ムーヴ キャンバス ピンク。 ダイハツ・ムーヴキャンバス

【公式】ムーヴ キャンバス トップページ|ダイハツ

ムーヴ キャンバス ピンク

ダイハツから発売された新型「ムーヴキャンバス」がカワイイ。 ムーヴと名がついているものの、ハイトワゴンのタントをベースとし、スライドドアを持つ軽自動車である。 ターゲットは女性。 しかも親と同居する未婚の女性が母親とクルマを共有するケースを想定しているという。 昨今の未婚率の上昇に伴い、そういうニーズもあるだろうが、大々的に謳うとこのクルマを購入しづらくなるのでは?というのは大きなお世話か… というのはさておき、女性をターゲットにしているムーヴキャンバスには、女性が好む仕掛けがたくさん盛り込まれている。 荷物の置き場を確保するための置きラクボックスや取り替え可能なシートカバー、安全面でもクルマを上から見た映像を映し出す「パノラマモニター」やステアリング操作に応じて進行方向を照らしてくれるヘッドライトなど、快適なカーライフを送るための様々なアイテムが装備されている。 ムーヴキャンバスのCMでも、女優の高畑充希さんが男性を振るというシチュエーションで、クルマの装備を説明してくれている。 さて、女性向けのクルマで忘れちゃいけないのが、ダイハツのライバルであるスズキの「アルトラパン」だ。 現行モデルのアルトラパンは、3代目となる。 2014年12月にフルモデルチェンジしたアルトをベースとし、新開発プラットフォームで軽量化を行った結果、先代モデルに対し120kgのウェイトダウンをした。 また、「エネチャージ」をはじめとする「スズキグリーンテクノロジー」や改良を加えたエンジンやCVTなどを採用することで、燃費性能が大幅に向上した。 エクステリアのデザインは、女性の意見を取り入れ「まる しかくい」というラパンの世界観を表現している。 インテリアには木目調のテーブルやソファみたいなシート、引き出しにはアクセサリーが仕舞えるボックス(オプション)を用意するなど、自分の部屋にいるような居心地の良い空間が広がる。 車種名のラパンとは、フランス語でウサギを意味する。 エンブレムやドアの内側、ヘッドライトの中など、ウサギのモチーフが隠されていたり、エクステリアだけではなく、常に目に入るメーター内のディスプレイにもウサギのアニメーションが表示されるという遊び心あふれる演出も可愛らしいのだ。 軽自動車を購入する6割は女性、特にアルトラパンでは購入者の9割を女性が占めるというデータもある。 軽自動車をメイン車種として販売するダイハツやスズキにとって、女性ユーザーの取り込みは大きな課題なのだ。 だからこそ、ボディカラーのラインナップを充実させる必要がある。 好みのボディカラーがなければ、そのクルマは買わないということだってありうるのだ。 軽自動車だったら白やシルバーや黒なんかの無難な色じゃなくて、パステルカラーだって積極的に選びたいという女性が多いということだろう。 ということで、ムーヴキャンバスのボディカラーは、2トーンが8色、モノトーンが9色の計17色。 一方、アルトラパンのボディカラーは、2トーンが4色、モノトーンが8色の計12色。 ボディカラーのバリエーションでは、ムーヴキャンバスの方が多くのカラーを取り揃えているということになる。 ムーヴキャンバスは販売も上々ということなので、近いうちに街中で遭遇する機会も増えてくるだろう。 個性的なカラーリングで、周囲の視線をくぎ付けにする日も近い。

次の

ムーヴキャンバスの色/カラーの人気ランキング!不人気色は?おすすめはグリーン、レッド、ホワイト!

