大学 卒業 年齢。 卒業年早見表|転職のリクルートエージェント

大学卒業時の年齢って何歳?短大・専門学校・六年制大学も併せて解説します

大学 卒業 年齢

例えば、1浪の人なら大学卒業年齢は23歳。 1浪、1留なら24歳ということになりますね。 基本的に、 高学歴な大学ほど、浪人して入る人が多いです。 早稲田大学は学部によりますが、4割が浪人生というデータがあります。 また、早稲田大学ではおよそ4人に1人が留年しているのです。 私立のトップの早稲田大学であれば22歳か23歳で卒業する人がほとんどだということになりますね。 短大の大学卒業年齢は? 短大の大学卒業年齢は20歳になります。 なぜなら、 短大はほとんどが2年制だからです。 短大にいく人は、ほとんど現役でいく人ばかりでしょう。 留年する人も少ないので、ほとんどの人は20歳で卒業します。 医学部の大学卒業年齢は? 医学部の大学卒業年齢は最短で24歳です。 医学部は6年制なので、ストレートで進級できても24歳が卒業年齢になります。 ちなみに、国立医学部は6割程度が1浪以上です。 1回も留年せずに国試に一発で合格する人は85%程度 2015年3月卒。 なので、ほとんどの人の医学部の卒業年齢は24歳か25歳になります。 しかし、医学部には30歳や40歳などの一度社会人を経験してから入学してくる人もたくさんいるのです。 そのため、そういう人たちの大学卒業年齢は30歳〜40歳台になります。 専門学校の卒業年齢は? 専門学校の卒業年齢は20歳か21歳です。 専門学校は2年制か3年制の学校がほとんどだから。 ちなみに、看護の専門学校は3年制ですね。 学ぶ内容によって何年制かは変わってきます。 大学院の卒業年齢は? 大学院は基本的には大学を卒業した後に2年間通います。 なので、 大学院の卒業年齢は基本的には24歳です。 大学に入るまでに浪人していたり、大学在学中に留年をしていると1年ずつ遅くなりますね。 大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。 でも、先生に勧められて 大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。 大学の資料請求は 無料です。 一度、 早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください! 入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。 早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、 志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!.

次の

大学院は何年間通うんですか?主に年齢層は何歳ぐらいですか? ...

大学 卒業 年齢

概要 [ ] 学年制や等級制をとっている学校で、1学年・1等級以上を飛び越してを認定される場合は、 早期卒業(そうきそつぎょう)と呼ばれる。 ・・の制度にはいくつかの種類があるが、飛び級はを単純に上の学年に移すだけで済むので、学校側の負担がほとんどないのが利点である。 学生の側にも、学費が節約できるという経済面での利点がある。 飛び級の対義語は「通常の」または「(留年)」で、飛び入学の対義語は「」または「」である。 日本 [ ] 年齢 所属可能な学年・学校 飛び級なし 飛び級あり 5歳以下 未就学 未就学 6歳 小1以下 小1以下 7歳 小2以下 小2以下 8歳 小3以下 小3以下 9歳 小4以下 小4以下 10歳 小5以下 小5以下 11歳 小6以下 小6以下 12歳 中1以下 中1以下 13歳 中2以下 中2以下 14歳 中3以下 中3以下 15歳 高1以下 高1以下 16歳 高2以下 高2以下 17歳 高3以下 大学以下 18歳 大学以下 大学以下 19歳 大学以下 大学以下 20歳 大学以下 大学院以下 21歳 大学以下 大学院以下 22歳 大学院以下 大学院以下 における飛び級・飛び入学はに基づいて行なわれるものと、に基づいて行なわれるものに分けることができる。 例えば、成績優秀者が大学に17歳で入学するのは修得主義に基づく飛び入学であり、11歳の小学3年生が転校先で年齢が高いことを理由に強制的に小学6年生に編入させられるのは年齢主義に基づく飛び級である。 