京アニ放火事件。 京都アニメーション放火殺人事件

京アニ放火事件で関心高まる「防火設備」、学ぶべき教訓は何か

京アニ放火事件

燃える京都アニメーションのスタジオ(2019年7月18日、京都市伏見区) 京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、殺人などの疑いで京都府警捜査本部(伏見署)に27日に逮捕された青葉真司容疑者(42)が「(犠牲者は)2人ぐらいと思っていた。 36人も死ぬと思わなかった」と供述していることが同日、捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者によると、捜査本部は逮捕時点で初めて犠牲者数を青葉容疑者に伝えたという。 青葉容疑者は事件で自らも重度の全身やけどを負って救急搬送されており、犠牲者数を認識できていなかったとみられる。 一方で、逮捕後の調べに容疑を認めた上で、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」と大量殺人を狙ったこともほのめかしているという。 反省の弁や犠牲者、遺族への謝罪の言葉はなかった。 また青葉容疑者が複数の京アニ作品を挙げて「自分が応募した小説が盗用された。 京アニが許せず、恨みが募っていた」という趣旨の供述をしていることも、捜査関係者への取材で分かった。 過去に青葉容疑者とみられる人物が京アニに小説作品を応募していたが、形式審査の一次選考で落選。 京アニ側は、同社の作品との類似点はないと否定している。 捜査本部によると青葉容疑者は一時命の危険もあったが、容体が一定程度回復。 入院先など複数の医師の意見をもとに「医療環境の整った施設なら勾留が可能」と判断したという。 捜査本部は青葉容疑者を逮捕後、ただちに送検。 京都地検は10日間の勾留を請求し、認められた。 青葉容疑者は同日夕、医療スタッフが常駐する大阪拘置所(大阪市都島区)に収容され、今後、治療を継続しながら府警などの取り調べを受けるという。 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオに侵入し、ガソリンをまいてライターで火を付け、鉄筋コンクリート3階建て延べ約690平方メートルを全焼させた上、屋内にいた社員70人のうち36人を殺害、33人に重軽傷を負わせた疑い。 残る1人にけがはなかった。 負傷者のうち1人は現在も入院しているという。

次の

京アニ放火逮捕 事件の重さに向き合わせよ : 社説 : 読売新聞オンライン

京アニ放火事件

ガソリンを撒かれるという事態はそうそう起きるものではないが、火災自体はどこででも起きる可能性がある。 これを機にマンションや会社の防火態勢について、じっくり考えたい Photo:JIJI 34人が死亡、34人が重軽傷という大惨事になった京都アニメーション放火事件。 3階建てのビルが丸ごと焼けるという事態に、驚いた人も多いはずだ。 京アニの建物の状況がどうだったのかは今後の検証を待たねばならないが、この未曾有の大火災からオフィスビルやマンションが学ぶべき教訓を考えてみよう。 (さくら事務所マンション管理コンサルタント 土屋輝之) ホテルニュージャパン火災を 超える死者が出てしまった 3階建てのビルが全焼した京アニ。 34人もの死者を出すというのは、未曾有の大火事といっていい。 過去、とりわけ規模が大きい火災が起きると、それを契機に消防法を見直す、という流れになってきた。 例えば死者118人を出した1972年の大阪・千日デパート火災。 1982年の東京・ホテルニュージャパン火災(死者33人)、さらに2001年の新宿・歌舞伎町ビル火災(同44人)などだ。 死者100人を超える千日デパート火災は別格としても、今回の京アニは、ホテルニュージャパン火災を超える死者が出てしまった。 もちろん、犯人がガソリンを撒いて火をつけるという暴挙に出たわけだから、通常の火災とは訳が違う。 おそらく爆風が事務所内を駆け巡り、通常の火災以上に、中にいた人たちはパニックに陥ったはずだ。 しかし、この特殊要因を考慮に入れても、鉄筋コンクリートの建物で各フロアがあれほどの勢いで全焼するというのは、かなり考えにくい。 本稿執筆時点(7月19日)での情報を見る限り、その一番大きな理由は、すでに多くのメディアで指摘されているように、1階から3階までを貫く、らせん階段があったこと、そして「区画」されていなかったため、と考えられる。 オフィスビルであれマンションであれ、防火シャッターや防火扉によってスペースを区切り、火の手が急激に広がらないような対策をするが、具体的な基準は「建物の用途」や「床面積」によって異なる。 オフィスビルの場合、不特定多数の人が訪れる場所ではなく社員たちは建物の中をよく知っているから、避難にはさほど手間取らないと考えられる。 かつ、危険物を扱うような業務内容ではないだろうし、ごく小規模なビルである。 これらを考えると、緩めの基準が適用されたはずで、吹き抜けた形状のらせん階段もOKが出たのだろう。 もしもっと大きなビルであったり、用途が異なる場合であれば、こうした形状のらせん階段はNGだった可能性が高い。 そして、らせん階段部分に防火扉や防火シャッターがあって区画されていればまだしも、それがなかったとなると、らせん階段が炎や爆風の通り道となって、建物の内部全体があっという間に炎と煙に包まれても不思議ではない。

