オータ事件。 ホットヨガスタジオ O(オー) 【HOT YOGA STUDIO O】

タイオワン事件

オータ事件

日本人が知らない世界の未解決事件7選… 恐ろしい事件ばかりだった… 日本人が知らない世界の未解決事件 テレビ番組のミステリーは 番組終了15分前くらいには無事犯人が見つかり、 事件の真相が暴かれる事が多いですが、 現実はそう簡単にはいきません。 世の中には今日に至るまで多くの人を悩ませる 不可思議な事件の数々が存在します。 1.乗組員全員が謎の死を遂げたSSオーラング・メダン号 1947年6月、オーラング号がマラッカ海峡を横断している時、 周囲の船に対して船員が遭難信号を発した。 「船長含む全ての船員が死んだ。 乗組員全員が雑談室とブリッジで倒れるように亡くなっていた。 」 「そして、私は・・・死ぬ」 と。 その遭難信号を受け取ったアメリカの船「シルバースター」は オーラング号を探し出し、調査を行った。 信号にあったようにオーラング号の乗組員全員が亡くなっていたのを発見したという。 乗組員の死に顔は鬼気迫る物で全員が恐怖でひきつった顔をしていたという。 また不思議な事に彼らは皆何かを掴もうとするかのように腕を伸ばしていたそうです。 その後シルバースターがオーラング号を引っ張り、港へと連れ戻す事となったが、 到着直前になり船の最下層から火災が発生しました。 シルバースターが止む無くオーラング号から一旦離れたところ、 オーラング号は瞬く間に爆発し、火の海に飲まれました。 その為、SSオーラング・メダン号に実際何があったのかは謎のままであります。 もしかしたら何か恐ろしい真実があったので 今日に至るまで誰もが口を閉ざしているのかもしれない。 2.キャロライン・ウォルターの墓の謎の花束 1867年、ドイツのフライベルクという都市である悲劇が起きました。 キャロライン・ウォルターという16歳の若き女性が亡くなりました。 彼女の姉はこの事にひどく心を痛め、彫刻家にお願いをして 彼女がベッドに横たわる姿そっくりに象った墓を作ってもらったそうです。 ここからが少しぞっとする話なのだが、 それから148年間、彼女の姿をかたどった彫刻の腕の中には 定期的に同じ花束が添えられているといいます。 3.ソッダー・チャイルドの消えた遺体 1945年のクリスマスイブの日、ソッダー家は火災に見舞われた。 ジョージ・ソッダーとジェニー・ソッダーは 辛うじて4人の子供を家の中から救出する事が出来たが、 残念ながら残る5人の子供は火災に巻き込まれて亡くなった。 ところが不思議な事に、どこを探しても5人の遺体が見つかる事は無かった。 鎮火には時間もかからなかったため、炭になるまで燃えた可能性は低い。 なぜ遺体が出てこないのか?実に奇妙な出来事でした。 ところが火災から20年後、 残されたソッダ家に差出人不明の手紙が一通届いた。 どうやらこの手紙は火災で死んだと思われていた5人の子供の1人、 「ルイス」である可能性が浮上してきた。 なぜなら文面に、ルイスの名前が書いてあったのです。 ルイス・ソッダーより 僕はフランキー兄さんを愛してる アイリル・ボーイズ A90132か35 残されたソッダー家はこの手紙の真相を突き止めようと 調査に乗り出したが、 真実を突き止められぬまま両親は亡くなりました。 4.ヒンター・カイフェック事件 ドイツの都市ミュンヘンからそう遠くない田舎町で 63歳のアンドレアス・グラバー、妻のカジリア、未亡人の娘ヴィクトリア、 ヴィクトリアの二人の子供カジリア(同姓同名)と ジョセフ、メイドのマリア・バウムガートナーが死体となって発見された。 1922年に起こったこの殺人事件の犯人は未だわからないままです。 この一家は殺される数日前から周囲に呪われていると語っていたそうです。 彼等は毎晩家の周りに積もった雪に残された足跡や奇妙な音に悩んでいたそうで 事件の数日前から家の戸締りの為のカギが見つからなかったという。 犯人は不明ながら、凶器のつるはしと一家を殺した後に 恐らく暖を取る為にくべられた薪やたき火の後が発見されています。 また当時事件を担当していた警察官の記録によると 犯人は一家が飼っていたペットにエサを与えて現場を後にした事が分かっています。 5.謎の死を遂げた男が書き残した「YOGTZE」の文字 ギュンター・ストールは1984年に亡くなる前まで食品工学者として働いた。 常々妻に、「奴らに追われている」。 と語っていたという。 妻はこの事を「ただの冗談」だと思い、全く聞く耳を持たなかった。 ある日、ギュンターは突然「Jetzt geht mir ein Licht auf!! (分かったぞ!!)」 と叫び、椅子に「YOGTZE」と書き記し、妻を置いて、車で家を出たそうです。 その日の深夜3時、彼の乗ったフォルクスワーゲンが アウトバーンの横の溝で遺体とともに発見されました。 ギュンターの遺体は完全に身包みをはがされており、全裸だったという。 しかし、彼の遺体が検死に回されると幾つか奇妙な点が発見されました。 まず、ヴォルクスワーゲンが 溝に落ちた際の衝撃で受けたとは思えない傷が幾つか発見されました。 これは恐らく転落事故以前に意図的につけられたものではないかと考えられており、 誰かが彼を車でひき殺した後、彼をヴォルクスワーゲンに乗せて 転落させ、事故に見せかけたのではないかと言われています。 この事件も未だ犯人は不明であり、 彼が書き記した「YOGTZE」という文字が何を示すのかはわかっていません。 6.「マッチ男」ベネデット・スピノ 1982年、スペインの少年ベネデット・スピノが家で漫画を読んでいると 突如として漫画が燃え始めました。 彼が読む漫画の中に登場するキャラクターのように 彼にもまた超能力が芽生えたのだという。 しかし、彼が愛するヒーローのようにこの能力をコントロールする事はできなかった。 ベネデットが眠っているとベッドのシーツが突如として燃え始め 彼が電化製品に近づくと突然壊れてしまうのです。 科学者等は彼の能力がどうやって引き起こされる物なのか、 未だに解明できていません。 7.ディアトロフ峠事件 1959年、9人の男女がロシアのウラル山脈のスノートレッキングに挑戦しました。 残念な事に彼らは全員ウラル山脈で亡くなったが、 彼らの死は多くの謎を呼びました。 まず、彼らが寝泊まりしていたと思われるテントは内側から切り裂かれており、 テントから森の方へ向かっていく足跡をたどると 下着姿の2人の遺体が発見されました。 さらに道中の雪をかき分けたところ、3人の遺体が発見されました。 その2か月後、残りの4人の遺体が テントから75メートル離れた山峡でようやく発見されました。 不思議なことにこの4人は他の5人の持ち物である衣服を着ていたという。 彼らにいったい何があったのだろうか?答えは永遠に闇の中です。 日本を含め世界では日々事件や事故、現象が起きています。 その中で解決しているのはごく一部でほとんどは未解決として闇に葬られ、 人々の記憶から消えていってしまいます。 少しでもこの不気味な事件を忘れないでいてほしいものですね。