また、実務上はその年齢で所属できる標準的な学年上限が定められている。 飛び級・飛び入学は、それを超えるものと、超えないものに分けることができる。 例えば、中学1年生が学年末に中学2年を飛び超して中学3年に進級するという場合、中学1年の時点で12歳であればそれは年齢による標準的な学年上限を飛び超える飛び級であり、13歳以上であればそれは年齢による標準的な学年上限を飛び超えない飛び級である。 過年度生については年齢主義を超えない範囲で飛び級させることは可能である。 以下の学校(小学校・中学校の義務教育9年間および高等学校など3年間)では、「 生徒は平等に扱わなければならない」という観点から、 いかに優秀であろうと年齢による標準的な学年上限を飛び超える飛び級は絶対に認められない。 逆に、(留年)やや(浪人など)も稀で、仮に自主的な原級留置を希望しても、よほどのことがない限りほとんど進級させられる。 一方、・では限定的に、年齢による標準的な学年上限を飛び超える飛び級・飛び入学も行なわれている。 修得主義による飛び級 [ ] 高校以下 [ ] 日本の学校制度では小・中学校の義務教育においては「年齢相当学年(を参照)」を上回る学年への在籍は認められていないため、早期教育や英才教育を目的として飛び級を実施することは認められていない。 を敷く高校においても同様であり、その年齢で所属可能な最高学年を上回ることはできない。 ただし学籍の変動がないまま、実質的に上の学年で授業が行なわれるという運用がなされる場合もある。 例えば、では、成績優秀者は特定のみ飛び級をして在籍学年はそのままで1年上の学年で授業を受けることができる。 に伴い英才教育としての飛び級制度の導入が議論されているが、高校以上の学校においてはで年齢の下限が決まっているのでのみの判断で年齢を引き下げることができる(なお、年齢の上限は省令等で定められていない)。 小・中学校の義務教育では・によりとが決まっているので、飛び級制度の導入には法改正が必要であり、また学校教育法に規定される義務教育学校への就学猶予も健常者に事実上運用されないので、上級学校への早期就学の場合も法運用の改定が必要である。 なお、に満たない子女が手違いによって小学校に就学し、そのまま標準年齢より低い年齢で在学し続けることを追認されたというケース(を参照)もあったがこれは例外的なものである。 また、を受けて相当の年齢に達した場合は、小学1年生からではなく2年生以降に編入学できる制度もある。 の合格者は、中学校を卒業せずに高校の受験資格が付与される。 ただし、15歳以上との年齢制限がある。 なお、小学校を卒業せずに中学校に入学するための公的な資格試験は存在しない。 ただし、特別支援学校においては小学部に一時的に編入して卒業証書をとらせるなどの方法で、夜間中学においては小学校への編入は行わずに直接入学させるなどの方法で処置をしているとされる。 三修制 [ ] 正確には、修得主義に基づく早期卒業に関する制度で、飛び級ではないが、・における 三修制と呼ばれる制度もここで記述する。 高等学校における卒業に必要なは74単位であり、通常の定時制高校やを月2〜3回実施する旧来型の通信制高校の教育課程では、履修できる授業時数の都合で入学から卒業まで4年以上を要するが、他の課程や異なる時間帯の授業を並行したり、や各種の検定合格で単位振り替えが認定されることで、定時制高校・通信制高校でも3年間の就学期間で卒業できる制度があり 三修制と呼ばれている。 三修制は現在ほぼ全ての通信制高校と一部の定時制高校で採用されている。 大学飛び入学(16歳から) [ ] 基本的にの正規課程への入学年齢は18歳以上となっているが(第90条第1項により等を卒業。 「」を参照)、特定の分野について特に優れた資質を有する者については18歳未満でも入学ができる(同条第2項)。 やなどでは、などでは(で優れた資質をもつ者・五輪-国際大会上位入賞者)において特に才能があると感じられる高校生などを対象にを行ない、17歳以下のなどの1年生及び2年生が2・3年次を履修せずに大学1年生になれる制度を導入している。 ただし、高等学校でのなどにより、受験資格に制限がある場合もある。 千葉大学はおよびおよびに対し、当該年度の時点で満17歳以下である高校・同等学校在学者と当該年度の3月31日時点で満17歳であるで合格点を取った人を対象に飛び入学を募集している。 