もやし 洗う 必要 ある か。 もやしは洗う?洗わない?正しいのは○○だった| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

もやしを生で食べると危険なの?こんなときは食中毒に要注意!

もやし 洗う 必要 ある か

スポンサーリンク 豆苗はそのまま食べれる? 購入した豆苗は加熱せずに、そのまま食べれる野菜です。 サラダに入れるとシャキシャキとした食感がすごく美味しいので、時間がない時の簡単メニューとしてもおすすめ! ただし そのまま食べれるのは購入して始めて収穫した豆苗のみで、収穫後に再生栽培した豆苗は菌が繁殖している可能性があるので生食は危険です。 スーパーで売られている豆苗は清潔な屋内で育てられたため安全ですが、自宅だと売られている豆苗レベルまで品質を保つのは難しいので気をつけてください。 ちなみに豆苗は再生栽培を繰り返すほど、細く弱々しくなっていきます。 豆苗は洗う?洗わない? 再生栽培後の豆苗は菌や汚れを落とすため調理前に洗うべきですが、スーパーで売られている豆苗はパックに入っているので汚れることはありません。 またスーパーの豆苗は清潔な屋内で農薬を使わず育てられた商品なので、農薬が付着している心配もありません。 溶き卵とマヨネーズをよくかき混ぜ、油をひいたフライパンでスクランブルエッグを作る• スクランブルエッグを一旦お皿やボウルに取り出し、豆苗を食べやすい大きさに切りフライパンで炒める• まとめ スーパーで購入した豆苗はそのまま食べれるのですが、根元を残して再生栽培した豆苗は汚れや菌をとるため、調理前に洗ってください。 また豆苗の臭みの取り方は加熱調理するか、チーズやマヨネーズなど味の濃い食品・調味料で臭みを誤魔化す方法がおすすめ。 臭みの取り方をどれにするか迷った時は、我が家のおすすめレシピ「豆苗と卵のマヨネーズ炒め」を作ってみてくださいね!.

