フロー 図 作成 ツール。 PowerPoint(パワーポイント)でフローチャートを作ろう|ferret

エクセルで見やすいフローチャートを効率的に作成す…|Udemy メディア

フロー 図 作成 ツール

仕事の流れを掴む上でフローチャート作成は役に立ちます。 なぜなら、フローチャートがあれば仕事の全体が見える化できるからです。 フロー図を作成することで、初めて作業をする人でもスムーズに作業を行うことができるのです。 そのため、良い手順書や業務マニュアルには必ずといっていいほどフローチャートが記載されています。 しかし、 フローチャートの書き方のポイントを押さえておかないとせっかくフローチャートがあっても理解できません。 そこで、フローチャートを作るときのポイントやコツを紹介します。 フローチャート(フロー図)とは? フローチャートとは仕事を見える化するための方法の一つです。 フロー図の利点は、 仕事の全体像や流れが見えるようになることです。 例えば、以下は自動販売機をメンテナンスするときのフローチャートです。 このフローチャートを見れば、自動販売機のメンテナンスには以下の3者が関わることが分かります。 ・自動販売機で買い物をする人 ・自動販売機 ・メンテナンス業者 このように、フローチャートで作成しておくと仕事の流れがすぐに分かります。 そのおかげで、自動販売機を初めてメンテナンスする人でも、どのリスクがどのような場面であるかがすぐに分かります。 実際、分かりやすい手順書や業務マニュアルほどフローチャートが記載されています。 このとき、フローチャートの正しい作り方や書き方を知っておくと、さらに分かりやすいフロー図にすることができます。 そこで、フローチャートを作成手順を一つずつ5ステップでお伝えしていきます。 フローチャート(フロー図)を作成するときの考え方を5ステップ(手順)で紹介 それでは、業務マニュアル(手順書)の作成手順を紹介します。 概要を説明すると、以下の通りです。 ステップ(手順) 内容 手順1 フローチャートを作成する目的を決める 手順2 フローチャートに関係する人を洗い出す 手順3 関係する人のタスクを洗い出す 手順4 タスクを時系列で順番に並びかえる 手順5 フローチャートを作成し仮運用しながら改善していく それでは、以下で詳しく説明していきます。 フローチャート作成について、自動販売機のメンテナンスフローを事例にして説明していきます。 作成手順1|フローチャートを作成する目的を決める フローチャートを作成するときには、 最初にどこまで書くかを決めることが重要になります。 なぜなら、最初に作成したいフローチャートの範囲を決めておくと、内容がブレにくくなるからです。 例えば、自動販売機のフローチャートを作成するとします。 このとき、単純に自動販売のフローチャートを作成するだけでは、どこまで書けば分かりません。 そのため、作成途中で「あれも必要なのでは?」や「これも書いた方がいいのでは?」と新しい意見やアイデアが浮かんでしまいます。 そうすると、やり直しや追加作業がどんどん発生してしまうのです。 そこで、最初にフローチャートの作成範囲を決めておきます。 そうすることで、作業のやり直しを防ぐことができるのです。 範囲として決めること それでは、どのようにしてフローチャートの範囲を決めればいいのでしょうか。 範囲を決めるときは、どんな業務のフローチャートにするか意識することです。 具体的には、以下のことを決めます。 ・どの担当者に向けたモノか?|自動販売機の修理をする人 ・どのタイミングの業務か?|故障の確認 ・なぜフローチャートを作成するのか?|入れ替わりが多い職種でも作業をスムーズに行えるようにする このように範囲とは、「誰が読むか?」、「どのタイミングの業務か?」、「なぜフローチャートを作成するのか?」を決めることです。 ただ、 大切なのは、範囲を広げすぎないことです。 たとえば、自動販売機のメンテナンスでいえば、メンテナンスだけではなく、メンテナンス後の報告方法も必要です。 しかし、範囲を広げすぎるといいことはありません。 なぜなら、作成する量が膨大になってしまい、途中でフローチャート作成をやめたくなるからです。 まずは、一つのフローチャートを作ります。 そして、一つ作り終えたら、次を作成していきます。 また、長いフローチャートを作成した結果、どこに何が書いてあるのかわからなってしまうこともあります。 そのため、まずは範囲を広げ過ぎずに書いていくのがコツです。 作成手順2|フローチャートに関係する人を洗い出す 業務マニュアル作成の第2ステップは、フローチャートに関係する人を洗い出すことです。 人を洗い出すと、フローチャートの網羅性が上がります。 フローチャートとは、いってしまえば「舞台の台本」です。 例えば、誰がどのタイミングで何をするのかを決めるものです。 このとき、登場人物が分かれば、だいたいの流れが見えてきます。 逆に人が足りていない状態でフローチャート作成すると、作成途中で抜け漏れが多くなります。 先に誰が必要かを洗い出すと、網羅性の高い内容を書けるようになります。 実際、自動販売機のメンテナンスの場合であれば、以下の人が登場します。 