プロスピ カブレラ。 【プロスピA】カブレラ・ブーマーら超豪華外国人OB登場!!30連で最強打者を狙うぞぉぉぉぉ!!【プロ野球スピリッツA】

【プロスピA】2019年series2最新リセマラ当たりランキング!ガチャ産最強選手は誰だ!?

プロスピ カブレラ

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 1983年4月18日、ベネズエラのアラグア州マラカイで誕生した。 父は元野球選手、母はのベネズエラ代表、おじは元マイナーリーガーという一家だった。 カブレラも野球をするようになり、10代半ばにはメジャーのスカウトに注目される存在となっていた。 14歳時にはメジャー5球団がカブレラのスカウトを始めていたという。 マーリンズ時代 [ ] に契約解禁年齢となったカブレラは、7月にベネズエラの選手としては当時の最高額の契約金180万ドルでと契約。 やはマーリンズを上回る200万ドルを提示したが、これを蹴ったのは、カブレラがを観戦した時に中南米系選手が活躍したマーリンズのファンになっていたことと、「マーリンズは中南米系若手選手の育成に優れている」とカブレラの父が判断したことが原因である。 また本人によれば「野球で芽が出ないまま引退した際には大学進学を認め学費も球団が負担する」という条件を契約に盛り込んだのがマーリンズだけだったことや、ヤンキースやドジャースよりマーリンズの方が選手層が薄くメジャー昇格が近いことも大きかった。 、ルーキーリーグでプロとしてのキャリアをスタートさせた。 この時の守備位置はだった。 にA級へ昇格するともこなすようになる。 にAA級へ昇格するとにも回るようになった。 AA級で打率. 365を残し、6月20日にAAA級を経ない "飛び級" でメジャーに昇格。 マーリンズ時代(2007年) 2003年6月20日に、球団史上2番目の若さとなる20歳63日でメジャーデビューを果たした。 この試合(戦)に「8番・左翼」で先発し、延長11回にを放った。 デビュー戦でサヨナラ本塁打を放ったのはMLB史上3人目である。 その後は、左打者のと併用という形ながらメジャーに定着し、打率. 268・12本塁打・62打点という成績を残した。 本塁打と打点は新人選手としてリーグ2位、. 468は同1位だった。 この年のにも出場したカブレラは、()、(ヤンキース)などMLB屈指の投手から次々と本塁打を放つなど活躍。 チームはでヤンキースを下し、以来2回目のワールドチャンピオンとなった。 シーズン終了後に行われたの投票ではカブレラは5位に入った。 は左翼のレギュラーとして160試合に出場し、33本塁打・112打点を記録。 シーズン100打点達成は史上5番目の若さだった。 にも初選出された他、この年オフのにも参加している。 には打率. 323とリーグ3位の高打率を記録。 本塁打は前年と同じ33本だったがが12本増加し、数344は球団新記録となるなど、長打力が増した。 シーズン終了後にはを初めて受賞し、の投票では5位に入った。 開幕前の3月に開催されたのに選出された。 シーズンでは、前年までマーリンズの正三塁手だったが放出されたことから、本職の三塁手に再転向された。 以前から雑と指摘されていた守備が顕著となった。 7月8日の戦では怠慢な守備が引き金となり、との口論から掴み合いになりかけた。 打撃では、打率や二塁打で球団記録を更新。 特に打率では()や()と首位打者争いを演じたが、サンチェスの打率. 344に約5厘及ばず、自身初の打撃タイトル獲得を逃した。 シーズン終了後、球団との契約更改においてを申請、カブレラ側の主張が認められ、2007年の年俸は前年の47万2,000ドルから約16倍の740万ドルになった。 調停官の裁定額としては(2006年・1000万ドル)、(2001年・820万ドル)に次ぐ史上3番目(当時)の高額である。 は、自己最多となる34本塁打・119打点を記録した。 9月4日には、MLB史上3番目の若さとなる24歳139日で通算500打点を記録している。 タイガース時代 [ ] タイガース時代のカブレラ(2008年) 2007年12月4日、と若手6選手とのでへ移籍した。 3月22日に、タイガースと8年総額1億5230万ドルで契約を延長。 契約総額では、、に次ぐ高給選手となった。 平均年俸ではロドリゲス、、ラミレスに次ぐ4位である。 シーズン序盤は三塁手として出場を続けていたが、あまりにもエラーが多く、開幕1か月もたたないうちに一塁手のとコンバートされた。 打撃では、4月から6月まで3か月連続で長打率が4割台だったが、7月にに選出されて以降、3ヶ月連続で6割台の長打率を記録。 4年ぶりに打率が. 300を下回ったものの、自己最多となる37本塁打・127打点を記録。 本塁打王争いのライバルだったやらが故障したこともあって、自身初の打撃タイトルであるを獲得した。 30本台でのアメリカンリーグ最多本塁打は、1989年の以来19年ぶり。 開幕前の3月に開催されたのに選出され 、2大会連続2度目の選出を果たした。 シーズンでは、自身3度目、自己最多タイとなる160試合に出場。 324を記録した他、3年連続30本塁打以上、6年連続100打点以上となる34本塁打・103打点という成績を残した。 安打数198本も出場試合数と同じく、自己最多タイ、打点は100打点以上を記録した6度の中で自己最少だった。 また、シーズンオフのMVP投票では、1位票を1票だけ獲得し、総合では4位になった。 