浮気調査 line 履歴。 【浮気?】旦那がLINEのトークを削除してる|消した履歴を見るには?

LINEを使って自分で浮気を調べる方法

浮気調査 line 履歴

LINEが浮気に使われるのはなぜ? LINEには以下のような便利な機能が備わっているため、浮気相手と簡単に繋がれますし、浮気の証拠を隠すことが可能です。 まず簡単に連絡先の交換ができ、チャットだけでなく通話やビデオ通話などが無料で使えます。 そして相手の表示される名前を変えることが可能で、通知も相手ごとにOFFにすることが出来ます。 他にもLINEのトーク内容を一括削除できたり、トーク履歴を非表示にすることもできます。 そして万一の時は、相手をブロックして証拠を隠すことが出来るのです。 このようにLINEには、浮気の証拠を隠すことが出来る機能が備わっています。 LINEを使った浮気調査の具体的な方法 では実際にLINEを使って浮気の証拠を掴むための、具体的な方法を紹介していきます。 LINEにロック(パスコード)がかかっているか確認する LINEアプリには、ロック(パスコード)をかける機能が備わっています。 スマホ本体にではなく、LINEにわざわざロックをかけているとすれば、浮気の可能性があります。 LINEのロック機能は、LINEアプリそのものと、トークの相手ごとにかける方法があります。 もし特定のトーク相手にロックがかけられているとすれば、浮気相手の可能性があります。 トーク相手の名前を変えていないか確認する LINEでは、トーク相手の名前の表示を変えることが出来ます。 そのため、もし浮気をしているなら本人とは別の名前に変えている可能性があります。 トーク内容を見て名前と不自然な点がないか確認しておきましょう。 非表示にしているトーク相手がいないか確認する LINEの非表示機能を使えば、トーク相手を個別に非表示にすることができます。 そうすると、友達一覧から表示が消えます。 非表示リストに載っているトーク相手の中から、浮気相手と思われる人物を見つけたら、「編集」を押すとトーク履歴が確認できます。 ただ、トーク履歴を確認すると、非表示リストから相手が外れてしまいますので、 トーク内容を確認したら再び非表示リストに戻します。 非表示リストに戻すには、相手のトーク画面で長押しして「非表示」を押します。 トーク履歴を非表示にしている相手がいないか確認する LINEは、トーク履歴そのものを非表示にすることもできます。 その場合、浮気が疑われる相手のトーク画面を開き、トーク履歴を再表示して確認していきます。 LINEの未読メッセージを確認する 浮気相手と思われる相手とのトーク内容を確認したくても、LINEのメッセージを読むと、既読が付いてしまいます。 そんな時、既読を付けずにメッセージを確認する方法があります。 スマホの設定を「機内モード」にすると、メッセージを未読のまま読むことが出来るのです。 機内モードにするとインターネットの繋がりが切れるためで、メッセージを確認した後は、再び機内モードをOFFにします。 しかしスマホの中には、 機内モードにしても既読が付く機種もあるため注意してください。 LINEで使われるスタンプを確認する 浮気が疑われるケースとして、「LINEでのスタンプ」が挙げられます。 浮気相手とLINEをしていると、普段なら使わないような可愛いスタンプや、購入したスタンプを使うようになる場合があります。 中には、浮気相手からスタンプをプレゼントされる場合もあります。 今までそっけない返信やスタンプだったのが、ある時から凝ったスタンプを送るようになったら、浮気の可能性が疑われます。 トーク履歴をバックアップして確認する パートナーのスマホからLINEのトーク内容を確認する時間があまり取れず、後で確認したい場合、LINEのトーク履歴のバックアップ機能を使って確認する方法があります。 その場合、スマホに送信したメールアドレスの履歴が残っているので削除しておきます。 パートナーのLINEアカウントでパソコンからログインして、トーク内容を確認する パソコン版のLINEアプリをパートナーのアカウントでログインすることで、LINEのトーク内容をパソコンでも確認することができます。 ログインするには、相手の「メールアドレス」と「パスワード」が必要です。 パソコン版のLINEアプリにパートナーのアカウントでログインすると、パートナーのスマホのLINEにログイン通知が届きます。 