自動販売機で買い物をする人(お客さん 2. 自動販売機(人ではありませんが、登場人物の一つとしています) 3. メンテナンスする人 このように人を洗い出しておくと、どの後の作業がラクになります。 作成手順3|関係する人のタスクを洗い出す 人の洗い出しが終わったら、次は関係する人のタスクをそれぞれ洗い出します。 このとき順番を意識する必要はありません。 とにかく必要だと思われる項目をどんどん出していきます。 コツは行動や動作を一つ一つに分解していくことです。 例えば、「ジュースを購入する」は間違っていないのですが、これはオススメしません。 なぜなら、「ジュースを購入する」は、多くの行動を含んでいるからです。 実際、「商品を選択する」、「お金を投入する」、「購入ボタンを押す」を含んでいる表現です。 そのため、「ジュースを購入する」ではなく「商品を選択する」、「お金を投入する」、「購入ボタンを押す」に分解するのがコツです。 実際には、以下のようにタスクを洗い出していきます。 ここでは、登場人物ごとに時系列で分けていきます。 具体的には以下のように並び替えます。 以下の図のようなフロー図にするのがお勧めです。 そして、作成したフローをもとに仕事を行います。 もしかすると、カンペキには程遠いように思えるかもしれません。 しかし、それで構いません。 この段階のものを活用して実務を回していきます。 その理由は、 いきなりカンペキなものを作成することはできないからです。 少なくとも2,3回運用して、カタチができるのです。 もちろん、完全なものを作成できればそれに越したことはありませんです。 しかし、多くの場合、最初から完全なものを作ることはできません。 そのため、作成した未完成のものに改善することを念頭において仮運用を行います。 そして、仮運用をしながら以下の2つを意識しておくことがコツです。 ・どんどん改善点を上げること ・「改善できないかもしれないな」と思うことも改善案とすること ・人からフィードバックをもらうこと 出せるアイデアは、すべて出して、後でやるやらないと決めるのがコツです。 ここまでの手順をおさらいします。 ステップ(手順) 内容 手順1 フローチャートを作成する目的を決める 手順2 フローチャートに関係する人を洗い出す 手順3 関係する人のタスクを洗い出す 手順4 タスクを時系列で順番に並びかえる 手順5 フローチャートを作成し仮運用しながら改善していく ここまでフローチャートの作成手順をお伝えしてきました。 ただ、上記でお伝えしたい以外で大切なポイントやコツがあります。 より分かりやすいフローチャートを作成するために必要なコツなので、以下で詳しくお伝えしていきます。 ポイント1|フローは並列に書かない(時系列が分かるようにする) ポイント2|助詞を入れない(文字数を減らす) ポイント3|基本の記号を使う ポイント追加|役割で分ける それでは以下で詳しくみてきます。 ポイント1|フローは並列に書かない(時系列が分かるようにする) フローチャートは仕事を見えるようにするのが目的です。 そのため、直観的に分かりやすいフローにすることが大切です。 なぜなら、 フローを時間をかけてじっくり読んでくれる人はいないからです。 例えば、多くの人はフローをチラッと見ただけで作業に取り掛かります。 それだけではありません。 特に初心者はフローが見づらいと、フローを読むことさえ嫌がります。 結果的に、ミスが生じやすくなってしまうのです。 そのため、直観的に分かりやすく頭に入ってきやすいフローにするが重要です。 実際、以下のフロー図は上から下に時系列と共に流れ行くように書いています。 その結果、非常に読みやすい作りになっています。 始まりと終わりがよく分かりづらくなってしまいます。 そのため、フロー図は上から下に時系列と共に流れ行くのがポイントです。 ここでは、上から下に書きましたが、左から右に書いても問題ないです。 要は時系列を意識して、直観的に分かるようにするのがコツです。 ポイント2|助詞を入れない(文字数を減らす) 助詞を入れないこともポイントです。 これは、ポイント1と同じく直観的に見やすくするのが狙いです。 例えば、「確認する」といった文章にしてしまうと、文字が多く読みづらくなります。 また、文字数が増えるとフローに書いているテキストボックスが大きくなってしまいます。 そうすると、読みづらい箇所に目がいってしまい全体を見てもらいづらくなります。 そのため、最低限理解できる文字数で書くことが大切です。 具体的には、以下のことは意識するといいでしょう。 このとき、何も考えずに記号を使っていると疑問を持たれることがあります。 例えば、フローチャートに慣れている人は長方形とひし形を明確に使い分けます。 一般的に長方形はプロセス(タスク)で、ひし形は判断を伴う分岐として使用されます。 ただ、私は何も考えずに記号を使ってフローを作成していました。 実際、全て長方形でフローを書いていたのです。 そして、他の企業の人と仕事をしていたとき、「なぜ長方形なのに判断を伴う分岐として使用されているのか?」と問われたことがあります。 このように、何も考えずに記号を使っていると疑問を持たれることがあります。 