チームが優勝争いしていた10月、夫婦喧嘩が警察沙汰に発展。 マスコミに顔の傷を「犬に引っかかれた」とごまかしたが、警察の発表によって全てが発覚した。 チームの士気を大きく下げて優勝を逃す原因となり、ファンの恨みの的となった。 は、2004年以降、レギュラーに定着後(規定打席に到達したシーズン)としては自己最少の150試合出場だったが、打撃面では自己最高の活躍を見せた1年となった。 328は、自身のキャリアで3番目に高い数字でありかつリーグ2位の数字・本塁打38本は、自身が本塁打王を獲得した2008年の37本を1本更新する自己記録であり、リーグ3位の数字だった。 また、126打点を記録し、自身初の打点王を獲得した。 更に、四球89と三振95はそれぞれ自己最高と自己最少の数字であり、また出塁率でもリーグ1位となり、OPSが1. 000を超えたのも2010年が自身初となった。 の投票では、に次ぐ2位に入った。 は、通算1500安打(あと100本)・300二塁打(あと2本)・250本塁打(あと3本)・1000打点(あと121打点)・2500塁打(あと35)など、様々な節目の記録が目前に迫った中でシーズンを迎えた。 161試合に出場し、48本の二塁打(いずれもリーグ最多)、また2年連続となる最高出塁率(. 448)を記録した。 また自身初となる首位打者(. 344)のタイトルも獲得し、チームの実に24年振りとなる地区優勝に貢献した。 はの加入により、久々に三塁を守ることになった。 フィルダーがカブレラの後を打つようになったことで、勝負を避けられることが減った。 その結果、本塁打、打点が前年よりも大幅に増加し、9月に入った頃には三冠王が視界に入ってきた。 最終的に本塁打では、、打率では、らとの熾烈な争いを制し、チームではの以来103年ぶり、MLB史上では以来45年ぶりとなるを達成した。 を巡っては新人ながら走攻守でハイレベルな成績を残したとの争いが注目を集めた。 しかし終わってみれば、投票資格を持つ28人中22人から1位票を獲得し(残りの6人はトラウトに1位票)、大差でア・リーグMVPを獲得した。 出身の選手としては初のMVP受賞となった。 開幕前の3月に開催されたのに選出され 、3大会連続3度目の選出を果たした。 シーズンではタイガースは地区優勝は当然という選手層を揃え、チームの目標は前年あと一歩及ばなかった制覇だった。 このシーズンもMLB史上初の2年連続という偉業を達成するのではないかというペースで本塁打と打点を量産し、尚且つハイアベレージを維持する。 しかし、足の故障のため打撃が失速。 代打などで出場を続けるも、このシーズンで本格的な覚醒を見せたのに本塁打と打点で競り負け、最終的に主要三冠の中でのタイトルは打率のみとなる。 しかし打率. 348(ア・リーグ1位)、44本塁打 ア・リーグ2位 、137打点 ア・リーグ2位 と故障を抱えながらも驚異的な数字を残し、チームを地区優勝へと導いて2年連続のアメリカンリーグMVPを受賞した。 3月28日にタイガースと8年総額2億4800万ドル(2023年・2024年のオプション付き)に合意した。 2016年シーズンからの契約で、2008年に結んだ8年契約の残り2年を合わせると、10年総額2億9200万ドルとなった。 オプションとしてMVP、表彰等での出来高が含まれ、バイアウトの際は800万ドル発生する。 レギュラーシーズンでは、右足首の不調の影響もあり、例年よりやや低調な成績に終わった。 それでも2004年に初めて規定打席に到達して以降、11年間で9度目、6年連続での打率. 300以上となる. 313をマーク(打率. 300以上をマークしたシーズンとしては、カブレラの中で最低の数値)。 本塁打は、2006年以来8年ぶりの30本未満・規定打席に到達したシーズンでは最低の25本に終わったが、それでも11年連続での25本塁打以上。 打点は109リーグ2位で、史上5人目となる11年連続100打点を達成した。 得点101(5年連続100点以上)は、リーグ3位。 二塁打(52本、自己ベスト)・犠飛(11本)でリーグトップ。 三振が5年ぶりに100を超え、OPSが6年ぶりに0. 900未満だった。 長打数は、本塁打こそ激減したものの二塁打を量産した為、2013年の71本を上回る78本だった。 チームは地区優勝してプレーオフ進出を決めたが、カブレラが、プレイオフ進出チームに分配されるボーナス金を受け取らないとした、と報じられた。 カブレラはとのスペイン語での会話の中で、「優勝リングが欲しいだけだ I just want the ring. 」と話したという。 オフに入った10月24日、右足首の手術を受け、骨棘の除去と疲労骨折を治療した。 5月16日の戦で通算400本塁打に到達した。 このホームランで、出身の選手としては、の399本塁打を抜き、歴代1位となった。 7月3日の対で走塁中に左ふくらはぎを痛めて途中交代し、キャリア初となるに登録された。 その後、に選出されたが、出場を辞退した。 8月14日に故障者リストから復帰し、8月16日の戦で通算1426打点となり、こちらもガララーガを抜き、ベネズエラ出身選手として歴代1位となった。 長期離脱の結果、シーズン180安打が10年連続(歴代4位 )、25本塁打が11年連続、100打点が11年連続(歴代4位タイ )、300塁打が11年連続(歴代4位 )でそれぞれ途切れた。 