ムーヴ キャンバス ピンク

ダイハツより「ムーヴキャンバス」が新しく発売されました。 「ムーヴキャンバス」は、軽自動車の多くを占める女性ユーザーの、多様化するニーズにきめ細かく対応し、女性のライフスタイルに寄り添える車として開発されました。 ベースとなったのは、2015年東京モーターショーでコンセプトカーとして発表した、「HINATA(ひなた)」です。 ダイハツが主要なユーザー層と考えているのは、親と同居している30代前後の未婚女性で、このような大人世帯での使用を想定しています。 「ムーヴキャンバス」は、「ムーヴ」と「タント」の間を埋める車種でもあり、「タント」ほど全高を高くしてスペース効率を追求してはいないけれど、「ムーヴ」よりは背が高く室内空間は余裕を感じられる車となっています。 「ムーヴキャンバス」の車名の由来は、英語のCAN(なんでもできる)乗りあえるクルマBUSの組み合わせから、CANBUSのネーミングになっています。 「ムーヴキャンバス」のグレードは• L の構成で中間グレードのXに多くのモデルを展開しています。 尚ターボモデルは現在のところ用意されていません。 レトロな雰囲気に愛らしさを感じるスタイリング メイクアップグレードは、メッキパーツが使われ個性を上手に作り上げています。 Gグレードは、軽自動車初となるステアリング連動LEDヘッドランプ(AFS)を搭載して、夜間ドライビング時の安心感を加えています。 ボンネットを短くデザインし、室内を長く見せるロングキャビンシルエットで、バスの雰囲気を作り出しています。 2トーンのカラーは、VWT1を連想させる使い方です。 全高170mm以下の軽自動車で両側スライドドアは初の採用です。 メイクアップグレードは、リアコンビネーションランプがクリアクリスタルカバーとなっています。 丸みのあるボディに直線的なベルトラインで、素材の良さを引き出すデザインです。 シンプルだけど飽きが来ないインテリアデザイン ダッシュボードは水平基調で低くデザインされていて、メーターパネルも埋め込まれる形になっているために、前方への視界は非常に良くなっています。 センターに配置されるメーターは、扇型デザインでダッシュボードに埋め込まれていますが視認性は良好です。 タコメーターが装備されるのは、Gグレードのみとなっています。 オプションのパノラマモニターはダイハツ車初装着の装備です。 メイクアップグレードのシートは、専用パイピングのフルファブリックで、柔らかな風合いが質感を高めています。 試乗車のインテリアカラーは、マイルドモカで落ち着きのある上品な雰囲気になっています。 その他のカラーとして、ファインミント、ミストピンクが選択できます。 リアシート下に装備される置きラクレイアウトの収納ボックスは、トートバッグなど倒れ易いものを置くにも非常に便利な装備です。 ラゲッジスペースは、リアシートを最も下げた状態では、手荷物を置くほどのスペースしかありません。 ラゲッジフロアの下には収納スペースがありますが、こちらもそれほど大きなものは積めない容量です。 リアシートを倒してラゲッジスペースを拡大させると、フロアはフロント側が高くフラットにならない構造で使い勝手は今一つです。 800rpm、最大トルク6. 200rpmなっています。 燃料消費率は重量が重いために「ムーヴ」より劣り28. ボンネットフードの開口部は、「ムーヴ」より狭く感じられ整備には苦労しそうです。 素直な操縦性で扱い易い「ムーヴキャンバス」 「ムーヴキャンバス」は、「ムーヴ」より車両重量が90~100kg重く、「タント」の車両重量に近い重さです。 そのために、加速フィーリングは「タント」と同様で、発進加速は重く感じられます。 発進加速は重い「ムーヴキャンバス」ですが、スピードに乗ってしまえばそれ程の不満は無く、快適にドライビングできます。 サスペンションのセッティングも、ストロークを感じさせるソフトなもので、同じスライドドアを持つ「タント」よりも、良い乗り心地となっていて違いを感じます。 この違いをもたらしている大きな要因は、全高が高い「タント」はロールを規制するために、サスペンションを硬くセッティングする必要がありますが、「タント」より全高が低い「ムーヴキャンバス」では、ソフトなサスペンションで対応することが可能となったためです。 全高が低い「ムーヴ」と比較しても、アンダーボディの補強が効果的に行われているために、「ムーヴキャンバス」の乗り心地は同等のレベルで、背が高くなったための悪影響は感じられません。 ハンドリングは、女性を意識してか全域で軽さを感じるセッティングです。 試乗車にはオプションの、ハンドルカバーが装着されていましたが、これを使用前提に考えれば軽いセッティングで良いのですが、やや落ち着きに欠ける操舵感です。 しかし、ダイハツ車特有のキャスターアクションは少なく、その面では扱い易いステア特性で素直さを感じる車です。 発進加速では車両重量とエンジン特性のために、どうしても高回転域を使用する場合が多いのですが、エンジンノイズの侵入も許容できる範囲で、室内の静粛性は良く保たれていています。 スタイルと装備で話題が先行している「ムーヴキャンバス」ですが、乗り心地を含む基本性能もしっかりと押さえていて、上質の軽自動車の資質は十分に備えています。 気になるのは、「ムーヴ」には備わるDアシストが「ムーヴキャンバス」には装備されなかったことです。 車両重量が重い「ムーヴキャンバス」や「タント」には、動力性能を補う便利な装備になると思われますが、どちらの車種にも採用されないのは残念なところです。 「ムーヴ」の基本性能、「タント」の機能、「ココア」のお洒落さを取り入れた「ムーヴキャンバス」は、「ムーヴ」「タント」「ココア」のいいとこ取りベストミックスと、ダイハツが胸を張るのも頷ける仕上がりで、多くの女性の支持を集めそうです。 544. 400円(2WD)で、メッキパーツ、AFSヘッドランプ、インテリアアクセントカラー、両側ワンタッチパワースライドドア、2トーンカラードフルホイールキャップなどが標準で装備されます。 「ムーヴキャンバス」のお勧めのグレードを考えたのはこちらの記事です。