そのためよく使われる記号は、その記号が一般的にどのような意味で使われるかを理解しておくのが大切です。 しかし、他のサイトでは見ると覚えるべき基本記号を数多くあるように思えます。 実際、中には20、30を超える数の記号を紹介しているところもあります。 ただ、覚えるのは基本の記号で十分です。 具体的には以下の5つは使えるようになれば十分です。 上記の5つは覚えればいい理由は簡単です。 実際に使うのは、上記の5種類だからです。 使わないものを覚える意味がないのです。 逆に、使う記号の種類が増えるほど何を意味する記号か分かりづらくなります。 実際、何十もの記号を理解している人はほとんどいません。 そのため、覚えるのは上記の基本記号で十分です。 ポイント追加|役割で分ける 以下の図のように役割を分けると、分かりやすいフローにすることが可能です。 なぜなら、フロー図を確認する人は何が知りたいかというと、「自分は何をする必要があるか?」だからです。 したがって、自分がどの役割で何をすればいいのかを一目みて分かるフロー図があると喜ばれます。 具体的には以下のような分けておくといいです。 そうすることで、「誰が」、「いつ」、「何を」するのかが分かりやすくなります。 ポイント1|フローは並列に書かない(時系列が分かるようにする) ポイント2|助詞を入れない(文字数を減らす) ポイント3|基本の記号を使う ポイント追加|役割で分ける ぜひ、意識しながらフロー図を作成してみてください。 エクセルでフローチャートを書くなら、こちらの記事からダウンロードできます もしフローチャートを実際に書きたいのであれば、以下の記事で解説しています。 ぜひこちらを読んでみてください。 エクセルでフローチャートを作成する方法から使い方まで詳しく紹介しています。 上記の記事で紹介しているエクセルのフローチャートの使い方は以下の動画で説明しています。 ぜひご覧ください。 仕事を自動化できればフローチャートは要らない ここまで、フロー図の書き方のポイントについて記載してきました。 しかし、フロー図を作っても確実に仕事がやりやすくなるわけではありません。 なぜなら、フローチャートは人にわかりやすく説明するためのものに過ぎないからです。 説明が必要な仕事をしている限り、人為ミスはどうしても発生してしまいます。 たとえば、月末処理で何百、何千といったデータを処理する仕事があります。 このような仕事は、フローチャートで仕事の流れがあったとしても必ずミスが生じます。 このとき、ダブルチェックをしたり確認部署をフロー図に入れることで対策を講じる会社があります。 しかし、ダブルチェックや確認部署をフロー図で明確化したところで、ミスは減るでしょうか。 おそらくなくならないでしょう。 フローは視覚的には分かりやすいですが、作業する人の負担を減らしてくれるわけではないのです。 そのため、 フロー図があっても、人為的ミスがゼロになることはありません。 そこで、人為的なミスがなくならない場合はエクセルマクロのような自動化ツールを活用して、人の作業そのものを減らすことを検討することをお勧めします。 エクセルマクロについては、こちらの記事で解説していますので、あわせて読んでみてください。 フローチャートに加えて、業務手順書も作成してみよう フローチャートは、仕事全体の概要を図にしたものです。 しかし、仕事全体で引き継ぐことを考えるなら、手順書や業務マニュアルを作成しておくことをお勧めします。 そうすれば、仕事の引き継ぎが簡単になります。 以下の記事で説明していますので、合わせて読んでみてください。 仕事のスピードをあげたいなら、パソコンスキルを高める フロー図の作成方法を紹介しましたが、フロー図を作成するときパソコンスキルが高いと作成速度を上げることができます。 そのため、パソコンスキルを高めておくと仕事をスムーズに進めることができるようになります。 もし、パソコンスキルについてコツやポイントを知りたいなら以下の記事もお勧めです。 仕事を効率化したいなら、業務効率化のスキルを磨こう 業務のフロー図の作成方法を紹介しましたが、フロー図作成の目的は仕事を早く行うことにあります。 そのため、フロー図作成以外の仕事の効率化スキルを学んでおくと、さらに仕事をスムーズにこなせるようになります。 もし、仕事を早く行うためのコツやポイントを知りたいなら以下の記事もお勧めです。 業務手順書を一緒にフローチャートを書こう ここで紹介した3つのポイントを意識すれば、見やすいフロー図を作成できます。 しかし、これらのポイントを知っているだけでは分かりやすいフローチャートを書けるようにはなりません。 なぜなら、 実際に周囲の人に使ってもらって初めて、分かりやすいものを作れているかどうか分かるからです。 例えば、野球の試合を見ただけでホームランを打てるようになることはありません。 実際にバットを振って、三振を経験しながら少しずつホームランが打てるようになっていきます。 これはフローチャート作成も同じです。 ここで紹介したポイントを意識して「どうすればもっと良くなるか」を考えて実践することが大切です。 ぜひ、この記事を読んだあなたがフローチャートを作成して、スムーズに仕事をこなせるようになってほしいと思います。 gene320.

