エリア の 騎士 最終 回。 「エリアの騎士」第37話最終回感想画像まとめ・セブンよかった・俺達の戦いはこれからエンド-「キックオフ!!」

エリアの騎士 最終回感想 ついに待望のセブンとのイチャイチャが

エリア の 騎士 最終 回

サブタイトル:私がこのMADを作った理由 nico: www. nicovideo. 自分は第1巻から第14巻まで読んだあと、そのまま第30巻まで飛ばして読みましたが、そのお話にすごく心打たれました。 その後もともと忙しい中、即興でこのMADを制作する企画を立てました。 奈々も舞衣もすごく可愛かったです。 (ただ舞衣の出番が少ないのは残念です。 ) お話の中には残念なことや悲しいこともありますが、全体的にはすごく面白く、そしてすごく燃えました。 自分の能力に限られ多くの内容を表現しきれませんでしたが、原作漫画は本当におすすめです!それと米津玄師さんは本当に凄過ぎます! MADの素材となったお話は主に第31-34巻から選出しています。 一部の奈々のシーンは第7-10、22、40、49巻から選出しました。 PS1:前に言った通り、今後予定している作品のスタイルが大幅に変わる可能性があります。 PS2:新学期が始まったら忙しくなり、今後は不定期更新になります。 もしできたらANIPAFEに参加出来たらと思います。 --------------------------- Working period: July 15 2019 - July 30 2019. Special thanks to whomever is involved in translation and rendering.

次の

エリアの騎士

エリア の 騎士 最終 回

エリアの騎士 あらすじ 主人公の逢沢駆(あいざわ・かける)は名門・鎌倉学館中等部サッカー部マネージャー。 同サッカー部のキャプテンでU-15日本代表の司令塔(MF)としても活躍する兄・傑(すぐる)に憧れていながらも、精神的な弱さが災いしマネージャーという役割に甘んじていた。 また、アメリカから帰国した幼馴染の美島奈々(みしま・なな)も二人を見守り、時に駆を励ましていく。 しかし、そんな兄弟に交通事故という不運が襲いかかる…。 脳死となり、15年の生涯を閉じることになった兄・傑から心臓を移植された駆。 亡き兄・傑の「世界を目指す」という夢をかなえるため、プレイヤーとして江ノ島高校サッカー部に入部。 全国大会、そして世界を目指してサッカー部の仲間とともに、弱かった自分と戦いながら成長していく…。 エリアの騎士 声優• 逢沢駆:• 美島奈々:• 中塚公太:• 荒木竜一:• 岩城鉄平:• 織田涼真:• 堀川明人:• 的場薫:• 兵藤誠:• 高瀬道朗:• 山梨一郎/鬼丸春樹:• 福島桃子:• 鷹匠瑛:• 佐伯祐介:• 世良右京:• 国松広実:• 西島茂夫:• 瓜生丈二:• 金大順:• 不破欣一:• 飛鳥亨:• 天童次英:• 天童一英:• 五島光広/竹田伸司:• 一色妙子:• 群咲舞衣:• レオナルド・シルバ:• 日比野光一:• 後藤五郎:• 逢沢傑:• 逢沢美都:• 逢沢父:• 逢沢母:• 峰綾花:• 遠野幹也:• 島亮介:.