次の

当局も注目ーーパチンコホール大手「オータ」会長宅に街宣をかける政治結社の狙い|アクセスジャーナル

オータ事件

アカデミー賞受賞助演男優賞:ジェイソン・ロバーズ 脚色賞 録音賞 美術賞 ウォーターゲート事件 アメリカ合衆国で任期中の現職大統領が辞任に追い込まれるまでに発展することになる ウォーターゲート事件。 1972年、アメリカは大統領選挙の真っ只中でした。 そんな時 民主党の本部であるウォオーターゲートビルに不審者が侵入し、5人の男性が逮捕されます。 最初は窃盗だと思われていた事件ですが、彼らの弁護士が大物弁護士だったり犯人の中に元CIA職員がいたことで単なる窃盗事件ではないことが明るみになりました。 当時ニクソン政権はこの事件に関わっていないと多くの国民が思っていましたが、ワシントン・ポストの若い記者2人はこの事件を追い続けました。 その過程が『大統領の陰謀』で描かれています。 記者たちはニクソン大統領の最高補佐官や元司法長官などがこの事件に関わっていると記事にしますが、圧力によりもみ消されようとしていました。 映画ではここまでしか描かれていませんが、裁判が始まるとウォオーターゲートビルに侵入した犯人の1人マッコードが自分を主犯格にしようとしている動きに気がつき、裁判官に全てを話します。 それは 事件に大統領再選委員会が関わっているという内容でした。 これをきっかけにウォーターゲート事件は大きく動き出します。 そしてニクソン政権ががウォーターゲート事件に関与していたことが明らかになっていきました。 「ニクソン大統領はもみ消しを知っていた」という発言も出る中、捜査の中で大統領の録音テープも出てきます。 これにより世論や野党は大統領弾劾に動き始めます。 さらに大統領がテープの提出を拒み、司法長官や司法副長官を解任しようとしたことで一気に大統領の反発が強くなります。 そして最終的にニクソン大統領は辞任に追い込まれてしまったのでした。 この一連の事件を「ウォーターゲート事件」と呼びますが、『大統領の陰謀』では記者2人が、少しずつ事実に近づいていく調査の過程を描いています。 映画の中のセリフにも出てきますが、アメリカ国民のほとんどが忘れかけていたウォーターゲートへの不法侵入事件。 それを 諦めずに取材し真実を暴こうとした記者の戦いが、『大統領の陰謀』です。 2人の記者の取材過程 ワシントン・ポストの記者2人が「ウォーターゲート侵入事件」の裏にある出来事を暴いていくのを描いた『大統領の陰謀』。 その過程は複雑で1回見ただけでは理解が難しいかもしれません。 ここでは2人の取材の軌跡を辿ってみたいと思います。 ワシントン・ポストの記者ボブ・ウッドワードは、事件の取材のために裁判所に向かいます。 単なる不法侵入事件だと思っていましたが 犯人の1人が元CIAの警備顧問だったり、犯人たちが連絡していないのに弁護士がいたことで、ウッドワードはこの事件の裏に何かあることをさとります。 さらに同じく記者であるカール・バーンスタインが、 他の4人の犯人もCIAの関係者だったことを暴きます。 しかも彼らは装備も豊富でお金も持っていました。 ここから2人はこの事件を担当することになり、2人の大変な取材が始まっていきました。 1つの手帳には「H・H」「W・H」というイニシャルが書かれていて、もう1つの手帳には「 ハワード・ハント」「W・ハウス」と書いてありました。 ウッドワードはハワード・ハントを調べ始めると、彼がチャールズ・コルソンの元にいたことが分かります。 コルソンはニクソンの特別顧問で相談役でした。 さらにハントはCIAにも在籍していました。 一方、バーンスタインはコルソンの事務所で働いていた女性に近づき、ハントの仕事を聴き出し、 そこでハントがケネディ上院議員のことを調べていたことを知りました。 ニクソンの強敵であったケネディ上院議員。 