その後、パソコン版のLINEに認証用の数字が表示されますので、それをスマホに入力する必要があります。 そのため、相手のスマホが手元にないとできません。 ログインに失敗したり、ログアウトした後に再びログインしてもスマホに通知が届きます。 その場合、すぐにLINEの通知を削除することで、相手に気付かれることなくパソコンからLINEのトーク内容を確認することができます。 その際、パソコン版でのトーク内容も、未読メッセージを読むと既読になりますので注意が必要です。 しかし、この方法は、相手のLINEアカウントを乗っ取ることになります。 例え夫婦だとしても「不正アクセス禁止法」の、他人のIDやパスワードを勝手に使用して、他人の情報に勝手にアクセスする「なりすまし行為」にあたり、違法行為になります。 訴えられる覚悟もして、自己責任で行うかどうか考えてください。 LINEをモニタリングするmSpyアプリを使う方法 まとめ 以上が、LINEを使ってパートナーの浮気を確かめる方法になります。 しかし、この方法を使って浮気の証拠を掴んだとしても、実際に相手を追求するには不十分です。 なぜなら、相手から言い逃れされたり、勝手にLINEを覗いた事を怒られる可能性があるからです。 そのため、あくまで更に浮気の証拠を掴むための情報収集の一つとして扱う方が良いでしょう。

次の

LINEスタンプの使用履歴、購入履歴、プレゼント履歴から浮気を発見する方法!

浮気調査 line 履歴

自分で浮気調査: LINE(ライン)から浮気を見破る方法! 最終更新日:2020. 22 メールアドレスの交換よりも、LINEでつながるのは簡単。 そんな理由から簡単に友達になり、軽い気持ちから浮気に発展するケースが増えています。 便利なスマホアプリ「LINE」には、浮気をしていてもその証拠を隠すことができる機能が備わっているので、ここでは、LINEから浮気を見破り証拠を手に入れるために、その機能を熟知し、使いこなす方法を紹介していきます。 相手に気が付かれないように、実行できることからコツコツと試していきましょう。 ラインの設定から浮気調査する方法:その1. パスコード(ロック)がかかっているかチェック スマホの本体にパスコードをかけるロックとは別に、LINEアプリ自体にロックをかけることができます。 わざわざLINEにパスコードをかけ、ロックしている場合には、見られたくない、都合の悪い内容のトークをしているのかもしれません。 この場合は浮気をしている可能性があると考えても良いでしょう。 ラインのアプリ自体にロックをかけるパターンと、トーク相手個々にパスロックをかけるパターンがありますが、 トーク相手にロックがかかっているようであれば、浮気相手である可能性が高いと判断できます。 ラインの設定から浮気調査する方法:その2. 非表示にしている友達がいないかチェック LINEにロックがかけられていない場合、あるいはロックが解除できた場合、次にやるべきことは、非表示にしている友達がいないかをチェックしましょう。 LINEの「友達の非表示機能」を使えば友達一覧から一時的に表示を消すことができます。 非表示機能で隠された友達=スマホをチェックされたときのために、隠された浮気相手という可能性があります。 この「非表示リスト」に浮気相手かもしれないアイコンを見つけた場合、「編集」ボタンを押すことにより、トーク履歴を確認することができます。 トーク内容を確認した後は、必ずチェックした相手をトーク画面から長押しして「非表示」ボタンをタップし、「非表示リスト」に戻しておきましょう。 ラインの設定から浮気調査する方法:その3. トーク相手を違う名前に変えていないかチェック 「非表示リスト」に怪しい友達がいなかったからといって、油断してはいけません。 LINEでは、表示される名前を自由に変更することができます。 浮気相手と怪しまれないように、あえて同性の名前に変更している場合があります。 名前とトークの内容を見比べて、不自然な点があれば、それは浮気相手と疑ってもよいでしょう。 ラインの設定から浮気調査する方法:その4. トークを非表示にしている相手がいないかチェック 上記3. と同様に、「非表示リスト」に怪しい友達がいなかったからといって、油断してはいけません。 