お通夜 持ち物。 通夜の服装|男女・学生・子供・持ち物・マナーなど徹底解説

お通夜のマナー。香典の金額と渡し方

お通夜 持ち物

通夜の儀式自体は一時間程度です。 その後に会食があり(通夜ぶるまい。 お斎=おとき、とも言います)、21〜22時頃に一旦お開きとなりますが、その後は原則として一晩中近親者が亡くなった人の枕元に付き添い、一晩中寝ないで(または交替で)お線香を絶やさないように灯し続けます。 通夜の儀式自体は約1時間程度です。 その後に会食があり(お斎・通夜ぶるまいとも言います)、21〜22時頃におひらきとなります。 故人との関係と、お通夜への参列 ・訃報を受けた時の対応は、故人とのおつきあいの深さによって変わって来ます。 近親者、 故人と特に親しかった人 故人と親交があった人、 三親等以外の親族 会社・職場関係の代表者、 一般弔問者 故人の職場同僚、喪主の知人友人、喪家の知人友人など ・訃報を受けたら 通夜の前に一旦弔問に駆けつけます。 ・ 通夜と葬儀の両方に参列します。 ・訃報を受けたら 通夜と葬儀の両方に参列します。 ・訃報を受けたら 通夜と葬儀のいずれかに参列します。 ・参列できない場合には、職場の代表者名で弔電を打ったり香典や供花やお供物を送ることもあります。 ・さほど故人と親しくない場合には、お悔やみの手紙を送る、お香典やお花を送るなど。 ・お香典やお花やお供物を連名で贈ることもあります。 ・ここでいうピン札という言葉は俗語で、いわゆるピンとしたシワひとつないお札=新札をさします。 ・急な訃報に際し、取りあえず駆け付けるのが本来の通夜の儀式でした。 新しいお札を香典として持参するのは、「この機を予期して新しいお札を用意していたようだ(死ぬ のを待っていたようで遺族に対して失礼にあたる)」とされ、使わないのがマナーです。 かといってシワだらけのお札や、あまりにも汚いお札、破れたお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 どうしても新札しか持ち合わせがない時には、一度折り目をつけて、開いた札を使うと良いとされています。 しかし最近では、通夜だけに参列し葬儀に出席しない場合も多くなるにつれて、礼服での弔問も増えてきているようです。 通夜の儀式に会葬する場合には、カジュアルな服装はNG。 男性の場合にはダークスーツが基本です。 しかし最近では、通夜だけに参列し葬儀に出席しない場合も多くなるにつれて、礼服での弔問も増えてきているようです。 通夜の儀式に会葬する場合には、カジュアルな服装はNG。 女性の場合には黒、紺、グレーをベースにした地味な色のスーツ、ワンピース、アンサンブルなどが基本です。 もし参列する場合には、泣き出した場合に席を立ちやすい場所にいるようにしましょう。 制服がある場合には制服を着せます。 制服がない場合には、黒、白、グレー、紺などを基本に清楚な服装にします。 社葬などでは通夜と告別式に葬儀委員長が着用することもあります。 )膝がかくれる丈のもの。 生足も避け、黒ストッキングを着用して下さい。 暑い季節でもあまり露出の多い服装はさけるようにします。 はだしは不可。 ソックスを履くようにします。 靴もサンダル、ミュールなどは不可です。 表書きが印刷されているものを使っても失礼にはあたりません。 中でも最も一般的なのは「御霊前」で、この表書きは通夜・葬儀だけでなく四十九日(忌明け)より前の法要でも用いられます。 [墨] ・薄墨を用います。 薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・社員本人、社員の家族、あるいは取引先の社員にご不幸があった場合、会社が代表者名で香典を出すことがあります。 [のし袋の選び方と水引き] ・黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとは、左の見本画像のように、結び切りよりも結び目が豪華でアワビのような形になったもの。 あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います)のもの。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、キリスト教式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたはまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います)のもの。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 お気の毒様 お気の毒様とは…(=おきのどくさま)とは、相手の不幸に同情する気持ちを表わす時に述べる言葉です。 葬儀の会葬者が述べるお悔やみの言葉の文例集 お悔やみの言葉は必ず深く頭を下げながら述べ、相手を悼む気持ちを表わすようにします。 このたびはまことに突然のことで、(深く頭を下げてから)心よりお悔やみ申し上げます。 このたびはまことに突然のことで。 (語尾をはっきりと伝えず深く頭を下げる) このたびはまことにご愁傷様でございました。 このたびはまことにご愁傷様でございます。 御愁傷様でございます。 このたびはまことにお気の毒様でございました。 このたびはまことにお気の毒様でございます。

