宅配 仕事。 コープの宅配員に転職しようかと迷ってます

宅配の仕事がきつい… 佐川・ヤマトなどの宅配業者を辞めたい人の転職先は?

宅配 仕事

ゆうパック宅配とは? 「ゆうパック宅配」とは日本郵便の郵便事業の中の宅配サービスの総称です。 ゆうパックの運賃はサイズと運送距離で決まりますが、ゆうパックとして扱えるサイズや重さには上限があります。 通常のゆうパックとは別料金にて「チルドゆうパック」「セキュリティゆうパック」代引きゆうパック」などがあります。 基本的には普通郵便物を扱うドライバーとゆうパックの集荷・配送を扱うドライバーは別なようです。 普通郵便物は機動力を最も活かすためにバイク配送が主になり、街中でもよく見かけますよね。 普通郵便で車両を使うのはポストから集荷して郵便局へ運ぶ時と貴重品を扱うケース。 ゆうパック宅配は荷物のサイズ的にバイクでは無理があるので軽4輪での配送を中心に1tバンや2t程度のトラックでの配送になります。 ゆうパックの求人募集は軽4輪での配送が圧倒的に多く、「派遣社員」「業務委託」「アルバイト」と幅広い。 ヤマトや佐川のような徒歩や台車を使う部隊の募集はされていないようです。 他社の宅配荷物がネット通販系の「B to C」が多いのに比べ、ゆうパックは個人間での「C to C」の荷物が多いのが最大の特徴でしょうか。 ゆうパック業務委託は稼げる?稼げない? ゆうパックの求人にはいろいろなパターンがあります。 アルバイトの場合は当然短時間勤務のケースがあるので時給制を用いている。 なお繁忙期にはゆうパックだけでなく普通郵便の配達や仕分けの時給制アルバイトも募集があります。 元請けが間に入って求人を出しているケースは日給制の業務委託契約をよく見かけます。 では収入例としてどれぐらいになるものでしょう? 時給制の場合、エリアや郵便局により若干の違いがありますが、大体時給1,100円前後という感じ。 アルバイトということであまり配達スキルや成果に期待していないのか、最低賃金をちょこっと上回る程度が地域での目安になりそうです。 元請けの下で業務委託としてやる場合は週5日以上で1日8時間が基本条件としているケースが多く、日給は15,000~17,000円の募集をよく見かけます。 配達数ベースの完全出来高制では単価は150円~200円と、こちらもエリアや郵便局によっての違いがあります。 で、結局稼ぎたいならどの報酬形態が良さそう? まあ時給制は論外になりますが、日給制はどんなに頑張っても1日の上限があり月収の上限もあります。 例えば日給15,000円で月に25日稼働できれば月収は375,000円、日給17,000円ベースなら425,000円となり、あとはここから元請けが手数料等を引くかどうか。 一方で配達数の場合、スキルや労働時間を増やすことで収入は青天井にもなりますが、配達完了できない(不在持ち戻り)場合はカウントされないというデメリットもある。 配達単価150円の契約で1日120個完了できた時の日収は18,000円となり日収制を上回りますが、問題は毎日この完了数が保証されているわけではない。 しかしゆうパックの業務委託での収入は月40万円というのが現実的な目安となりそうです。 もちろん単価や日給というベースの金額が数十円・数千円と変わるだけで見えてくる景色もだいぶ変わります。 最初から稼げる甘い仕事はそうそう無いので、ベース金額を変える・変えさせるスキルを身に付けることが稼ぐための近道になります。 ゆうパック宅配ドライバーはきついの? 普段街中を走っているヤマト運輸、佐川急便、日本郵便といったドライバーさん達の姿を見て、どこが一番きつそうに見えますか? 業務委託で宅配仕事をするドライバーのほとんどが中高年です。 大手の請負では社員と同じユニフォームを貸与されますのでドライバーだけ見ると社員と委託の見分けはつきにくい。 ただ車両を持ち込みでやる場合が多いのでまずそこで見分けることができます。 もう一つ、仕草や行動に社員との違いがでます。 社員は一つ一つの動作が機敏で無駄がないし、1件でどれだけの時間を浮かせようかと荷物を抱えて小走りに移動することが多い。 よく「宅配ドライバーはなぜいつも走っているの?」という質問がありますけど、1件をどれだけ少ない時間で消化できるかが生命線です。 稼げない人はこれができない。 運動不足の中高年が宅配仕事で一定の時間内で数をこなさなければならない状況に直面した時に大いにストレスを感じる部分です。 常に時間に追われ見えないノルマとの闘いはどの宅配仕事も同じ。 ゆうパックだからきついのではなく、宅配という仕事の特性上きついのです。 アルバイトの時給制では会社もさほど期待していないのでマイペースでも確実にこなしていれば文句はいわれない(はず)。 しかし業務委託契約ではやる仕事は同じでもその責任と信頼の重みが違います。 それは仕事を始めてみて気が付くことかもしれません。 その重みを感じたとき、初めて本当のつらさを知ることになる。 口コミや想像で「きつい」と言っているうちはただの戯言に過ぎないのです。 どの宅配の仕事にも「楽」は無いと覚悟しておきましょう。 ゆうパック宅配業務委託ドライバーの評判口コミまとめ! ヤマト運輸の値上げにより宅配の需要がゆうパックに流れてきたと聞きます。 とは言ってもヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の個人向け配送量は日本においては群を抜いており大勢に影響が出るほどでもない。 どの宅配仕事も楽ではないし、繁忙期にはドライバーをどれだけ囲い込めるかでハードさの度合いが変わるので現場は戦々恐々。 そんな同じような条件なのになぜヤマト運輸の仕事が目立って叩かれるのか? 多少稼げるとしても働かせ方が人を人として扱っているようには見えず、悪しき会社の体質が浮き彫りになっているからでしょう。 今は何でも簡単に比較ができる時代。 企業同士もライバル社の動向を参考にし合っているのでなかなかサービスとか賃金などに差が出てきませんよね。 業務委託でゆうパックをやる優位性は何か? 人によって感じ方は違いますが、イメージとしてB to C の大手の荷物か C to C のゆうパックかという部分に何を想像できるか? 大量生産品を不特定多数にエンドレスに届けるロボット的な大手の宅配か。 人から人へという気持ちが詰まったオンリーワンな荷物を届ける人間味のある(?)ゆうパックの宅配か。 忙しさの違いはこういう扱う荷物の特性も多少影響しているのではないだろうか? 口コミでは運送仕事はどれもどの会社も厳しく言われています。 どれが良くてどれがダメという判断ができるコメントを見つけるのは至難の業です。 ゆうパックの仕事に優位性を見い出すとしたら・・・ 業務委託のドライバーにも正社員登用の門戸が開かれていることでしょうか。 ただし運送業・日本郵便の正社員になることが正解と言えるかどうか。 それは実際に飛び込んで自分の眼で確かめるしかありません。