ラインは、名前を非表示にしなくても、浮気相手とのトーク履歴自体を非表示にして隠すこともできます。 少し手間がかかりますが、片っ端から、怪しいとおもわれる人物のトーク画面を開いて、「トーク」をタッチしてトーク履歴を再表示して確認していきましょう。 もしも、浮気の証拠となりえるものがあれば、必ずあなたのスマホのカメラでトークの履歴を撮影するようにしましょう。 このようなとき、バレないようにLINEの未読メッセージを見る方法を紹介します。 未読メッセージのチェックをしたい場合は「機内モード」に設定してからトーク画面を開けば、相手に既読をつけずにトークを確認することができます。 機内モードにすることによって、インターネットとのつながりを断ち切ることができるため、向こうに既読の通知が行かないようになるのです。 確認した後、機内モードを解除すれば相手に既読が付くことはありません。 普段、あなたにはそっけない返信、ありきたりなスタンプしか送ってこないのに、ある日を境に、可愛いスタンプ、購入したスタンプを送ってきたら、浮気している可能性を疑ってもいいでしょう。 浮気相手とLINEをしていると、気持ちが高ぶり、それを表現したい気持ちで、LINEの有料スタンプを購入することがあります。 また、浮気相手からスタンプをプレゼントされ、共有することもあります。 ラインから浮気の証拠をつかみたい、そんな時には、トーク履歴をバックアップしてあとでゆっくり確認する方法をとりましょう。 ログインするために必要なのは、登録された「メールアドレス」と「パスワード」です。 夫婦や交際期間が長い相手であれば、「メールアドレス」と「パスワード」がある程度予想できるかもしれません。 LINEの乗っ取り問題における対策として、PC版にログインすると、即座に、本人のスマホに通知が来る機能が追加されました。 「LINE」という名前のアカウントから、本人のトークへ通知がきます。 そして、スマホのLINEに認証用の数桁の数字が表示され、それをスマホに入力しなければなりません。 ログインに失敗した場合でも通知が届くので注意が必要です。 相手のスマホをそばに置き、PC版のラインアカウントにログインし、「LINE」という名前のアカウントから、下記の通知が来たら、即座に削除すれば、ばれることなく、PCでLINEアカウントを乗っ取ることができます。 違法行為であるということをきちんと理解し、訴えられる可能性もあるという覚悟が必要になります。 あくまでも自己責任で行うようにしてください。 【参考情報】 浮気を見破るためにLINEをモニタリングするアプリの紹介 mSpy/iPhone・Android mSpyを相手のスマホにインストールしてしまえば、自分のスマホからLINEのトーク履歴や情報をモニタリングすることができるスパイアプリです。 mSpyの公式サイトには、 「LINEで送受信されたメッセージが、お客様のコントロールパネルに届けられます。 」とあります。 自分で浮気調査:LINEのモニタリング以外に、mSpyでできること• GPS機能で位置情報の取得やルートの確認• 通話履歴の確認• SMSやSNSでのやり取りをモニタリング• 写真や動画をモニタリング• ネット使用状況、閲覧履歴をモニタリング• カレンダーとアドレス帳へのアクセス 上記以外にも、様々なモニタリング機能を持ち合わせています。 mSpy利用の注意事項 「mSpy」は有料版のみになっていますが、有料に値する様々なサービス内容がありますので、公式ページを確認ください。 mspyダウンロード公式ページ iPhone・Android版: 最も重要な注意点は以下になります。 大変便利なmSpyというアプリですが、 利用者に無断でアプリをインストールして利用する、 ロックがかかっている携帯・スマホのパスワードをネットワークなどを介して入手する、 このような行為は、 「不正指令電磁的記録供用罪」 「不正アクセス禁止法違反罪」に該当する可能性がありますので、ご自身の判断と違法行為に注意して、mSpyを使ったLINEの浮気調査を行いましょう。 【参考情報】 LINEから浮気を見破ることはできる ここまで読んでいただいて、LINEから浮気をしているかどうかを、見破ることができるということはお分かりいただけたと思います。 LINEのトーク内容を見ることができれば、浮気相手とのトーク内容から関係や様子を知ることができます。 