次の

【公式】ムーヴ キャンバス トップページ|ダイハツ

ムーヴ キャンバス ピンク

この記事の目次• ムーヴキャンバスのカラーサンプル daihatsu. やはり女性がメインターゲットと言うことで、精悍なブラックマイカメタリックよりも、パステルカラーやパールホワイトに人気が集まっているようです。 とは言え、デザインを選ばないのがブラックの強み。 ブラック一色のムーヴキャンバスも良いですね。 精悍に見せるカラーでありながらも、丸みを帯びたムーヴキャンバスのデザインにもマッチして、どこかレトロな雰囲気を醸し出しています。 メッキパーツとの相性もバッチリですね。 ムーヴキャンバスに用意された新色です。 イメージカラーだけあって、ムーヴキャンバスにピッタリ似合うカラーです。 明るいミントグリーンとパールホワイトのストライプスが、車のキャラクターにとてもマッチしていて、乗っていて何とも言えない満足感を得られるでしょう。 アウトドアに駆け出したくなるような、行動的な元気の出るカラーです。 イメージカラーなので、ディーラーの試乗車でも多く用意される色でしょう。 実際の売れ行きは、今回のランキングよりも上位に入るかもしれません。 ツートンのホワイトとミントが可愛い思いましたが、多分一番人気かな…と思い辞めました。 ホワイトとベージュも上品かな~と決めかけたのですが グレーとレッドも気になり見に行きました。 実物見ると、いい感じでした。 でも男っぽい感じでしょうか…内装、黒とかにしたらカッコいいかな とか、かなり悩みましたが旦那や、友達の意見を聞きつつ… ホワイトとベージュのツートンにしました。 知恵袋 また、Twitterではこんな口コミもありました。 ムーヴキャンバスのおすすめカラーは? ここまでムーヴキャンバスのボディカラーについてそれぞれの特徴や口コミなどを紹介してきましたが、まだ決めきれない!という方も少なくないかも知れません。 そういう時は、逆にムーヴキャンバスをどう使うのか、ニーズからボディカラーを絞り込むと、意外に決断しやすくなるものです。 友だちから浮いちゃうのはイヤ!という方におすすめなカラーは?• スムースグレーマイカメタリック• ナチュラルベージュマイカメタリック せっかくのムーヴキャンバス、いつもピカピカの方がいいのはわかってます。 でも、ついつい面倒になってしまいがちな洗車。 ほっとくと、どんどん汚くなって悲しくなるけど……という方には、少しくらいの汚れや小さなキズなら目立ちにくいグレーやベージュがおすすめです。 が、いつまでも放置しておくとムーヴキャンバスがすねちゃうかも知れないので、たまには洗車してあげて下さいね。 リセールから見るムーヴキャンバスのおすすめカラーは? ムーヴキャンバスのボディカラーがどうしても決められない!というあなたは、これから買うことより逆に売る時のことを考えて、高値で売れるかどうかで選ぶと、スッパリ決断できるかも知れません。 そこで以下に、3年落ちムーヴキャンバスのリセールバリューをボディカラーごとにランキングしました。 0万円 2位 プラムブラウンクリスタルマイカ 121. 6万円 3位 ブルーミングピンクメタリック 118. 2万円 5位 ナチュラルベージュマイカメタリック 114. 9万円 6位 スムースグレーマイカメタリック 114. 3万円 7位 ブラックマイカメタリック 113. 1万円 8位 ファイアークォーツレッドメタリック 112. イメージカラーである ファインミントメタリックがリセールトップで、2位の プラムブラウンクリスタルマイカや他のボディカラー対して 5~10万円前後の差額をつけています。 可愛いデザインで女性ユーザーを中心に人気を集めるムーヴキャンバスのような車種では、定番のホワイト&ブラック系よりもパステルカラーが好まれる傾向が強く、人気によってランキングは上下しやすいため、あまり先の事は気にしないで好きなカラーを選んでも差し支えないでしょう。 とは言っても、とりあえず無難さが大好きな日本人ですから、リセールでボディカラーを選ぶなら、イメージカラーで人気トップの ファインミントメタリックか、比較的リセールが安定している ホワイト&ブラック系がおすすめと言えます。 ネット上で概算価格が分かる、 です。 一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。 1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。 コーションプレートというのは、車両情報が刻印されたプレートのことです。 モデル型式• エンジン形式• 車体番号• 外装色(カラーナンバー)• 内装色• トランスミッション形式• 製造工場 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の