年賀状 1日に届けるには。 2020年の年賀状はいつまでに出す?3分でわかる正しい年賀状の書き方・マナー|富士フイルムの年賀状 2021

年賀状2019|元旦に沖縄まで届けるにはいつまでに出せばいい?

年賀状 1日に届けるには

引き受け開始日: 2019年12月15日(日)• 全国への元旦配達のための最終投函日: 2019年12月25日(水) となっています。 12月25日(水)までに出せば、全国どこへでも元旦に届けてもらえるわけですね。 年賀状は、郵便局に持って行くこともあれば、近くのポストに投函することもありますよね。 ここで注意しなければならないのは、年賀状を近くのポストに投函する場合です。 ポストに投函された年賀状は、集荷されてから配達されますが、 最終集荷時刻より後に投函されたものは、翌日集荷されることになります。 つまり、翌日に出したことになってしまうんですね。 年賀状を元旦に確実に届けるためには、 「2019年12月25日(水)最終集荷時刻より前」 に、年賀状を出せばいい、と言うことになります。 お近くのポストに出す場合、事前に最終投函時刻をチェックしておき、最終集荷時刻に間に合うように出しましょうね。 ちなみに郵便ポストの集荷時間が分かるこんな便利サイトもあります。 ただ必ずしも正確ではないようなので、ポストの時間は足を運んで確認しておくのが何よりですね。 12月25日以降でも、元旦につくことも 日本郵便では、年賀状の配達について、例年次のように発表しています。 一通でも多くの年賀状を元日にお届けするために、できるだけ 12月25日までに差出しをお願いします。 なお、12月26日以降12月28日までに差し出された年賀状も、できる限り元日にお届けできるよう取り組みます。 つまり、 12月26日以降28日までに出された年賀状は、「可能な限り」元日に届くようにしてもらえるんですね。 年賀状が遅れた場合はどうしたらいいの? 12月25日に年賀状の投函が間に合わなかった場合ですが、近い場所であれば元旦に届けてもらえることがあります。 でも、それ以外の場合、どうしたらいいんでしょう? 配送先の郵便局に出す 年賀状の宛先と同じ地域の郵便局の窓口、またはポストに、 12月30日までに出すという方法です。 郵便局の窓口に出す場合は、担当者にこの地域への配達であることを伝えておいてもいいですね。 ただし、配達する地域へ行く必要があるため、近いところへ出す場合に限定されます。 配達日指定で送る 郵便物が翌日に届く地域への年賀状なら、 12月30日までに、郵便局の窓口で 配達日指定の葉書として送れば、元日に届きます。 この方法の欠点としては、「配達日指定」であることが受取人にわかってしまうこと。 でも、「そこまでして元日に届けてくれたんだ」と、感激してもらえるかも知れませんね。 速達で出す 年賀状を「年賀扱い」ではなく 「速達」で出す方法です。 郵便物が翌日に届く地域なら、 12月31日に速達として出せば、元日に届きます。 遠距離の場合は、元日の午後には届くようです。 この場合も「速達」であることが、相手にわかってしまいます。 また、12月30日に出すと31日に届いてしまうこともあるので、注意が必要です。 最終手段は「郵頼」 「郵頼」とは、郵送で地域の記念押印を依頼することができる制度ですが、年賀状を元日に届けたいときにも利用することができます。 封筒に年賀状を入れて、 「元日に配達してほしい」との依頼状を添えて配達先の郵便局へ 速達で出します。 この方法なら、相手に特殊な手段(?)を使ったことはわかりません。 でも配達先の郵便局を調べ、郵便局へ出向いて速達で送る手間を考えると、素直に期間内に送った方が良さそうですね。 自分で郵便受けに持って行く すぐ近所なら、 「自分で郵便受けに入れる」と言う方法もありますね。 以前、近所の人がそう言っていたのを思い出しました。 年賀状は年明けのいつまでに送っていいの? 年内に年賀状を出せなかった場合だけでなく、年賀状を出さなかった人から、年賀状が届くこともありますよね。 年が明けてからは、年賀状はいつまで送っていいんでしょう? 一般的には「松の内」つまり 1月7日までは、年賀状を送っても良いとされます。 また郵便制度としても、1月7日投函までの公社製年賀はがきには消印がつきません。 1月8日以降は消印が付くところからも、年賀状のシーズンは 松の内までと言えるでしょう。 ただ小正月(1月15日)までは、いわゆる「正月」と言えるので、「あけまして」と言う言葉を使うことはできます。 そして 松の内を過ぎたら、年賀状ではなく「寒中見舞い」にしましょう。 寒中見舞いは、寒い時期に相手の健康などを気遣う便りです。 「お祝い」の意味は無いので、喪中に年賀状を受け取ってしまった場合にも出すことができます。 寒中見舞いは、2月4日の節分頃までに届くようにしましょう。 関連記事:• 元旦に届くように年賀状を出そう 元旦に届く年賀状は、相手の「気持ち」がいっそう伝わるようでうれしいものですね。 今は、パソコンで印刷したものが多いですが、それでもデザインを選んだり、ひと言添えてあったりと、それぞれの人柄がわかって楽しいものです。 せっかくの年賀状、どうせなら、 元旦に届くように送ってみませんか? 最近の正月(2017年以降)は、 1月2日の年賀状配達は中止されることになりましたので、なおさら元旦に届けられるようにしたいですね。 師走の忙しい時かもしれませんが、年賀状は受け取る相手のことも考えて、できるだけ早めに準備をしましょう!.