しかしギリギリで規定打席には到達し、自身4度目となる首位打者のタイトルを獲得。 出塁率も4度目のリーグ1位に輝いた。 5月23日の戦で史上62人目となる通算500二塁打 、7月22日の戦で史上56人目となる通算1500打点 を史上5番目の若さ で、8月6日の戦で史上102人目となる通算3500出塁、9月18日の戦で史上100人目となる通算2500安打を史上8番目の若さで達成 など、さまざまなマイルストーンを達成した。 シーズン成績では、3年ぶりとなる3割30本100打点を記録する。 一方、13年ぶりとなる無盗塁を記録している。 オフの12月5日にのに選出され、4大会連続4度目の選出を果たした。 開幕前に選出されていた第4回WBCに参加。 シーズンでは7月20日のロイヤルズ戦で史上33人目の通算1600打点を達成した。 8月24日のヤンキース戦で5回にがに死球を与え、6回裏にから報復として背後を通過する投球をされ退場になった際に、と口論になり殴打し、両チームから選手が入り乱れるを起こし、退場になった。 8月25日にMLBより7試合の出場停止処分を受けた。 このシーズンはWBCの疲れや故障などの影響で、打率. 249(自己最低)、16本塁打、60打点に留まった。 は4月を打率. 326、3本塁打と復調を見せていたが、5月4日に右ハムストリングを痛みのために10日間の故障者リストに入った。 6月1日に復帰したが、12日の戦でスイングをした際に左上腕二頭筋の腱断裂の重傷を負い退場した。 その後左腕の上腕二頭筋の腱断裂と診断され、修復の為の手術を受けることになり、残りのシーズンを欠場することになった。 この年の成績は38試合で打率. 299、3本塁打、22打点であった。 は昨年同様に4月から打率は高い数字を維持していき、前半戦終了の時点で打率. 303を記録する一方、長打率が4割を下回り、出塁率を下回る月もあった。 膝の故障に苦しみ、6月からはとして起用された。 夏場に17打席ノーヒットを喫し失速するも、136試合に出場して打率. 282、12本塁打、59打点を記録した。 この年はチームで唯一規定打席に届いた一方で、長打率がキャリアワーストを記録し本塁打数が大幅に減少した。 プレースタイル [ ] 打撃 インサイドの球を引っ張って、アウトサイドの球を流してホームランにできる卓越したバットコントロールとパワーを有している。 シーズン100打点以上を12回記録している。 のメジャーデビューからまでの13シーズンで、1度を含む4度、2度、2度を獲得している。 守備 元々はだった。 メジャーデビューから数年間は、、を守っていたが、三塁の守備が粗雑だった為、移籍1年目の4月から本格的ににコンバートされた。 その後、ポジションが重なるが加入した事により、三塁に再コンバートされたが、フィルダーがに移籍していった後は一塁に戻っている。 ファーストコンバート後も守備力が良くなったわけではなかったが、にはトレーニングを積んだ事で大幅に改善され、の候補として名が挙がるほどに成長を見せた。 守備力の向上ぶりは守備成績にも反映されており、5は自己最少・. 995と - 1は、いずれも最も良い数値タイだった (成績は、いずれも一塁守備での数値)。 評価 [ ] 2014年12月31日にが特集した「現役選手での殿堂入りに近い選手は誰か?」とするランキング特集でカブレラは、、、と共に「この4人は議論するまでもなく将来の殿堂入りが確実」としてランキングから外された。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 87 346 314 39 84 21 3 12 147 62 0 2 4 1 25 3 2 84 12. 268. 325. 468. 793 160 685 603 101 177 31 1 33 309 112 5 2 0 8 68 5 6 148 20. 294. 366. 512. 878 158 685 613 106 198 43 2 33 344 116 1 0 0 6 64 12 2 125 20. 323. 385. 561. 946 158 676 576 112 195 50 2 26 327 114 9 6 0 4 86 27 10 108 18. 339. 430. 568. 998 157 680 588 91 188 38 2 34 332 119 2 1 1 7 79 23 5 127 17. 320. 401. 565. 966 160 684 616 85 180 36 2 37 331 127 1 0 0 9 56 6 3 126 16. 292. 349. 537. 886 160 685 611 96 198 34 0 34 334 103 6 2 0 1 68 14 5 107 22. 324. 396. 547. 942 150 648 548 111 180 45 1 38 341 126 3 3 0 8 89 32 3 95 17. 328. 420. 622 1. 042 161 688 572 111 197 48 0 30 335 105 2 1 0 5 108 22 3 89 24. 344. 448. 586 1. 034 161 697 622 109 205 40 0 44 377 139 4 1 0 6 66 17 3 98 28. 330. 393. 606. 