ヘアアイロンメンズ。 人気のヘアーアイロン メンズランキング

メンズヘアアイロンのおすすめ14選。おしゃれなヘアスタイルを決めよう

ヘアアイロンメンズ

メンズのヘアスタイルをお洒落に決めようと思ったら、トップは自然にふんわりさせながら毛先は無造作に遊ばせたり、バランスよく軽く外ハネさせたりと、メリハリをつける必要があります。 メンズの髪型は、実は女性以上に細かい部分にこだわってメリハリをつける必要があるのです。 こういったスタイリングは、ドライヤーよりヘアアイロンでやるほうがずっと容易にできます。 またメンズの短い髪は寝ぐせがつきやすいですが、そういったピンポイントの直しが素早くできるのもメリットです。 髪の内部はたんぱく質が大きな比重をしめており、これらたんぱく質は結合しています。 この結合のつりあいがとれている場合は髪はまっすぐ、バランスが崩れている場合はうねりやくせ毛に繋がります。 ヘアアイロンは、熱を加えることで髪内部のたんぱく質の結合のしかたを変化させ、髪にかたちを作っています。 そのためヘアアイロンでセットしたスタイルは長く持たせることができます。 メンズ向けヘアアイロンを選ぶポイント ストレートアイロン ヘアアイロンにはストレート用、カール用、兼用の2種類がありますが、メンズのヘアスタイルはストレートタイプがおすすめです。 カール用は女性が大きなカールを点けたりパーマ風にスタイリングするときに向いたものです。 また兼用タイプはストレートにもカールにもしにくく中途半端なものがあります。 ストレートタイプは髪をストレートにしかできないわけではなく、ある程度はカールにも対応できます。 メンズが最初に選ぶならストレートタイプがいいでしょう。 チタンコーティング スタイリングするときは、ヘアアイロンの先端のプレート部分で髪をはさみこんで熱を加えます。 このプレートは、 チタン、 セラミック、 テフロンなどアイロンによって素材が異なります。 どれが使用されているかで熱伝導率が変わってくるため、素材はアイロン選びの重要なポイントです。 おすすめしたいのはチタンコーティングされているアイロン。 またセラミックも良いでしょう。 熱伝導率が高いため、短時間で効率よく髪のセットが行えます。 最高温度の高いものを選ぶ 髪は、熱によって内部のたんぱく質の結合状態が変わり、カールやストレートになることはすでに述べました。 それより低い温度でじんわり熱を与えているとセットに長い時間がかかり、髪を傷めてしまいます。 できるだけ短い時間でスタイリングすることが髪のダメージを少なくするコツです。 ヘアアイロンは、最高温度が高いものを選びましょう。 美容師がおすすめするメンズ向けヘアアイロン5選!! 温度はデジタルディスプレイで確認できますので、しっかり高温になってから使うことができます。 素早いスタイル作りができるので、髪のダメージを最小限におさえられるでしょう。 温度上昇スピードが早いのも大きなメリット。 コード接合部が回転しますので、細かなスタイリングでもコードが絡まったりせず、取り回しがしやすいのもおすすめポイントです。 価格と性能のバランスがとれたアイロンです。 ヘアアイロンを使う際の注意点 髪が濡れている状態で使用しない 使用するとき注意したいのが、髪が濡れた状態で使用しないということです。 髪の表面は キューティクルがうろこ状に覆い、内部の たんぱく質や水分を保持しています。 ところが、髪が濡れるとキューティクルは自然と少し開く性質があります。 これは刺激に対してとても弱い状態です。 そこにヘアアイロンで直接高熱を加えると、 内部や表面の潤いが一瞬にして蒸発してしまいます。 これは水蒸気爆発と言われる状態です。 これが起きると毛髪内部まで傷みます。 さらにキューティクルからたんぱく質が流れ出し、乾燥してパサつきやキシミが起こります。 できるだけ髪のダメージを避けてヘアアイロンを使うには、まずはきちんと髪を乾かしてから使うのが鉄則です。 長時間同じ箇所に当てない しっかりスタイリングしたいからといって、髪の同じ場所にずっとアイロンをあて続けるのは良くありません。 髪の主成分であるたんぱく質は、熱を与えすぎると質が硬く変性してしまいます。 変性がすすむと炭化してしまい、髪は大きなダメージを受けた状態となります。 これは、例えばお肉を焼き過ぎて焦がしてしまったようなもの。 炭化した髪は、もう何をしてももとのしなやかさのある髪には戻ることはありません。 がさつきやごわつきのある髪になってしまいます。 ダメージを少なくしようと低温にする人がいますが、これではなかなか髪をセットできす、結果的に長時間当てる必要がでてきます。 アイロンを使う時は高温にして、短時間だけさっと髪にあててスタイリングしていくことが大切です。 ヘアアイロンの使い方のポイント ヘアオイルをつける ヘアアイロンをあてることで髪が受けるダメージには、摩擦もあります。 髪を直接プレート部分に挟み込んで押し当てるようにして熱を加えるので、高熱だけでなく摩擦によるダメージも受けてしまうのです。 そこで少しでも摩擦による傷みを軽減するためには、アイロンを使用する前に髪にヘアオイルを塗布するようにしてください。 ヘアオイルが髪の表面を コーティングすることで、摩擦ダメージを軽減し、熱からも保護してくれます。 なお、ヘアオイルはたくさんつけすぎると髪がべっとり重たくなりますので、少量を手に取ってて手のひらに広げ、毛先から少しずつ上に向かって伸ばしていくようにしましょう。 また、つけるのは根元の手前までにします。 根元までべったりつけると髪がうまく立ち上がらなかったり、頭皮について毛穴詰まりを起こす可能性がありますので注意してください。 オイルをつけた後は、髪が乾いてからアイロンを当てるようにしましょう。 おすすめのヘアオイルはこちらから 毛髪の中間から毛先に当てる 髪をたくさんはさみこんで使うと、まとまりの内部にまで熱が伝わりにくく、かたちにムラができてしまいます。 ヘアアイロンを使う時は、毛束をとりすぎないようにするのがコツです。 髪の短いメンズは全体をブロッキングする必要まではありませんが、少しづつプレート部分に挟み込み、短時間でさくさくセットをすすめていくようにしましょう。 また根元ぎりぎりにヘアアイロンを当てるとおかしな段がついたり、ハネすぎたりすることがあります。 中間部分から毛先にかけて当てるようにしましょう。 まとめ ヘアアイロンのメリットや使い方のポイント、メンズにおすすめの商品を紹介してきましたが、いかがでしたか。 ヘアアイロンというと女性向けのイメージがあるかもしれません。 しかしヘアアイロンを上手く活用することで、 ドライヤーよりもずっと簡単にメリハリの利いたおしゃれなスタイルを作ることができます。 ヘアアイロンはメンズこそ使ってほしいアイテムと言えるでしょう。 ぜひ使い方をマスターして、モテ髪メンズスタイルになってください。