高校・同等学校に在学していれば出願資格を一応は満たすため、理論上は高校1年次修了後すぐの入学も可能である。 一方、や経験者など、18歳以上の生徒には受験資格がない。 名城大学はに対し、当該年度の4月1日時点で満17歳である高校2年次修了予定者を対象に飛び入学を募集している。 過年度生や原級留置経験者など、18歳以上の生徒には受験資格がない。 募集対象は3年制高校に限られており、などによく見られる4年制高校の場合には応募資格がない。 はコンピュータ理工学及びその関連分野における研究を志す者で、高等学校第2学年に在学している者又は高等学校卒業程度認定試験合格者でにおいて満17歳の者を対象に飛び入学を募集している。 度までの累計で入学実績があるのは以上3校のみで人数は千葉大41人、名城大20人、会津大1人の計62人となっている。 度より、、(設立:1948年、旧名称:広島音楽学校)が飛び入学制度による学生の受け入れを開始した。 エリザベト音楽大学および成城大学では度に最初の入学者があったが、昭和女子大学では現在までの入学者はない。 成城大学はに対し、高校2年次修了予定者の飛び入学を募集。 年齢上限はない。 昭和女子大学はおよびに対し、高校2年次修了予定者の飛び入学を募集。 年齢上限はない。 4年制高校であっても、2年次修了予定であれば応募資格がある。 4年制高校から飛び入学した場合、2年短縮したことになる。 エリザベト音楽大学はおよび音楽学部で「アーティスト21特別入学試験(高校2年修了飛び入学試験)」の名称で飛び入学を募集している。 これは実技能力の優れた高校2年修了生に対する奨学金付の特別選抜入学試験で、試験結果によって学費が免除(入学金を除く)される。 大学飛び入学は(9年)に法改正により数学及び物理分野に限り解禁され、(平成10年)に千葉大学が開始。 度(平成13年度)より全分野で解禁された。 大学院のある大学のみ飛び入学を行なえる。 昭和女子大学では、附属高校の3年生のうち一部が大学で学ぶことができる。 しかし学籍は高校にあり、大学では5年間学ぶことになるので、の一環とされ、飛び級にならない。 現在は高校3年生の約半数がこの制度を利用しているようである(上記の飛び入学とは別制度)。 は、通信教育課程において10月入学者に限り約6ヶ月の飛び入学が可能である。 高等学校卒業認定試験(8月)に合格後出願し(10月入学は出願締切)、入学が許可されれば事実上の飛び入学となる。 大学飛び入学(高認など) [ ] ()やなどの資格の取得者が、高校卒業という学歴がないまま大学に入学することができる。 ただし、これについては18歳以上との年齢制限がある。 大学早期卒業・大学院飛び入学 [ ] 一部の大学では、特に優秀な学生を対象に3年次卒業制度を設けている。 また、一部のでは学部3年次修了で入学できる制度がある。 この場合、大学の3年次卒業制度を併用すれば大学卒業とみなされるが制度がない場合などは中途退学の扱いになる。 若年者のみならず、退職後に入学した人の飛び級もあるといわれる。 大学院においては、課程・課程とも早期修了が可能である。 年齢主義による飛び級 [ ] の場合には日本での年齢主義の「年齢相当学年」と本人の学習段階が合わないことがある。 そのため日本の大部分の小中学校はを基準としているため、学習段階よりも上の学年に所属させられること があり、・学業・環境・情緒の面で児童に負担を強いるものとして問題になる場合がある。 これは、英才教育としての飛び級とは性格が異なる望まない飛び級といわれる。 原則的には各種により年齢主義による飛び級も修得主義による飛び級と同様に不可能だとされてはいるが、実態として上記のようなことも起こっている。 また、自治体(各教育委員会)によって姿勢が異なるため、日本国内での転校でも転出先の年齢主義が強いと、転出に伴って飛び級や、小学校から中学校への飛び入学をさせられたり、学齢超過につき転校ができなかったりすることもある。 本来は5年制のから4年修了で、3年制のに入学できる仕組(いわゆる)及び6年制の5年修了でに入学出来る仕組(いわゆる)があった。 また尋常科を併設したは、自動的に飛び級を約束する存在だったといえる。 四修者は学力面で優越していたにもかかわらず、当時の旧制高校生の的価値観の中では体格や人格や読書量の面で侮りを受ける場合が多々あった。 