次の

佐川急便の委託で宅配の仕事をされている方、教えて下さい! 主人は今求職中なのですが、以前佐川急便の宅配のバイトをしていた時の知り合いから、「俺のように自分で委託の宅配をやってみないか?」と声がかかりました

宅配 仕事

デリバリーの業務の中で大切なこと ・住所を調べる ・配達先に行くこと ・受け渡し 細かくお話しします。 1-1、住所を調べる 住所を調べるときは店舗からお届け先までの道のりを 頭に記憶する作業になります。 短期記憶との勝負です。 一度忘れてしまうと配達の途中で調べなおさないといけないので、次の配達時間に影響します。 同じ方向に何回も配達していると「この団地に行くにはこの道を使おう」と無意識的に頭の中に浮かぶのである程度繰り返すと慣れてきます。 1-2、配達先に行くこと 「迷わない」「事故を起こさない」ことが大切です。 迷うと配達時間に影響することや、焦りの気持ちが出てきます。 事故を起こしてしまうと配達が途中で止まります。 事故は自分が加害者になることもあるので仕方ない部分もあるのですが、迷惑をかけてしまったという気持ちになりすごく落ち込みます。 平常心を心掛けたいのですが、配達時間もあるのでそこのバランスがすごく難しいです。 時間・住所・交通ルールなどを考えながら配達先に行くので実は一番危険リスクがあります。 1-3、受け渡し 無事到着したら受け渡しです。 受け渡す行為がは難しくないです。 気を付けるポイントは おつりです。 頭の中で計算するのでおつりを間違える可能性があります。 ここで間違えると 自腹になることがあります。 基本的な業務はこんな感じです。 繰り返し配達していれば徐々に慣れてきます。 2、そのほかに行う可能性のある仕事 場合によっては行う可能性がある業務を記載します。 2-1、電話対応 電話対応もします。 特にインストアスタッフがピザを作っていて電話に出られないときに対応します。 電話対応の練習もするので、不安要素はないです。 2-2、ポスティング 注文が入らない時間帯や注文が少ない日に ポスティングに行くこともあります。 地図が印刷されたA4の紙を持って1件1件チラシを配っていきます。