しかし、このLINEから調べた浮気の証拠ですが、相手を追及する証拠としては不十分です。 トークの内容を理由に浮気を追及しても、言い逃れをされる可能性、あるいは、勝手にLINEを見たとして、逆切れされる可能性が高いからです。 LINEで集めた証拠は、さらに詳しく事実を知るための情報源として使うのが有効です。 今後、LINEから浮気の証拠を見つけようと考えている方は、あくまで自己責任、無理に浮気の証拠を探し出そうとするのではなく、情報収集のひとつの手段として考えておくことをおすすめします。 【参考情報】 どうしても浮気の証拠をつかみたい、という方は、ご相談ください。 相談は何度でも無料です。 ひとつずつ、あなたの悩みを解決していきましょう。 「自分で浮気調査: LINE(ライン)から浮気を見破る方法!」をご覧いただきましてありがとうございました。 あわせて読まれている関連記事 ・本当の事が知りたい ・家族関係を修復させたい ・慰謝料を請求したい ・有利な条件で離婚したい ・とにかく話を聞いてほしい もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。 一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。 緊急・即日対応も可能です。

次の

LINEトークを削除しても復元して浮気/不倫を見破る方法・裏ワザは?

浮気調査 line 履歴

みなさんはLINEトークで秘密がバレテしまったり、内緒でしていた浮気や不倫の証拠がLINEトークによってバレテしまったていう経験はありませんか。 日頃からLINEトークを活用している人いなら、人には見せられない内容がたくさんあるかと思います。 ここではその浮気や不倫の原因となりうるLINEトークの特徴やポイントについて紹介します。 またLINEトークには日頃から人に見られても大丈夫なように小細工をしている人もいます。 そんな人のLINEトークの特徴についても紹介します。 またLINEトークは消した場合どのように復元できるか知っていますか。 不倫や浮気のLINEトークを削除した場合でも実は簡単にLINEトークは復元することができます。 もしLINEトークを復元したい人がいれば参考にしてみてください。 それではまずは不倫や浮気を等をしていて、裏ワザでLINEトークンい小細工している人のLINEの特徴について紹介します。 日頃からバレないようにLINEトークに裏ワザを仕掛けている人に葉特徴がありますので、ここでは一般的なポイントについて紹介します。 まずは浮気や不倫などでLINEトークに小細工をして、裏ワザをしている人の特徴としてトークリストの上にいるのに、一部のトークの履歴がないLINEトークがある人は非常に怪しいです。 意図的にLINEトーク内の内容を消した可能性があります。 浮気や不倫の証拠になりやすいLINEメッセージを削除しいる人がいます。 もし相手や旦那さんのLINEトークでそのような特徴がある人は気を付けてくけてください。 そして浮気や不倫などでLINEトークに小細工をして、裏ワザをしている人の特徴としてLINEメッセージを削除していることでトークのやり取りが不自然になっていて、会話としてでつながっていないLINEトークがある人は気を付けてください。 旦那さんや相手の人はLINEメッセージを定期的に消した可能性があります。 日頃から旦那や相手の人のLINEトークを見る機会は少ないかと思います。 なので浮気や不倫の証拠となりやすいLINEメッセージを削除している可能性があります。 またLINEメッセージを削除している場合は、相手側のLINEトークには残っているため浮気相手や旦那さんの不倫相手にバレる可能性がありません。 なので旦那さんや相手の人は日頃からLINEメッセージを削除している可能性があります。 また最後に浮気や不倫などでLINEトークに小細工をして、裏ワザをしている人の特徴として旦那さんや相手のLINEトークがトークリスト順に並んでいるのに、中身のLINEトークが一切なかったり何もLINEメッセージのやり取りがない場合あります。 そのような場合はLINEトークを旦那さんや相手の人は意図的にLINEトークを消した可能性が高いです。 LINEトークを消したとしても、LINEデータは残っているので不倫相手や浮気相手にはばれることはありません。 