エルフーン 実数値。 【OCIC2020優勝】エルフーンジュラルドン+ウオノラゴンローブシン

エルフーン育成について。www.videocon.com のサイト...

エルフーン 実数値

が上から鈍いを積んでいける立ち回りが強いと思い、 「」「尻尾すり替え」の各ギミックを採用。 の型や「トリル」「尻尾すり替え」要員の型をそれぞれ終盤まで試行錯誤した結果、最終的には環境に蔓延する「鬼火」「欠伸」持ちに耐性を持てる" ねむカゴ型"で採用。 また尻尾すり替え要員には構築単位で重い水タイプの一貫を切ることができ、「我武者羅」で削りを入れつつ後続への起点作りを行いやすい を採用。 トリル要員には化けの皮でDMへの切り返しもできたり、「呪い」で起点回避も行える を採用した。 次に受け回し系統への回答として を" ラム悪巧み型"で採用。 ここまでで構築の勝ち筋がのみに依存していると感じたため、もう一つ太い勝ち筋として強力な"ダイジェッター"であり、抜き性能の高い を採用。 で完成。 基本的には「 尻尾すり替え」or「トリル展開」またはその両方からを通しつつ、を通せない相手には 1を通していくのが主な立ち回りとなる。 以下個別解説に移る。 DMエースその1。 の「尻尾すり替え」やの「トリル」展開で素早さを逆転させた状態で、上から鈍いを積んで場を制圧していく。 "ねむカゴ型"は前述した状態異常系統には滅法強く出られる反面、各展開によるサポートがないと「鈍い」を充分に積みきれなかったり、攻撃技を2つしか搭載できない関係で対面から勝てないが出てくるのが難点。 採用する構築や環境毎に応じて型を使い分ける必要があると思う。 攻撃技は2つで最も範囲が取れやすいノーマル技と炎技で、ノーマル技には非DM時にも高火力の打点を確保するために「捨身タックル」を採用。 また炎技には追加効果の火傷も期待できる「炎のパンチ」を採用した 「羽休め」を連打してくるアーマーガアやの「化けの皮」を剥がす際に燃やしたこと多数。 「ヒートスタンプ」は非DM時にDMゴーストタイプへの打点が無くなってしまうのを嫌って不採用。 シーズン終盤こそメタが進行した影響で思うように動かせなかったが、序盤から中盤にかけては本当に強いだった。 また終盤においても出す構築と立ち回りにさえ気をつければ充分な活躍を見せてくれた。 DMへの切り返し枠その1。 「尻尾すり替え」という戦術自体が優秀で、初手に出てきやすい相手の高速エースの素早さを奪って実質機能停止にさせたり、相手のDMエースに対して身代わりでDMターンを枯らしつつ、後続に繋いでいくといった立ち回りが非常に強力だった。 オーロンゲと違って「鬼火」によって機能停止しなかったり、「」を半減に抑えられるため主にミトムなどに最低限の後出しができるのも優秀だった。 技は上記4つで完結していると思うが、攻撃技はを草技に変えたり、補助技も挑発、置き土産etcと有用な技が揃ってるので構築に応じてカスタマイズしても良さそう。 個人的には欠伸展開の起点回避になるがオススメ。 DMへの切り返し枠その2。 の「尻尾すり替え」が通せない時や、「尻尾すり替え」を使った直後に出てくる相手のDMエースに対して切り返しつつ、再度を展開する。 の展開の補佐としては、どちらかというとの方が通す機会は多かったものの、も出せば最低限の活躍はしてくれた。 持ち物はリリバの実、カシブの実などを試して最終的に相手の・辺りに対して発動した際アドバンテージが取りやすいアッキの実に落ち着いた。 アーマーガア・ミラーetcへの回答。 また初手に出てくる・などにも対面から勝つことができたり、処理の難しい・ピクシーなどの高耐久フェアリーへの打点も持っていたりと構築上の痒い箇所に手が届く存在だった。 主な役割対象の1体であるアーマーガアには基本的に後出しから処理が可能だと思っていたが、ASベースのアーマーガアには「」を積むタイミングで上から「挑発」を撃たれてしまうと一方的に「ビルドアップ」を積み切られたり、高火力の「ダイジェット」でゴリ押されるので注意が必要。 攻撃技は「シャドークロー」が欲しい場面も多々あったが、それ以上に「」が前述した理由から必要な場面が多く、採用する枠がなかった。 受け回し系統の他にもより素早さが低い、またはへの高火力打点を有するが少ない構築には選出していたが、そもそも大体どの構築にもドラパルト・・などがいるし、強引に選出した結果腐るということも多かった。 この枠は他のに変えても良かったのだが、「見かけ上"サザンガルド"の並びを作れているのがなんか好き」という安易な理由から最後までを採用し続けた。 攻撃技は「流星群」「大文字」のどちらも欲しい場面があったが、それ以上に他のどの技も切れないため不採用。 前述した通りで起点を作ってから全抜きを狙ったり、初手に投げてDMを切り一気にアドバンテージを取りに行く。 以外の明確な勝ち筋が存在しないのが厳しいと感じ、シーズン最終日に急遽構築に採用された。 ミラーやなどで勝てるようにするために素早さは最速。 対応範囲をできる限り広げるため、4ウェポンでの採用とした。 選出パターン 1-1. で相手の構築を半壊させたところをでスイープする。 の枠をにして「尻尾すり替え」がない状況下でもを再展開できるようにする場合もある。 1-2. 初手に出てくるをで処理しつつ、2体目のに対してとのどちらかの展開からを通していく。 この選出の場合はを出すことが多い。 2-1. で起点を作ってから全抜きを狙う。 2-2. 初手にを投げてDMを切り、一気にアドバンテージを取りに行く。 相手のDMに対してはorで切り返しつつ、で詰めていく。 3-1. 相手の隙を狙ってで積んで崩していく。 相手のメタに対してはの「我武者羅」やで消耗させることで一貫を取りやすくする。 おわりに シーズン3にて 最終13位でした。 念願の最終2桁かつ10位台を達成できたので個人的にとても満足のいく結果に終われました。 今シーズン最終2桁を達成できたので、来シーズン以降は最終1桁を目指して頑張ります。 ここまでご覧いただきありがとうございました。