次の

京アニ放火逮捕 事件の重さに向き合わせよ : 社説 : 読売新聞オンライン

京アニ放火事件

気になるところから読む• 京都アニメーション放火事件とは 「お別れ そして志を繋ぐ式」御礼 11月3日、4日に「株式会社京都アニメーション お別れ そして志を繋ぐ式」を無事執り行いました。 ご来場の皆様には静穏な環境づくりにご協力いただきありがとうございました。 — 京都アニメーション お別れ そして志を繋ぐ式【お知らせ】 kyoani110304 京都アニメーション放火事件とは、2019年7月18日にアニメ製作会社 「京都アニメーション」で発生した放火事件です。 この火災により鉄筋コンクリート3階建てのスタジオは全焼。 36人が死亡、33人の負傷者を出す過去最悪の放火事件となりました。 」など多くのアニメ作品を生み出しています。 その原作再現度の高さや独特な映像美から、日本国内のアニメファンのみならず、一般の人や海外の人からもその名が知られ、親しまれていた「京アニ」。 この火事による被害について、国内外から「アニメ界の大きな損失」「甚大な被害」という声が出ており、その影響は想像を絶するものとなっています。 スポンサーリンク 京都府警が京アニ放火事件の容疑者を事情聴取 【京アニ放火】ついに青葉容疑者への事情聴取が開始 — ひろやん gamevilog 11月9日付のFNNの報道によると、京アニ放火事件の犯人・青葉真司容疑者が事情聴取を受けていたことが明らかになりました。 青葉容疑者も全身に負ったやけどで治療を受けていましたが、徐々に回復してきたことから、京都府警から1時間にわたり病室で取り調べを受けました。 しかし、現在のところ逮捕には至っていません。 供述内容については詳しく明かされていませんが、青葉容疑者は淡々と捜査員の質問に答え、容疑を認めたうえで、 「どうせ死刑になる」と話していたといいます。 京アニ事件生存者の証言については『』でまとめていますので是非読んでみてください! スポンサーリンク 京アニ事件犯人が現在も逮捕されない理由はなぜ? 【解明に時間】京アニ放火事件、発生から2カ月 容疑者は回復傾向にあるものの、寝たきりの状態が続く。 京都府警は逮捕状を取得しているが、留置に耐えられる状態にならないと執行できない。 — ライブドアニュース livedoornews 史上最悪の放火殺人事件となった「京アニ放火事件」。 京都府警は7月20日に殺人容疑で逮捕状を取得しており、事件発生から3ヶ月以上がたちますが、犯人の青葉真司容疑者は未だ逮捕されていません。 犯人が逮捕されない理由について、逮捕状の執行には 留置に耐えられる状態との医師の判断が前提とされており、現在も逮捕の見通しは立っていません。 現在の青葉容疑者は集中治療室で治療を受け、呼吸器を外せば会話ができる状態にまで回復しているといいます。 しかし、火災によるやけどは皮下組織にまで及ぶケースが多く、早期に適切な処置を施さないと最近が繁殖する危険もあります。 専門家の話によると「一般的には、命の危険がなくなるまで 最長で1年程度かかる場合もある」とされています。 そのため当面は病室での取り調べで捜査を進め、回復を待って逮捕される見込みです。 被害にあった方の親族や遺族の方々の気持ちを思うと、逮捕にあと1年近くもかかるかもしれないというのは酷ですね。 できる限り早い段階で逮捕、裁判をすすめていただき、犯人にはしかるべき裁きを受けてほしいと思います。 教師いじめ事件容疑者が逮捕されない理由については『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! スポンサーリンク 京アニ事件犯人事情聴取に世間の反応は 京アニ事件犯人の事情聴取に対する世間の反応がこちら。 京都アニメーション放火事件の犯人の事情聴取始まったのね。 「どうせ死刑になる」ってなんだよ。 その言い草は…開き直りと被害者面してんのが凄い胸糞悪いわ。 死刑だけじゃ正直、生温いって思うから世にも奇妙な物語の懲役30日間のような刑にして欲しい。 30日じゃ足らないので10年間で。 しっかり罪を償ってほしい。 そして、法以外で裁くことを許してはいけない。 あと、彼のような人間を今後出さないようにするために、社会になにができるかをみんなで考えていきたいね。 孤立して人生の袋小路に追い詰められる、そんな人をなくしたいね。 容疑者には、36名もの尊い命と未来を断ち切った罪の重さを法廷で認知させなければなりません。 — 竹ちょ takecho1 京アニ放火したやつやっと話したか。 どうせ死刑になるって鬱になるのは勝手だけどね、何十人殺してるんだ。 自分でぶち撒けて火つけて。 なんで被害者面できるんや? 弱者のフリするなよ。 社会に与えた影響や、被害に遭われた方のことを考えると、極刑になったとしても罪は償いきれるものではありません。 しかし、 「自分の犯した罪への最低限の責任は果たして欲しい」というのが世の中の総意ではないでしょうか? スポンサーリンク まとめ 今回は、京都アニメーション放火事件の犯人青葉真司容疑者についてご紹介しました。 事件後全身にやけどを負った青葉容疑者は、現在も集中治療室で治療を受けていますが徐々に回復しており、京都府警による1時間の事情聴取を受けました。 容疑を認め淡々と捜査員の質問に答えていますが、「どうせ死刑になる」の発言に世間から批判が殺到しています。 京都府警は7月20日に逮捕状を取得していますが、執行には 留置に耐えられる状態との医師の判断が前提とされており、最長で1年ぐらいかかる見込みだと言われています。 その他、京アニ事件犯人に関しては新しい情報が入りましたらこちらに追記したいと思います。 京アニ事件生存者の証言については『』でまとめていますので是非読んでみてください! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の