次の

『エリア88』漫画の最終回ネタバレひどい!記憶が…

エリア の 騎士 最終 回

物語は、主人公の逢沢駆が中学生の時から始まります。 幼いころは兄の傑とともにサッカーへ情熱を注いでいましたが、天才と称されU-15日本代表に選ばれるほどの傑の実力を前に、徐々にサッカーへの情熱と自信を失っていきました。 そして駆は、中学ではサッカー部のマネージャーを務め、プレイヤーとしては部活に参加しないことを選択します。 しかし、それでもサッカーを諦めきれずに夜な夜な公園でひとり練習に励むのでした。 そんなある日、練習のなかで傑のパスを受ける機会がありました。 傑の本気のパスに必死に食らいつく駆。 その光景はさながらピッチ上の「王様」と「騎士」のごとき光景です。 駆は部員たちを認めさせるには十分な動きを見せますが、傑は納得しません。 決定的にハートが足りないと評価します。 駆は傑の評価と今までの行いを見直し、けじめとしてサッカー部をやめる決意をしました。 傑と一緒に登校している時に、その心中と決意を傑に吐露します。 そして駆の気持ちを聞いた傑は、自身の気持ちを伝えます。 「王様」には「騎士」が必要なこと、そして、駆にその騎士になってもらいたいことを伝えようとしたとき、無情にもトラックが2人へと突っ込み……。 駆は夢をみていました。 傑とサッカーをしている夢です。 「俺からのラストパスだ。 」 駆は傑からボールを受け取り、パスを出した傑はどこかへ消えてしまいます。 目が覚めると、駆は病院のベッドの上にいました。 何とか一命をとりとめ、順調に回復をみせます。 しかし傑は助からず、その事実を聞いた駆は錯乱し、周りの医者や友達、家族に当たり散らしてしまいます。 さらに、自身は傑の心臓を移植されて生き延びたことも発覚するのです。 その事実は駆を大いに苦しめましたが、傑の意思を継いで、もう1度サッカーへ向き合うことを決意しました。 幼馴染であり、サッカー女子日本代表なでしこジャパンに召集されるほどの実力を持つ「セブン」こと美島奈々に支えられながら、一緒に江ノ島高校へと進学します。 傑からのラストパス、命そのものともいえるあまりにも重いそれは、中学生が受け止めるには酷なものです。 それでも、「ワールドカップを一緒につかむ」という兄弟の夢を思い出し、再び立ち上がった駆。 ここから彼の長いようで短い道のりが始まるのです。 高校生たちの戦いがアツい!【高校総体 神奈川県予選編】 なし崩し的にFCへと入部した駆ですが、監督の岩城鉄平や他のFCの仲間とともに、公式戦出場を懸けてSCと戦います。 駆と出会ったことでサッカーへの情熱を取り戻しつつある荒木の力を借りて、彼らは見事SCとの試合を同点に終わらせました。 この結果、FCとSCは合併を果たし、「江ノ島高校サッカー部」として新たにスタートを切りました。 そして彼らは「高校総体 神奈川県予選」へと挑みます。 各校と死闘をくり広げながら、江ノ島高校サッカー部は準々決勝へと駒を進めました。 その準決勝での対戦相手は、かつて駆がプレイ中に大怪我を負わせてしまった日比野が所属する、湘南大付属高校。 当時の負い目が消えない駆は消極的なプレーで、0-1で前半終了という試合展開になってしまいます。 しかしその後、駆は過去を乗り越えて後半ではいつものパフォーマンスを取り戻しました。 続く準決勝、相手は神奈川最強のDF、飛鳥亨率いる強豪校の葉陰学院です。 前半は1-1と善戦しますが、後半早々に飛鳥の巧みな試合操作で1-3とされ、江ノ島は窮地に立たされます。 そんななか、駆に異常が起きました。 そして、最後には駆の意思を完全に無視し、傑が駆の体を完全に乗っ取ったかのようなシュートをし、駆は意識を失うのでした。 目が覚めると駆は病院のベッドの上におり、試合はPK戦の末敗退したと報告を受けます。 こうして、彼の高校初めての大会は幕を下ろしたのでした。 このほかにも駆がまるで傑のようなプレーをすることが何度かあり、そのことに気付いているのは、セブンと荒木、監督の岩城、さらに、ブラジルの至宝と呼ばれ、かつて傑のライバルであったレオも気付いている様子です。 高校生たちの戦いがアツい!【選手権 神奈川県予選編】 総体は県予選準決勝敗退で終わった江ノ島高校サッカー部は、その悔しさをバネに練習を積み、「選手権 神奈川県予選」へと挑みます。 