ノーサイドゲーム 黒幕 脇坂。 【ノーサイドゲーム】黒幕は脇坂で滝川は良い奴!君嶋を工場へ左遷した理由は?ネタバレ

ネタバレ!滝川がカザマ商事にこだわる理由と本当の黒幕【ノーサイドゲーム】

ノーサイドゲーム 黒幕 脇坂

トライアル期間中は無料で見れます! スッタフ・キャスト 原作 — 池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」 脚本 — 丑尾健太郎 演出 — 福澤克雄 主題歌 — 米津玄師『馬と鹿』 君嶋隼人 — 大泉洋 君嶋真希 — 松たか子 岸和田徹 — 高橋光臣 七尾圭太 — 眞栄田郷敦 佐倉多英 — 笹本玲奈 星野信輝 — 入江甚儀 鍵原誠 — 松尾諭 脇坂賢治 — 石川禅 吉原欣二 — 村田雄浩 新堂智也 — 藤原光博(リットン調査団) 富野賢作 — 佐伯大地 藤島レナ — 阿部純子 中本理彩 — 山崎紘菜 吉田夏帆 — 南端まいな 本波寛人 — 天野義久 浜畑譲 — 廣瀬俊朗 安西信彦 — 齊藤祐也 佐々一 — 林家たま平 友部祐規 — コージ(ブリリアン) 里村亮太 — 佳久創 有馬真吾 — 村田琳 笠原豪 — 笠原ゴーフォワード 柴門シオリ — 川田裕美 青野宏 — 濱津隆之 「多むら」の女将 — 鳳稀かなめ 島本博 — 西郷輝彦 柴門琢磨 — 大谷亮平 津田三郎 — 渡辺裕之 風間有也 — 中村芝翫 滝川桂一郎 — 上川隆也 中本元気 — 勝山翔 玉木俊太 — 榎本鉄平 高輪祐太 — 眞弓葉詩 飯野雄貴 — 飯野雄貴 西荻崇 — 田沼広之 岬洋 — 鶴ケ﨑好昭 林田公一 — 株木孝行 立川悟 — 水本竜弥 端本太郎 — 端本太郎 大和航平 — 北川勇次 仲村慎祐 — 仲村慎祐 伊吹誠介 — 伊吹誠介 森本竜馬 — 森本竜馬 石川悠太 — 石川悠太 秋元太一 — 板垣悠太 小野勘太 — 邉津勘太 戸村銀太郎 — 髙橋銀太郎 岩爪航 — 岩爪航 井上卓哉 — 井上卓哉 新井龍一 — 新井龍一 阿久根潤 — 阿久根潤 工藤元気 — 工藤元気 スポンサードサーチ 『ノーサイド・ゲーム』9話 あらすじ トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。 tbs. html) ここからネタバレあらすじ イギリスで起きたタンカー座礁事故の原因はカザマ商事のオイルだった。 カザマはその事実をオイルの調査を行なった森下教授に金を積んで隠蔽していた。 カザマ商事買収に関する会議にて、君嶋はカザマ社長が森下教授に支払った金の受領書と青野の証言の資料を準備し、会議に臨席。 論破された滝川・・・。 君嶋は滝川がカザマの不正を知らなかったことに驚き、面食らう。 一方で、脇坂は出世。 常務となった。 脇坂は来年度以降のアストロズの予算縮小を伝える。 アストロズは勝ち続け、ホームページからのチケットは前年比230%、広告収入も得ている。 昨年よりも収益を上げていた。 なのになぜ、予算縮小なのか・・・。 脇坂はラグビー部を潰そうとしていた。 「俺は気に入らないものは全て切り捨ててきた。 最終的にラグビー部は廃部だ。 」 ラグビー部に何がどう足りないのか理論的に攻めてきた滝川と違い、脇坂は「ラグビー部なんて潰せばいい」の一刀両断。 君嶋は唖然とする。 君嶋の様子がおかしいことに気づいた浜畑。 君嶋は予算縮小のことや全てを話す。 しかし、アストロズのみんなは、目の前の試合をやるだけだと言う。 そんな中、アストロズでは柴門が、七尾の弱点を発見した。 七尾はの弱点はジャッカル。 七尾はこのジャッカルの最中に足を怪我したため、苦手なようだ。 そして勝負のブレイブス戦を迎える。 ブレイブスはジャッカルが得意なチームだ。 スタメンはずっと七尾だったが、浜畑にチェンジした。 ジャッカルへの対応は、七尾より浜畑の方が上だ。 