次の

【剣盾シングルs6→7使用構築】 ドラパエルフミミ呪いリレー→呪い積みサイクル

エルフーン 実数値

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプ、『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 『でんき』タイプや『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、『ぼうじんゴーグル』を持っているのポケモンには無効。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 通常攻撃。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

【剣盾S3使用構築】尻尾すり替え+トリル展開鈍いカビゴン【最終13位】

エルフーン 実数値

はじめに はじめまして。 いえと申します。 今回はINC Aprilの予選を 最終レート1847でおそらく通過することが出来たので投稿しました。 構築経緯 ナポルト と構築の相談をした時に前回のINCの上位にいた サマヨールミロカロス が流行ると予想して ダイアーク、 オーバードライブをすれば勝てそうという結論に至ったのでこの構築を組むことにしました。 「うそなき」で仲間の火力をあげ、「 おいかぜ」でS操作をして、「 ちょうはつ」で 環境に多いフシギバナ、サマヨール、トゲキッス、エルフーンに強く出られます。 あと 個人的に大好きなので最初は エルフーンから組み始めました。 このポケモンも個人的に好きなので早めの段階で採用しました。 「ダイスチル」や「ダイアース」でミロカロスを要塞化出来ればとても強いです。 また 鋼タイプが効かない相手にはS操作もできる「ダイアタック」を使って、速くはないストリンダーなどのサポートもすることが出来ます。 「ダイアーク」をタイプ一致でうつことができ、アイアント同様に 「 ダイアース」「ダイスチル」でミロカロスを要塞化させます。 選出したときは毎回活躍してくれます。 サザンドラの「ダイアース」ではセキタンザンを倒せないことがあるので注意が必要です。 「おいかぜ」か「トリックルーム」を使い分けて相手の上を取れるようにします。 場合によっては エルフーンの「 ちょうはつ」だけで済んでしまうときもあります。 シャンデラで炎技を受けにいけるときはいいですが、読まれることが多いので注意が必要です。 なるべく ストリンダーをリザードンのうえをとった状態で召喚させられればとても有利に試合を運ぶことが出来ます。 さいごに 今回初めて好きなポケモンを入れて予選を抜けることができてとても嬉しかったです。 パーティー全体が雑に削りに行くパーティーなのでわりと使いやすいと思います。 来月のINCもやると思うので今回の反省をいかしていきたいと思います。 パーティ作成者 いえ 立教ポケモングループ3年ダブル 歩く陰湿 渉内• ポケモン初心者。 みんてぃあと共にサイトの機能面を担当。 自我が目覚めた時には既にポケモンをやっていたらしい。 関連する記事• 2020. 22 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. アーマ […][…]• 2020. 22 目次 1. はじめに2. ガラルルーキーズとは2. ポケモン剣盾で2度目の公式大会2. ガラ […][…]• 2020. 26 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. イエッ […][…]• 2020. 08 レンタルチームID: 0000 0002 NRX6 86 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 22 目次 1. サマヨールの基本データ2. サマヨールの特徴2. 「おみとおし」で相手の型を見破る2 […][…].

次の