次の

礼装、喪服のマナーとは? 男性のための通夜・葬儀の服装|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お通夜 持ち物

<目次>• お通夜に参列する日は始まる時間をしっかり確認• 通夜ぶるまいをうける• 通夜見舞い• ご厚志ご辞退ってなに? 通夜というのはかつて、遺族や故人と親しい人たちで営まれており、一般の弔問客などは告別式に出席するのが一般的でした。 しかし、最近では仕事の関係などの理由から通夜のみに参列する方も多くなってきています。 お通夜も昔のように一晩中行われる事も少なくなり6時~7時ごろから2時間程度で終わる「半通夜」という形になってきています。 始まる時間をしっかり確認しておき到着時間も早過ぎないように注意しましょう。 あまり早いと祭壇の用意もされていない場合もあります。 ただし、中にはまだ通夜は近親者だけで、と考えている方もいらっしゃいます。 遺族から通夜の日時を知らされなかった場合、参列に迷ったら世話役などに通夜の日時を尋ねてみましょう。 日時を答えてくれた場合は、参列してもかまいませんが、「内輪で済ませます」といわれたら遠慮すべきです。 また、告別式に出席出来ない場合は、通夜式が終わり退席する場合に、出席出来ない事情とお詫びを世話役や遺族に伝え辞去します。 通夜と告別式両方に参列する場合に香典は両方必要? 一般的には、通夜のときなどにすでに香典を持参している場合は記帳だけでかまいません。 再度持参する必要はありません。 香典は、お通夜または葬儀告別式など、いつ持参するのがマナー? 通夜だけに参列する場合は、通夜に持参します。 葬儀告別式に参列する場合は、いずれかに持参します。 一般的には通夜、葬儀両方に参列する場合は、通夜に持参する場合が多いです。 しかし、地域により習慣が違う事もありますので、地域のしきたりに詳しい方に聞いておきましょう。 お通夜に参列する際の服装マナー 急を聞いてもあわてないように、いつも喪服を用意するのはもちろんですが、弔問の際にはお化粧やアクセサリーなどにも気を使い、控えめで地味な装いを心がける事が故人や遺族に対するマナーです。 一般的には、男性は黒、またはダークスーツ程度、女性も黒もしくは地味な色のワンピースなどが無難です。 訃報を聞いて勤務先や外出先などからとりあえず駆けつける場合は、黒いネクタイをすれば地味なスーツであれば問題ありません。 女性の場合、スカートも丈があまり短いものは動きにくいうえ、ほかの弔問客に不快感を与えかねませんので注意しましょう。 パンツスーツも現代では礼装に準ずるものと考えられるようになりましたので問題ないでしょう。 ただしベーシックなデザインで幅のあるものがベスト。 また、アクセサリーは結婚指輪以外はつけないのが基本。 真珠の指輪も許される場合もありますが、正式には、ネックレス、指輪、イヤリングなどのアクセサリーをつけません。 身に付けていいのは、白や黒の真珠やオニキスのネックレス、シンプルなデザインの一粒のイヤリングなどです。 ネックレスは、1連のものをつけます。 2連は重なる事を嫌う弔事ではタブーとされています。 スカーフなどの小物も、派手な色のものなら取ります。 お化粧も濃い口紅やマニュキアも避けます。 身だしなみ程度の薄化粧で。 