「何年もを繰り返し、あるいは社会人生活を経て旧制高校に入学した学生ほど尊敬された」ということを出身のは自伝の中で記している。 :中学校令(32年勅令第28号)• 第十条 中学校ニ入学スルコトヲ得ル者ハ当該学校予科ヲ修了シタル者、国民学校初等科ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等ノ学力アリト認メラレタル者タルヘシ• 上記の通り、中学4年修了での旧制高校入学のように勅令には明示されていない。 :高等女学校令(明治32年勅令第31号)• 第十条 高等女学校ニ入学スルコトヲ得ル者ハ国民学校初等科ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者タルヘシ• 2 修業年限三箇年ノ高等女学校ニ入学スルコトヲ得ル者ハ国民学校高等科ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者タルヘシ• :高等学校令(7年勅令第389号)• 第十一条 高等学校尋常科ニ入学スルコトヲ得ル者ハ当該学校予科ヲ修了シタル者、尋常小学校ヲ卒業シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トス• 第十二条 高等学校高等科ニ入学スルコトヲ得ル者ハ当該学校尋常科ヲ修了シタル者、中学校第四学年ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トス• :中等学校令(18年第36号)• 第八条 中等学校ニ入学スルコトヲ得ル者ハ修業年限四年ノ課程ニ在リテハ国民学校初等科ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トシ修業年限二年又ハ三年ノ課程ニ在リテハ国民学校高等科ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トス 尋常小学校5年からの飛び級は、1931年1月10日の「昭和6. 10文部省令2中学校令施行規則39条2項但し書き」で可能。 を皮切りに、学部入学の一年飛ばしを行う国公立大学は増加する見込みで、常識になる可能性が高い。 すでには、大学院在籍年数の短縮がすでに認められている。 ただし、現在の所属可能最高学年を 大幅に超える形での飛び級制度の導入に関しては、格差拡大などさまざまな観点から用心深く導入すべきだとの考えも根強く、2020年代のでは行われていない。 外国 [ ] 国によっても異なるが、飛び級制度がある場合が多い。 では、学校内の飛び級、学校間の飛び入学、早期就学ともに盛んである。 飛び級が適当かどうかの判断には「アイオワ早修尺度」が使われ、各方面から総合的に判断される。 飛び級によってと同じ学年になる場合や、同学年の兄弟姉妹がいる場合などは考慮を要するとされている。 フィクション [ ] フィクションにおいても、飛び級の生徒が登場することがあるが、必ずしも舞台となっている国の教育制度と整合が取れている場合ばかりではない。 たとえば、『』(著:)の美浜ちよは飛び級で小学校から高校に入学した設定だが、上記の通り現在の日本の法制度では不可能である。 また、入学した学校が格別高度な教育をしているように描かれていない場合もある。 著名な飛び級経験者 [ ] 米国の。 16歳で進学。 ミシガン大学で修士と博士号取得。 元、数学。 「ユナボマー」と呼ばれる連続爆破事件を起こし、終身刑となり服役中。 米国の女優・外交官。 幼少時から人気子役として活躍する一方で学業成績も優秀で、アメリカ最難関の私立中高一貫校(プレップ・スクール)の一つウェストレイク女子校に1年早い12歳で入学、17歳で卒業している。 米国の・・科学解説者。 15歳でへ入学、19歳で卒業した。 その後同大大学院に進学したが、の途中でに伴い軍事施設勤務およびにより4年間したため、博士号を取得したのは一般と同じ28歳であった。 出身地の小学校と中学校で1回ずつ飛び級。 飛び級制度に対して、教育の密度と余裕の面から飛び級は高校などの上級学校ではなく小学校などの下級学校で行なわれるべきだとコメントしている。 米国ロヨラ大学シカゴ校に9歳、のに12歳で入学し、18歳で博士号。 父は日本人で母は韓国人。 米国最年少の医学生で、Ph. DとMDの学位をもつ。 