スクール サポート スタッフ。 大阪市:スクールサポートスタッフ【時間額】(会計年度任用職員) の随時募集について(教育委員会事務局教務部教職員人事担当) (…>所属別>教育委員会事務局)

スクールサポートスタッフの仕事

スクール サポート スタッフ

県教育委員会では、県立特別支援学校において教職員の業務を補助していただく方を募集しています。 採用予定人数等• 募集人員 32名• 配置先 県内県立特別支援学校(水戸高等特別支援学校を除く)• 任用期間 令和2年4月1日 水 から令和3年3月31日(水)• 就業時間 週30時間(週4日を基本としますが、5日での勤務も相談に応じます。 年齢 不問• 性別 不問 業務内容 教職員の業務の補助 (例)• 授業で使用する教材等の準備及び保管• 資料の整理及び保管• 宿題等の提出の受取及び確認• 学校行事等の準備補助• 名簿の作成• 統計情報のデータ入力• 報酬等• 月111,700円• 交通費 支給(上限あり)• 年次休暇日数 10日(6か月経過後)• 雇用保険、労働者災害補償保険、健康保険、厚生保険の適用となります。 受付期間 令和2年3月3日(火)から令和2年3月17日(火)まで 持参もしくは郵送(当日消印有効)提出ください。 応募資格 以下のいずれかの障害者手帳を有する方• 身体障害者手帳(1級~6級)• 療育手帳• 精神障害者保健福祉手帳 選考方法 面接による 申込先 〒310-8588 水戸市笠原町978番地6 茨城県教育庁学校教育部特別支援教育課 人事・計画担当(県庁舎22階) TEL 029-301-5275 申込方法 次の書類を、郵送するか、又は、直接持参してください。 【期限:令和2年3月17日(火)】• 【PDF:95KB】(県教育委員会HPからダウンロードしてください) 面接日、面接会場 応募受付後にご連絡します。 面接結果の発表 面接後1週間以内に応募者全員に電話で連絡します。 関連資料• 【PDF:86KB】• 【PDF:95KB】.

次の

スクール・サポート・スタッフ(指導課)|豊島区公式ホームページ

スクール サポート スタッフ

授業の準備に忙しい小学校教師の事務作業を手伝う「スクールサポートスタッフ」(SSS)を、本年度から北九州市教育委員会が採用している。 40校に1人ずつ配置。 プリントの印刷や配布物の仕分けを担当する。 配置校では教員の在校時間が減るなど、効果を上げ始めているという。 児童数500人以上の学校を中心に配置した。 教員免許は必要なく、主に30~40代の女性を嘱託職員として採用。 4月から、月-金曜の午前中に働いている。 小倉南区の志井小では、主婦の井手あゆみさん(29)がSSSとして勤務する。 これまで、会議資料や授業プリント、保護者へのお知らせは、作成から印刷まで教員の仕事。 休み時間や放課後に作業が集中し、枚数が多いため、コピー機が混雑することもあった。 井手さんは教員が授業している間に、資料の印刷や仕分けを済ませておく。 井手さんは会社員の経験はあるが、教育現場は初めて。 「思った以上に配布、印刷物が多い。 担任の先生を支える仕事はやりがいがある」と話す。 吉村恵子校長は「各教員が休み時間や放課後を有効に使えるようになった」と評価する。 市教委によると、40校の教師の平均在校時間を今年4月と昨年4月で比べたところ、7割で減っていたという。 市教委教職員課は「効果を検証し、可能ならば来年度以降は人数を増やしたい」としている。

次の

スクール・サポート・スタッフの募集について|藤沢市

スクール サポート スタッフ

スクールサポートスタッフの仕事 教員の業務を手伝う仕事です。 これまで楽しく働かせていただいてきました。 今でも仕事もそこで働く人たちも好きです。 だから、やめたくないし、やめされられたくも、ないです。 しかし、先日、たわいもない会話の中で、事務の方から、スクールサポートスタッフに去年も夏期休暇が3日あったことを聞きました。 実際、今年からあると聞いていて、去年はあったことを知らされてなかったので驚きました。 事務の方は、口が滑ったという感じです。 夏期休暇3日あったとしても、使わないと思うのですが、なぜ、教えてくれなかったのかと疑問になりました。 実際、子供が熱を出して休んだ分、勤務日数が足りず、春休みは勤務外でしたが、補填する為、働きました。 しかし、この夏期休暇3日をあてれば、補填する為に行く必要はなかったです。 そして、最近では、コロナで休校になったとき、自分の子供も休校、休園で、見る人がおらず、仕事を休まざるえなくなってしまいました。 子供が学校再開して行くようになるまで、1か月ほど休みました。 お給料はもちろん、1ヶ月なしです。 そして、また勤務するようになったのですが、1ヶ月休んだ分を補填するために、本来の実数より多く働いています。。。 他の学校のスクールサポートスタッフにきいたら、同じように1ヶ月休んだが、その分の補填はしていないという話です。 1ヶ月休んだ分もお給料がでたと言っていました。 なぜ、同じスクールサポートスタッフなのに、勤務実態が違うのでしょうか。 1ヶ月休んだ分のお給料がほしいという理由ではなく、ちゃんと、自分の雇用形態を知りたいと思っています。 それが、記載されている文書には細かい内容はなく、事務や校長から話を聞くという流れです。 事務の方が、夏期休暇を伝えてくれなかったこと、今回のコロナの時のこと、その二つで、 自分が都合よく使われているというのがわかってしまったという気がします。 仕事なので当たり前なのですが、心の整理がつきません。 教育関係の方で、この話がわかる方、どうすればいいかアドバイスをお願いします。 スクールサポートスタッフという言い方をしないので、市は違いますが、おっしゃっていることはわかります。 勤務校であなたの勤務を管理している人 事務の人? が問題なんだと思います。 同じスクールサポートスタッフで、勤務実態が違うことはないでしょう。 基本同じ待遇でしょう。 雇用形態とかスクールサポートスタッフとしての勤務についての書類関係は、事務の方か校長か、あなたの市、勤務先校では誰が担当しているのかわかりませんが、 おそらく担当してる方がダウンロードして印刷して、あなたに渡さないといけないのに、やってないだけだと思います。 夏季休暇も 事務の方が口が滑ったという感じ からも、あなたに知らせないといけない事を知らせ忘れたのか、わざとなのか… コロナの件で、他のスクールサポートスタッフの方が時間数を補填しない、給料も出たというのも、おそらくその方は在宅ワーク 在宅ワークを申請する書類、私の市では有り という形をとったのか、自身の子供の面倒を見るための安倍さんの休業補償を使ったのか、どちらかでしょう。 どっちにしろ、あなたが勤務するにあたって、あなた スクールサポートスタッフ を管理する勤務先校の担当の方とのコミニュケーション不足か、人間関係の問題であなたとうまくいってないのか…もしくは、ただ単にその方が仕事ができない人であなたに支障がでてるのか…だと思いますよ。 事務の人が怪しいですけど… どうでしょう….

次の