なので証拠を消した可能性があります。 このようにLINEトークやLINEメッセージを削除している人には裏ワザを行っている特徴があります。 なので基本旦那さんや相手の人のLINEトークを見ていると不自然さに気が付くと思います。 しかし消したLINEトークは復元が可能です。 それでは旦那さんや相手の人のLINEトークの不自然にLINEメッセージを消した痕跡があったり、裏ワザでLINEトークが不自然になっていた場合どのようにして消したLINEトークを復元できるか皆さんは知っていますか。 実はLINEトークは日頃からバックアップを取得していると簡単に復元することができます。 本当は浮気や不倫のLINEトークを復元するためというよりデータが消えてしまったりしたときにLINEトークを復元するため利用します。 しかしLINEトークを意図的に消した旦那さんや相手の人のLINEトークも簡単に復元することができるので、ぜひこの機会にLINEトークの復元方法について知っておくと今後役に立つときがあるかもしれません。 それではまず旦那さんや相手の浮気や不倫のLINEトークを復元する方法として、LINEトークのバックアップ機能について紹介します。 これは名前の通りでLINEトークのバックアップからLINEデータを復元して、浮気を見破るのに役に立ちます。 LINEトークのバックアップは、iCloudやGoogleドライブなど色んなストレージにLINEトークのバックアップをとることができます。 このバックアップはどの端末にも復元することができるのでもし旦那さんの端末がない場合でも復元できます。 このようにLINEトークのバックアップを日頃からとっている人は、万が一LINEトークを旦那さんや相手の人が消した場合でもLINEトークのバックアップがあれば、復元して浮気を見破ることができてしまいます。 次に旦那さんや相手の浮気や不倫のLINEトークを復元して見破る方法として、iPhoneアナライザーのツールを利用する方法もあります。 みなさんは「iPhoneアナライザー」というツールはご存知ですか。 「iPhoneアナライザー」とはiPhone端末の通話履歴やメッセージ・検索・LINEやSkypeなどの交信内容のデータをパソコンで解析することができるツールです。 悪用されたり色々と問題があり現在利用制限や利用禁止があったりしているので注意してください。 しかしiPhoneやLINEのデータを復元できるツールはたくさんあり、万が一LINEトークを旦那さんや相手の人が消した場合でも簡単に復元して、浮気や不倫の証拠を解析できてしまうので知っておくと便利なこともあるでしょう。 また次に旦那さんや相手の浮気や不倫のLINEトークを復元して見破る方法として、「PhoneRescue」というツールがあります。 この「PhoneRescue」は一般的にデータが破損したり、データを復元したいときに利用するツールです。 なのでLINEトークも復元できます。 浮気や不倫のLINEトークを削除して安心している旦那さんや相手の人は、まさか裏ワザの「PhoneRescue」等の復元ツールを利用するとは思っていないと思うので、こっそり準備しておくといいかもしれません。 それではここでは不倫や浮気の証拠を旦那さんや相手の人が削除してしまった場合にLINEのトークをバックアップから復元する方法について紹介します。 浮気をしている人は咄嗟にばれたくなくて、LINEトークを削除した場合があります。 しかし浮気の証拠となるLINEトークをバックアップと取っている場合は、その浮気のLINEメッセージを復元して見破る証拠にすることもできます。 ここでは一般的なLINEトークをバックアップより復元する方法を紹介します。 しかし浮気のLINEトークが消した状態でLINEトークのバックアップをとっても浮気の証拠となるLINEトークは復元できます。 浮気のLINEメッセージが残っている状態でバックアップを取っておく必要があるのでご注意ください。 またLINEバックアップを取得している場合でも、必ず旦那さんや相手の人のスマートフォン端末に復元する必要はありません。 なので浮気の証拠となるLINEトークのバックアップをとったら、利用していない端末やパソコンに送信しましょう。 