200。 に16歳で入学し、19歳で卒業。 その後、22歳でを取得。 競技W杯優勝、ソチオリンピック4位入賞、ピョンチャンオリンピック銅メダリスト(大学4年次)。 志望動機は、からだに関係のある()、競技に必要な(など)・スポーツ心理学などを学びたいという理由で体育学部体育学科に17歳で入学した。 試合・海外遠征等で出席できない講義は公欠届を提出し、課題(レポート提出・補講など)をクリアーして留年することなく4年間で卒業した。 米国元国務長官、教授。 15歳で入学。 修士号を1年で修了し19歳でより修士号。 国務省勤務を経て、26歳で博士号取得。 136(6歳の時に測定)。 米国歌手。 のティッシュ・スクール・オブ・アート(芸術学部)に、17歳の時入学。 世界で20人しか早期入学が許可された例がない。 受賞の数学者、教授。。 9歳でへ飛び級。 10歳で数学オリンピックに出場し銅メダル、翌年に銀メダル、さらにその翌年に史上最年少で金メダル(世界記録)。 その後、同大学で修士号を得て、20歳のときで博士号取得。 24歳での数学科の正教授就任。 ニューヨークの小学校に通っていた頃に、2年から4年に飛び級。 帰国後は(ASIJ)に通う。 1年飛び級し、に進学(卒業せず中退)。 日本の数学者。 尋常小学校に1年早く入学した。 ただし、卒業後に尋常高等小学校高等科に1年通ったため、飛び級は解消された。 日本の法学者。 小学校を飛び級で卒業 第5年 し、中学校を飛び級で修了 第4年。 第六高等学校を経て、東京帝国大学法学部を首席で卒業。 17才でモスクワ大学卒業資格を得て、19歳で修士号、23歳で博士号を取得した。 14歳でに入学し、19歳で修士号相当と認定され卒業した。 教育分野以外の飛び級 [ ] 、などのスポーツ界やの世界では、優秀な人材はアンダーカテゴリーから飛び級して活躍の場を広げる。 武道 [ ] において、現在認許されている級より2段階以上一度に(例:9級から7級へ)昇級する場合を飛び級と呼ぶ。 サッカー [ ] に出場したのように、本来属するカテゴリー()より上のカテゴリー()に招集された場合などを、飛び級と表現する。 野球(メジャーリーグベースボール) [ ] では選手育成の過程において、数あるの組織の下から順番に昇格し、マイナーの最上位であるAAA級で好成績を残すことによって、最高峰の舞台であるメジャーリーグへ昇格するのが一般的であるが、選手の飛び抜けた才能が認められた場合やチームの事情(故障者の続出など)がある場合にAAA級を経験させないまま選手をメジャーリーグへ昇格させることがあり、このケースを飛び級と表現する。 参考文献 [ ]• 原著 陳慶恵、 翻訳 小川昌代『私はリトル・アインシュタインをこう育てた』(廣済堂出版、2003年)•

次の

卒業年度早見表

大学 卒業 年齢

大きく2つの学期に分かれ、さらに1学期が2タームずつに分かれるため、10週ほどのタームが年間4タームで構成されています。 (タスマニアは3ターム制) 1〜3タームは次のタームまで約2週間の休みがあり、学期末は12月です。 12月は2週目ぐらいで学期が修了し、真夏のクリスマスや新年などのイベントのある夏休み期間(6週間ほど)を過ごし、夏休み明け(1月下旬〜2月)に進級します。 祝日は国民の祝日(オーストラリアデー、イースターホリデー、エリザベス女王の誕生日など)の他、州や都市ごとに違った祝日もあり、学校は休みになります。 週休2日制。 日本の6・3・3制とは異なり、オーストラリアでは、Prep Year(小学校準備)の後、Year 1(1年生)〜Year12(12年生)までの学年制となっています。 初等教育は(通常Year 1〜Year6 まで、南オーストラリア州やクイーンズランド州ではYear 1〜Year 7まで)"Primary プライマリー" と呼ばれています。 中等教育はYear 7(南オーストラリア州やクイーンズランド州ではYear 8)〜Year10までの"Junior Secondary ジュニアセカンダリー" と、Year 11〜Year 12の"Senior Secondary シニアセカンダリー" に分かれています。 義務教育はオーストラリアでは学年でなく年齢で定められており、15才(タスマニアのみ16才)で義務教育を修了します。 