出身地の答え方 英語。 出身って英語でなんて言うの?

マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~”Where are you from?”と聞かれた時の答え方

出身地の答え方 英語

Gです。 補足を読ませてもらいました。 >、「出身地」とは生れた都市を指すと思いますが、fromとBirthplaceではどちらがふさわしいでしょうか?他には、descent、originもあるようですが、やはり、fromが一番わかりやすいですかね? 生まれたところと言う意味で使われるのであれば、Birthplaceも Place of birthも良いと思いますよ。 Fromは必ずしも出生地とは限らないですね。 私の場合は、両親が東京に出てきてすんでいましたが、地方の「実家」で生まれ、その後すぐに東京に帰ってきました。 ですから、出生地は両親の実家のあるところですが、育ったところは東京なんですね。 (これでも出身地は東京ではないのかな ) ですから、私にとって、From:であれば、Tokyoですし、Birthplace:であればその実家の土地になります。 ではまた。 A ベストアンサー こんにちは。 以前、戸籍事務をしていました。 これは簡単です。 住所と同じ方もありますし、そうでない方もあります。 日本国内でしたら何処でも好きなところに置けますので。 一番簡単なのは、もし運転免許証を持っておられれば、そこに本籍地が書かれています。 免許証をお持ちでなければ住民票を取って確認してください。 一番多いのは、現住所かご主人のご両親の本籍地の方ですね。 その方が生まれた場所です。 自宅なら自宅、病院なら病院の住所です。 わからない場合は、本籍地の自治体で戸籍を取得されれば記載されています。 A ベストアンサー Japan Mother of one child Cat lover My favorites:knitting, drawing illustration, cooking, making handmade crafts 英語で箇条書きにする時は、上記のように簡潔にして冠詞なしでOKです。 また、趣味というより「好きなもの」とした方が今風です。 English is not my first language. 英語は母国語ではありません) と書けば、上手じゃないんだなと相手にはなんとなくわかります。 All rights reserved. こう書けば、転載禁止で著作権は私にありますという意味になります。 A ベストアンサー 罰ゲーム、おもしろいですよね! 私はそのゲーム料金とかジュースとかごはんとかデザートとか、その日かかるこまごました支払いを負けた方が負担するという、なんとも現実的なものばかりしてました。 でもラブラブカップルっぽい、ハニカミプランみたいなものとかいいかもしれませんね。 たとえば、負けた方が勝った方の好きなところを10個耳もとでささやくとか、あえて人通りの多いところで立ち止まり見つめあって「愛してる」と言うとか。 意外と正面きって言うことが少ないような、ちょっと照れるようなことを罰ゲームにすると、より二人の中も深まるかもです。 ほかにおもしろ系だと、ボーリングを使った一発芸だとか、ムチャ振りモノマネで一時間過ごすとか、ゲームが終わってカウンターにお会計に行くときおもしろいことを言わせるとか。 ・・・あんまりおもしろ系でもなかったですね。 すいません。 結局いけてるものはないですが、まーなにかの参考になれば。 A ベストアンサー はじめまして。 ご質問1: <通常、法律は大学院(law school)であるとかいてありました。 > 学部としての「法律学部」も存在しますから、「法律を学ぶ生徒」として問題ありません。 ご質問2: <日本だと私は文学部です。 といいますが> 1.日本語は省略の多い言語ですが、これも省略されているのです。 2.省略を補えば 「私は文学部に属しています」 「私は文学部の学生です」 となります。 3.こうした日本語の省略は多く見られます。 1.この文型はSVCの第2文型になりますが、この文型だとS=Cの関係にならなくてはいけません。 例: I am a student. I=studentの関係が成り立つので正しい文です。 2.ご質問文だとI=literatureになってしまい、「私」は「文学そのもの」ではないので、この等式は成り立たないのです。 3.ちなみに、学部を表すのに I am a literature student. (X) という表現も英語には存在しません。 ご質問4: <「私は法学部生です。 」> 1.学部を明示するなら、No. 4で回答されているようにmajor in を使うのが一般的です。 2.「学生」という語を入れたいのであれば、この動詞を現在分詞にして、形容詞的に添えるといいでしょう。 3.また、「学部」をそのまま使われたいのであれば、departmentまたはその省略Dept. , Facultyなども使って表すことができます。 4.以上を踏まえて訳例は以下の通りです。 「同上」 ご質問5: <ほとんどのひとは、経済学部か文学部だと思います。 > 1.経済学部、文学部も上記の例文に従って、Law「法律」の部分をそれぞれ、Economics、Literatureに変えればいいだけです。 2.「ほとんどの人」は「ほとんどの学生」と考え、 Many students Most students Most of the students などが使えます。 3.ただ、これらの主語を使うとstudentが反復するので、上記の例からstudentを除き、major、studyを動詞に持ってくるといいでしょう。 例: Most students major in~ 「ほとんどの学生は~を専攻しています」 下の2文もstudentを除き、in the Department of Lawを副詞句として、be動詞のすぐ後に持ってくればいいだけです。 Most students are in the~ 「ほとんどの学生は~学部です(に属しています)」 以上ご参考までに。 はじめまして。 ご質問1: <通常、法律は大学院(law school)であるとかいてありました。 > 学部としての「法律学部」も存在しますから、「法律を学ぶ生徒」として問題ありません。 ご質問2: <日本だと私は文学部です。 といいますが> 1.日本語は省略の多い言語ですが、これも省略されているのです。 2.省略を補えば 「私は文学部に属しています」 「私は文学部の学生です」 となります。 3.こうした日本語の省略は多く見られます。