通夜や葬儀・告別式では、肌を露出しない事が基本です。 素肌は失礼になりますので、必ず黒か黒に近い色のストッキングを着用します。 また、つま先の出るミュール、サンダル類もいけません。 靴は黒のプレーンなものを選び、光沢のあるもの、金属の飾りがあるようなものは避けましょう。 お通夜の参列の仕方 1. 会場に着いたら受付をします。 受付では、受付係りの方に深く一礼します。 そして簡単な挨拶をします。 「このたびはご愁傷さまでございます。 」とひとことお悔みの挨拶をします。 バッグなどから袱紗(ふくさ)に包んだ香典を取り出します。 次に袱紗を手早くたたみ、香典をふくさの上におきます。 その時は自分から見て香典が正面に向くようにします。 香典を相手から見て正面(表書きが受付の係りの人に読める ように)になるように 右向きに回転させます。 そして、「ご霊前にお供えください 」と差出ます。 最後に芳名帳に記入します。 案内に従って席につき、式が始まるのを待ちます。 僧侶の読経が始まったら静かに聞きます。 遺族、近親者のあと順に焼香します。 一般参列者は喪主の挨拶が終わり次第退出します。 喪家から通夜ぶるまいにすすめられたら、 固辞せず席につき 一口でも箸をつけます。 タイミングを見はからって、静かに辞去します。 【注意】 ・バッグやポケットから不祝儀袋を直接出して渡すのはマナー違反ですので注意しましょう。 ・喪家から通夜ぶるまいにすすめられたら、一口でも箸をつけるのがマナー。 ・受付がない場合は、遺族にお悔みを述べ、霊前にお参りし、祭壇に香典を供えます。 通夜ぶるまいの受け方のマナー 通夜式が済むと故人の供養のために親しい人が集まって軽い酒食が出されます。 この飲食をともにして思い出などを語り明かすのが「通夜ぶるまい」です。 もし、通夜ぶるまいの席が設けてあり喪家からすすめられた場合は、一口でも箸をつけるのがマナーです。 そうすることが遺族へのお悔みの気持ちになります。 また、喪家からすすめられない場合は勝手に通夜ぶるまいの席へ上がってはいけません。 また、通夜ぶるまいの席は宴会ではありませんのでお酒もほどほどにし、一般的には早くて15分から30分程度、長くても1時間程度で帰るようにします。 通夜見舞いのマナー 相手が、親しい間柄なら「通夜見舞い」の品を届けてあげる事もいいでしょう。 通夜見舞いとは故人と親しい人が遺族を気づかい食べ物などを届けることです。 遺族が食べやすいおにぎりやサンドイッチなど、また通夜ぶるまいに出す食べ物や飲み物でもかまいません。 供物と間違えられないように「通夜見舞い」であることを告げておきましょう。 ご厚志ご辞退ってなに? 故人の遺志や喪家の事情などで香典や供物・供花を受け取らないという場合もあります。 そのような場合「ご厚志ご辞退」「供物・供花ご辞退」と記載される場合があります。 「供物・供花ご辞退」は香典はOKで供物・供花は受け取りませんということですので供物・供花は贈りません。 この場合は香典を持参します。 「ご厚志ご辞退」は香典も供物・供花も受け取りませんということです。 この違いを理解しておきましょう。 しかし、電話などで連絡があった場合に、聞き違いもありますので、念のためお香典だけは用意して行き、会場の受付の様子を見ることが得策です。 【関連記事】•