この年齢ですとYear 10(日本の高校1年)になりますが、大学に進学する学生はYear 11&12に進み、Year 12修了時に各州の統一卒業資格試験を受けることになります。 日本では『4月2日生まれ〜翌年4月1日生まれ』までが同級生になりますが、オーストラリアでは『7月1日生まれ〜翌年6月30日生まれ』が同級生になります。 4月2日〜6月30日生まれのお子さんは、オーストラリアの学校に入った場合、『日本での学年より1つ上の学年』で学習することになります。 オーストラリアの公立小学校やセカンダリースクール(中学校&高校)で1ヶ月以下の短期留学 (小学生は保護者が一緒に滞在することが留学の条件)を受け入れている州もあり、日本の春休み、夏休みの期間などに現地学校のスケジュールに合わせて、単独でオーストラリアの生徒と同じクラスで過ごす短期留学体験にトライする小学生や中学生も増えています。 小学生の場合は保護者の送り迎えが必要となりますので、子どもさんが小学校に行っている間に、お母さんは観光やショッピングを楽しまれたり、オーストラリアでしかできない習い事やパートタイムの語学研修をするという 子連れ留学や親子留学にチャレンジされる方も増えてきました。 セカンダリースクール(中学校&高校)留学だけでなく小学校の短期留学でも、留学生を積極的に受け入れている州や学校などでは、 留学生のための英語集中講座クラスを学校側が用意しているところも少なくありません。 英語力が少なくても、他の国からの留学生と交流し英語を学びながらも、現地生徒のクラスへも参加するという留学体験ができることから、小学生の州立学校への体験留学の人気が出てきています。 州によっては、小学生の単身留学ができるところもあります。 但し、各学校の留学生受け入れ枠に制限があるため、計画は半年以上前から始めたほうが望ましいでしょう。 13才以上の中学生であれば、子どもが単独でホームステイし現地の学校を卒業する長期留学も可能です。 その際、現地の州の教育省及びホームステイ、または認定されたガーディアン(保護者)がお子様の留学期間中の保護者ということになります。 セカンダリースクール(中学校&高校)留学する時期としては、日本の中学校の途中から、もしくは中学卒業後、また高校の途中から、長期留学することも可能です。 また、現地学校の受入時期は、通常年4回あるターム毎になっています。 例えば、 日本の中学校を3月に卒業した場合、一番早くオーストラリアの高校に留学する時期としては、第2ターム(4月下旬頃)からということになります。 但し、セカンダリースクール(中学校&高校)への長期留学の場合、子どもさんの能力や適性を考える時間を十分にとることができるよう、最低でも半年以上前からの準備をお勧めしております。 セカンダリースクール(中学校&高校)への留学生は、多少なりとも英語力の問題がある場合が多いので、まっすぐ現地の学生と同じクラスで学習するのではなく、 学校内外に設けられた英語集中講座クラスに出席しながら、その学年の数学や理科等の 一般教科についても教科で使われる英語の習得を視野に入れた学習が進められていきます。 日本からの学生は数学のレベルが比較的高い学生が多いと言われていますので、ある程度英語力がつけば理解できる教科だけ早めに現地学生と勉強するという対応をする学校もあります。 翌年は、どのくらい英語力が高まったかによって、初めから次の学年に進級する場合もあれば、さらに英語集中クラスで学びながら英語力が十分整ってから次の学年の勉強を始める場合もあり、個人のレベルによって様々です。 学校は生徒が授業を理解する力があるかという判断のもと、本科の授業を徐々に組み入れていくので、 留学生は集中講座で英語力をつけながら本科教科の学習にステップアップしていく仕組みになっています。 オーストラリアの公立学校へ長期留学する場合には、学校が定める入学テストはありませんが、現在の日本の学校の成績を英訳した資料、英語力を示す英検などの資料があれば、それらを提出し、教育省や学校側の受入判断を待つことになります。 受入可能の判断が下されれば、州の教育省で学生の能力や適正(得意分野 - 例えばスポーツ、アート、コンピューター等)をふまえて 学生が自分の力を発揮しやすそうな学校を提案してくれるなどして、留学先を絞っていきます。 但し、各学校の留学生受け入れ枠がありますので、希望する学校に必ず入学できるという保証はありません。 