さらには、全国総体準優勝で、傑の先輩でもある鷹匠が率いる鎌倉学館にも死闘のすえ勝利を収め、全国へと駒を進めました。 その間、駆はまたしても傑のようなプレイを何回かみせますが、以前までの身勝手なプレイではなく、チームプレイで江ノ島を勝利へと導きます。 そのことから、駆とセブンは「傑はもう1度仲間とサッカーをしたいのでは?」という考えを持ちました。 ここまでの道のりで、駆はなでしこ所属の舞衣や、総体優勝した東京蹴球学園に所属するレオとさらに親交を深めます。 駆はレオから昔の傑の話を聞き、決意を新たに全国大会へと臨みます。 江ノ島は各校と死闘をくり広げ、破竹の勢いで勝ち進みました。 相手は当然レオ率いる蹴学です。 あまりにも桁違いの実力差を前に、駆は諦めかけてしまいますが、心臓が、傑が語りかけてきました。 「最後のレッスンをみせてやる」と、傑は駆の身体を使い、蹴学へと挑みます。 レオは駆の異変をいち早く察知し、「もう1度戦いたかった」と、傑と激しい攻防をくり広げます。 その攻防は熾烈を極め、紙一重で傑に軍配があがりました。 これが江ノ島に蹴学攻略のヒントを与え、傑は完全に駆の中から消えていくのでした。 迎えた後半、傑のヒントを頼りに前半とは打って変わって江ノ島が巻き返します。 「騎士」として覚醒しつつある駆のゴールが決め手となり、江ノ島は見事に選手権優勝を勝ち取ったのでした。 駆はもちろんのこと、傑ひとりでも成し遂げられなかったであろう優勝。 仲間とともに成長し、駆自身の力で掴み取った価値あるものです。 最後のレッスンで傑から受け取ったものを、彼は生涯忘れることはないでしょう。 しかし少年たちのサッカーはこれでは終わりません。 さらなる激闘が幕を開けます。 日本はさっそく親善試合で韓国と戦います。 駆は後半に出番をもらい、自ら得点はできなかったものの得点に絡み、必要とされる役割をまっとうしました。 しかし彼はそれでは納得できず、さらにゴールへの貪欲さを露わにし始めます。 続いて、強敵ブラジルとの親善試合。 レオと再会を果たし、駆はピッチを駆けます。 その試合で駆は代表初ゴールをあげました。 そのゴールを、「トンネルのようなものに導かれた」と駆は言うのです。 それは「エンプティ・ゾーン」と呼ばれるもので、ゴールまでの最短最良の道を導くものです。 駆は新たなる可能性をみせながらも、インタビューで「このままでは五輪代表にもプロにもなれない」と漏らします。 この発言が新聞に載り、駆は新たなステージへと踏み出すことになるのです。 あの悲劇の事故から2年、駆は心身共に成長し、傑の求めた「騎士」へと近づきつつあります。 これから先もまだまだ成長していくことでしょう。 未来ある若者たち【それぞれの戦い】 各々が歩みを進めるなか、荒木は世界、駆はプロという壁にぶち当たります。 さらに駆のプロという壁の前には、チームという壁もそびえ立っていました。 湘南ブルーインパルスは主力が抜け、チームとしてまともに機能しておらず、選手たちにもやる気がない状態。 3部に降格間近というどん底チームだったのです。 それでもめげず、ひたむきにサッカーに向き合う駆の姿勢はチームを鼓舞し、選手たちの情熱とやる気を取り戻していきます。 やっとチームとしてまとまってきたインパルスは、かなりの格上である「横浜エルマーレス」との練習試合を組みました。 エルマーレスにはUー22でチームメイトとして戦った葉陰学院の飛鳥、鎌倉学館の鷹匠、さらには江ノ島高校サッカー部の監督であった岩城の姿があったのです。 しかし駆は試合内容よりも、チームメイトの城島豊によるパスを呼び込むような引力を鮮明に感じ、新たな目標を掲げました。 高校生ながらもプロの世界に踏み出した駆。 ストライカーとして城島のみせた引力を身に着けるべく、これからも奮闘していきます。 サッカーへとかける情熱はより一層強くなっており、さらなる飛躍を読者に予感させます。 プロとしての戦いがアツい!【プロリーグ戦】 片目が見えないという致命的な弱点を持つゆえに、様々なチームから居場所を失ってきた四季ですが、駆とインパルスの面々は片目が見えないながらも圧巻のパフォーマンスをみせる彼に驚愕し、チームに連れ戻すことを決意します。 