しかし、試合中、浜畑は怪我をしてしまう。 七尾は交替を申し出るが、浜畑はそのまま出場。 「この試合勝たな優勝できん 俺の足なんてどうだってええのや。 俺は勝つ。 逃げて負けるのは死ぬより嫌や。 分かったら黙って見とけ。 」 後半に入っても両者一歩も譲らず、ブレイブスのわずかなリードで残り15分を迎えた。 浜畑の頑張りでアストロズの勝利。 試合後、君嶋は滝川がアストロズの試合を見にきていることに気がついた。 「脇坂がラグビー部を潰そうとしているようだな。 新たな敵が現れたというわけだ」 「正直、滝川さんの方がよほどよかったです。 あなたにはラグビーの愛情があった。 ラグビー部を本当に潰そうと思えばもっと早くできたはずです。 滝川さんの指摘はいつも厳しくはありましたが、正しかった。 今思えば、滝川さんは全てに対してフェアだった」 滝川の父はラグビーをやっていた。 実は滝川もラグビーをしてみたいと思っていた。 しかし家業が傾きラグビーはできなかった。 学生時代はバイトに明け暮れていた滝川・・・そしてカザマへの恨みにつながる。 「やはりどこかでカザマを見返してやりたいという思いがあったのだろう。 奴から会社をなんとかして奪い取ってやりたいと」 とカザマへの恨みを語りつつ、ラグビーは正々堂々戦う素晴らしいスポーツだと愛を語る。 「カザマのオイルの件、よく調べたな。 感服した。 」 と負けを認める滝川。 「カザマの銀行口座の明細まで用意しているとは、さすがだ。 」 カザマの銀行口座を君嶋は知らない・・・。 ハッとする君嶋。 勘づいた滝川。 脇坂の仕業だ。 「一つだけ言っておく。 君を府中工場に飛ばしたのは、私じゃない。 君はいつも論的だったが、君のような人材こそ経営戦略室に必要だと私は常々思っていた。 それは今もかわらない」 一番信じていた人が一番の敵だった。 『ノーサイド・ゲーム』9話 感想・レビュー 滝川を追い出し常務となった途端、手のひら返しの脇坂。 君嶋を上手く使って、邪魔な滝川を追い出し、今度はラグビー部を潰そうとしている・・・・。 こわっ・・・・・! でも今思えば、そんな感じしてたなあ。 「分かってるんだろうな君嶋。 一旦断った以上、声をかけることはもうないぞ。 」 6話のこれにはゾッとしたもん。 これで信頼できる上司感を失った。 いきなりいい人になる滝川 「あなたにはラグビーの愛情があった。 ラグビー部を本当に潰そうと思えばもっと早くできたはずです。 滝川さんの指摘はいつも厳しくはありましたが、正しかった。 今思えば、滝川さんは全てに対してフェアだった」 と君嶋は言ってましたが そんな感じあった? チケットは前年比230%、広告収入も得ている今、滝川に予算案出してたら、すんなり予算案通るってことだよね。 まじであんまり想像つかないや フツーに急いでラグビー部を潰そうとしている風に見えたけどなぁ〜👀 確かに滝川の言っていることは正しかったけど、ラグビーに愛情があったとまでは思えない・・・。 でも滝川さんみたいな人、リアルかもしれない。 厳しくて意地悪してきている風に見えても、実はいい人って結構いる。 『ノーサイド・ゲーム』10話(最終回) あらすじ カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)はこれまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。 次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。 これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。 君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。 そしてついに決戦の日を迎える。 tbs. html).