次の

ヘアアイロンの使い方!メンズの自然なストレートや外ハネに!

ヘアアイロンメンズ

レディースとメンズヘアアイロンの違いは? レディースとメンズヘアアイロンの違いは、明確ではありません。 髪に熱を与えて癖づけるという仕組みは男性も女性も同じなので、メンズ用・レディース用どちらとして販売されていたとしても、男女問わず使うことができます。 ただ、メンズヘアアイロンはメンズの短い髪をセットしやすいように、プレートの幅が狭めのものが多いです。 また、男性は女性と違って髪を巻くことがあまりないので、メンズヘアアイロンはストレートタイプのものが多くなっています。 メンズヘアアイロンを使うメリット ヘアスタイリングの幅が広がる メンズヘアアイロンを使うメリット1つ目は、まずヘアスタイリングの幅が広がること。 ヘアアイロンは、熱で髪表面の癖やごわつきを抑え、サラサラでまとまりやすい髪に整えることができます。 また、毛先をハネさせたり、根元を立ち上げたりといった、ブローでは難しいスタイリングも簡単です。 ヘアセットが長時間キープできる 熱で髪に癖づけをするセットは、ドライヤーのブローでも可能です。 しかし、ドライヤーはヘアアイロンより温度が低く、直接熱を与えるわけではないので、ヘアアイロンよりセットをキープできる時間が短いです。 メンズヘアアイロンを使えば、一度癖づけした髪を長くキープすることが可能。 セットが崩れやすい、雨の日や湿度が高い日でも、快適に過ごすことができるためおすすめです。 くせ毛・天パを真っ直ぐにできる くせ毛・天パは、メンズヘアアイロンで一時的にですが真っ直ぐにすることができます。 これはブローやワックスでは難しく、メンズヘアアイロンを使う以外はストレートパーマをかけるしかありません。 ただ、ストレートパーマをかけると、伸びてきた根元のうねりが気になったり、逆にくせ毛を生かしたスタイリングが楽しめなくなるというデメリットがあります。 そのため、くせ毛・天パの方もより幅広い髪型が楽しむためには、メンズヘアアイロンがおすすめなのです。 メンズヘアアイロンの種類 ストレートアイロン 出典: ストレートアイロンとは、その名の通り髪をストレートにするためのアイロン。 2枚の真っ直ぐなプレートで、髪を挟んで滑らせるという使い方です。 角部分までプレートが回っているタイプの商品であれば、ゆるくウェーブをつけたり毛先をハネさせるといったスタイリングもできます。 機能が少ない分、コンパクトで価格も安いので、主に髪を真っ直ぐにする目的でメンズヘアアイロンを使う方は、ストレートタイプがおすすめです。 カールアイロン 出典: カールアイロンは、他に「コテ」と呼ばれることもあります。 円柱形のプレートに髪を巻きつけてカールをつける仕組みで、径が太いほどカールが大きくなります。 「19mm」「26mm」「32mm」「38mm」の4種類が一般的ですが、髪が短いメンズには細かく巻ける19mmがおすすめ。 やや髪が長めのメンズでも、26mmまでのものがおすすめです。 2wayアイロン 出典: 2wayアイロンとは、ストレート、カールの2つの機能を持つヘアアイロンのことです。 カールアイロンの円柱が真ん中で2分割されていて、その間に髪を挟めばストレートアイロンとしても使えるという仕組みになっています。 2wayアイロンは、幅広いスタイリングを楽しみたいメンズにおすすめ。 ただし、パーツが多いので壊れやすかったり、機能が多い分値段が高くなりがちという注意点もあります。 メンズヘアアイロンの選び方 プレートの幅で選ぶ 出典: ストレート・カール・2way全て、メンズヘアアイロン選びの鍵となるのがプレートの幅です。 プレートの幅が数mm違うだけでも、使いやすさに大きく影響します。 細かいスタイリングはプレート幅の狭いタイプを プレート幅が狭いメンズヘアアイロンは、メンズの短い髪でもスタイリングしやすく、細部にまでこだわったセットができます。 具体的には、ストレートアイロンなら11〜15mm程度、カールアイロンなら19mmがおすすめです。 時短させたい方はプレート幅の広いタイプを 幅が広いメンズヘアアイロンは一気に多くの毛束をセットでき、ヘアスタイリングが時短できます。 ただ、あまりに幅広すぎると短い髪を挟みにくかったり、細かいスタイリングができずセットが決まらないので注意が必要です。 また、カールアイロンは径の太さとスタイリングの時間にはあまり関係がなく、カールの大きさだけが変わります。 時短したいメンズがストレートアイロンを選ぶなら、幅20〜30mm程度のものがおすすめです。 