999 148 652 555 103 193 26 1 44 353 137 3 0 0 2 90 19 5 94 19. 348. 442. 636 1. 078 159 685 611 101 191 52 1 25 320 109 1 1 0 11 60 10 3 117 21. 313. 371. 524. 895 119 511 429 64 145 28 1 18 229 76 1 1 0 2 77 15 3 82 19. 338. 440. 534. 974 158 679 595 92 188 31 1 38 335 108 0 0 0 5 75 15 4 116 26. 316. 393. 563. 956 130 529 469 50 117 22 0 16 187 60 0 1 0 3 54 6 3 110 15. 249. 329. 399. 728 38 157 134 17 40 11 0 3 60 22 0 0 0 1 22 4 0 27 6. 299. 395. 448. 843 136 549 493 41 139 21 0 12 196 59 0 0 0 5 48 4 3 108 18. 282. 346. 398. 744 :17年 2400 10236 8949 1429 2815 577 17 477 4857 1694 38 21 5 84 1135 234 63 1761 318. 315. 392. 543. 935• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2003 FLA - 34 17 53 1 2. 986 55 99 5 3 1. 972 - 2004 - - 59 92 6 2 0. 980 100 170 7 7 1. 962 2005 - 29 22 46 2 50. 971 134 188 12 5 3. 976 - 2006 - 157 114 266 17 33. 957 - - 2007 - 153 100 266 23 23. 941 - - 2008 DET 143 1117 73 9 116. 992 14 15 30 5 4. 900 - - 2009 153 1215 105 7 128. 995 - - - 2010 148 1218 96 13 133. 990 - - - 2011 152 1263 103 13 117. 991 - - - 2012 2 4 0 0 1 1. 000 154 127 243 13 31. 966 - - 2013 - 145 87 184 12 24. 958 - - 2014 126 978 98 5 100. 995 10 6 13 1 2. 950 - - 2015 107 903 76 4 96. 996 - - - 2016 147 1186 95 7 124. 995 1 2 0 0 0 1. 000 - - 2017 115 761 63 1 90. 999 - - - 2018 32 248 13 1 22. 996 - - - 2019 26 204 5 1 13. 995 - - - MLB 1151 9097 727 61 940. 994 697 490 1101 74 134. 956 248 379 23 10 4. 976 100 170 7 7 1. 962• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• :4回(2011年 - 2013年、2015年)• :2回(2008年、2012年)• :2回(2010年、2012年) 表彰 [ ]• :2回(2012年 - 2013年)• :7回• :1回(2005年)• :3回(2006年、2012年 - 2013年)• :3回(2010年、2015年 - 2016年)• 2回:(2012年 - 2013年)• 年間最優秀選手:2回(2012年 - 2013年)• 優秀選手:2回(2012年 - 2013年)• :2回(2003年7月、9月)• :6回(2008年7月、2012年8月、2013年5月・8月、2014年9月、2016年9月)• ():15回 記録 [ ]• :1回(2012年)打率. 選出:11回( - 、 - ) 背番号 [ ]• 20(2003年)• 24(2004年 - ) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Spotrac. 2020年1月12日閲覧。 easypronunciation. com. 2019年5月23日閲覧。 tophonetics. com. 2019年5月23日閲覧。 MLB. com (英語) 2017年8月24日 2017年9月13日閲覧• 「次代のメジャーリーグを背負う男 ミゲル・カブレラ[マーリンズ]」 『』2005年10月号、、2005年、雑誌15509-10、20-23頁。 2008年5月24日閲覧。 2008年5月24日閲覧。 2008年5月24日閲覧。 2015年2月19日, at The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [ ]• 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』廣済堂出版、2007年、293頁。。 2008年5月24日閲覧。 2008年5月23日閲覧。 