次の

【ノーサイドゲーム】9話!本当の黒幕は脇坂だった...

ノーサイドゲーム 黒幕 脇坂

トライアル期間中は無料で見れます! スッタフ・キャスト 原作 — 池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」 脚本 — 丑尾健太郎 演出 — 福澤克雄 主題歌 — 米津玄師『馬と鹿』 君嶋隼人 — 大泉洋 君嶋真希 — 松たか子 岸和田徹 — 高橋光臣 七尾圭太 — 眞栄田郷敦 佐倉多英 — 笹本玲奈 星野信輝 — 入江甚儀 鍵原誠 — 松尾諭 脇坂賢治 — 石川禅 吉原欣二 — 村田雄浩 新堂智也 — 藤原光博(リットン調査団) 富野賢作 — 佐伯大地 藤島レナ — 阿部純子 中本理彩 — 山崎紘菜 吉田夏帆 — 南端まいな 本波寛人 — 天野義久 浜畑譲 — 廣瀬俊朗 安西信彦 — 齊藤祐也 佐々一 — 林家たま平 友部祐規 — コージ(ブリリアン) 里村亮太 — 佳久創 有馬真吾 — 村田琳 笠原豪 — 笠原ゴーフォワード 柴門シオリ — 川田裕美 青野宏 — 濱津隆之 「多むら」の女将 — 鳳稀かなめ 島本博 — 西郷輝彦 柴門琢磨 — 大谷亮平 津田三郎 — 渡辺裕之 風間有也 — 中村芝翫 滝川桂一郎 — 上川隆也 中本元気 — 勝山翔 玉木俊太 — 榎本鉄平 高輪祐太 — 眞弓葉詩 飯野雄貴 — 飯野雄貴 西荻崇 — 田沼広之 岬洋 — 鶴ケ﨑好昭 林田公一 — 株木孝行 立川悟 — 水本竜弥 端本太郎 — 端本太郎 大和航平 — 北川勇次 仲村慎祐 — 仲村慎祐 伊吹誠介 — 伊吹誠介 森本竜馬 — 森本竜馬 石川悠太 — 石川悠太 秋元太一 — 板垣悠太 小野勘太 — 邉津勘太 小西大樹 — 小西大樹 戸村銀太郎 — 髙橋銀太郎 岩爪航 — 岩爪航 井上卓哉 — 井上卓哉 新井龍一 — 新井龍一 阿久根潤 — 阿久根潤 工藤元気 — 工藤元気 スポンサードサーチ 『ノーサイド・ゲーム』8話あらすじ 里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。 中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。 しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。 そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。 君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。 するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。 その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。 青野は熱い夢を語るのだが…。 tbs. html) ここからネタバレあらすじ 君嶋は、ゴルフ場建設反対派のリーダー・苗場の話から、森下教授の存在を知る。 森下教授は工事が一時延期となる5ヶ月前まで先頭に立って反対運動を行っていたが、それから急に運動に参加しなくなったらしい。 森下教授は、イギリスで起きた座礁した船のオイル調査を行なっていた教授だ。 この座礁事故の原因はカザマ商事のオイルだという噂が流れていた。 しかし、 調査結果はシロ。 しかもその後、教授は反対運動からも手を引いている。 何かがおかしい。 教授の娘はアメリカでの移植手術が必要の難病を患っていた。 教授は、 カザマ商事から娘の手術費用を負担してもらう代わりに、調査の結果を偽装していたのだ!!!!! 君嶋は、森下教授を問い詰めるが、正直に話すわけがない。 教授は明日にもアメリカに行くと言う・・・。 君嶋は青野をアストロズの部内マッチに誘う。 この試合で、アストロズのレギュラー選手が決まる大事な部内マッチだ。 実は、青野も元ラガーマンだった。 大学時代にライバル選手から膝を潰され、ラグビー選手になる夢を諦めたのだと言う。 そんな青野は、膝に爆弾を欠けた七尾の様子を見て「他の選手に潰される」と・・・。 しかしアストロズ内には、七尾の足を狙う選手はいなかった。 それどころか、ポジション争いをする浜畑が、七尾が弱点を克服するためのアドバイスまでしていた・・・。 試合後、青野をクラブハウスに案内する君嶋。 そして、名探偵のごとく語り出す。 君嶋は、カザマ商事がどうやって森下教授がカザマのオイルを分析していることを知ったのか疑問に思っていた。 