設定できる温度を確認する メンズヘアアイロンは、プレートの幅の他にもう一つ、温度の設定についてもチェックしましょう。 温度調節ができるメンズヘアアイロンは、癖付けの強さやダメージ度合いを自分で調節でき、髪質に合わせたスタイリングができます。 ダイヤル式 ダイヤル式のメンズヘアアイロンとは、持ち手についたダイヤルを回して温度調節するタイプです。 デジタル式 デジタル式のメンズヘアアイロンは、アイロン本体に温度表示画面がついていて、ボタン操作で温度調節をするタイプです。 ダイヤル式より調節の自由度は低いですが、温度が一目でわかるので間違えにくく、誤ってダイヤルが回ってしまうこともないというメリットがあります。 温まるスピードをチェックする メンズヘアアイロンは、設定温度に温まるまでのスピードも重要です。 短時間で温まるものほど、ヘアスタイリングが時短できます。 時短を重視してメンズヘアアイロンを選ぶ場合、商品説明に記載された「立ち上がり時間」をチェックするのがおすすめです。 メーカーにもよりますが、熱伝導率の高いセラミックコーティングのプレートが、立ち上がり時間が短い傾向があります。 髪の毛が傷まない工夫がされているか 最後に、髪のダメージを軽減する工夫がされているかどうかもチェックしましょう。 低めの温度に設定できたり、イオン発生機能が付いていたり、プレートにダメージを抑えるコーティングがされていたりと、各社様々な工夫をしています。 髪のダメージ度合いは、元々の髪質やアイロンの使い方によって異なるので、どれが優れているとは断定できませんが、プラスアルファの要素として考慮しましょう。 メンズヘアアイロンのおすすめメーカー サロニア(SALONIA) 出典: サロニアは、株式会社I-neが展開している美容家電ブランドです。 ヘアアイロンの他に、ドライヤーやトリートメントといったヘアケアアイテムを幅広く展開しています。 サロニアのヘアアイロンは、プレート幅15mm〜のものが販売されていて、メンズの短い髪もキャッチしやすく、またコンパクトで持ち運びにも便利なのがポイント。 全ての商品が、海外でも使える100V~240V対応なので、旅行好きのメンズや出張が多いメンズにおすすめのブランドです。 アレティ(Areti) 出典: アレティは、ヘアアイロンをはじめとした美容家電や、シェーバー、電動歯ブラシ、イヤホンなどまで幅広く製造している日本のメーカー。 また、火災防止のため15分で自動的に電源が切れる機能や、基本の1年保証+3年延長保証(別途申請が必要)など安全性と充実したサポートも魅力です。 品質と安心感を重視したい方におすすめのブランドです。 SALONMOON 出典: SALONMOONは、アメリカやヨーロッパの一流ブランドの製品を10年以上製造してきたヘアケアブランドです。 SALONMOONのヘアアイロンは、品質が良くてコスパが高いのが魅力。 ほとんどの商品が3,000〜4,000円くらいで購入でき、温度調節の幅や立ち上がりの早さといった機能面も申し分ありません。 また、モノトーンのシンプルなデザインなので、メンズが使っても違和感がなく、デザイン重視の方にもおすすめです。 メンズヘアアイロンのおすすめランキング10選 10位 アズスタイル 男のヘアアイロン 15mm 出典:• メーカー名:アズスタイル• 価格:8,580円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:セラミック• プレート幅:15mm• 温度調節:ダイアル• 加熱時間:30秒• その他機能:クッション機能• 本体重量:150g• メンズの短く太い毛も根元からキャッチすることができ、スムーズにスタイリングすることができます。 また、温度調節ダイアルは「Lモード(細い髪)」「Mモード(普通の髪)」「Hモード(太い髪)」という独自の基準になっていて、ヘアアイロンに詳しくないメンズも直感的に選ぶことが可能。 使いやすさにこだわってメンズヘアアイロンを選びたい方におすすめです。 9位 Onedam スリムイオンアイロン 11mm 出典:• メーカー名:Onedam• 価格:13,395円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:アクリルウレタン• プレート幅:11mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:不明• その他機能:特殊マイナスイオンプレート加工• 本体重量:499g• ポーチ:なし Onedam スリムイオンアイロン 11mmは、他にはなかなかない11mmの極細ヘアアイロン。 