ありがたい限りです 敬語。 「嬉しいです」のビジネスでの言い換え方7選!例文も紹介|MINE(マイン)

「ありがたい」の敬語のビジネスメールと類語|有難いお言葉/感謝の限り

ありがたい限りです 敬語

「ありがたい」の意味とは? 「ありがたい」の意味は「滅多にない・感謝」 「ありがたい」の語源は「有り難し(ありがたし)」で、「有る(あること)」と「難い(むずかしい)」の2語からできています。 思いもしない幸運に恵まれたり、期待していなかったような助けが得られたりすると、私たちは「ありがたい」ことが起きたと感じます。 現在では「ありがとうございます」というあいさつ言葉になっていますが、古くは「有り難ふ御座りまする」といいました。 「ありがたい」の表記は「ひらがな」が基本 ネットで変換すると「有難う御座います」の候補もありますが、「ありがたい」も「ありがとうございます」も、表記する場合はひらがなにするのが一般的です。 あいさつ言葉には「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など由来となる言葉が存在しますが、いずれも基本的には「ひらがな」で書くことになっています。 「ありがたい」の使い方と注意点 「ありがたい」はお断りのクッション言葉 「ありがたい」は謝意を伝えるときだけでなく、ビジネスマナーとして欠かすことのできない「クッション言葉」としてもたいへん重要です。 クッション言葉とは、用件を丁寧にお断りしたいときや異論を唱える場面で結論の前にひとこと添えるクッションのような役割をする言葉のことで、「せっかくのありがたいお誘いですが~」「たいへんありがたいお話ではありますが~」のように使います。 「ありがたいです」の乱用は避けよう 「ありがとうございます」の代わりに「ありがたいです」と言うことも可能ですが、「形容詞+です」は短絡的で稚拙な印象になりやすいため、そういった用法が習慣になっていないか見直してみましょう。 しかも、「ありがたい」の丁寧語表現としては「ございます」の方がより丁寧であるため、あいさつ言葉として定着している「ありがとうございます」をわざわざ「ありがたいです」と言い換えると他意を疑われることにもなりかねません。 「感謝の言葉」と「嬉しい」の表現は分けよう あまり一般的でない表現を乱用することのデメリットは、「クセの強い人」と言う印象を相手に与えてしまうことです。 授業中に先生の口ぐせを数えてしまったという経験はないでしょうか。 もうすこし神経質な人ならストレスを感じて授業に集中できなくなってしまったかもしれません。 たしかに、紋切型のあいさつよりも率直な気持ちを口にしたほうが伝わりやすい場合もありますが、「ありがたいです」は自分の気持ちを表現する言葉として、一般的な慣用句である「ありがとうございます」とは使いわけることをおすすめします。 ビジネスでは避けたい「~たいです」 「ありがたいです」の乱用を避けるべきもうひとつの理由に、近年増えつつある「~たいです」という表現に対する評価が分かれていることもあげられます。 