反対派のリーダー・苗場が、ゴルフ場の担当責任者・青野(カメ止めの濱津隆之)に漏らしたことを知り、全ての疑問が一本の線で繋がった。 青野はカザマ社長にこのことを報告。 社長の指示で教授にデータ偽装を持ちかけた。 教授は、娘の手術代のためにデータ偽装を受け入れた。 ゴルフ場建設の反対運動に参加してまで残したかったイチョウの木もコースに残すことで、話はまとまった。 君嶋は、この件を告発し、もう一度カザマのオイルを調べてもらうつもりだと言う。 「でも、それでは遅いんです。 うちが買収した後にこの事実が発覚すれば、トキワ自動車は莫大な責務を負うことになります。 ラグビー部もただでは済まないでしょう・・・ リーグ戦に向けて彼らが積み重ねた努力は無駄になるかもしれない。 この買収を食い止めるには、あなたに証言してもらうしかないんです! あなたとこんな話をしたくなかった。 今日あなたを試合に誘ったのは、私が守りたいと思ったものを見てもらいたかったからです。 わたしはトキワ自動車を守りたい!アストロズを守りたい! ・・・今彼らを守れるのはあなただけなんです!」 そして、紫門監督によってレギュラー選手が発表される。 次々とレギュラーが発表され、佐々も選ばれた。 そして15番・・・・ 七尾が呼ばれた! 選ばれなかった浜畑を見て涙ぐむ紫門。 そんな浜畑は七尾と抱き合い 「頼んだぞ」と声をかける。 アストロズはそんな2人に拍手を送る。 「彼らに恥じない自分でいたい。 わたしの知っている全てをお話しします」 青野はアストロズのスポーツマンシップを目の当たりにして、全てを証言すると約束をした。 『ノーサイド・ゲーム』8話 感想・レビュー 浜畑の心意気には泣いたが、鍼灸師を紹介しただけで七尾の足の調子がよくなったっていう展開には笑った。 「オーストラリアには針がないから知らんやろ」で片付けられる怪我。 うまくいきすぎてワロタ・・・・! こうして足の怪我を克服した七尾は、互角のプレイで浜畑からレギュラーを勝ち取った・・・。 怪我を克服した方法は置いておいて、ライバルである七尾にアドバイスする浜畑には感動した。 わたしなら若い才能に嫉妬して、絶対にアドバイスなんてしてやんない。 ラストで七尾と抱き合い「頼んだで」とチームを託す浜畑さん、本当にかっこよかった😭😭😭 7話ではチームを去る里村の気持ちを1番に理解し、寄り添い、チームのみんなに呼びかけるほどの人格者であった浜畑。 なぜ初回であんなに感じが悪かったのか謎である。 優しくて頼り甲斐があって・・・・めちゃくちゃかっこいい😭😭😭 ガチのラガーマンである廣瀬俊朗さんの棒読み具合もだんだん味のあるものになってきたし、このドラマは浜畑ナシでは語れないね! 敵は上川隆也なのか?本当の黒幕は脇坂? トキワ自動車が買収する予定のカザマ商事が、ヤバい会社だということが分かった8話。 カザマが作っているオイルがタンカー座礁事故の原因だったのだが、カザマは金で分析結果を偽り、誤魔化そうとしていた。 最低な会社である。 社長(中村芝翫)からして胡散臭そうだったので納得なのだが・・・ 敵は本当に滝川・上川隆也なのか? 滝川の目的は会社を乗っ取って成り上がること。 とてもカザマのオイルの件を知っているようには思えない。 そして8話で滝川は、大学時代にカザマ社長に恨みがあったことが分かった。 貧乏大学生だった滝川は、親が社長であるボンボンのカザマから「貧乏人」と見下されていた。 「いつか成り上がってカザマを見下してやる!」 滝川はそう思っていたようだ。 そんな私怨で動いている滝川なので、更に裏がある可能性は低い。 ここで新たに浮上するのが真の黒幕。 これはおそらく 君嶋の元上司・脇坂(石川禅)だな! (他に黒幕っぽいヤツいないし、滝川のことを嫌っているので) 脇坂はカザマのタンカーオイルの件を知っていて、 滝川を失脚させるため、滝川がカザマ商事を買収するように仕向けたのでないかと予想してます。 どうやって滝川が買収をすすめるように仕向けたのかは謎ですが、普通に考えればカザマ商事の社長と脇坂が知り合いだったというオチが妥当かと! 脇坂は滝川と同期入社のため、自然とカザマ商事の社長とも歳が近いことになります。 幼馴染とか小中高のどれかで一緒だったとか何らかの関わりがあったんじゃないかな〜。 『ノーサイド・ゲーム』9話 あらすじ トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。 tbs. html).