短い髪でも無理なくセットできるので、短髪のメンズやもみあげ部分のスタイリングにおすすめです。 また、プレートには特殊マイナスイオンコーティングを施していて、キューティクルの補修を促し、より健康な髪に導くことができるのもポイント。 8位 MOCREO ミニヘアアイロン 15mm 出典:• メーカー名:MOCREO• 価格:2,899円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:セラミック• プレート幅:15mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:249g• ポーチ:なし MOCREO ミニヘアアイロン 15mmは、まず3,000円以下の手頃な価格が魅力。 基本はストレートアイロンですが、プレートの角部分を使ってカールをつけることもできるので、幅広いスタイリングに対応可能となっています。 低価格で機能が幅広いので、初めてメンズヘアアイロンを購入する方にぴったり。 また、100〜240Vに対応していて海外でも使えるので、旅行用に購入するのもおすすめです。 7位 AmoVee ストレートヘアアイロン 11mm 出典:• メーカー名:AmoVee• 価格:3,999円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:チタニウム• プレート幅:11mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:422g• ポーチ:なし AmoVee ストレートヘアアイロン 11mmは、コンパクトかつストレート、カールの2つのスタイリングが楽しめるヘアアイロン。 基本はストレートアイロンですが、プレートの角がカールしているので軽いウェーブをつけることができます。 プレート幅が狭めで、多用途に使えるメンズヘアアイロンをお探しの方におすすめです。 6位 アレティ ヘアアイロン 2way 15mm 出典:• メーカー名:アレティ• 価格:8,870円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:セラミック• プレート幅:15mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:458g• ポーチ:なし アレティ ヘアアイロン 2way 15mmは、熱伝導効率の高い純セラミック製プレートを採用。 コーティングではないので表面が剥がれたりして機能が落ちることがなく、長く愛用できる商品です。 立ち上がりの早さや安全性といった機能面も申し分ないので、高品質なメンズヘアアイロンをお探しの方におすすめ。 カラーはインディゴとホワイトの2色展開で、好みに合わせて選べるようになっています。 5位 ヴィダルサスーン ストレートヘアアイロン 24mm 出典:• メーカー名:ヴィダルサスーン• 価格:3,200円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:クリスタルブラックコーティング• プレート幅:24mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:325g• ポーチ:あり ヴィダルサスーン ストレートヘアアイロン 24mmは、メンズヘアアイロンとしては幅が広めの24mm。 髪が長いメンズ、髪が多めのメンズにおすすめです。 セラミック配合のクリスタルブラックコーティングで、髪の滑りがよくダメージを軽減できるのもポイント。 プレートも含め黒一色のスタイリッシュなデザインや、有名メーカーという信頼感、購入しやすい価格も魅力となっています。 4位 Tinna カール ストレートヘアアイロン 12mm 出典:• メーカー名:Tinna• 価格:3,460円• アイロンタイプ:2way• 素材:セラミック• プレート幅:12mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:U型デザインプレート• 本体重量:558g• ポーチ:なし Tinna カール ストレートヘアアイロン 12mmは、プレートにカーブがついた「U型デザイン」が最大の特徴。 このデザインによって、ストレート・カール・ウェーブなど幅広いスタイリングが楽しめます。 機能や温度調節が幅広く、価格も3,000円台なので、コスパのいいメンズヘアアイロンをお探しの方におすすめです。 