足ブラ観覧車。 観覧車

“足ブラ”、“二重式”…日本にある珍しい観覧車

足ブラ観覧車

ペディとポーリーが「二人でハート」でお出迎え! 四国で最初に選んだのは、香川県丸亀市「 ニューレオマワールド 」。 四国最大級ともいわれる遊園地は、事前情報だと 夜のイルミネーションも期待大なんですって!良いねえ。 観覧車のイルミは大好物ですぞ。 まずは、名前も電車もかわいい「 ことでん( 高松琴平電気鉄道 ) 」の岡田駅で降りる。 あいにくの大雨なのだが、駅からでるシャトルバスには先客がたくさん。 この本降りでもみんな行くんだー!って思っていたら、遊園地で降りたの私だけ。 みなさん終点のホテルへ直行のようで、いきなりひとりぼっちになってしまった。 ( 無料シャトルバスは本数かなり少ないので、を要確認。 ) 余談だが、レオマワールドに「 ニュー 」が冠したのが2004年。 その頃私は高校生。 学校のイベントでディズニー行くぞーという時、友達いなかったし、ひとりになるのが嫌で風邪( 仮病 )で休んだ。 次の日、風邪( 仮病 )で行かれなかった私をおもんぱかった先生が、お土産のお菓子を買ってきてくれたのだ。 ミッキーが微笑んでいた。 入園ゲートをくぐると、あの頃見たミッキーと雰囲気が似てる ペディとポーリーが、仲良くハートマークなんか作って微笑んでいる。 もう大丈夫。 私もニューに生まれ変わったのだ! プロフィール すずやす 誕生年月 : 1987年5月 住 所 : コスモクロック21がちかいとこ 性 別 : 男性 ぼっち観覧車(1人観覧車)やっています。 100ヶ所目指して西へ東へ。 ブックマーク• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 100•

次の

“足ブラ”、“二重式”…日本にある珍しい観覧車

足ブラ観覧車

絶叫系遊具に比べて、人に優しいはずの観覧車で事故があった。 【大型連休最終日の6日午前、丸亀市綾歌町の遊園地「ニューレオマワールド」で、大観覧車(約50メートル)に乗ろうとした松山市内の女性(62)が、ゴンドラと地面の間に足を挟まれ、右足を骨折していたことが7日、わかった。 遊園地の運営会社・レオマユニティー(高谷昌宏社長)は、観覧車の緊急停止や運行を中止せずに運転を続け、丸1日たって県に事故を報告した。 (中略)観覧車に設置されたゴンドラ24台のうち、2台ある座席がむき出しになった「足ブラ観覧車」(2人乗り)に女性が座った直後、進行方向の地面に右足をついたため、金属製の踏み台と地面のすき間(10~15センチ)にかかとが巻き込まれたという。 】(【】内は記事から一部引用、Google ニュース/読売新聞:2008年5月8日) 驚くのは、「観覧車の緊急停止や運行を中止せずに運転を続け」ていた事だ。 遊園地にとっては、かきいれ時の連休中の事とは言え、乗客の安全より企業の利益が優先する、遊園地経営者の企業倫理は厳しく問われなければならないだろう。 同記事に掲載された観覧車の画像を見ると、「足ブラ」型と密閉型のゴンドラが混在する観覧車でありながら、乗降部分の形状はそうした混在型に対応した構造になっていないようだ。 今後の調査に委ねなければならないことだが、もし一般型の観覧車のゴンドラの一部を後に「足ブラ」型に変更していたとなれば、単に乗降時の安全誘導・喚起などの要員の問題ではなくなる。 香川県が立ち入り調査に入ったそうだが、前記の点での検証も欠かせない。 遊具運用開始後の重大な仕様変更による事故ならば、その事の県への報告があったのか、その事を県が許可したのかも、重要な検証点となる。 なお、該当観覧車は当面運転中止となったが、当然の対応だろう。 しかし、次の県の担当者の発言は、香川県自体の安全認識にも問題があるようだ。 【同室は「全国的に遊園地の遊具の事故が問題になっており、安全対策を指導しようとしていた矢先だった。 利用者を第一にした対応を徹底してもらいたい」としている。 】(【】内は同上記事から一部引用) 「全国的に遊園地の遊具の事故が問題」になったのは最近の話ではない、昨年の「エキスポランド」での死亡事故後には、全国的な遊具の一斉点検も行われた。 その際の対象遊具は高速走行系(絶叫系)の遊具が中心だったが、遊園地の指導監督にあたる県としては、観覧車を含む他の遊具も絶叫遊具ほどの綿密な点検はともかく、目視程度の点検の指示や安全指導があってしかるべきだ。 だから、県担当者の「安全対策を指導しようとしていた矢先だった。 」では、県自体が「利用者を第一」にしているか疑わしい、そんな県の姿勢を取り繕う言いわけとして、私には感じられる。 ゴンドラの仕様変更を見逃していたなら、県の責任も問われるだろう。 「こどものあそび(遊び方)」は、次のページでいろいろ紹介しています。

次の

観覧車

足ブラ観覧車

ペディとポーリーが「二人でハート」でお出迎え! 四国で最初に選んだのは、香川県丸亀市「 ニューレオマワールド 」。 四国最大級ともいわれる遊園地は、事前情報だと 夜のイルミネーションも期待大なんですって!良いねえ。 観覧車のイルミは大好物ですぞ。 まずは、名前も電車もかわいい「 ことでん( 高松琴平電気鉄道 ) 」の岡田駅で降りる。 あいにくの大雨なのだが、駅からでるシャトルバスには先客がたくさん。 この本降りでもみんな行くんだー!って思っていたら、遊園地で降りたの私だけ。 みなさん終点のホテルへ直行のようで、いきなりひとりぼっちになってしまった。 ( 無料シャトルバスは本数かなり少ないので、を要確認。 ) 余談だが、レオマワールドに「 ニュー 」が冠したのが2004年。 その頃私は高校生。 学校のイベントでディズニー行くぞーという時、友達いなかったし、ひとりになるのが嫌で風邪( 仮病 )で休んだ。 次の日、風邪( 仮病 )で行かれなかった私をおもんぱかった先生が、お土産のお菓子を買ってきてくれたのだ。 ミッキーが微笑んでいた。 入園ゲートをくぐると、あの頃見たミッキーと雰囲気が似てる ペディとポーリーが、仲良くハートマークなんか作って微笑んでいる。 もう大丈夫。 私もニューに生まれ変わったのだ! プロフィール すずやす 誕生年月 : 1987年5月 住 所 : コスモクロック21がちかいとこ 性 別 : 男性 ぼっち観覧車(1人観覧車)やっています。 100ヶ所目指して西へ東へ。 ブックマーク• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 100•

次の