次の

そろそろもやし洗うべきか否か問題に決着をつけようと思う

もやし 洗う 必要 ある か

皆さんはも やしを洗いますか? それとも洗いませんか? 「洗うにきまってるじゃない」という人もいれば「洗わないよ」という人もいるかもしれません。 今回は洗い方から保存までもやしの扱い方をご紹介します。 そもそも洗うとどうなる? 洗うことによって風味・みずみずしさがアップし、シャキシャキとした食感が出ます。 どうやって洗う? 基本的には水洗いでOKです。 洗い方は人によって様々で、ボールとザルにあける人もいれば、もやしの入っていた袋の中に直接水を入れてそのまま洗う人もいるようです。 この袋に直に水を入れるという考えは私の中にはなかったのでかなり驚きました。 基本的に私はザルにあけて洗いますが洗い終わったあとザルに豆の部分やひげ、折れて短くなったもやしがザルのあの隙間に入り込んでしまっていているんですよね。 引っかかって取れにくいし、洗うの面倒だなぁって思いながらも結局洗う…なんてことをいつも繰り返していたので、今度からはこの方法も取り入れて行こうと思います。 洗い方に関しては好みや状況などで使い分けるのも良いですね。 でも念のため色々調べてみよう…」と思い検索してみれば、なんともやしを洗う派と洗わない派が存在することがわかりました。 両者の意見をいくつかピックアップしてみました。 洗う派• 袋の中でもやしが呼吸しているから空気がこもることによって臭いが発生するのでそれを洗い流すため。 もやしから出た水を洗い流す• 水だけで育て、薬品などを使用していないということは、かえって雑菌に弱く、菌が繁殖しやすい環境にあるので洗浄が必要。 出荷の際、などで殺菌している工場もあるので、それを洗い流す。 袋に洗えって書いてあるから 多くが上記に近い意見が集中していました。 出荷の際のによる殺菌作業は、メーカーによって異なります。 一概に「全てによって殺菌されている」という認識を持つのは危険です。 メーカーによっては薬品を使わず清浄な水での洗浄作業をして袋詰めをし、出荷しているメーカーもあるからです。 袋を開けてみて「ん? 薬品の臭いがするな」「ちょっと気になるな」と感じたら洗うようにしましょう。 洗わない派• 単に面倒くさいから• 出荷前に清浄な水で洗浄しているから• 化学肥料などを使わないで育ててるから大丈夫• 袋に洗わずに使用できると書いてあるものもある。 (ただし加熱調理の必要は有ります)• 結局火を通すから問題ない• は加熱することで食塩と酸素に分解される。 よって洗わない どれも「確かにそれもそうだな。 」と納得できますね。 もやし生産者協会によると基本的に洗わなくても大丈夫と。 書かれていますね。 しかし、製造時きれいに洗浄されて出荷された時と、店頭に並べられ、私たちの手元に届く時では勿論もやしの状態は違いますから、もやしの状態をチェックして私たちで判断する必要もありますね。 他にもこんな意見が…• 茹でるならそのまま洗わずに茹でる• 炒め料理なら洗う• 奥さんは洗ってるけど自分は洗わない• 親と洗う洗わないでけんかした(投稿者の方は洗う派だそうです。 気分による• 気持ちの問題 なるほど料理別に使いわけているのですね。 しかし、もやし一つでけんかにまで発展するとは…たかがもやし、されどもやしですね…。 最終的には「病は気から」という言葉があるように最後の二つの意見で全て解決できそうですね。 笑 個人的な意見ではありますが、私はもやしをはじめとした野菜類は全て洗うようにしています。 一言でいうと「生理的に」この一言で片づけられるのですが、理由を挙げるとしたら、加熱調理をすることで、確かに雑菌などは死滅するかもしれませんが、その作業だけでは古くなったひげの部分だったり、万が一に起きてしまった異物などの付着物の除去は出来ないからです。 数年前に学校給食の調理従事者を対象とした衛生講習会に参加した時は給食などの大量調理施設においての実験報告で、もやしを洗浄した際、床に零れ落ちた水から多くの雑菌(主に)が検出されたという話を聞いたこともあります。 私は当時小学校で給食業務をしていたので初めて聞いたときは衝撃でした。 この話を聞いて以降は念入りに洗うようにしています。 個人宅と集団では規模は全く違いますが、それでも今ももやしに関しては私は5分ほどは水を出しっぱなしにして洗い流すようにしています。 保存方法 もやしは他の野菜に比べて傷むのが早いですよね。 買い物に行って安いからとたくさん買ってきてもいざ使う時に傷んでしまっていては、元も子もないですし、なにより一生懸命作ってくれた方々に申し訳ないですよね。 こういった野菜の廃棄量が増えているのも問題視されているんですよ。 せっかく買ってきたものを無駄にしてしまわないように上手に保存できる方法を 袋に穴を開けてから冷蔵庫で保存 もやしは袋詰めされてからも生きており、呼吸をしています。 買ってきたそのままの状態で冷蔵庫に入れておくと、もやしが酸欠のような状態になってしまい、早く傷んでしまいます。 お店で買ったときはピッタリと真空状態に近くても時間が経つと袋の中が膨らみ、もやしから水が出てきてしまいます。 それを防ぐためには爪楊枝などで1~2か所ほど袋に穴を開けます。 そうすることでともやしの呼吸を助け、傷みにくくできますよ。 もやしは他の野菜よりも鮮度の低下が早いです。 冷蔵庫にしまう時は野菜室へ入れるのではなく、野菜室よりも温度の低いチルドルームで保管するようにしましょう。 野菜室がない場合は野菜室よりも温度の低い冷蔵室に入れましょう。 一度湯通ししてから保存 茹でることによって殺菌してしまいましょう。 生の状態で保存するよりほんの少し長持ちさせることができます。 ここでおすすめしたいのが、実践されてる方もいると思いますが、もやしは「水から茹でる」ことです。 持論ですが豆類って基本的に水から茹でますよね。 「ということはもやしだって豆からできてるからいけるのでは? 」っていうだけの話です。 水から茹でるとふにゃふにゃにならずにシャキシャキとした食感が残るので、サラダやお浸しがおいしく感じるんですよね。 冷凍させる 冷凍も出来ます。 意外ですよね。 冷凍できないものだとばかり思っていました。 袋を開けてしまった場合• (洗ったあと)水気をとる• ひげをとる この処理をして袋に入れれば完了です。 袋を開けていない状態 未開封の袋のまま冷凍する場合は小さな穴をあける必要があります。 そうすることにより、袋内に空気が少し入り、鮮度良く保存することができますよ。 茹でてから冷凍保存する方法もあります。 こちらも同様にしっかりと水分をふき取る必要があります。 やっぱりここでも是非水から茹でてください。 おすすめです。 保存期間としては冷凍庫内の状況や個人差にもよりますが約2週間程度は持つようです。 冷凍したもやしを使うと、解凍時に水分が出てきてしまうのでシャキシャキ感はありません。 そのためサラダやお浸しなどにせず、炒め物、スープに入れるのが良いです。 冷凍させずに少しでも長持ちさせるには? 買ってきたらタッパーなどにうつす• 空気に触れさせないため水をはる• ふたをして冷蔵庫へ保管 注意点として水を毎日変えましょう。 ちょっと面倒ではありますが毎日変えれば状態によっては3日~1週間は持ちます 水を変えないでそのままだと2日ほどしか持ちません。 水に浸すことによってビタミンCなどの水溶性の栄養成分が流れ出てしまいます。 2~3日以上は使わないとわかっていたら冷凍保存の方が良いでしょう。 まとめ• 洗う時は水洗いで!• 洗わない時はもやしが傷んだりしていないかしっかり状態をチェックしましょう。 もやしを保存するときは…• 袋に1~2か所穴を開ける• しばらく使わないとわかっていたら冷凍庫へ! 基本的には個人の好みで洗う方法をかえたり、洗う・洗わないは決めて良いみたいです。 ただもやしの状態をチェックすることが一番大事ですのでその点をわすれないようにしたいですね。 tkdhrk.