3位 SALONMOON ストレートヘアアイロン 15mm 出典:• メーカー名:SALONMOON• 価格:3,499円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:チタニウム• プレート幅:15mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:90秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:440g• ポーチ:なし SALONMOON ストレートヘアアイロン 15mmは、プレート素材に高密度マイナスイオンを発生させる「ミラーイオンチタニウム」を使用。 マイナスイオンで髪を補修しつつ、摩擦を低減することで、髪へのダメージを減らしてスタイリングができます。 髪への負担を重視してメンズヘアアイロンを選びたい方におすすめです。 2位 サロニア ストレートアイロン 15mm 出典:• メーカー名:サロニア• 価格:3,218円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:アルミニウム• プレート幅:15mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:276g• ポーチ:なし サロニア ストレートアイロン 15mmは、チタニウムコーティングしたアルミニウムプレートを採用。 軽さと、熱伝導の早さの両方を実現しています。 また、コンパクトかつシンプルなデザインもポイントで、デザイン重視でヘアアイロンを選びたいメンズにもおすすめ。 カラーはホワイトとブラックから選ぶことができ、時期によっては限定カラーが発売されていることもあります。 1位 アレティ ストレート ヘアアイロン 15mm 出典:• メーカー名:アレティ• 価格:4,384円• アイロンタイプ:ストレート• 素材:チタニウム• プレート幅:15mm• 温度調節:デジタル• 加熱時間:30秒• その他機能:マイナスイオン• 本体重量:458g• ポーチ:なし アレティ ストレート ヘアアイロン 15mmは、24段階の温度調節機能やヤケド防止グリップ、万が一温度が上がりすぎてしまうと自動で電源が切れるフューズなど、細かなプラスアルファ機能が充実したヘアアイロンです。 また、商品を使用した後でも、満足できなければ返金を受けられる「30日お試しキャンペーン」や、保証の3年延長サービスなど、安心感も抜群。 日本メーカーらしい細かな気遣いが特徴なので、信頼感重視でメンズヘアアイロンを選びたい方におすすめです。 ヘアアイロンの使い方・ポイント おすすめの温度 ヘアアイロンの温度は、高いほどスタイリング力が高いですが、その分髪へのダメージも大きいです。 かといって、低すぎてもなかなか癖がつかず、長時間使用することになって結局髪に負担を与えてしまいます。 この間で、髪質や癖の強さに合わせて温度を選択しましょう。 当然ですが、プレートを触ってしまうとやけどするので、初心者は十分気をつけましょう。 誤って手などで触ってしまう以外に、もみあげをセットするときに耳に当たったり、襟足部分のセットで首をやけどしてしまうケースも多いので注意してください。 心配な方は、プレートが外に露出していないタイプのヘアアイロンを選ぶのがおすすめです。 使い過ぎは髪の毛へのダメージに ヘアアイロンは、どんなにダメージに配慮してあっても、熱を使う以上、確実に髪にはダメージを与えます。 毎日高温で使うと、髪がチリチリになってしまうこともあるので、アイロンを使うのは必要な時・必要な部分のみに留めましょう。 また、髪をしっかり乾かしたり、トリートメントを毎日行うといった、ヘアケアに力を入れるのもおすすめです。 外出時の消し忘れにも注意 ヘアアイロンの消し忘れは、火災の原因になります。 ヘアアイロンを使ったあと、付けっ放しにしたまま放置することがないよう、十分注意しましょう。 外出時には電源を消すだけではなく、コンセントから抜いておくと安心です。 また、うっかり消し忘れてしまいそうな方には、自動オフ機能がついたヘアアイロンもおすすめです。 ヘアセットに欠かせないヘアワックス・スプレーもチェック まとめ 近年は、メンズの使いやすさにこだわった、幅が狭めでコンパクトなヘアアイロンが増えてきました。 価格も3,000円台から入手でき、おしゃれなメンズは誰もが持っていて当然になりつつあります。 メンズヘアアイロンがあるだけで、スタイリングの幅が確実に広がりますので、とてもおすすめのアイテムです。