「~してください」と依頼するのではなく、「~して頂けるとありがたいです」「~していただきたいです」のような言い回しは自分の希望をやんわりと伝えているだけなので、コミュニケーションとして不完全な印象です。 「して頂きたいならちゃんと依頼しろ」と相手に思わせてしまうリスクがあります。 「ありがたい」の類語と言い換え 類語は「幸いです」「幸甚です」 「幸い(さいわい)」「幸甚(こうじん)」は、かつてはそれほど頻繁に目にすることはありませんでしたが、近年とくに「~してくだされば幸いです」「いただけますと幸いです」という表現は、メールの締めには欠かせない決まり文句となっています。 本来の意味は「~してもらえるとうれしい」という希望の謙遜表現で、「幸甚」は「はなはだ(非常に)うれしい」という意味です。 いずれも書き言葉であり、話し言葉に使われることはありません。 それほど強い意志をあらわす言葉ではないため、近年では「~してください」という依頼の婉曲表現として用いられる傾向がありますが、もともと「~してもらえたら私が幸せです」という表現なので、同じ文面の中で乱発してしまうと「自分の幸いばかり」と違和感を覚える人もいるようです。 また、判で押したような「マニュアル敬語」になってしまうリスクもあるため、適宜「お願いいたします」「助かります」などのふさわしい言葉に置き換えたいところです。 「ありがたい限りです」で喜びをあらわす 「ありがたい」は形容詞なので、ほかの言葉と組み合わせることで生き生きとしたオリジナリティを出すことができます。 「とてもありがたく心に沁みます」など、感謝をあらわすほかの表現と抱き合わせて気持ちを伝えましょう。 「ありがたい限り」とは、「願ってもない」「最高にありがたい」「感謝の気持ちで心がいっぱい」という意味で、丁寧なお断りでも「ご厚意はありがたい限りなのですが、いまは十分間に合っています」のように使います。 「過分なるお言葉」「おかげさま」で言い換える 「過分(かぶん)」とは「身に余るほどの」という意味で、「過分なるご厚情」「過分なるお心遣い」のように「ありがたい」の内容とセットで言い表します。 「おかげさま(御蔭様)」は江戸時代から使われている古い言い回しで、見えない力が働いて実力以上の幸運に恵まれたという謙遜表現です。 感謝をあらわす言い回しに謙譲表現が多いのは、多くの人が感謝するとき自然に謙遜な気持ちになるためではないでしょうか。 まとめ クッション言葉やあいさつ言葉としおなじみの「ありがたい」は、形容詞としてあらゆるシーンや立場で使えるポピュラーな言葉なので、それだけに使い方には注意したいものです。 敬意の足りないビジネス用語はそれだけで問題ですが、あまり大げさな表現になってしまうのもスマートなビジネスパーソンはいえません。 敬語としては間違っていないのに、何となく浮いてしまう「コピペ敬語」「マニュアル敬語」にならないためにも、過不足のない言葉選びを心がけましょう。