詳しくはまでおたずねください。 また、2〜3週間のグループスタディツアーに対応している公立の小学校やセカンダリースクールが増えてきているため、人数が集まれば州の教育省などが手配して、現地の公立学校での留学体験ツアーを組むことが可能になっています。 なお、ニューサウスウエールズ州(州都シドニー)の公立高校では、英検(準一級以上)が留学に必要な英語力証明資格として認められています。 私立の専門学校は日本での私立専門学校と同等の位置付けができるでしょう。 一方、TAFEは公立の高等教育機関に相当し、実践的な学習を中心にセオリーも学ぶ専門学校ですが、日本の教育システムにはこれに相当する教育機関はありません。 どちらも 実践重視で専門的技術や知識を身に付けるのが目的で、コースも数時間で取得できるものから、学士号に相当するDiplomaを取得できる(通常3年)ものまで幅広くニーズに応えられるようになっています。 主な資格として、Certificate I, II, III, IV, Diploma, Advanced Diploma, Degreeなどがあります。 ほとんどのTAFEでは、 取得した単位が大学編入の際に認められるため、入学に必要な英語力レベルが大学より一般的に低いTAFEにまず入学し、大学の2年目などに編入する方法が留学生には無理のない留学方法として人気があります。 大学で編入する学年は、学校での取得単位数や科目、成績、編入する学部学科などにより異なりますので、学習カウンセラーと相談しながら進学を決めていきましょう。 大学編入を考慮に入れてTAFEに留学した場合、そのコースでのCertificate や Diploma などの社会的に認められている資格が取得でき、さらに大学に編入して進学すれば、大学での学士資格 Degree なども取得できるため、 同じ期間の留学であっても、TAFEからの編入ルートをとった学生のほうが資格数も多く、経験豊かになると言えるかもしれません。 また、高校から進学する場合、TAFEの認められたコースを修了しておけば、大学編入の際に『ファンデーション・コース』を受ける必要がありません。 また多くのTAFEにおいて、IELTS や TOEFLだけでなく、英検(準一級以上)が入学に必要な英語力を示すものとして認められていますので、行きたい学校が決まったらチェックしておきましょう。 いずれの場合でも、学士号 Bachelor Degree を取得する学部課程は3年制のものがほとんど。 中には学位取得を目的としない2年制のディプロマ・コースや準ディプロマ・コース Associate Diploma を開講しているところもあります。 オーストラリアではYear11(日本の高校で2年生)から本格的な進学準備が始まります。 Year11、12の2年間で、日本の大学でいう一般教養を身につけ、大学の授業に必要な論文作成技術やクラスワークのこなし方をマスターしていきます。 そのため、大学に入るとすぐに専門分野の学習を進めていき、 日本で通常4年で卒業する学士過程はオーストラリアでは一般的に3年間で修了します。 日本の高校卒業からストレートにオーストラリアの大学に入学しようとする場合、オーストラリアの高校生がYear11とYear12で学ぶような学習内容を勉強するために、進学準備期間として留学生は 『ファンデーション・コース』と呼ばれる1年間のコース受講が義務付けられています。 ファンデーションコースに入学する場合の英語力は、大学本科で要求されている英語力レベルより一般的に少し低く設定されています。 また、日本で大学1年以上修了している場合、学部によってはファンデーション・コースが免除される場合があります。 日本の高校を3月に卒業してからの進学方法としては、高校在学中にファンデーション・コース入学基準になっている英語検定でパスしておけば、4月〜12月の約9ヶ月間は大学のファンデーション・コースで学び、翌年2月から大学の本科に進学する方法があります。 また、大学によっては語学学校と提携して、英語力テストを受験しないで大学に進学する『ダイレクト・エントリー』プログラムを提供している学校もあります。 Copyright C SEVENSEAS WORLD All rights reserved. 当サイトの内容を当社からの文章による承諾を得ずに複写、複製、転載することを禁じます。

次の