次の

礼装、喪服のマナーとは? 男性のための通夜・葬儀の服装|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お通夜 持ち物

参列・葬儀マナー 弔問・葬儀に参列する際の服装のマナー・持ち物 葬儀参列時の服装 弔問や葬儀に参列する際に、服装のマナーがあります。 しかし、大切なことは故人を悼む気持ちをもって参列することですから、派手すぎるものでなければ平服で参列しても構わないとされています。 もともと、喪服とは遺族もしくは近親者が喪に服していることを示すための服装のことをいいます。 そのため、参列者が喪服を身につけることは必須ではないのです。 遺族などではなく、友人や会社関係といったあまり近くない間柄なら、平服でも問題はありません。 喪服があるのならそれを着ることがもっとも無難ではありますが、平服で参列してもマナー違反にはなりませんので安心しましょう。 しかし、平服とはいってもマナーがあります。 どのような服装でもいいというわけではありませんから、気をつけましょう。 葬儀などに派手な服を着ていくことは、故人への哀悼の意を示すにはふさわしくありません。 その場に応じた、適切な平服を選ぶ必要があるのです。 まず 男性は、地味な色合いのスーツが一般的です。 基本的には、黒いスーツで参列するのが無難でしょう。 ダブルでもシングルでも構いませんが、上下違いのスーツは避けたほうがいいです。 ネクタイと靴下、靴は黒で揃えることがマナーとなっています。 シャツは白で、ネクタイピンは付けません。 女性の場合は、地味なスーツかワンピースを選ぶといいでしょう。 黒や濃紺といった暗めの色合いのスーツかワンピースで、無地のものを着るのがマナーです。 襟元が空きすぎているもの、透ける素材のものはよくありません。 できるだけ、露出の少ない落ち着いた服装を心がけるといいでしょう。 ストッキングやバッグ、ハンカチなどの小物も黒で揃えます。 ハンカチは白無地でも構いません。 靴も黒もしくは地味な色のものを選ぶといいでしょう。 子どもが参列する場合もあります。 子どものケースでは、学校の制服が正式礼装になります。 しかし、 学校によっては制服がない場合もあるでしょう。 その場合には、黒や紺、グレーなどの地味な色合いの服装にします。 男の子なら黒や紺などのジャケットにズボン、女の子ならワンピースやアンサンブルなどで構いません。 基本的には、地味な色で派手でないデザインであるのなら、特別な決まりはありませんのであまり神経質になる必要はないでしょう。 赤ちゃんの場合にも、できるだけ飾り気のない地味な服装を心がけます。 平服は普段着のようなカジュアルな服装という意味ではありませんから、紹介したようなことに気をつけて選ぶといいでしょう。 私服でも構いませんが、カジュアルすぎるものや派手なもの、露出が多いものなどはマナー違反です。 また、お通夜に喪服を着ていくのは、不幸を予測していたといった印象を与えて嫌がられることもあるので、平服のほうが無難でしょう。 ただし、お通夜のみに出席する場合には喪服で出席したほうがいいとされています。 弔問や葬儀などに参列する際の服装は、これといった決まりはありません。 地域によって違いがある場合もありますので、親族などに聞いてみる、参列する人と服装を合わせるなどしておくと安心です。 喪主、遺族席時の服装 喪主や遺族の場合には、葬儀の参列者とはまた違った服装のマナーがあります。 喪服には、「正喪服」「準喪服」「略礼服」という3つの種類があるのです。 喪主や遺族の場合には、もっとも格の高い正喪服を着るのがいいでしょう。 喪主や遺族であっても、準喪服や略礼服を着ていることも多いのですが、基本的には正喪服を着るのがマナーです。 これは、喪主や遺族は参列者よりも格上の喪服を着用するのが暗黙のルールとなっているからです。 一般参列者は、準喪服や略礼服を着用することが多いですから、喪主や遺族は正喪服を着ておいたほうが無難でしょう。 正喪服とはなにかというと、男性の場合には洋装ならモーニングコートがこれに当たります。 モーニングコートは昼の正装なので、夜におこなわれる通夜の場合にはブラックスーツを着用することになるでしょう。 ネクタイは黒で、ネクタイピンは付けません。 ワイシャツのカフスボタンは付けても付けなくても構いませんが、付ける場合には光るものは避けるようにしましょう。 靴下と靴は黒で、光沢のないシンプルなものを選びます。 喪主ではあるけれどもモーニングコートを持っていなくて、通夜や葬儀でブラックスーツを着用することもあります。 そのケースでは、ほかの遺族や世話役もそれに合わせてブラックスーツを着用してもらうことが重要です。 喪主がブラックスーツなのに、世話役がモーニングコートだと格の順序がおかしくなりますから気をつけましょう。 和装の正喪服は、黒羽二重の染め抜き五つ紋の着物と羽織、袴になります。 袴は仙台平もしくは博多平のものを着用しましょう。 帯は地味な色の角帯で、足袋は白か黒が正式です。 草履は、鼻緒が黒のものを選ぶといいでしょう。 女性の場合には、喪主や世話役は和装を着ることが多いです。 