2008年5月24日閲覧。 Jason Beck 2008年3月25日. mlb. com. 2008年3月26日閲覧。 2008年4月23日. 2009年5月20日閲覧。 Baseball-Reference. com. 2009年5月20日閲覧。 2015年2月19日, at The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [ ]• 監修 友成那智編著 『メジャー・リーグ完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、135ページ。 Number Web 2009年12月5日• ESPN• 2015年2月19日, at The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [ ]• MLB. com Tigers Press Release 2014年3月28日. 2014年3月29日閲覧。 Jon Heyman 2014年3月28日. NBC Sports. 2014年3月29日閲覧。 Paul White 2014年10月1日. USA TODAY. 2014年10月2日閲覧。 Joe Harris 2015年5月16日. MLB. com. 2015年5月17日閲覧。 スポニチアネックス 2015年7月6日配信• デトロイト・タイガース公式 2016年5月23日. 2016年10月2日閲覧。 2016年7月23日. 2016年10月2日閲覧。 MLB. com 2016年9月18日. 2016年10月2日閲覧。 MLB. com Press Release (英語) 2016年12月5日 2016年12月15日閲覧• MLB. com (英語) 2017年7月21日 2017年8月3日閲覧• MLB. com (英語) 2017年8月24日 2017年8月25日閲覧• スポーツニッポン 2017年8月26日 2017年8月26日閲覧• MLB. 2018年5月4日閲覧。 Fenwick, Tyler 2018年6月12日. MLB. com. 2018年6月13日閲覧。 ESPN. com 2018年6月12日. 2018年6月13日閲覧。 MLB Trade Rumors. 2020年1月12日閲覧。 MLB. com. 2020年1月12日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、181頁。。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、115頁。。 - Baseball-Reference. com 英語. 2015年9月12日閲覧。 MLB. com. 2018年12月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、、• MiLB. com (英語)• MiguelCabrera -• miggy24 -.

次の

アレックス・カブレラ

プロスピ カブレラ

ポジション別• 打撃フォーム一覧(スペシャルB) スクエア• 2 清原和博• 3 浅井樹• 4 ルイス・ロペス(広島)• 5 古田敦也• 6 日高剛• 8 礒部公一• 9 カブレラ(西武)• 10 小笠原道大• 11 松井稼頭央• 12 田中幸雄• 13 藤井彰人• 14 T. ローズ• 15 高橋由伸• 16 清水隆行• 17 山﨑武司• 18 波留敏夫• 19 西山秀二• 20 岩村明憲• 21 和田一浩• 22 ペドロ・バルデス• 23 稲葉篤紀• 24 仁志敏久• 25 水口栄二• 26 田中一徳• 27 副島孔太• 28 二岡智宏• 29 的山哲也• 30 石井浩郎• 31 初芝清• 32 立浪和義• 33 井端弘和• 34 リック• 35 犬伏 稔昌• 36 江藤智• 37 古木克明• 39 シーツ• 40 塩崎真• 41 小久保裕紀• 42 今岡誠• 43 濱中治• 44 後藤武敏• 45 松中信彦• 46 キンケード• 47 オーティズ• 48 桧山進次郎• 49 小坂誠• 50 宮本慎也• 51 谷繁元信• 52 木元邦之• 54 鳥谷敬• 55 阿部慎之助• 56 李承燁• 57 谷佳知• 58 嶋重宣• 59 金城龍彦• 60 鈴木健• 61 緒方孝市• 62 前田智徳• 63 ズレータ• 64 T. ウッズ• 65 ラロッカ• 66 ベニー• 67 貝塚政秀• 68 古城茂幸• 69 川崎宗則• 70 セギノール• 71 今江敏晃• 72 平野恵一• 73 高須洋介• 74 斉藤秀光• 75 元木大介• 76 多村仁志• 79 林威助• 80 アレックス(中日)• 81 リグス• 82 矢野謙次• 83 新井貴浩• 84 G. 85 大西宏明• 86 高橋信二• 87 里崎智也• 88 サブロー• 89 ホルベルト・カブレラ(ホークス)• 90 的場直樹• 91 鳥越裕介• 92 吉本亮• 93 森本稀哲• 94 柴原洋• 95 梵英心• 96 田中健介• 97 フェルナンデス• 98 福地俊樹• 99 石井義人• 100 青野剛• 101 早川大輔• 102 竹原直隆• 103 後藤光尊• 104 下山真二• 105 牧田明久• 106• 107 飯原誉士• 108• 109• 110• 111 相川亮二• 