彼のことを官邸図書館や国会図書館で調べていたことを知り、2人は国会図書館に向かいます。 官邸図書館ではバーンスタインが電話した時、一度はあると認めた貸出表が実は間違いだったと言われてしまいます。 だから2人は国家図書館に向かい貸し出し表を調べますが、結局何も見つからなかったのでした。 その頃、ワシントン・ポストのライバルでもあるNYタイムズが「共和党の一部組織がウォオーターゲートに関係」という記事を書きました。 そこに侵入犯人から再選委員会に電話が15回もあったと書かれていたのでした。 バーンスタインは情報源から犯人の1人であるバーガーの電話記録はマイアミの検事に押収されたことを聞き出します。 マイアミの検事の元に出向いたバーンスタインは、そこで2万5千ドルのお金がバーガー渡った小切手を見つけます。 送り主はケネス・H・ダールバーグという人物でした。 彼に電話したウッドワード。 その電話で彼は再選委員会本部の財務委員長であるスタンズにダールバーグがお金を渡したことが分かりました。 2人は選挙資金のお金がウォーターゲートの犯人に渡っていたことを突き止めたのです。 何もつかめない中、 スタンズとスローンの簿記係をしていた女性から情報を得ることに成功します。 スローンは再選委員会の経理の主任でした。 スローンは奥さんからのお願いもあり、すでに辞職していました。 女性からお金を支払っていた人たちのイニシャルを聞き出したバーンスタイン。 再選委員会は行っていた買収の資金は5人が管理していたことを突き止めたのです。 さらに2人はスローンに会いに行きます。 そこで5人のうち、3人がミッチェル、マグルーダー、スタンズという確証を得ます。 2人は司法長官時代からジョン・ミッチェルが秘密資金を運用していたことを暴き記事にします。 さらにミッチェルが再選委員会の委員長になり、独断で資金を運用していたことを書いたのでした。 そんな時新たな情報を手にしました。 それは ウォーターゲート侵入前から民主党への妨害工作が行われていたということでした。 ニクソン妨害工作の主任であったセグレティに会いに行ったバーンスタイン。 彼はニクソン大統領の秘書であるチェーピンと同級生で、彼から仕事を持ちかけられていました。 さらに チェーピンを雇ったのがホールドマンだという情報をウッドワードが得ます。 大統領の最高補佐官で政界の第二の実力者であるホールドマン。 彼のことを記事にするのはとても危険でしたが、2人はホールドマンもに秘密資金に関与していたことを記事にしました。 すると大陪審でスローンはホールドマンのことを話さず、ホールドマンは無関係だということになってしまいました。 これにより政府はワシントン・ポストへの圧力を強めるようになります。 しかし ホールドマンが関与していたことは事実だったのです。 ディープ・スロートから事実を聞き出したウッドワード。 バーンスタインも、スローンは大陪審でホールドマンのことを話すつもりだったが聞かれなかったという事実を突き止めます。 2人は命の危険に晒されながらも、この事実を記事にし政府と戦い続けたのでした。 結局ニクソンは再選してしまいますが、この後事件の実態が表に出ることになったのです。 学びポイント 『大統領の陰謀』では命を狙われながらも、ウォーターゲート事件の実態を取材し続けた2人の記者の取材魂が描かれていました。 彼らが取材する過程を追っていくと、ウォオーターゲート事件にニクソン再選委員会が深く関わっていたことを知ることができます。 登場する人物も多く背後関係がわからないと理解するのに時間がかかってしまいますが、きちんと理解できるとこの事件の裏で動いていた再選委員会の実態が分かってくるでしょう。 難しい事件ですが、アメリカの歴史で知っておかないといけない事件なのは確かです。 『大統領の陰謀』を通して、この事件の一部に触れることができるはずです。