次の

最強おすすめメンズヘアアイロン20選!自分に合うヘアアイロンを使ってカッコイイを作ろう

ヘアアイロンメンズ

Contents• おすすめヘアアイロン ヘアアイロンを使用する前に、持っていない人がいれば、 購入する際の判断基準として、おすすめのポイントを知っておきましょう。 おすすめの温度設定 ヘアアイロンの設定温度は低温〜220度までできればベストです。 おすすめの大きさ 小さいサイズのものが、ダントツで使いやすいので、 小さめ(特にプレート幅部分3cm程度)のものをお勧めします。 小さいと、小回りがきく&毛束を掴みやすいので、 セットが楽になります。 プレート素材も判断素材として プレート素材によって髪への熱の伝わり方が変わります。 チタン セラミック テフロン 摩擦が少ない・耐久性が高い。 熱の伝道が早い・ムラにならない 摩擦が最も少ないが剥がれやすい ヘアアイロン選びで悩むならこれ 自分に使いやすいヘアアイロンを手に入れたら、 実際に使ってサロン帰りのヘアスタイルをゲットしましょう。 どのヘアアイロンテクニックを使用する際にも重要なポイントの• 同じところに集中して当て続けない• ヘアアイロンで挟む毛束は少なく(熱を伝わりやすくする)• 立たせたいところは根元からアイロンしない• 根元までヘアアイロンを入れすぎない(火傷します) は必ず覚えておきましょう。 ヘアアイロンを使用する前に ヘアアイロンを使用する前に、 髪の毛にダメージを与えないように前準備をしておきましょう。 髪の毛はしっかりと乾かす 朝シャン・お風呂上がりの濡れた髪の場合は、 髪の毛から水気がなくなるくらいに完全に乾ききるようにドライヤーで乾かしましょう。 髪が濡れた状態(湿気た)でヘアアイロンをすると、 ダメージがハンパないので、髪を触って湿気を感じないレベルに乾かしましょう。 そのため、ヘアアイロンを使用する際は髪の毛の保護も兼ねて、 洗い流さないトリートメントの使用をおすすめします。 ワックス・スプレー後にアイロンをした方がシャープなニュアンスになったり、 固まりやすいので裏技的に使用する方は多いのですが、 その分やり方を間違えるとヘアセットの手直しができないので要注意です。 自然なストレートにしたい場合 くせ毛の人必見のヘアアイロンで自然なストレートにするテクニックとコツです。 特に前髪などがピンと一直線にならないように、 緩やかなカーブになる 自然な仕上がりにする際に使えるテクニック。 まずコームで髪をとかす 平たいクシで前髪などストレートにしたい部分をとかします。 クシでとかさないと髪が重なって熱が伝わりにくいので、 しっかりとかしましょう。 髪の毛をダッキング(仕分け)する ヘアアイロンの熱が伝わりやすいように、 前髪の場合はオデコの生え際から段を分けて、 おでこに近い髪から少ない毛束で徐々にアイロンをしていきましょう。 根元付近にアイロンを入れたらすぐに内巻きにアイロンする ヘアアイロンで髪を挟んで2秒程度で、 おでこに沿うようにヘアアイロンを通します。 手首を内側に動かすようにしてすることがポイント。 軟毛で髪が細い方は、前髪のボリュームがなくなるので、 なるべく 根元から1cmはヘアアイロンを離すと、 ボリュームもキープできて 自然な仕上がりになります。 外ハネや毛束を作りたい場合.

次の