112 佐伯貴弘• 113 稲田直人• 114 片岡易之• 115 大松尚逸• 116 阿部真宏• 117 草野大輔• 118 桜井広大• 119 田中浩康• 120 葛城育郎• 121 小谷野栄一• 122 大村直之• 123 大引啓次• 124 北川博敏• 125 鉄平• 126 森野将彦• 127 李炳圭• 128 関本賢太郎• 129 脇谷亮太• 130 東出輝裕• 131 吉村裕基• 132 村田修一• 133 若松勉• 134 山本浩二• 135 長嶋茂雄• 136 高木守道• 137 近藤和彦• 138 (バスターフォーム)• 139 カズ山本(山本和範)• 140• 141 福本豊• 142 広瀬哲朗• 143 ブラゼル(元阪神、西武)• 144 赤松真人• 145 天谷宗一郎• 146 シーボル(広島)• 147 横川史学• 148 橋本将• 149 根本俊一• 150 アーロン ガイエル• 151 赤田将吾• 152 松坂 健太• 153 ボカチカ(西武、08年20本)• 154 武内 晋一• 155 倉 義和(広島)• 156 畠山和洋• 157 バルディリス• 158 ユーキリス• 159 D・オルティス(06年54本)(似ていないのでオコエ瑠偉フォームをおすすめします)• 160 (元NYキャプテン)• 161 (元ヤンキース4番)• 162 ヨスバニ・ペラサ(キューバ代表)• 163 C・ジョーンズ(強打のスイッチヒッター)• 164 M・エンリケス(キューバ代表)• 165 B・マキャン(現在も活躍中の強打の捕手、マー君と組んだことも)• 166 キムテギュン(元ロッテ4番)• 167 D・ライト(元カブスの4番)• 168 ホセ・レイエス(俊足内野手)• 169 ホセ・ギーエン(09WBCドミニカ代表)• 170 ミゲル・テハダ(ドミニカ代表、 打点王も獲得)• 171 マーク デローサ(09米代表)• 172 楊 洋 ヤン・ヤン (中国の保守)• 173 王 超 ワン・チャオ (中国代表)• 174 張 振旺 ザン・ゼンワン (中国代表)• 175 劉 廣標 リュウ・グアンビャオ (中国代表2番)• 176 秋信守(チュシンス)(WBC岩隈からHR、現在もMLBで活躍)• 177 イボムホ• 178 李大浩(ホークスなど)• 179 張本勲• 180 門田博光• 181 松本哲也• 182 デントナ• 183 T・ブランコ• 184 スレッジ• 185 池山隆寛• 186 前田大輔• 187 上本達之• 188 聖澤諒• 189 D・ブラウン(西武)• 190 狩野恵輔• 191 高山久• 192 ホセ・カスティーヨ• 193 武山真吾• 194• 195 クロマティ• 196 佐々木誠• 197• 198 ルイス・ガルシア• 199 山崎浩司• 200 岡田幸文• 201 内村賢介• 202 中村真人• 203 岩本貴裕• 204 山本昌• 205 ハーパー(横浜)• 206 篠塚和典• 207 高沢秀昭• 208 川藤幸三• 209 高橋智• 210 ホワイトセル• 211 サラサー• 212 ディアス• 213 ミレッジ• 214 スタノピア• 215 ペーニャ(ソフトバンクなど)• 216 ヘルマン(西武、オリ)• 217 筒香嘉智• 218• 219 田尾安志• 220 松本哲也• 221 中田翔(ガニ股)• 222 柴田講平• 223 新井良太• 224 ナイジャー・モーガン• 225 アブレイユ(日本ハム)• 226 ルナ• 227 マギー• 228 ラヘア• 229 ボウカー• 230 秋山翔吾• 231 グリエル• 232 荒波翔• 233 キラ(広島)• 234 ゴメス• 235 エルドレッド• 236 ロサリオ(広島)• 237 アンドリュージョーンズ• 238• 239 セペダ• 240 細山田武史• 241 木村昇吾• 242 今浪隆博• 232 北川倫太郎• 245 野村謙二郎• 246 屋鋪要• 247 駒田徳広• 248 田淵幸一• 249 石毛宏典• 250 秋山幸二• 251 松永浩美• 252 ギャレット• 253 丸佳浩(広島時代)• 254 クルーズ(ロッテ、巨人、楽天)• 255 福留孝介(中日〜阪神初期)• 256 ホージー• 257 R・ローズ(横浜)• 258 オバンドー• 259 フランコ• 260 ロメロ• 261 アマダー• 262 パラデス(ロッテ)• 263 バティスタ(広島) オープン• 1 松井秀喜• 2 片岡篤史• 3 鈴木尚典• 4 アリアス• 5 レオゴメス• 6 ペタジーニ• 7 大道典嘉• 8 ボーリック(ロッテ)• 9 種田仁• 10 赤星憲広• 11 ダレル・メイ• 12 ナイジェル・ウィルソン• 13 小関竜也• 14 ジミー・ハースト• 15 トッド・ベッツ• 16 R・ブラウン(元オリ)• 17 A・エチェバリア(日ハム)• 18 真中満• 19 木村拓哉• 20 川口憲史• 21 立川隆史• 22 バティスタ(元ホークス)• 23 西岡剛• 24 尾形佳紀• 25 小田智之• 27 (フィリーズ)• 28 アリエル・ペスタノ• 29 グランダーソン(元ヤンキースなど)• 30 ジミー ロリンズ• 31 李 容圭 イ・ヨンギュ• 32 張 伏佳 ザン・フジァ• 33 (06WBC米代表、当時は46本塁打107打点)• 34 ロンゴリア 大谷翔平選手の打撃フォームの選択方法.