次の

『ノーサイド・ゲーム』相手への敬意と抱擁を示すフィナーレへ 大泉洋の決意が呼び込んだ逆転劇|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ノーサイドゲーム 黒幕 脇坂

ノーサイドゲーム脇坂さん役が黒幕で敵だった?9話ネタバレ トキワ自動車では滝川常務を中心に、カザマ商事の買収のための会議を行いました。 会議の冒頭で脇坂がカザマ商事への疑問点を挙げ、その説明のために君嶋を呼びました。 君嶋はオイル不正の件で、カザマ商事が第三者の大学教授に調査を依頼した報告書の内容が不正であることを指摘しました。 その話を聞いて滝川常務は意義を唱えましたが、君嶋は大学教授が不正の見返りにもらった3億円の領収書のコピーを見せ、これが事実だと訴えました。 3億円が動いたことが見つからなかった訳は、社長のポケットマネーが動いていたということでした。 この取引の間に入ったゴルフ場の責任者の青野が証言をしてくれたことで、この不正事件を知ることができました。 この会議で配られた資料には、この領収書のほかに、カザマ社長の口座から合計3億円が引き出されているという明細のコピーもありました。 このことで滝川はこのオイルの不正が事実だと分かり、カザマ商事の買収の件は無くなりました。 さらに滝川は役員を解任され、代わりに脇坂が常務に就任することになりました。 脇坂は君島の上司で、君嶋は脇坂を一番に信頼し続けてきました。 しかし、脇坂は常務になった途端に、手のひらを返し始めました。 今まで君嶋のことを応援していた脇坂でしたが、態度が一変し、今度はラグビー部を廃部にする提案を挙げると言ってきました。 君嶋は現在のアストロズの活躍と、広告収入などが上がってきていることを話し、何とかラグビー部の存続を願い出ました。 しかし、脇坂の意見は全く変わる気配はありませんでした。 あと2勝すればアストロズのリーグ優勝が決まるという日に滝川が試合を観に来ていました。 試合後、君嶋は滝川のスタンドで滝川の後姿を見つけ、彼に声を掛けました。 滝川は自分の父親がラグビーをやっていたこと、父親の稼業が上手くいかずに大学時代はアルバイトに明け暮れていたこと、さらにはカザマ商事の社長との苦い体験などを君嶋に話しました。 君嶋は滝川の真の姿を見ることができ、二人はようやく和解することができました。 そして、滝川がオイル不正の件で、決定的になったのがあの3億円の振込明細だということを話しました。 しかし、君嶋はそのことを知らず、自分が用意した資料ではないことを話しました。 また、滝川は君嶋を今の部署へ異動させたのは自分ではないことを明かしました。 君嶋の本当の敵は脇坂だということがここで判明しました。 そして、君嶋は何としてもアストロズを守ろうと自分に誓いました。 なんと敵は滝川ではなく脇坂だったのですね。 これには驚かされました。 特に会社組織では出世を狙っている上司の場合は、それがあっても当たり前なのかもしれません。 もしくは最初は裏切ろうとは思っていなくても、結果的にそうなってしまう場合もあります。 脇坂の場合はよく分かりませんが、おそらく最初から計画していたような気もします。 君嶋も工場に左遷されて、アストロズに出会うまでは、自分の出世のことしか考えていなかったと思います。 なので、彼も最初はラグビー部を廃止することに賛成だったはずです。 