次の

フロー図作成ツールLucidchartを使ってみる

フロー 図 作成 ツール

ベクターの業務フロー記号が組み込まれています。 豊富な業務フローテンプレートを無料で利用できます。 操作は学びやすくて、使いしやすい。 MSプログラムのような直観的なインターフェース設計、さらにドラッグ&ドロップの操作で、作図苦手の方にもすぐに使えるようになります。 自動接続、自動配置、クイック書式設定などパワフルでスマートなツールが搭載され、業務フローの自動生成は可能です。 図形にハイパーリング、注釈、ファイルなどを添付することはできます。 ワンクリックでPDF、Word、PPT、PNG、Htmlページ、SVGなど他のファイルにエクスポートできます。 クラウド保存、共同作業もサポートし、社内の情報の共有、コミュニケーションなどに役に立ちます。 業務フローのほかに、基本のフローチャート、BPMN、部門連係フローチャート、ワークフローなど様々なフロー図とも作成できます。 Part3:ベクターの業務フロー記号 ソフトには業務フロー図を作成するために必要の、部門やステップ(業務)などの業務フロー記号が組み込まれています。 すべての記号はベクターなので、色、サイズなどのカスタマイズは可能です。 記号の上で右鍵をクリックして図形を変更することもできます。 ホームメニューにける「配置」、「間隔調整」はいくつかのデフォルトの整列方式をご利用いただけます。 ご要望によって、ワンクリックで選んで、業務フローのレイアウトをよりわかりやすくてきれいに見せます。 業務フローテンプレートを無料でダウンロード:.

次の

中小企業庁:「中小企業の会計」ツール集(平成21年度指針改正対応版)