和装の正喪服としては、黒無地染め抜きの五つ紋付きの着物になります。 帯は袋帯で、黒無地もしくは黒の紋織を締めます。 帯留めは付けないのがマナーです。 半襟や足袋は白で統一しましょう。 帯揚げや帯締めなどのそのほかの小物は、すべて黒にします。 草履は黒いもので布製が一般的ですが、光沢のないものなら革製品でも構いません。 和装ではなく洋装を着る場合も多いでしょう。 洋装の場合は、黒無地のアンサンブルやスーツ、ワンピースになります。 生地は黒で光沢のないものを選びます。 透けているものもマナー違反なので、レースやサテン生地などのスーツ、ワンピースは避けましょう。 シンプルなデザインのものであるのなら、特別な決まりはありません。 夏であっても上着を着るのがマナーとなっていますから、上着のあるものを選ぶといいでしょう。 ワンピースの場合には、襟元が詰まったもので正座したときに膝が隠れるぐらい丈のものが適切です。 黒のストッキングに、黒い布製のパンプスが正式です。 喪主や遺族はできるだけ格の高い喪服を着たほうがいいのですが、若い人は喪服を持っていないこともあるでしょう。 その場合には、喪服のレンタルなどもあります。 喪服を持っていないときには、まず葬儀会社などにレンタルがないか聞いてみるといいでしょう。 小物や持ち物、について 葬儀や告別式に参列する際には、服装だけでなく小物や持ち物はどうしたらいいのか悩む人も多くいます。 葬儀などに参列する際の身だしなみのポイントは、目立つ服装を避けることでしょう。 葬儀は、故人の供養をして遺族を慰めるための場です。 そのため、自分自身が目立ってしまうような服装はマナー違反になります。 私服でも構いませんが、黒やグレーといった落ち着いた色にすることが求められます。 アクセサリーや小物についても、できるだけ目立たないようにということを意識して選ぶといいでしょう。 アクセサリーについては、結婚指輪以外はつけないのが正式なマナーとなっています。 もともと、日本では葬儀の際にアクセサリーを身につけないことがマナーだったからです。 アクセサリーをつける場合には、真珠やブラックオニキスなどの一連ネックレス、一粒タイプのパールイヤリングなどが適しています。 ただし、たくさん付けるのはマナー違反ですので、どうしても付けたいのなら1つだけにしましょう。 付けるかどうか悩んでいるのなら、付けないほうがマナーとしては無難です。 メイクや髪形も、できるだけシンプルにするといいでしょう。 靴については、男性・女性ともにエナメルなどの光沢があるものは避けます。 動物性の革製品などは、殺生をイメージさせるので葬儀の場にはあまり良くないとされています。 そのため、布製や合皮などの靴を選ぶといいでしょう。 女性の場合には、ヒールは3~5cm程度のものがいいとされています。 飾りなどのないシンプルなパンプスで、あまりヒールの高くないものを選ぶのがマナーです。 葬儀や告別式では、ブラックフォーマルを身につけることが多いでしょう。 ブラックフォーマルと一口にいっても種類があり、通夜や葬儀、告別式などで選び方は変わってきます。 告別式では、喪主や遺族は正喪服を、参列者は準喪服を着用します。 ただし、正喪服であるモーニングコートや和装を持っていない人も多いため、喪主が準喪服を着用しても問題ないとされています。 お通夜や弔問の際には、略礼服で構わないでしょう。 喪服や礼服を買う場合に、どこで買えばいいか悩んでいる場合もあります。 品質の良いものを購入して長く着用したいと思うのなら、デパートのフォーマルコーナーで選ぶのが適しています。 デパートのフォーマルコーナーでは、喪服を仕立ててくれますから自分に合った喪服を作ることができるのです。 仕立てる際に時間はかかりますが、一生ものの喪服を買いたい場合にはいいでしょう。 リーズナブルさや選択肢の多さを求めるのなら、紳士服店やスーツ店が向いています。 さまざまなサイズの喪服が売っていますから、急に葬儀に参列しなければいけないときでも安心です。 インターネット通販という方法もあります。 とにかく安く喪服を買いたい場合にいいでしょう。 ただし、急ぎの場合には注意が必要です。 注文してから届くまでに時間がかかるケースもあるので、葬儀が近い場合にはスーツ店などで揃えたほうが無難ではあります。 若い人なら喪服を着用する機会はなかなかないでしょうから、買わずにレンタルするのも1つの方法です。 貸衣装店で借りる、インターネットのレンタル店を利用するなどさまざまな方法があるので、一度調べてみてはどうでしょうか。 遺族であれば、葬儀業者で喪服を貸してくれる場合もあります。 喪服を持っていないのなら、まずは葬儀業者に相談してみましょう。 【まとめ】 通夜や告別式などに参列する場合には、服装や身だしなみのマナーがあります。 一般参列者なら、基本的には目立たない服装をして、故人へのお悔やみの気持ちを示すといいでしょう。 喪主や遺族の場合には、格の高い正喪服が基本ですが、準喪服でも構わないとされています。 大切なことは故人を悼みしっかりと供養することですので、それにふさわしい服装をするように心がけましょう。 心に残るお見送りをお手伝い 信頼の葬儀社.

次の