高嶋 ちさ子 コンサート 2020。 高嶋ちさ子、演奏よりも…コンサートでの悔しい想いを吐露「いつも自分に負ける」

高嶋ちさ子チケット一覧│チケット流通センター

高嶋 ちさ子 コンサート 2020

高嶋ちさ子のチケット一覧 高嶋ちさ子(タカシマチサコ)とは、東京都出身のヴァイオリニストである。 6歳のころにヴァイオリンを始め、1994年にイェール大学の音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコースを卒業。 同年にはマイアミにあるオーケストラ「ニュー・ワールド・シンフォニー」からデビューを果たした。 その後、1997年に日本に本拠地を移すと、他のヴァイオリニストから尊敬されるほどのストイックさ、行動力で様々なプロジェクトに参加し、全国各地で毎年約100本ものステージに立ってきた。 これまでには1997年から通算公演280回を超える「」、ソロデビュー10周年を記念して12本のヴァイオリニストらによるアンサンブル「12人のヴァイオリニスト」、チェロとピアノと高嶋ちさ子のトリオ演奏「みんなのための音楽室〜室内楽編〜」、0歳から楽しめる「バギーコンサート」など、数々のコンサートやイベントの企画・プロデュースもしている。 また、音楽活動の傍らでテレビでも活動し、誰が相手でも歯に衣着せぬもの言いが人気で、「芸術に恋して! 」や「有田哲平と高嶋ちさ子の明日は我がミーティング」、「ザワつく! 金曜日」などレギュラー番組も多数。 世界的な音楽家であり、お茶の間の人気タレントとして活動の場を広げている。 全チケット件数• 閉じる.

次の

8/4(火) 18:00 高嶋ちさ子 常滑市民文化会館のコンサートチケットを譲ります

高嶋 ちさ子 コンサート 2020

青森(弘前・八戸など)• 岩手(盛岡・花巻など)• 秋田(角館・田沢湖など)• 宮城(仙台・石巻など)• 山形(米沢・鶴岡・酒田など)• 福島(郡山・会津など) 関東• 東京(新宿・上野・池袋など)• 千葉(ディズニー・成田など)• 神奈川(横浜・川崎など)• 栃木(宇都宮・日光・那須など)• 群馬(高崎・前橋・草津など)• 埼玉(大宮・川越など)• 茨城(水戸・つくば・土浦など) 北陸・甲信越• 長野(松本・軽井沢など)• 山梨(甲府・富士急など)• 新潟(長岡・湯沢など)• 石川(金沢・小松など)• 福井(敦賀・鯖江など)• 富山(高岡・氷見など) 中部• 愛知(名古屋・セントレアなど)• 静岡(浜松・三島・沼津など)• 岐阜(飛騨高山・白川郷など)• 三重(四日市・津・伊勢など) 関西• 大阪(梅田・なんば・USJなど)• 京都(長岡京・舞鶴など)• 兵庫(神戸・宝塚・姫路など)• 滋賀(彦根・大津など)• 和歌山(白浜・熊野など)• 奈良(生駒・天理など) 中国• 岡山(倉敷・津山など)• 広島(福山・尾道など)• 島根(松江・出雲など)• 鳥取(米子・境港など)• 山口(岩国・下関など) 四国• 愛媛(松山・今治など)• 徳島(鳴門・阿南など)• 香川(高松・さぬきなど)• 高知(四万十・安芸など) 九州• 福岡(博多・北九州など)• 佐賀(唐津・伊万里など)• 長崎(佐世保・諫早など)• 大分(別府・湯布院など)• 熊本(阿蘇・人吉など)• 宮崎(延岡・高千穂など)• 鹿児島(桜島・霧島など) 北海道• 北海道・道央(札幌・小樽など)• 北海道・道東(帯広・十勝など)• 北海道・道南(函館・北斗など)• 北海道・道北(旭川・稚内など) 沖縄• 沖縄(那覇・名護など).

次の

高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト コンサートツアー 2020~2021

高嶋 ちさ子 コンサート 2020

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんがYouTubeチャンネルを開設。 「テレワーク演奏」と題した演奏動画を公開しています。 離れた場所で演奏しているにもかかわらず、息の合ったパフォーマンスをみせてくれておりますよ~! 【8人のチェリストが集結】 「いつもコンサートに来てくれる人たちが、楽しめて、元気がでるようなものを作りたい」という思いのもと、動画を制作したと話す高嶋さん。 高島さんのもとに集まったのは、人気コンサートシリーズ 「高嶋ちさ子 with Super Cellists」のメンバーたちです。 動画冒頭では 8人のチェリストたちもそれぞれ自己紹介するのですが、話している最中にお子さんが映りこんだり、「サバゲーが趣味」と語る人がいたりと、普段の生活や素顔が垣間見られる場面にほんわか和みます。 「舞台用の衣装ではなく私服」「背景が自宅」という点も相まって、親近感を感じずにはいられません。 【これぞ「自宅コンサート」】 しかし演奏に入ると一転、全員が「プロの顔」に! 真剣な面持ちで、美しく荘厳な演奏を聴かせてくれるのです。 自己紹介とのギャップに驚く〜! 演奏に入ると画面が9分割されて、それぞれがパフォーマンスする様子を観ることができます。 ときどき手元も映してくれるので、すぐそばで演奏を観ているかのよう。 高嶋さんはコメント欄で「 自宅で楽しめるコンサート」という表現を使っているのですが、まさしくそのとおりでした! 今回ご紹介した動画は「第1弾」と銘打たれているので、今後シリーズ化されるのかも。

次の