またiCloudやGoogleドライブにLINEのトークをバックアップを取っている場合は、メールでLINEトークのバックアップは送信できないので注意してください。 なのでその場合に「LINE keep」を利用するようにしてください。 なので自分の端末等に浮気の証拠となるLINEトークのバックアップを送る場合「LINE keep」を利用するようにしてください。 そうするとどの端末でも浮気の証拠となるLINEトークを確認することができます。 それでは次に「iPhoneアナライザー」による浮気や不倫を見破る裏ワザについて紹介します。 「iPhoneアナライザー」とはiPhone端末の通話履歴やメッセージ・検索・LINEやSkypeなどの交信内容のデータをパソコンで解析するためのアナライザーiPhoneです。 自分や他の人に貸与したiPhoneのバックアップデータに残されているデータを取り出したい時に利用します。 iPhoneアナライザー無料版はWindows VISTA以降 パソコンに無料でインストールすることができます。 iTunesでバックアップを取っておいたデータを復元することで通信内容や通話履歴などの情報を解析することができます。 そんな「iPhoneアナライザー」を利用して浮気や不倫を見破る裏ワザについて紹介します。 iphoneアナライザーは、「バックアップ」を行った時点のLINEやメールでの履歴を閲覧する事ができるので、バックアップ時点で履歴に残っていたLINEは見ることができます。 トークを削除してもすでに保存されているので、過去の内容を確認する事ができます。 iphoneアナライザーを使用するのにパスワードロックを解除する必要はありませんが、対象者のiphoneでバックアップ作業をする必要があるので、うまく誘導できなければパスコードを解析して一度バックアップをする必要があります。 iphoneアナライザーはリアルタイムに他者の携帯内容を閲覧するものではありません。 しかし、バックアップをした内容の中に「appleID」のパスワードがあればLINEをパソコンにダウンロードすることで同じLINEのトーク履歴を閲覧する事ができます。 なのでPhoneRescueから浮気や不倫を見破ることができます。 PhoneRescueはあくまでもデータを復元するためのそふとです。 相手がデータを削除してしまったり、データがない状態で利用するので必ず浮気や不倫の証拠となるかはわかりません。 また浮気を怪しんでいても勝手に人のスマートフォン端末のデータを復元したり、閲覧することは個人情報保護法に引っかかるので注意してください。 必ず旦那さんや相手の人に相談してから利用することをおすすめします。 それではまず浮気や不倫のデータを復元できる「PhoneRescue」のインストール方法を紹介します。 「PhoneRescueのインストール」はパソコンにダウンロードしてからインストールする方法になります。 なのでパソコンを準備してください。 1)PhoneRescueを公式サイトからダウンロードします。 WindowsとMac両方対応なので、ご利用のOSによって、PhoneRescueをダウンロードしてください。 2)PhoneRescueをインストールします。 Windows版の場合:ダウンロードしたexeファイルをクリックし、パソコンにインストールします。 Mac版の場合:ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックして、PhoneRescueアイコンをApplicationsフォルダにドラッグします。 次に浮気のデータ復元ができる「PhoneRescue」の使い方について紹介します。 1)PhoneRescueを立ち上げ、iPhoneを接続すると、下の画面が表示されます。 2)PhoneRescueは3つの復元モードを提供しています。 バックアップを持っていない場合は、「iOSデバイスからリカバリー」を試しください。 右下の矢印をクリックして、復元したいカテゴリを選択し、デバイスをスキャンしましょう。 3)スキャンが終わったら、結果画面が表示されます。 削除された項目のみ、または既存の項目のみを表示可能です。 復元したいデータを選択し、右下のデバイスまたはパソコンマークをクリックして、データをデバイスまたはコンピュータに復元できます。 