次の

「可能であれば」の注意すべき敬語での使い方と丁寧な表現

ありがたい限りです 敬語

具体的には、「この度は貴社より弊社が~賞を賜ることとなりまして、嬉しく存じます。 」などの形で使用します。 「存じます」は「思う」の謙譲語で、「嬉しいです」という気持ちを自分がへりくだる形で丁寧に表現しています。 この「嬉しく存じます」という表現は口語でも書き言葉でも相手にかなり堅いイメージを与えます。 この表現を使用する際は相手が自分よりもかなり歳や役職が上の場合を想定しましょう。 それ以外でこのような謙譲語を使用してしまうと逆に失礼となりますので、注意してください。 具体的には、「今回はこのような貴重な機会を頂きまして、嬉しい限りです。 」のような形で使用します。 少し堅い響きのある表現ですが、丁寧語表現としてこれもビジネスシーンで良く用いられます。 1つ目の表現とは違い、自分をへりくだって表現する謙譲語ではありませんので、自分の嬉しい気持ちを相手にストレートに伝えられる表現となります。 ある程度、関係性も深まって自分の気持ちを素直に開示できるような間柄の人に向けて使用するとより効果的でしょう。 このフレーズが日常会話のレベルで言うと一番聞き覚えのある表現だ、という人も多いでしょう。 ただ、ストレートに「嬉しいです」と相手に伝えるのではなく、丁寧語の形で「嬉しく」「思います」の2つの言葉を重ねて表現します。 具体的には、「~様には本当に良くして頂きまして、嬉しく思います。 」などの形で使います。 「感謝いたします」と同様、「嬉しく思っています」の形にもできます。 日常会話でも頻出度の高い表現と言えますので、しっかり覚えて活用してみましょう。 具体的には、「貴社がこの度、海外進出されるとのニュースを伺い、喜ばしく思います。 」などの形で使用します。 「喜ばしく思います」の部分を「大変喜ばしく思います」、「喜ばしく思っております」の形にもできます。 「喜ばしく思います」は「嬉しく思います」の丁寧語です。 「喜ばしい」とは「嬉しい」という意味を含む単語です。 かなり堅い文面やメールで使うことが多いので、使用は目上の人に対するものが多くなります。 具体的には、「この度、弊社との共同開発で生まれた~という商品の売れ行きが好調とのことで、大変嬉しく思います。 」などの形で使用します。 「大変」の部分を「非常に」「とても」と変換して使用することも可能です。 「非常に」とした場合は「大変」を使用する時より少し堅い印象を、「とても」とした場合はそれより少しカジュアルな印象を与える傾向があります。 自分と相手との関係性からどれを使うのが適切かを考えてぴったりな表現を選んでみてください。 」です。 この表現は、文字通り、相手から何か自分の仕事ぶりや成果などに関して褒めてもらったり、評価をしてもらったりした際にそれに対して感謝を述べるのに使用できる例文です。 「誠にありがとうございます。 」の部分を「本当にありがとうございます。 」、「深く感謝します。 」などの形に変換して使用することもできます。 少し堅くなりますが、「嬉しいお言葉」を「嬉しきお言葉」という風に表現する場合もあります。 ここまで、「嬉しい」の敬語表現、ビジネスメールや手紙などでの使い方や例文を見てきましたが、いかがでしたか?ビジネスメールで使われる表現が他にも沢山存在します。 下記関連記事では、「お陰様で」というフレーズの意味や例文、英語での使い方などを詳しく解説しています。 ぜひチェックしてみてください。 具体的には、「弊社の功績をこのような形で評価頂けて、光栄です。 」などの形で使用します。 この表現は、例文のように特に自分の功績を相手から褒めてもらった時に「嬉しいです」という意味で使用します。 他にも、「そのように言って頂けて光栄です。 」「私としても、貴社のお役に立つことができて光栄です。 」など様々な形で表現できます。 「光栄です」を強調したい時は「非常に」という言葉を付け加えて「非常に光栄です」という形にします。 「恐縮」とは「恐れ多い」という意味があり、謙譲語の一つです。 具体的には「お忙しいところご連絡を頂きまして、恐縮です。 」などの形で使用します。 簡単な言葉に直すと、「忙しい中、連絡をもらって恐れ多いが、嬉しいです」という意味になります。 「恐縮です」は「誠に」という言葉を重ねて「誠に恐縮です」という表現にもできます。 この表現はビジネスメールでも頻繁に使われる表現なので、使える謙譲語、類語表現としてしっかり覚えておきましょう。 上記まで、「嬉しい」というフレーズの正しい敬語表現や類語表現について詳しくお伝えしてきました。 下記の関連記事内では、二重敬語としてビジネスでも誤用されやすい「拝見させていただく」というフレーズについて詳しく解説しています。 当記事同様、正しい意味や類語表現、例文も学べますので参考にしてみてください。 」です。 具体的には、「~していただいて、お礼の言葉もありません。 