次の

英語面接の質問回答事例【ISSコンサルティング】

出身地の答え方 英語

スポンサーリンク 新年度を迎え、春は何かと新しい人と知り合いになる機会が増えますよね。 そこで今回は、英語で自己紹介をする時によく使う【出身地】にまつわる表現を紹介したいと思います。 「私は〜出身です」「イギリスのどちらの出身ですか?」「〜生まれで…育ちです」「生まれも育ちも〜です」など、ネイティブがよく使う表現を紹介します! 「私は〜の出身です」を英語で言うと? 「私は〜出身です」と言えば、• が基本ですよね。 確かに、私の周りのネイティブもこのフレーズを使って「私は〜出身です」を表しているのをよく耳にします。 ただ、これ以外にも出身を表す時に使われるフレーズがあります。 「〜生まれ…育ちです」を英語で言うと? 「出身はどちらですか?」と聞かれて、生まれた土地と育った土地が違う場合などには「〜生まれで…育ちです」なんていう表現をしますよね。 I was born in 〜. 〜で生まれました• I grew up in 〜. (I was raised in 〜) 〜で育ちました• I moved to 〜. 〜に引っ越しました/移住しました• I was born and raised in 〜. 大阪生まれ、東京育ちです• I was born in Tokyo but moved to Kyoto when I was five. 東京生まれですが5歳の時に京都に引っ越しました• Born and raised. I was born and raised in Osaka. 生まれも育ちも大阪です• 自分が育った場所を答える人もいます。 また、転々と引越しをしているような人は、一言で表現しにくいので、上のように「〜で生まれたけど…に引っ越して」のように答える人もいますよ。 「出身はどこですか?」を英語で 次は、相手に「ご出身はどちらですか?」「どちらの出身ですか?」と尋ねる時のフレーズです。 これは、先ほど紹介した文章を疑問文にするだけなので簡単ですね。 Where are you from? どちらの出身ですか? もしくは、以前にコラムでも紹介した「この辺りの出身ですか?」と聞くこともあります。 Are you from around here? in 〜? Where in 〜? Which part of 〜? — Oh, in the UK? (イギリスの)どの辺りですか?• — Where in the US? アメリカのどこですか?• the UK are you from? イギリスのどちらのご出身ですか?• Which part of the US are you from? ただ、海外の多国籍の国においては少しだけ注意した方がいいかもしれません。 移民の子孫も多いニュージーランドには、見た目が白人ではないニュージーランド生まれ・ニュージーランド育ちもたくさんいるので、中にはこの質問を快く思わない人たちもいます。 相手がその国の言語(ニュージーランドなら英語)を流暢に話していたり、その土地のアクセントで話している場合にはなおさらです。 きちんと使い分けていますか?.