日頃スマートフォン端末でLINEを利用している人はパソコン版のLINEにあまり親しみがないと思いますが、裏ワザで浮気を見破ることができます。 パソコン版のLINEにログインしたことがない人は、スマートフォン端末で利用するときとログイン方法が異なるの調べてみてください。 またスマートフォン端末もパソコンのログインには必要なので近くに準備しておいてください。 それでは浮気の原因をLINEのパソコン版でログインすることで見破る方法について紹介します。 ただ旦那さんや相手のLINEに勝手にログインすることもよくないので、必ず前もって許可を得ておきましょう。 また先程から説明している通り、パソコン版のLINEにログインするとLINEメッセージがスマートフォン端末のLINEに飛びます。 なのであなたが浮気調査していることがすぐにばれてしまいます。 可能であれば削除した方がいいでしょう。 LINEアプリのマークをしたLINEトークが対象なのでトークを削除するかメッセージを削除してしまった方がいいかもしれません。 しかし勝手に旦那さんや相手のLINEにログインすることはあまりいいことではありません。 浮気が怪しいと思っていることを伝えて、浮気調査のために浮気メッセージや浮気トークがないか確認させてほしいことを伝えて、ちゃんと相手に許可をもらってから浮気調査することをおすすめします。 浮気や不倫が怪しいと思った際の裏ワザとしていくつかデータの復元方法やLINEパソコンの活用方法を紹介しましたが、ここでは浮気調査のためにデータ復元する際の注意点について紹介します。 ぜひ参考にしてください。 もしこの注意点をちゃんと守って、浮気調査や浮気メッセージ浮気トークをLINEで確認していたらあなたが今度は旦那さんや相手の人からの信用を失い、もっと大変なことになる可能性もあります。 なのでぜひチェックしてみてください。 一番良い方法は相手にちゃんと相談してから、浮気調査や浮気メッセージや浮気トークを確認した方がいいと思います。 もし相手が気にせず見せられるのであれば、そこからデータの復元をしてみましょう。 そして浮気調査のためにLINEの浮気メッセージや浮気トークがあるかを確認する前にまずは旦那さんや相手人とちゃんと相談して、話し合いましょう。 浮気調査をして浮気メッセージや浮気トークがあるかが大事ではありませんよね。 大事なのは浮気をしていなかったり、浮気をもうしないと約束することです。 浮気調査をして、浮気メッセージや浮気トークがあるかを発見しても誰も幸せにはなれません。 なのでまずは相談して、話し合うことをお勧めします。 ちゃんんと話し合うがあれば、自然と相手から浮気をしていたら誤ってきますし、あなたも浮気メッセージや浮気トーク見たくありませんよね。 なので今後も付き合いたいなら、今後のことを踏めて話し合いましょう。 またいくら浮気調査のためや浮気を確信していても勝手に旦那さんや相手のLINEを見たり、データを復元することはやめましょう。 もし相手が浮気をしていても、それがあなたが勝手にLINEを見たことが原因だとすると、もっと大変です。 あなたは浮気をしている相手が悪いと思うかもしれませんが、周りから見る勝手にLINEを見ることも同様なくらいに悪いことであるともう人もいます。 なので必ず相手に許可を得てから、浮気調査をするようにしてください。 万が一LINEに浮気メッセージや浮気トークがあったとしても、あなたも勝手にみて見つかったら相手に言いづらくなると思います。 なので必ず勝手に見るのはやめて、相手に相談してからLINEの浮気調査をしてください。 またあなた人には浮気調査のために人にLINEをみせることはできますか。 もしかしたら相手からも浮気調査のためにLINEの調査をしたいと言い出すかもしれません。 なのでそんな時にあなたがLINEを見せることができないとさらに事態はややこしくなります。 相手の浮気を疑っている前にもしかしたあなたも浮気をしているかもしれません。 なので気を付けてください。 いくら相手が怪しいと浮気を疑っていても、実はあなたも相手からは怪しまれいるかもしれません。 そうなるとLINEを見せられますか。 相手のLINEを見せるように言うと相手もLINEを見せてくれと言ってくる可能性は非常に高いです。 なのでLINEを自分もせられるようにしておく必要があります。 もちろん削除していても相手もデータを復元する可能性はあります。

次の