」などの形で使用します。 「お礼の言葉も見当たらないくらい嬉しい、感謝している」という気持ちを相手に伝える表現です。 この相手に言葉で表せない気持ちをもっと強調したい際には、「本当に」という言葉を重ね、「本当にお礼の言葉もありません。 」というより丁寧な形にして応用することもできます。 目上の人やお世話になっている取引先などに対して使うとより効果的です。 具体的には、「この度のカンファレンスでは、貴社に大変なお心遣いを頂きまして誠にありがとうございます。 」などの形で使用します。 「お心遣い頂きまして嬉しく思います」の形にもできます。 この表現も、2つ目と同様、相手の心遣いや心配してくれたことに対して丁寧に感謝の意を示す類語・丁寧語表現となります。 ビジネスメールや口語表現でも頻出の使えるフレーズですのでぜひここで覚えて使い方をマスターしましょう。 」です。 具体的には、「この度は貴社に多大なるご支援を頂いたこと、深く感謝いたします。 」などの形で使用します。 この表現は、相手の支援や厚意を受けたことに対しての自分の真摯な感謝の気持ちを丁寧に伝える類語表現です。 「深く感謝いたします。 」を「深謝します。 」「大変感謝しております。 」などの形に換えて応用することもできます。 このフレーズには「感謝」という分かりやすい言葉が入っているので、相手にもストレートに感謝の気持ちを伝えられる便利な類語表現の一つです。 「喜ばしく」とは「嬉しく」と同じ意味の言葉です。 それに、「思う」を丁寧語にした「思います」という言葉が重なる形でしばしば会話内で使用されます。 この「嬉しく思います」という表現は、丁寧な敬語表現ではありますが、目上の人だけではなくまだそんなに会ったことや会話をしたことがないために関係が深まっていない人に対して使うこともできます。 具体的な例文としては「お気遣い頂きましたこと、嬉しく思います。 」などの形で使用します。 嬉しいの英語の使い方の1つ目は、「I'm glad to hear that. 」です。 これを分かりやすい日本語に直訳すると、「それを聞けて嬉しいです。 」という意味になります。 意訳すると「そう言って頂けて嬉しいです。 」という意味にもなります。 「to hear that」の部分を例えば「to see you」の形にすると「I'm glad to see you. 」という形となり、「あなたに会えてよかったです。 」という意味にもなります。 to以下に自分が嬉しい、良かったと思える行為当てはめて表現するのが基本的な形になります。 」です。 分かりやすい日本語に直訳すると、「それを言ってくれてありがとう。 」という意味になり、意訳すると「その言葉を聞けて嬉しいです。 」という意味になります。 thatが相手の自分に対する発言を表す代名詞です。 この表現を応用したものでよく使われるのが、「Thanks for letting me know. 」です。 直訳すると「知らせてくれてありがとう。 」という意味で意訳すると「知らせてくれて嬉しいです。 」となります。 日常生活でもビジネスシーンでもよく使われる英語表現のうちの一つです。 ぜひ活用しましょう。 」です。 直訳すると、「そんなことを耳にできるなんて光栄です。 」となり、これが転じて「そんなことを言って頂いて嬉しいです、光栄です。 」という意味で使われます。 カジュアルな英語表現の中でも少し堅いイメージの強い丁寧語のこの「It is It's such an honor... 」というフレーズは、例えば何かのコンテストやスピーチで賞を受賞した人が使うフレーズとして定着化しています。 ビジネスでも大勢の前のスピーチなどで使われることが多いでしょう。 「嬉しい」を積極的に使ってコミュニケーションに生かそう! この記事では、「嬉しい」の敬語表現である「嬉しく思います」謙譲語、丁寧語である「嬉しく存じます」などの類語を含め、その意味や使い方について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたか?沢山の例文の中から、「これは使える!」というものをぜひ一つでも見出し、今日から活用して頂ければと思います。 特にビジネスのシーンでは敬語が正しく使えるか?が自分のキャリアアップに影響してくることもあります。 特に敬語に苦手意識がある人、またまだ社会人経験が浅い人にとっては大変な部分もあるかと思いますが、失敗しながら少しずつその使い方をマスターしていきましょう。 何事も小さな努力から始めることが鍵です。 下記の関連記事では、ビジネスメールでもおなじみの「有難いお言葉」や「感謝の限り」など「ありがたい」という気持ちを表す敬語フレーズを数多くご紹介しています。 当記事同様、参考になる情報ばかりですので、気になる方はぜひこちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