次の

元軽貨物ドライバーのリアルガチ体験談【宅配案件】

宅配 仕事

宅配の志望動機の例文・書き方 宅配の仕事は、一般的に「荷物が重い」、「拘束時間が長い」というマイナスイメージを持たれることもあります。 しかしながら、宅配の仕事はよく動くことで体が鍛えられるというメリットがあります。 また、昨今の宅配ニーズの高まりで、採用されやすく、高給を得られる業種でもあります。 必要な荷物を届けることで感謝されるのも、大いにやりがいを感じる側面でしょう。 届け先の感謝をダイレクトに感じることで、多くの人の生活や社会生活を支えているという達成感を味わうことができます。 宅配の仕事では運転技術やスケジュール管理など、配送業に関するスキルを磨くことができるのもメリットといえるでしょう。 経験を積んで、将来起業することも可能です。 宅配の仕事は、物流の根幹を支える社会に不可欠な仕事であり、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。 宅配のトピックや最新の業界情報 今日ではネットの普及によりインターネットショッピングなどが年々増加し、物流の需要が非常に高まっています。 現時点での宅配の現状や宅配業界で取られている対策を見てみましょう。 人手が足りない 宅配便を利用する人が急増する一方、配送員の人材不足は深刻です。 2016年には、増え続ける荷物をさばききれず、遅配が生じて社会問題にもなりました。 配送員の負担やコストが増える再配達も増加し、配送員の長時間労働が常態化して、人材の確保がさらに難しくなる状況が続いています。 人材を増やすための施策 配送員の負担が大きくなる事態を受けて、各宅配業者は人材を増やすための施策を講じています。 長時間労働を抑えるなど配送現場の労働環境を改善したり、宅配BOX・宅配ロッカーの普及で再配達を減らしたりする取り組みはその一例です。 また、人材確保のために福利厚生などの待遇面を見直す企業が増えるなど、少しでも働きやすい環境を作る努力が行われています。 さらに複数の事業者による共同配送も行われ、今後増え続ける荷物への対策が模索されている状況です。 宅配の仕事で必要な資格やあると便利な資格、得られるスキル 宅配の仕事では、普通自動車第一種運転免許や中型自動車第一種運転免許と、一定の運転歴が必要です。 業者の中には運転歴を求めないところもありますが、通常は1年程度の経験が必要です。 宅配の仕事にあると便利な資格 運転免許は普通自動車第一種運転免許のみでOKとするところも多くありますが、大型自動車運転免許やフォークリフトなどの免許があれば採用の際、有利になります。 宅配で働くことで得られるスキル 宅配の仕事は、ただ荷物を届けるだけの単純作業ではありません。 業務を積み重ねることで、いろいろなスキルを身につけることができます。 運転技術や集中力が身につく 宅配の仕事では配送のためにさまざまな場所を訪れるので、その土地や建物に合わせた運転スキルを習得することができます。 狭い道やカーブの多い道などもスムーズに通れるようになり、道にも詳しくなるでしょう。 また、安全運転のための注意力や集中力を身につけることもできます。 運転技術が身につくことで、中型自動車運転免許や大型自動車運転免許取得へのステップアップにもつながるでしょう。 スケジュール管理能力が身につく 多くの荷物を決められた時間通りに運ぶためには、スケジュールを立てて効率的に配送する能力も必要です。 毎日の配送作業で、そのようなスケジュールの管理能力も身につけることができます。 コミュニケーションスキル、マナーなどのビジネススキル 宅配はただ指定の場所に荷物を運べばいいだけでなく、配送先の人と明るく接するコミュニケーション能力や、配送業者として丁寧に応対するビジネスマナーも必要です。 宅配の仕事をしていくなかで、それらのスキルも磨かれていきます。 宅配の仕事内容 次に、宅配の主な仕事内容を紹介します。 出勤して荷物の確認 営業所に出勤してその日に配送する荷物を確認します。 配送ルートや配送の指定時間などをチェックして、届けやすい順番に分類します。 伝票の整理 荷物と伝票を照合し、個数や自分の担当するエリアの荷物で間違いがないかなどをチェックします。 荷物を積む トラックや自動車などに荷物を積んでいきます。 積荷作業では一番遠い場所の荷物から順番に積むなど、より迅速に配送するための工夫が必要です。 各家庭、会社に配送 管轄するエリア内の各家庭や会社に荷物を届けます。 1日の仕事のうちで一番長い業務で、安全運転とスピーディーな配送が求められます。 