それがGMになり、ラグビーに関わっていくうちに君嶋自身が変わっていきました。 そう考えれば、変わってしまったのはむしろ君嶋の方で、脇坂は何ら変わっていないのかもしれません。 最初から彼は自分の出世のために、周りを利用し続けていたようにも思いました。 3億円の振込明細の信ぴょう性も疑問な所です。 浅見光彦ミステリー8「琵琶湖周航殺人歌」• 新・女検事 霞夕子3「乗り遅れた女」• 新任判事補• 三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!! 刑事7人 第3シリーズ 第7話• マチ工場のオンナ 吹き替え• 愛さずにはいられない — 主演 アレックス・ウィットマン〈マシュー・ペリー〉役• アナスタシア — ディミトリ役(劇中歌吹き替え含む)• エルモと毛布の大冒険 — ハクスリー役(劇中歌吹き替え含む)• 春の日は過ぎゆく — 主演 イ・サンウ〈ユ・ジテ〉役• スパイダーマン2 — ジョン・ジェイムソン〈ダニエル・ギリーズ〉役• 明日に向って撃て! — ブッチ・キャシディ〈ポール・ニューマン〉役• エクソダス:神と王 — ヘゲップ総督〈ベン・メンデルソーン〉役 「スパイダーマン2」や「アナスタシア」など、有名な映画での主要キャストの吹き替えなど、担当されています。 ミス・サイゴン — シュルツ大尉役、ほか• ブロードウェイミュージカル『アニーよ銃をとれ』 — フランク・バトラー役• レ・ミゼラブル — マリウス・ポンメルシー役• ムーラン・ルージュ — ジェシー村中役• ブロードウェイミュージカル 『ピーター・パン』- フック船長、ダーリング氏役• ミュージカル ジキル&ハイド- ジョン・アターソン役• ミュージカル マリー・アントワネット — フランス国王 ルイ16世(ルイ・オーギュスト)役• レ・ミゼラブル — ジャベール役• ミュージカル レベッカ — フランク・クロウリー役• ミュージカル ダンス・オブ・ヴァンパイア -アブロンシウス教授役• ミュージカル ロミオ&ジュリエット — キャピュレット卿役• ミュージカル アリス・イン・ワンダーランド- ジャック/白のナイト役• ミュージカル モンテ・クリスト伯 — ヴィルフォール役• ミュージカル シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜 — カーティス・ジャクソン 役• ミュージカル パレード- ヒュー・ドーシー役• ミュージカル レディ・ベス- ガーディナー役• ミュージカル マディソン郡の橋 — バド役• ミュージカル タイタニック- イスメイ役• ミュージカル 笑う男 The Eternal Love -永遠の愛- — フェドロ役• ミュージカル ダンス・オブ・ヴァンパイア- アブロンシウス教授役• ミュージカル ヘアスプレー — ウィルバー役 ミュージカルは、あまり詳しくないわたしでも、よく耳にする題目がずらりと並んでいます。 「 レ・ミゼラブル」などの大作に、毎回のように出演される、ベテランのミュージカル俳優さんですね。 「レ・ミゼラブル」だけでも、 ジャベール役・ マリウス役とされていて、歌が上手いのはもちろんですが、無言の演技にも定評があります。 特にマリウス役は、ミュージカルファンには石川禅さんのハマリ役として、評価が高いようですよ。

次の