次の

年賀状は1月7日までがお得!8日から値上げになるためご注意を

年賀状 1日に届けるには

1日に届けるための期限はわかったけど、いつから出せるの? 年賀状は、 2019年12月15日(日)から郵便局または郵便ポストに出すことができます。 その日に合わせて郵便ポストも「年賀状用」と「その他の郵便用」とに投函口が分けられます。 ポストに投函するなら知っておきたい豆知識 投函口が1つしか無いんだけど…? 投函口が1つしかなく年賀状用と普通郵便用が兼用となったポストもあります。 この場合、回収後にきちんと仕分けがされるので支障はありません。 輪ゴムはつけた方が良いの? 多くの年賀状をポストに投函するなら、輪ゴムでまとめておく方が仕分ける側 郵便局員さんなど も助かるでしょう。 年賀状用の投函口に普通の郵便はがきを入れちゃった! 「年賀」と朱書きされていない場合は普通ハガキは年賀状として扱われないので、年賀状用の投函口に入れても年賀状としては扱われません。 また郵便ポストに年賀状を投函したら 次々と出される年賀はがきでモミくちゃになって汚れちゃうんじゃないか!? と不安になってしまう人は、郵便局窓口で配送の依頼をすると安心です。 年賀状を1日に届けるには?各サイトの納期を知ろう! 郵便局を始め人気の年賀状印刷サイトの色んなサービス受付開始日を調査してみました。 1日 元日 まで日数が少ないけど年賀状印刷サイトで注文してもまだ間に合うかどうかの参考にして下さいね。 混雑状況により前後する場合や、配達日の天候や交通事情などにより遅延が発生する場合があります。 商品到着日は、お住まいの地域により遅れることがあります。 予想を超える大量注文や、生産設備の故障などにより出荷が遅れる場合があります。 ご了承くださいますようお願いします。 引用元: ネットスクウェア 毎年価格が安いネットスクウェアの納期は? 通常は翌々営業日の出荷予定 毎年、料金の安さは数ある人気の年賀状印刷サイトと比較してもベスト3に入るネットスクウェアは翌々営業日の出荷予定とされています。