次の

英語面接の質問回答事例【ISSコンサルティング】

出身地の答え方 英語

外資系企業では英語での面接を行う場合があります。 上司や同僚が外国人である場合、もしくは本社、海外に採用プロセスが入っている場合に英語での面接となります。 また特異なケースとして、事前に日本人の方が面接官と確認していたにも関わらず、日本人面接官から英語のチェックをされる場合もあるので注意が必要です。 英語のレベルをチェックするための面接ではなく、自分がそのポジションに就くことでどれだけの貢献が出来るのかをアピールする場となります。 英語を上手に使えることではなく、能力をどれだけ相手に伝えられるかを考えて臨んでください。 英語が得意ではない、という場合は英語力にとらわれず、どれだけのことを伝えられるかを考えましょう。 2.英語面接の事前準備 日本語での面接と内容は同じです。 苦手意識の強い方は日本語での面接対策を英語に置き換えて準備すると良いでしょう。 文法など細かい事を気にしないで大きな声に出してYES NO などはっきり主張できるか否かが重要です。 声に出して練習することで、より表現も深まりますし、何より英語で話すことに緊張がなくなります。 準備の段階では暗記より言いたいことを英語で表現する練習をしましょう。 何度も繰り返し口に出すことで、自然な表現が出来るようにしておくことが重要です。 暗記をしてしまうと、面接の際に、覚えたことだけを伝えることになり、本当に伝えたいことが伝わりません。 また、想定外の事態が起きたときに対応が出来ず、フレキシビリティが足りない印象になってしまいます。 自分の英語で自分のことをしっかりと伝えることが重要です。 日本語でも英語でも面接の場では第一印象が大切です。 また身振り手振りを活かすなど、明るくにこやかな対応はそれだけでも好印象となります。 受付での連絡、面接室へ案内してくれた方への御礼なども忘れずに。 話をするときは相手の顔を見て話をします。 机に肘を突く、足を組むなどはしてはいけません。 膝の上、机の上で手を組むなど自然体で臨んでください。 聞かれた質問に対しては、答えを述べてから、理由を述べる、など、簡潔に分かりやすい説明を心がけましょう。 企業特有の用語は出来るだけ使用を避け、相手が理解しやすい説明を考えておきます。 4.英語面接の例 一般的な英語面接で最初によく聞かれる質問は、"Tell me about yourself. これは単純に「自己紹介をしてください」ではなく、今回の面接であなたの最大の自己アピールが出来る機会となります。 参考までに下記の内容を簡潔に5分以内で話せるように準備しておくと、その内容を膨らませたり、組み合わせたりすることが出来、英語面接がかなり上手く出来るようになるはずです。 面接のチャンスをいただいたお礼• 氏名、出身地、最終学歴• その会社のそのポジションに興味を持った理由 なぜならば・・・・という流れで下記項目へ• 最近の仕事における功績• 仕事上で目指しているゴール• 採用に当たってアピールしておきたいスキル 最後に上記の理由から 3. なぜならばこの会社のこのポジションに自分自身が適任なのですよ。 でしめくくると良いでしょう。 5.英語面接での自己紹介について "My name is…. " "I am…. "のどちらでも大丈夫ですし、 "Pleased to meet you. " や "How do you do? "などのフレーズも丁寧な表現となり、適切です。 面接中に相手の名前を呼ぶことも大切です。 相手に親しみや丁寧なニュアンスを伝えることができるからです。 そのため、相手の名前は聞き逃すことなく "Pleased to meet you, Mr Brown. " などと付ければ、相手の印象は変わってきます。 日本人は面接官の言ったことを聞き取れなかった場合も"Sorry? "を使用しがちですが、"Could you say it again, please? "と、"Could you〜"や"please? "を使うことで、丁寧な印象を面接官に与えることができます。 6.英語面接でよく尋ねられる質問と回答例 自己紹介• Point: ここでは貴方の経歴、スキル、性格などをアピールします。 経歴をただ伝えるだけではなく、「このようなスキルを持っているので、こういうことができます」というような形で簡潔に伝えます。 Before that I used to work for an YYY corporation in the sales department for five years as well. という風に日本語の説明と同じように自分自身の経歴を簡潔に説明します。 志望動機• Point: ここではなぜこの仕事につきたいのか、この会社に入りたいのかを自分のスキルをアピールしながら伝えます。 今の会社のここがいやだから、ここが不安だから、ではなく、キャリアプランとして将来どうなりたいのかを織り込みながら、この仕事に対しての意欲を伝えます。 回答例: 自分自身の過去の経験が即戦力で活かせる・・といった具体性のある答え方がよりアピールする回答となります。 When I found this position, I thought this is what I really wanted. アピール• Point: ここでは、自己分析の結果を用いて自分のスキル、人物面のアピールをおないます。 例えば自分の強み、弱みを伝えたうえで、その強みをどのようにその仕事に活かして成果を出すことができる、自分はこのような長所を持っているから、こういうことができる、と明確に伝えることが重要です。 回答例: リーダーシップ、ポジティブ、プレッシャーなどのアピールの強い表現は下記のような口語で表せます。 過去の具体的な例をあげて説明するとよいでしょう。 One of my greatest strengths is leadership. I am kind of person who always think positive. I can communicate any kinds of person well under pressure. その他• And why? Imagine I am a customer. Sell our product to me now. Point: 回答する際には「YES」「NO」だけではなく、その理由も明確に述べるようにします。 質問は他にも様々ありますが、「自己分析」「企業分析」「案件分析」「志望動機の確立」をしっかりしておくことで、どのような質問がでても、落ち着いて対応することができます。 これは日本語での通常の面接でも同様です。 回答例: 面接の最後の段階で面接官から「質問はありますか?」と聞かれた際には、できるだけ何か質問をしましょう。 下記のような質問は便利なフレーズです。 How come is this job position open? What is the next interview process? 聞きたいことは全て聞いてしまったということもあると思いますから、質問がない場合には下記のような回答が便利です。 No, I think you just about covered everything I wanted to hear from you. 質問をしない場合には、最後に自分のアピールを繰り返すことで熱意を伝えましょう。 I have always wanted to work for this company. I love your product, and I have used it for many years. And it seems that this job would be perfect for me, an ideal opportunity for me to challenge.

次の