次の

オーン・フリー・ター

オータ事件

アカデミー賞受賞助演男優賞:ジェイソン・ロバーズ 脚色賞 録音賞 美術賞 ウォーターゲート事件 アメリカ合衆国で任期中の現職大統領が辞任に追い込まれるまでに発展することになる ウォーターゲート事件。 1972年、アメリカは大統領選挙の真っ只中でした。 そんな時 民主党の本部であるウォオーターゲートビルに不審者が侵入し、5人の男性が逮捕されます。 最初は窃盗だと思われていた事件ですが、彼らの弁護士が大物弁護士だったり犯人の中に元CIA職員がいたことで単なる窃盗事件ではないことが明るみになりました。 当時ニクソン政権はこの事件に関わっていないと多くの国民が思っていましたが、ワシントン・ポストの若い記者2人はこの事件を追い続けました。 その過程が『大統領の陰謀』で描かれています。 記者たちはニクソン大統領の最高補佐官や元司法長官などがこの事件に関わっていると記事にしますが、圧力によりもみ消されようとしていました。 映画ではここまでしか描かれていませんが、裁判が始まるとウォオーターゲートビルに侵入した犯人の1人マッコードが自分を主犯格にしようとしている動きに気がつき、裁判官に全てを話します。 それは 事件に大統領再選委員会が関わっているという内容でした。 これをきっかけにウォーターゲート事件は大きく動き出します。 そしてニクソン政権ががウォーターゲート事件に関与していたことが明らかになっていきました。 「ニクソン大統領はもみ消しを知っていた」という発言も出る中、捜査の中で大統領の録音テープも出てきます。 これにより世論や野党は大統領弾劾に動き始めます。 さらに大統領がテープの提出を拒み、司法長官や司法副長官を解任しようとしたことで一気に大統領の反発が強くなります。 そして最終的にニクソン大統領は辞任に追い込まれてしまったのでした。 この一連の事件を「ウォーターゲート事件」と呼びますが、『大統領の陰謀』では記者2人が、少しずつ事実に近づいていく調査の過程を描いています。 映画の中のセリフにも出てきますが、アメリカ国民のほとんどが忘れかけていたウォーターゲートへの不法侵入事件。 それを 諦めずに取材し真実を暴こうとした記者の戦いが、『大統領の陰謀』です。 2人の記者の取材過程 ワシントン・ポストの記者2人が「ウォーターゲート侵入事件」の裏にある出来事を暴いていくのを描いた『大統領の陰謀』。 その過程は複雑で1回見ただけでは理解が難しいかもしれません。 ここでは2人の取材の軌跡を辿ってみたいと思います。 ワシントン・ポストの記者ボブ・ウッドワードは、事件の取材のために裁判所に向かいます。 単なる不法侵入事件だと思っていましたが 犯人の1人が元CIAの警備顧問だったり、犯人たちが連絡していないのに弁護士がいたことで、ウッドワードはこの事件の裏に何かあることをさとります。 さらに同じく記者であるカール・バーンスタインが、 他の4人の犯人もCIAの関係者だったことを暴きます。 しかも彼らは装備も豊富でお金も持っていました。 ここから2人はこの事件を担当することになり、2人の大変な取材が始まっていきました。 1つの手帳には「H・H」「W・H」というイニシャルが書かれていて、もう1つの手帳には「 ハワード・ハント」「W・ハウス」と書いてありました。 ウッドワードはハワード・ハントを調べ始めると、彼がチャールズ・コルソンの元にいたことが分かります。 コルソンはニクソンの特別顧問で相談役でした。 さらにハントはCIAにも在籍していました。 一方、バーンスタインはコルソンの事務所で働いていた女性に近づき、ハントの仕事を聴き出し、 そこでハントがケネディ上院議員のことを調べていたことを知りました。 ニクソンの強敵であったケネディ上院議員。 彼のことを官邸図書館や国会図書館で調べていたことを知り、2人は国会図書館に向かいます。 