駆やチームメイトの気持ち、そして自身のサッカーにかける情熱に嘘はつけず、四季は再びインパルスへと戻ってきました。 四季を加えてチーム一丸となったインパルスは、1部昇格に向けてさらに躍進。 サッカーを楽しむことを信条に、順調に勝ち星を積み上げます。 しかし、チームの躍進とは裏腹に、駆の得点が徐々に減ってきました。 四季は駆の弱点に気づいており、インパルスを優勝に導くため、駆に弱点を克服させるべく再び「高校総体」へと身を投げるよう指示したのです。 順調にプロとして活躍しつつあった駆ですが、ぶち当たった自身の弱点。 それは「シュートコースが読みやすい」ということでした。 このままでは1部にはもちろん、2部上位のチームには通用しないと指摘されてしまいます。 しかし、傑やレオ、さらには四季も認めた駆のストライカー、「騎士」としての才能はまだまだ伸びる余地があり、きっとこの弱点を克服してくれることでしょう。 世界の壁、再び【五輪予選】 準決勝の相手は去年の選手権でも戦った鎌倉学館。 鷹匠などの面々が抜けて弱体化したかと思われていましたが、駆の中学からの友達である佐伯祐介が、国際ユース大会やドルトムントへの留学を経て覚醒し、昨年の鎌学を凌駕するチームとなっていたのです。 試合中、駆は中学からの付き合いが多いこのピッチで徐々に昔を思い出してきました。 それはまさに四季の思惑通り。 そして迎えた後半、祐介や他の中学での面々が密集している場所で、ついにホイップシュートを思い出します。 駆のホイップシュートは見事ゴールを割り、江ノ島は反撃の狼煙を上げました。 荒木や他の部員の奮闘であわや逆転かというところまで盛り返しましたが、祐介ら鎌学がわずかに上回り、惜しくも予選敗退。 その後鎌学は県予選を突破し、さらに全国優勝も勝ち取ったのでした。 駆の2度目の総体は県予選で幕を下ろしましたが、この戦いで彼は大きな武器であるホイップシュートを手にしてインパルスへと戻ります。 この武器はインパルスを大きく躍進させるものであり、当面の目標である2部リーグ優勝へとインパルスを導きます。 日本の監督陣も選手の未来を考えて消極的な策しか取れません。 選手たちが納得しないなか後半は守備を固める布陣を敷こうとしますが、それに待ったをかける者が現れます。 それは駆の身体を借りた傑の声でした。 荒木など傑とプレーをしたことがある者たちは、すぐにそのことに気づきます。 こうして、監督の意向を無視した五輪代表の逆襲と、傑の駆に贈る「最後のレッスン」が始まりました。 総力を上げて日本に勝とうとするフランクフルト相手に、傑は自身が大好きなプレーで逆転へのゴールに向かいます。 それは最も単純ですが、傑がサッカーの信条だと思っている「ワンツー」。 四季、鷹匠、荒木に「さよなら」を告げるかのようなワンツーを経て、傑はゴール前でカールと対峙します。 あのレオとの対決を超える紙一重の攻防のすえ、傑は見事にカールを振りきってゴールを決め、五輪代表に勝利をもたらしました。 そして、試合を見に来ていた家族やセブンに想いを告げて今度こそ完全に駆の中から姿を消すのでした。 本当に最後のレッスンを受け取った駆は、兄からの卒業を決意します。 それは駆だけでなく荒木らにも当てはまりました。 これから日本サッカー界を担う若者に多大なる影響を与え続けた偉大な男の魂は、今度こそ天国へと旅立ったことでしょう。 未来へ。 【最終57巻ネタバレ注意】 しかし少年たちの長き道のりはまだ終わらず、舞台はとうとう「ワールドカップ」を賭けた試合へとたどり着きました。 決勝の相手はあのカール率いる強豪ドイツです。 それに対するは日本最強のプレイヤーたち。 エースの10番を背負うのは逢沢駆です。 兄との夢を叶えるため、この舞台へと上り詰めた最後の挑戦が、いま始まるのでした。 これにて『エリアの騎士』は最終回を迎えます。 最後の試合は描かれず、結末は我々の中にといったところでしょうか。 57巻と長きに渡って描かれましたが、少年たちの夢へと向かう様子が鮮明に描かれています。 その姿は我々に情熱を思い出させ、夢を叶えるために努力することの大切さを伝えてくれました。 大まかな流れをネタバレを含めてご紹介しました。 しかし、これだけでは伝わりきらないものを多大に含んだ作品です。 読めばきっと何かを感じるはず。 ぜひ手にとってみてください。

次の