次の

2020年の年賀状はいつまでに出す?3分でわかる正しい年賀状の書き方・マナー|富士フイルムの年賀状 2021

年賀状 1日に届けるには

今年も残すところあとわずか。 重い腰をあげてようやく年賀状作成。 ぎりぎり間に合うだろうと思って業者に頼んだみたものの 印刷の仕上がりが12月25日になるとのことで、元旦の到着に間に合うか不安になっている人も多いのではないでしょうか。 年賀状の印刷の仕上がって、夕方仕事が終わってから業者に年賀状を取りに行って… それから家事など家のことをあれこれしているとあっという間に時間が過ぎてしまい 宛名印刷や一言コメントを書くことを考えると1月1日にちゃんと相手の自宅に年賀状を届けることができるか心配になってしまいますよね。 せっかく準備した年賀状。 新しい年の始まりの挨拶は何としてでも元旦に届けたいと思いますよね。 ここでは、もしかしたら元旦に間に合わないかもしれない! というあなたに年賀状を元旦である1月1日に到着させるためには、 いつまでにポストに投函する必要があるのかと投函期日に間に合わなかった場合の対処方法についてまとめています。 スポンサードリンク 年賀状が1日に届くにはいつまでに出す?元旦必着の投函期限は? 年賀状を相手の自宅に元旦の1月1日に届けるためには、基本的には 12月25日までにポストに投函する必要があります。 年賀状を配達してくれる郵便局のホームページには、 「一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日までに差し出していただきますようお願いします。 」 という内容の記載があります。 確実に1月1日の元旦に年賀状が届くようにするためには12月25日が投函期日になるということです。 12月25日に年賀状印刷が仕上がる場合は、印刷が仕上がった年賀状を受け取ってすぐに宛名を印刷して一言コメントを書いて、 その日のうちにポストに投函しないと元旦に届く可能性は低くなってしまうということです。 さらに、 25日の最終集荷時間に間に合うように投函しないと翌日である26日に出したことになるので注意が必要です。 事前に、近くのポストの集荷時間の確認をしておくか、夜間窓口がある大きめの郵便局に持参するようにしましょう。 郵便局のホームページには、12月25日までに出せば元旦に届ける旨の記載がありますが 25日までに出せなかった場合でも、できるだけ元旦に届けるような取り組みはしているとの記載もあります。 確実に元旦に届けるなら、25日までに出してほしい。 その後の投函も頑張ってみるけど元旦に届かない場合もあるので保証はできないよ、ということになります。 12月25日に年賀状の印刷が仕上がってくるのに、25日の最終集荷までに仕上げるというのは至難の業ですよね。 次に、どうしても25日に年賀状を出せない場合でも元旦に届けるための裏技を紹介します。 年賀状の投函が25日に間に合わない場合の裏技対処方法 郵便局では 26日以降に投函することになった場合でも最悪28日までに出せば可能な限りは元旦に届けてくれるのですが、 あくまでの「できる限り」なので確実に届くという断言はできません。 年末年始になると、郵便局員のみなさんは総動員で仕分けや配達をしてくれていますが猫の手でも借りたいくらいの忙しさ。 高校生のアルバイト、いわゆる郵メイトまで雇う時期ですからね。 このことから、どうしても25日を過ぎてから送ると、ケースバイケースになってしまうわけです。 その「できる限り」の部分に協力というのはオカシイですが、できる限りの可能性をあげるためにあなた自身ができることがあるのです。 スポンサードリンク ただ、元旦に届きますように… 郵便局員さんお願いします頑張って!とお祈りしてポストに入れるのではなく 少しでもポストから仕分け、そして投函までの間の工程を短くすべく足を動かすのがポイントです。 基本的に、元旦までに確実に届けるためには25日の最終集荷までにポストに入れることが重要になってきますが 実は最悪、 県外の人宛に送る年賀状の場合ならギリギリの期日は27日の午前中、 県内の人宛であれば28日まで市内など郵便管轄が同じ人宛であれば29日までに出せば元旦に届く可能性は高くなるのです。 25日以降に出す場合は、 必ず窓口のある大きな郵便局へ持参するのが大切です。 大きな郵便局の場合は、送る年賀状を入れる専用のBOXが用意されていて各自で県外・県内・市内と区別してBOXに仕分けして入れる形になります。 これによって、ポストに投函して回収するまでの時間を短縮し局員さんが集荷や仕分けする時間を省くことができます。 年賀状は29日以降に投函すると、1月1日に届く可能性は低くなり1日以降に順次配達ということになってしまいます。 どうしても29日以降になるのであれば、最後の手段として「速達郵便」で送ることもできます。 遠くの県でない限り、翌日に配達することができるので、どうしても元旦に届けたいという場合は、速達郵便を使うのも手になります。 注意してほしいのが、「速達」で送った場合は「速達」であることが相手に分かってしまうこと。 そして30日に投函した場合は年が明ける前の31日に到着してしまう場合があることに注意が必要です。 年賀状は元旦の1日に届かないのは失礼なの? もともと新年が明けた2日に書初めとして年賀状を書いていたことが年賀状の由来でした。 現在のように1日に年賀状が届くように年末に出すようになったのは郵便局の思惑によるもので、 効率よく年賀状を集めて配達できるようにと、みんなに周知して広めて確率したのが今の形なのです。 郵便局の思惑によって広まった、年末に年賀状を出して1月1日元旦に届けるというのに慣れてしまっている今、 元旦の1日に届かないと相手に失礼なんじゃないか…と不安になってしまいますよね。 でも、基本的に年賀状は、 松の内である1月7日までに届けば大丈夫なものなのです。 とはいっても慣れというのは恐ろしいもので、私自身も物心ついたことから 年賀状はお正月につくのが当たり前という感覚で育ってきているので1日に届かない年賀状に対しては、 自分が送った年賀状を見てから出したのかな… とか 1日に届くように出した最初の宛名リストからは外されていたのかな… とか変な想像をしてしまい、決していい気分ではありません。 1日に届かないと失礼にあたるわけではありませんが、 現代の常識として元旦である1月1日、 遅くても3日までには届いているようにするのがベストですね。 まとめ 年賀状が1日に着くには、12月25日の最終集荷までにポスト投函する必要があります。 25日までに出すことができれば元旦に必ず届けてくれるのでできるだけ早く投函するようにしましょう。 難しい場合は、大きな郵便局に出向き、県外なら27日・県内なら28日・市内なら29日までにポストに入れるのではなく、大きな郵便局に直接に年賀状を持って行って出しましょう。

次の