官邸図書館ではバーンスタインが電話した時、一度はあると認めた貸出表が実は間違いだったと言われてしまいます。 だから2人は国家図書館に向かい貸し出し表を調べますが、結局何も見つからなかったのでした。 その頃、ワシントン・ポストのライバルでもあるNYタイムズが「共和党の一部組織がウォオーターゲートに関係」という記事を書きました。 そこに侵入犯人から再選委員会に電話が15回もあったと書かれていたのでした。 バーンスタインは情報源から犯人の1人であるバーガーの電話記録はマイアミの検事に押収されたことを聞き出します。 マイアミの検事の元に出向いたバーンスタインは、そこで2万5千ドルのお金がバーガー渡った小切手を見つけます。 送り主はケネス・H・ダールバーグという人物でした。 彼に電話したウッドワード。 その電話で彼は再選委員会本部の財務委員長であるスタンズにダールバーグがお金を渡したことが分かりました。 2人は選挙資金のお金がウォーターゲートの犯人に渡っていたことを突き止めたのです。 何もつかめない中、 スタンズとスローンの簿記係をしていた女性から情報を得ることに成功します。 スローンは再選委員会の経理の主任でした。 スローンは奥さんからのお願いもあり、すでに辞職していました。 女性からお金を支払っていた人たちのイニシャルを聞き出したバーンスタイン。 再選委員会は行っていた買収の資金は5人が管理していたことを突き止めたのです。 さらに2人はスローンに会いに行きます。 そこで5人のうち、3人がミッチェル、マグルーダー、スタンズという確証を得ます。 2人は司法長官時代からジョン・ミッチェルが秘密資金を運用していたことを暴き記事にします。 さらにミッチェルが再選委員会の委員長になり、独断で資金を運用していたことを書いたのでした。 そんな時新たな情報を手にしました。 それは ウォーターゲート侵入前から民主党への妨害工作が行われていたということでした。 ニクソン妨害工作の主任であったセグレティに会いに行ったバーンスタイン。 彼はニクソン大統領の秘書であるチェーピンと同級生で、彼から仕事を持ちかけられていました。 さらに チェーピンを雇ったのがホールドマンだという情報をウッドワードが得ます。 大統領の最高補佐官で政界の第二の実力者であるホールドマン。 彼のことを記事にするのはとても危険でしたが、2人はホールドマンもに秘密資金に関与していたことを記事にしました。 すると大陪審でスローンはホールドマンのことを話さず、ホールドマンは無関係だということになってしまいました。 これにより政府はワシントン・ポストへの圧力を強めるようになります。 しかし ホールドマンが関与していたことは事実だったのです。 ディープ・スロートから事実を聞き出したウッドワード。 バーンスタインも、スローンは大陪審でホールドマンのことを話すつもりだったが聞かれなかったという事実を突き止めます。 2人は命の危険に晒されながらも、この事実を記事にし政府と戦い続けたのでした。 結局ニクソンは再選してしまいますが、この後事件の実態が表に出ることになったのです。 学びポイント 『大統領の陰謀』では命を狙われながらも、ウォーターゲート事件の実態を取材し続けた2人の記者の取材魂が描かれていました。 彼らが取材する過程を追っていくと、ウォオーターゲート事件にニクソン再選委員会が深く関わっていたことを知ることができます。 登場する人物も多く背後関係がわからないと理解するのに時間がかかってしまいますが、きちんと理解できるとこの事件の裏で動いていた再選委員会の実態が分かってくるでしょう。 難しい事件ですが、アメリカの歴史で知っておかないといけない事件なのは確かです。 『大統領の陰謀』を通して、この事件の一部に触れることができるはずです。

次の