいたくない」とユニークな発言を連発していた遊井。 先月、めでたく結婚した彼女に、さんまが新婚生活について聞くと「幸せです」と堂々と語る。 「毎日会っても飽きないの?」と尋ねると、「彼は、飽きません」とはっきりと答える。 「私が出会った意地悪な人」というテーマでは、柴田のカラオケでのエピソードをきっかけに、シンガー・ソングライターとしても活躍する坂口が自作の楽曲を披露する。 歌手デビューに興味があるという滝沢も自らが作った「形の概念」というタイトルの曲を歌い始めるが、「おーにーぎりーってー」という出だしに、スタジオ中があ然!? 彼女らしい曲に出川が「即興ギャグソングでしょ!」「狩野英孝とやり口が一緒」とツッコむも、さんまは「『紅白(歌合戦)』行っちゃおう!」とノリノリに。 また、遊井が「チューをあんまりしてくれない」と、夫への不満を吐露。 さんまが「チューしてってタイプと思わなかった」と語ると、「チュー魔です」「外でもどこでもチューしちゃう」とのろけが止まらず、遊井の激変ぶりにさんまが驚く。

次の

ヴァンゆん、NYの現状を電話インタビュー 日本のコロナ対策「緊張を保たないといけない」

ゔ ぁ ん ゆん

男女2人組の人気YouTuber・が24日、自身のYouTubeチャンネルで動画をアップ。 3週間前に米・ニューヨークの現地状況を自身のYouTubeチャンネル「ちずさんチャンネル」を通して紹介し話題となった、いいむらちずさんにインタビューを行った。 インタビュー前に、2人は「緊急事態宣言のひとつの目処が5月6日ということですけど、まだ感染者の方が増え続けているのに、そこで学校などを再開するとなったら、クラスター感染が起きてしまうかもしれない」と指摘。 「緊張を保たないといけない状況っていうのを改めて発信したくて、いいむらさんにテレビ電話でニューヨークの状況や、今後どうなっていくのかを聞きたい」と意図を明かした。 いいむらさんはニューヨークの状況を引き合いに、子を持つ母親の立場から「実感として、すべて再開するのは9月くらいだと思っています。 もし、今の状況で5月6日から学校が再開するとなったら、PTAの人たちと話し合って『オンラインにしませんか?』といったことを提案したいですね。 どこの国もどれが正解かわからない状態なので、自分がしっかり情報持ってアイデアがあれば、それを伝えていくことが大切」と言葉に力を込めた。 続けて「自分のことばっかり考えていたら笑われへん状況がくる。 本当に言いたいのは指示とかを待っていたらダメで、自分が情報をキャッチすることが大切。 最新のアップデートされたニュースを見ていく必要があります」と助言。 インタビューを終え、2人は「現地の人が感じた恐怖っていうのをみんなに伝えていくのが拡大を防ぐ方法だなと。 日本も気を緩めていい瞬間はない。 周りの情報に流されすぎずにアップデートして。 安全に気を使う。 徹底していただけたら…」と呼びかけていた。

次の