フロー 図 作成 ツール

フローチャート(フロー図)の書き方・コツは? 新卒でもわかるフローチャート(フロー図)とは仕事を見える化したもの フローチャート(フロー図)とは、仕事を見える化するものです。 業務をスムーズにしたいとき、新卒に簡単にわかるように教えたいとき、利用者が簡単に利用できるようにしたいときなどに役立ちます。 仕事を見える化するための図というのがフローチャート(フロー図)ですが、書き方や作成方法を知ることが大事です。 なぜ作成方法が必要なのか、書き方を知ったほうがいいのかをご紹介します。 すべての仕事や業務には手順があります。 その手順書やフローチャート(フロー図)には、意味のある書き方というものがあります。 正しい方法で行うことでその作成がスムーズになり、間違いのないフローチャートができるのです。 まずはどのような流れで書いていくのかをまとめていく作業が必要です。 これをしておけばフローチャートを作成するのに役立ちます。 その手順をご紹介します。 フローチャート(フロー図)を作成するときの考え方• 1フローチャートを作成する目的を決める。 2フローチャートに関係する人を書き出す。 3関係する人のタスクを書き出す。 4タスクを時系列で順番に並び変える。 5フローチャートの作成し仮運用しながら随時変更などをしていく。 フローチャート(フロー図)を書くにはまず下準備が大事です。 業務をするためには準備が大事なのと同じです。 目的がぶれないようにすること、どんな人が関わり、どのような行動をすれば一番スムーズに流れていくのかを、しっかりと考えていきます。 準備をしておくことで簡単に作成することができるようになるのです。 新入社員はこんなことで悩んでいます!ぜひ皆さんも新人の気持ちを知って仕事に生かしていきましょう。 新人の気持ちがわかればきっと人間関係も変わるはず。 フローチャート(フロー図)は一瞬で見てわかるようにしなくてはいけません。 業務がスムーズに進む方法は、簡潔明瞭がとても大切なのです。 助詞を入れないでピンと来ていただけたでしょうか。 例を少しご紹介します。 文字で行くと4文字くらいに収められるといいですね。 助詞を入れずに簡潔明瞭に書こう。 やはり見やすいというのが一番の条件で上がっていますね。 例を参考にしながら進めてみましょう。 まずは見よう見まねで書いてみるというのがとても大切になりますね。 パソコンが得意な方なら、簡単に作成することができるでしょう。 すべての業務で言えることだと思いますが、まずは手順書にのっとった正しい方法を覚えるようにしましょう。 作成方法を独自のやり方で作成するのは、まず基本をしっかり覚えてからにするようにしましょう。 何回もご紹介をしていますが、まずは簡潔明瞭であること、目的がしっかりしていることが大切になります。 フローチャートとはツールの一つですが、業務をするゆえでとても重要な役割をしています。 例にならってしっかり作成しましょう。 矢印や囲いは統一をするようにしましょう。 線や囲いには、凡例を必ずつけるようにしましょう。 凡例があるだけでわからなくなっても凡例を見ればすぐにわかるので、道しるべとしてとても大切な役割をしてくれますね。 フローチャート(フロー図)を作成できるおすすめツールは? フローチャート(フロー図)を作成できるおすすめツールはエクセル フローチャート(フロー図)を作成できるおすすめツールはエクセルです。 以下にエクセルで作成できるツールをご紹介しています。 エクセルが得意な方はパソコン上で簡単にできるので利用してみてくださいね。 まずは基本をしっかりと抑えるように心がけてください。 フローチャート(フロー図)を作成できるおすすめツールは画用紙と付箋 フローチャート(フロー図)を作成できるおすすめツールは画用紙と付箋です。 原始的なやり方ではありますが、間違いがありません。 またグループを組んで作成するときは、画用紙に付箋の文字を張ることで、移動も簡単でみんなで考えることができるのです。 まずは画用紙と付箋で作成し、仕上げをパソコンで行うと良いですね。 付箋を利用するときは、何色か用意をしましょう。 人・もの・行動などで色分けをすることで一目見てわかりやすく、移動もしやすくなります。 ちょっとした工夫で簡単に作成できるようになりますよ。 新卒の人がいるのであれば少し柄が付いたものなどを利用してもいいかもしれませんね。 【エクセル】フローチャート(フロー図)の作成方法は? 【エクセル】フローチャートをアプリで作成しよう 【エクセル】フローチャート(フロー図)の新卒でもできる作成方法は、アプリを利用するのがとても簡単だと思います。 しかし少しでもエクセルを使えるのであれば、図を工夫して文字を入れるだけで簡単に作成することもできます。 頭が柔らかいうちにエクセルでの作成方法を覚えるといいかもしれませんね。 まずは基本に忠実に覚えることを目的にエクセルの方法を覚えてみるといいでしょう。 一度覚えてしまえば次からは簡単に作成できるようになりますよ。 【エクセル】フローチャート(フロー図)の業務手順を作成しよう フローチャート(フロー図)の作成を進める時に、業務手順を一緒に作成しましょう。 業務手順はじっくり読めるように書くことも大事です。 フローチャートの詳細な説明文や、根拠なども書き入れておくと「なぜ」に対応をすることができます。 業務手順は職場内での統一や安全を守るというところで、とても大切な役割をしてくれます。 ツールの一つではありますが、業務の流れを知り、理解して安全を保持するには必ず必要なものですので、フローチャートと併用して作成することをお勧めします。 仕事は必ず本人の意志が大切です。 目的もなく仕事を進めるといずれはやめてしまうことになるでしょう。 目的意識を持たせる方法を知っていれば業務の方法も変えられるかもしれませんね。 フローチャート(フロー図)で業務を円滑に進めよう 業務で大切なことは、皆が同じ手順を踏んで仕事を効率的に進めること。 そして安全に業務を進めることが大切です。 間違った手順で、仕事に支障が出ることは考えられるので、手順に忠実に仕事をするということはとても大切なことなのです。 自分の身を守るためにも、会社の身を守るためにも手順書は大切ですよね。 新人教育をするためには、基本がしっかり書かれたものが必要です。 昔みたいに一回で覚えるとか、見て覚えるという時代は終わっています。 今は基本に忠実に手順書にのっとって正しく覚えることが大切になります。 手順書に書かれていない方法をとることが、自分にも会社にもリスクになるということを知らなくてはいけません。 教育のためにも、業務の効率を上げるためにもフローチャート(フロー図)が大切です。 そして基本にのっとった手順書が必要です。 皆さんも自分の身を守り会社を守るためにもフローチャート(フロー図)をしっかりと活用しましょう。

次の