次の

【プロスピA】やっぱり「柳田」「カブレラ」は別格・・・【動画紹介Part30】

プロスピ カブレラ

ポジション別• 打撃フォーム一覧(スペシャルB) スクエア• 2 清原和博• 3 浅井樹• 4 ルイス・ロペス(広島)• 5 古田敦也• 6 日高剛• 8 礒部公一• 9 カブレラ(西武)• 10 小笠原道大• 11 松井稼頭央• 12 田中幸雄• 13 藤井彰人• 14 T. ローズ• 15 高橋由伸• 16 清水隆行• 17 山﨑武司• 18 西山秀二• 19 岩村明憲• 20 和田一浩• 21 ペドロ・バルデス• 22 稲葉篤紀• 23 仁志敏久• 24 井上一樹• 25 水口栄二• 26 田中一徳• 27 副島孔太• 28 二岡智宏• 29 的山哲也• 30 石井浩郎• 31 初芝清• 32 立浪和義• 33 井端弘和• 34 リック• 35 犬伏 稔昌• 36 江藤智• 37 古木克明• 39 荒木雅博• 40 シーツ• 41 塩崎真• 42 小久保裕紀• 43 今岡誠• 44 濱中治• 45 後藤武敏• 46 松中信彦• 47 キンケード• 48 オーティズ• 49 桧山進次郎• 50 小坂誠• 51 宮本慎也• 52 谷繁元信• 53 木元邦之• 55 李承燁• 56 谷佳知• 57 嶋重宣• 58 金城龍彦• 59 鈴木健• 60 前田智徳• 61 ズレータ• 62 T. ウッズ(中日)• 63 ラロッカ• 64 ベニー• 65 貝塚政秀• 66 英智• 67 古城茂幸• 68 川崎宗則• 69 セギノール• 70 高須洋介• 71 斉藤秀光• 72 多村仁志• 75 林威助(阪神)• 76 アレックス(中日)• 77 リグス• 78 矢野謙次• 79 新井貴浩• 80 G. 81 大西宏明• 82 高橋信二• 83 里崎智也• 84 サブロー(ロッテ)• 85 ホルベルト・カブレラ(ホークス)• 86 的場直樹• 87 鳥越裕介• 88 吉本亮• 89 森本稀哲• 90 柴原洋• 91 梵英心• 92 フェルナンデス• 93 福地俊樹• 94 石井義人• 95 青野剛• 96 早川大輔• 97 竹原直隆• 98 後藤光尊• 99 下山真二• 100 牧田明久• 102 飯原誉士• 106 相川亮二• 107 佐伯貴弘• 108 稲田直人• 109 片岡易之• 110 大松尚逸• 111 阿部真宏• 112 草野大輔• 113 桜井広大• 114 田中浩康• 115 葛城育郎• 116 小谷野栄一• 117 金子誠• 118 大村直之• 119 北川博敏• 120 鉄平• 121 森野将彦• 122 李炳圭(中日)• 123 関本賢太郎• 124 脇谷亮太• 125 栗原健太• 126 吉村裕基• 127 村田修一• 128 若松勉• 129 山本浩二• 130 長嶋茂雄• 131 高木守道• 132 近藤和彦• 133 (バスターフォーム)• 134 カズ山本(山本和範)• 135• 136 福本豊• 137 広瀬哲朗• 138 ブラゼル(元阪神、西武)• 139 シーボル(広島)• 140 横川 史学• 141 橋本 将• 143 アーロン ガイエル(ヤクルト、09年35本 )• 144 松元 ユウイチ• 145 赤田 将吾• 146 松坂 健太(西武)• 147 ボカチカ(西武、08年20本)• 148 武内 晋一• 149 倉 義和(広島)• 150 バルディリス• 151 ユーキリス• 152 D・オルティス(06年54本)(似ていないのでオコエ瑠偉フォームをおすすめします)• 153 (元NYキャプテン)• 154 (元ヤンキース4番)• 155 ヨスバニ・ペラサ(キューバ代表)• 156 C・ジョーンズ(強打のスイッチヒッター)• 