次の

もやしは洗う・洗わない?洗い方ってあるの?

もやし 洗う 必要 ある か

もやしは洗う?洗わない?正しいのはどっち!? もやしは、普通は洗わなくても大丈夫です。 でも、習慣で洗っているという人も多いのではないでしょうか。 実はもやしは、洗ったほうが良い場合と、洗わなくても良い場合があるのです。 それぞれの状況に合わせて、使い分けるのが賢いもやしの食べ方かもしれません。 では、もやしを洗う、洗わないを使い分けたほうが良いのはどんな時か、紹介しましょう。 もやしを洗わない もやしは、昔から水耕栽培で作られています。 きれいな水を利用して、豆が持っている滋養だけで育ったものがもやしです。 ですから、袋を破いて、そのままフライパンに投入しても、何も問題はありません。 ただし、あくまでも加熱処理をすることが前提です。 もやしを洗わないことに、デメリットが無いわけではありません。 例えば、生で食べる場合がそれに当たります。 料理レシピサイトにも、生もやしの調理法が紹介されていますから、食べたことがある人もいるかもしれません。 もやしはキレイな水で栽培されてはいますが、その水に殺菌作用はありません。 大腸菌などが付着していた場合、生でたべると中毒を起こしてしまう可能性があります。 袋の中で菌がが繁殖してしまうこともあるかもしれません。 また、稀に洗ってから使うようにと、袋に注意書きのあるもやしがあります。 その場合も、しっかり洗って使うようにしてください。 もやしを洗う もやしを洗うことで、歯ごたえがよりシャキシャキするというメリットがあります。 特に炒め物にもやしを使うときは、サッと洗ったもやしの水気をよく切ってフライパンに入れ、手早く傷めると、もやしの歯触りを楽しむことができます。 もやしを洗うことで、殺菌効果や食感などが期待できますが、一方でデメリットもあります。 まずは、もやしを洗うのは、結構手間がかかります。 もやしをザルにあげたあと、ザルの目に細かなもやしの芽が挟まってしまって、落とすのが面倒だと思ったことがある人は、意外と多いのではないでしょうか。 また水切りをしっかりするとなると、丁寧に作業をしないともやしが折れてしまいます。 次に、せっかくの栄養素が、水に流れ出してしまいます。 もやしは、必要に応じて洗うのが、よいのではないでしょうか。 もやしを洗わないで食べたいなら!新鮮なもやしの見分け方 もやしは袋の中で呼吸をしていますから、古いもやしほど臭いがこもっていたりします。 また日持ちがしないというのも、もやしの特徴です。 もやしを洗わず、火を通して調理するにしても、新鮮なもやしを選ぶことが大切です。 では、新鮮なもやしとは、どんな状態をいうのでしょうか?ちなみに、もやしの袋から空気が抜かれているものと、空気が入ったままのものがありますが、鮮度の見分け方に違いはありません。 新鮮なもやしは、茎の色が透明感のある白で、芽も薄い黄色をしています。 手に持った感触は、パリッとした硬さがあるのが特徴です。 根や芽が茶色くなっていたり、茎が柔らかそうなものは、新鮮とはいえません。 残ってしまったもやしを、自宅で保存する場合も、この新鮮な状態をキープする必要があります。 もやしの袋にそのまま残し、野菜室で保存というのはおすすめできません。 容器にもやしを移し、もやしが浸かるくらいの水を入れ、チルドルームか冷蔵室で保管しましょう。 細目に水を取り換え、早めに食べきってしまうようにしてください。 もやしを洗うと溶け出してしまう栄養素とは もやしは栄養価の高い野菜です。 なぜなら、種子が持っていた栄養素に加え、発芽・成長しながら、新たな栄養素を生成するという特殊な野菜だからです。 代表的な栄養素は、骨や歯の形成に重要なカルシウム、心臓や筋肉の機能を調整するカリウム、赤血球の形成や胎児の正常な育成に重要なヨウ素、炭水化物をエネルギーに替えたり、皮膚や粘膜の健康に欠かせないビタミンB群(特にB1 、ビタミンC、腸を活性化する食物繊維、体内で生成できない各種アミノ酸(特にアスパラギン酸)などが豊富です。 この中で、水に溶け出してしまうのが、水溶性ビタミンであるビタミンCです。 ビタミンCは、汗などでも流れ出してしまうことが知られていますが、免疫力アップや血管の強化・コレステロールの低下・ガンや動脈硬化の予防に有効なビタミンで、体内で作ることができません。 できるだけ大切に取り入れたい栄養素の一つです。 まとめ もやしは洗う?洗わない?あなたは、どっち派でしょうか?それぞれにメリットやデメリットがあるもやしですが、料理に合わせて上手に使い分けたいものです。 そしてこれからも家計の味方、もやしを美味しく食べていきたいですね。

次の