オフィス街の場合は毎日届ける会社が同じ場合もありますが、住宅街の場合は毎日届け先や個数が異なり、より注意深く配送を行わなければなりません。 集荷 荷物の配達を終えたら、荷物を受け取っているコンビニや集荷を希望する家庭や会社をまわり、荷物を受け取って営業所に戻ります。 宅配の志望動機を書く際のポイント 志望動機を書く際は、さまざまな業種があるなかでなぜ宅配の仕事を選んだのか、宅配のなかでもなぜその企業を選んだのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。 なぜその職種を選んだのか 志望動機を書くときには、数ある職種からなぜ宅配を選んだのかを説明する必要があります。 具体的には、自分がその仕事で何を成し遂げたいのかを明確にしましょう。 宅配の仕事であれば、「必要な物を届けて人々の生活に役立ちたい」といった、宅配ならではの理由を書くようにしましょう。 自分が宅配の仕事に向いていることをアピールする 自分が宅配の仕事に向いていることをアピールするため、宅配に必要な強みを知る必要があります。 体力に自信がある、運転の仕事の経験がある、無事故で運転歴が長い、運転することが好きといった内容は、宅配の仕事をする上で強みになります。 自分がそれらの強みを持ち合わせていることをアピールしましょう。 なぜその宅配業者か 競合する宅配業者がたくさんあるなかで、なぜその業者を選んだのか、その理由を簡潔に述べる必要があります。 例えば、ヤマト運輸であれば、「サービス第一」、「お客様第一」を企業理念にしており、佐川急便は「信頼、創造、挑戦」を企業理念として社会の信頼と共感を得ることを行動の指標にしています。 このように、宅配業者でも企業ごとに理念やコンセプトは異なるので、企業ごとの特徴を知るためにも企業研究は必ず行うようにしましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 私は人付き合いが得意でなく、あまり人と関わらない宅配の仕事が向いていると思います。 宅配の仕事では主に運転スキルが求められるので、コミュニケーションを気にすることなく業務に集中してスキルを向上させられることが志望の一番の理由です。 また、宅配のニーズが増えている今日、採用されやすく福利厚生などの待遇が良くなっていることも大きな決め手になりました。 これまで宅配の経験はありませんが、運転歴は長く、こんな自分でもお役に立てると思い、応募しました。 また、就職しやすいことや待遇が良いことなど自分のメリットしか書いてないのは、良い印象を与えないでしょう。 宅配の仕事は運転できれば経験がなくてもできると思っていることも、仕事への理解が足りないと思われてしまいます。 なぜその宅配業者なのかという、他との差別化もできていません。 宅配の志望動機の例文 次に、実際に選考を通過したESの志望動機の例文を紹介します。 ぜひ、ESを書く際の参考にしてみてください。 私は前職では家電メーカーの営業の仕事をしておりました。 今回、御社で宅配のドライバーを募集していると知り、営業の経験を活かすことができると思い応募いたしました。 宅配の仕事は今まで未経験ですが、営業の経験を通して人の役に立ち、感謝される仕事にやりがいを感じており、宅配の仕事ならそれが達成できると考えています。 御社の応募を決めたのは、御社の「お客様第一」という理念に共感できたからです。 運転することが好きで、安全運転には日頃から気をつけており、これまで無事故無違反です。 御社で仕事をすることになっても、安全運転を心がけ、時間厳守で配送したいと考えています。 また、学生時代は陸上部に所属しており、体力には自信があります。 ぜひ、御社で仕事をさせていただきたく、お願いいたします。 また、志望理由に企業理念への共感を盛り込むことで、説得力を高めています。 運転が好きで得意なことや、自分の強みを活かして貢献できることについても言及し、戦力になると評価される可能性のある文章です。 まとめ 宅配の需要は今後さらに高まっており、宅配は非常に将来性の高い仕事です。 労働環境が整い、待遇も良くなっています。 スキルを積んで将来独立することも可能です。 宅配は人々の生活に貢献する重要な仕事ですから、運転が好きで体力に自信があるなら、ぜひ試してみたい仕事と言えるでしょう。 宅配業者によっても強みは異なるので、志望する業者がどのような強みを持っているのか研究してみてください。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。 就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

次の