157 M・エンリケス(キューバ代表)• 158 B・マキャン(現在も活躍中の強打の捕手、マー君と組んだことも)• 159 キムテギュン(元ロッテ4番)• 160 D・ライト(元カブスの4番)• 161 ホセ・レイエス(俊足内野手)• 162 ホセ・ギーエン(09WBCドミニカ代表)• 163 ミゲル・テハダ(ドミニカ代表、 打点王も獲得)• 164 マーク デローサ(09米代表)• 165 楊 洋 ヤン・ヤン (中国の保守)• 166 王 超 ワン・チャオ (中国代表)• 167 張 振旺 ザン・ゼンワン (中国代表)• 168 劉 廣標 リュウ・グアンビャオ (中国代表2番)• 169 秋信守(チュシンス)(WBC岩隈からHR、現在もMLBで活躍)• 170 イボムホ• 171 李大浩(ホークスなど)• 172 張本勲• 173 門田博光• 174 松本哲也• 175 デントナ• 176 T・ブランコ• 177 スレッジ• 178 池山隆寛• 179 前田大輔• 180 上本達之• 181 聖澤諒• 182 D・ブラウン(西武)• 183 狩野恵輔• 184 高山久• 185 ホセ・カスティーヨ• 186• 187 クロマティ• 188 佐々木誠• 189• 190 ルイス・ガルシア• 191 山崎浩司• 192 岡田幸文• 193 内村賢介• 194 中村真人• 195 山本昌• 196 ハーパー(横浜)• 197 篠塚和典• 198 高沢秀昭• 199 川藤幸三• 200 高橋智• 201 ホワイトセル• 202 サラサー• 203 ディアス• 204 ミレッジ• 205 スタノピア• 206 ペーニャ(ソフトバンクなど)• 207 ヘルマン(西武、オリ)• 208• 209 田尾安志• 210 松本哲也• 211 中田翔(ガニ股)• 212 柴田講平• 213 新井良太• 214 ナイジャー・モーガン• 216 ルナ• 217 マギー• 218 ラヘア• 219 ボウカー? ラッツ(楽天)?• 220 グリエル• 221 荒波翔• 222 キラ(広島)• 223 ゴメス• 224 エルドレッド• 227• 228 セペダ• 229 細山田武史• 230 シアーホルツ• 231 今浪隆博• 232 北川倫太郎• 233 野村謙二郎• 234 屋鋪要• 235 駒田徳広• 236 田淵幸一• 237 石毛宏典• 238 秋山幸二• 239 松永浩美• 240 A・ジョーンズ• 241 丸佳浩• 242 クルーズ(ロッテ、巨人、楽天)• 243 福留孝介(中日〜阪神初期)• 244 ホージー• 245 R・ローズ(横浜)• 246 オバンドー• 247 フランコ• 248 アマダー• 249 パラデス(ロッテ) スポンサードリンク オープン• 1 松井秀喜• 2 片岡篤史• 3 鈴木尚典• 4 アリアス• 5 レオゴメス• 6 ペタジーニ• 7 大道典嘉• 8 ボーリック(ロッテ)• 9 種田仁• 10 赤星憲広• 11 ダレル・メイ• 12 ナイジェル・ウィルソン• 13 小関竜也• 14 ジミー・ハースト• 15 トッド・ベッツ• 16 R・ブラウン(元オリ)• 17 A・エチェバリア(日ハム)• 18 真中満• 19 木村拓哉• 20 川口憲史• 21 立川隆史• 22 村松有人• 23 バティスタ(元ホークス)• 24 西岡剛• 25 尾形佳紀• 26 小田智之• 28 (フィリーズ)• 29 グランダーソン(元ヤンキースなど)• 32 イヨンギュ• 34 (06WBC米代表、当時は46本塁打107打点) スポンサードリンク 大谷翔平選手の打撃フォームの選択方法• MLB 数が増えてきたため、に移行しました。 NPB•

次の