次の

「嬉しいです」のビジネスでの言い換え方7選!例文も紹介|MINE(マイン)

ありがたい限りです 敬語

「なるべく」はどう使う?正しい意味 「なるべく」という言葉は、文脈や使い方によっていくつかの意味にとることができます。 詳しい意味から解説します。 「なるべく」には「可能な範囲で」という意味がある 「なるべく」は、「可能な範囲で」という意味です。 相手に何かを依頼する場合などに使うことができます。 たとえば、「なるべく早く作成してください」というのは、「可能な限り早く作成してください」という意味になります。 また、「相手にこうしてほしい」という気持ちを「強調」するような意味もあり、「なるべく出席してください」というのは「可能な限り出席してください」という意味になります。 「なるべく早くお願いします」は「至急」の意味も 「なるべく早くお願いします」という言い方もよくある表現です。 「可能な範囲で早く」という意味ですが、この場合は特に「至急」の意味で使われることも少なくありません。 そのため、「なるべく早くお願いします」と言われた場合には、のんびりと構えるのではなく、至急案件として対応するのが正しい解釈です。 類語は「できるだけ」「可能な限り」「できれば」 「可能な範囲で」という意味の「なるべく」には、できるだけ・可能な限り・できれば・できる限り、などといった類語があります。 どの類語も、そのまま置き換えて使うことが可能です。 また、「なる丈(なるたけ)」という言葉も、「なるべく」の類語のひとつです。 「なる丈」という言葉は、地域によって使用頻度に差があるため誤解されやすいのですが、厳密には方言ではありません。 「なるべく」の類語として、同じ意味で使用することができます。 「なるべく」は敬語表現ではない 「なるべく」という言葉は、「成る」という単語に助動詞の「べし」(連用形)がついたもので、漢字で書くと「成るべく」となり、敬語表現ではありません。 ビジネスシーンで使うこともありますが、目上の人に使う際には配慮が必要だというのは覚えておきたいポイントです。 「なるべく」の敬語表現、ビジネスでのルールは? 「可能な範囲で」「できる限り」といった意味のある「なるべく」という単語は、ビジネスシーンでもよく使われています。 ここでは、ビジネスで使う際の注意点を紹介します。 同僚や部下には使用可能、上司はNG 先述したように、「なるべく」という言葉は敬語表現ではありません。 そのため、仕事で使う際、同僚や部下には使用可能ですが、上司や取引先など目上の人には使わないほうが無難です。 例えば、「なるべく早くお願いします」という言い方は、フランクな印象を与えてしまうだけでなく、場合によっては上から目線ともとられかねません。 「なるべく」という言葉を使うのであれば、部下や対等な関係である同僚にとどめておくのがおすすめです。 ビジネスでは「できるだけ」が適切 ビジネスのかしこまった間柄や上司など目上の人には、「なるべく」ではなく「できるだけ」といった言葉を使うのが適切です。 ほかにも、「可能な限り」といった表現もビジネスシーンでおすすめの表現で、「なるべく」の代わりに使うことができます。 「なるべく」と「できるだけ」の違いに注意 「なるべく」の敬語表現は「できるだけ」ですが、厳密にいうとそれぞれニュアンスが異なります。 たとえば、「なるべく早く作成してください」と「できるだけ早く作成してください」という表現では、「できるだけ」を使った文のほうが「なんとかして早く仕上げないと」という印象を受けます。 これは、「できるだけ」という言葉が「最大限の努力」といったニュアンスを含むからです。 「できるだけ」はビジネスシーンでも使える表現ではありますが、使い方によってはひっ迫した印象を与えかねません。 不要に急かすことのないよう、配慮が必要です。 「なるべく早く」はどう書く?ビジネスメールで便利な言い換え 「なるべく」を敬語にすると「できるだけ」という表現になりますが、特にメールで書く場合には異なる言葉に言い換えたほうが良いケースもあります。 ビジネスメールやビジネスシーンでおすすめの言い換えフレーズを紹介します。 自分が対応する場合は期日を明確に 「なるべく早めにご連絡差し上げます」というように、自分が対応することに対して「なるべく」を使うことは、ビジネスシーンでも問題ありません。 ただし、「なるべく」という表現だけでは、相手とってはあいまいです。 できるだけ期日を明確に示すのがおすすめです。 たとえば、「なるべく早めに対応いたしまして、遅くとも金曜日にはご連絡差し上げます」という言い方をすると、「なるべく」がいつなのかが分かるので、相手も都合をつけやすくなります。 誤解も生じにくく、双方にとってプラスにはたらきます。 「なるべく早くお願いします」は「早急に」が便利 ビジネスメールでも敬語表現の「できるだけ」を使い、「できるだけ早く」や「できる限り早く」と書くこともありますが、特に文字にした場合には「早急に」という表現が便利です。 「早急にご対応頂きますようお願い申し上げます」というように使います。 「早急」は至急よりも緊急性は低いとされていますが、目上の人に急いでお願いしたい案件がある場合に便利な表現です。 「できるだけ早く」というよりも、重要度が伝わりやすいという側面もあります。 まとめ ビジネスシーンで「なるべく早く」という言うこともありますが、敬語としては不向きです。 「できるだけ」や「可能な限り」といった類語に言い換えるのが無難です。 また、ビジネスでは「なるべく」というあいまいな表現ではなく、期日を明確にする表現も好まれます。 誤解が生じにくく、良好な関係につながるのでおすすめです。

次の