ヘーゲル 精神 現象 学。 「ヘーゲル」弁証法や名言とは?著書『精神現象学』や思想も紹介

精神現象学 を読み解く。 ヘーゲル著 世界は精神(ガイスト)であり、世界はガイストの現象 (フェノメノン)であり、世界史は世界精神の弁証法的展開である。 。改訂版

ヘーゲル 精神 現象 学

位置付け [編集 ] ヘーゲルの哲学大系の中では、「精神現象学」とは「」を問題とする哲学の分野である。 「精神現象学」の領域における「意識」の発展を、ヘーゲルのに基づいて示せば、• 意識そのもの• の3段階を示す。 「意識そのもの」の段階では、「的意識」から「」へ、そして「」へと認識が深められる。 次にこのような認識の主体としての「自己」が自覚され、「自己意識」が生じる。 この「自己意識」と同質な意識を他者にも認めることによって、他人の「自己意識」をも認識し、単なる自我を超えた普遍的な、他者との共通性を持つ「自己」、「理性」の現れとしての「自己」を認識にするに至る。 この過程が「精神現象学」である。 一方で『精神現象学』ではやや異なる広い意味での「精神現象学」が記述されており、前述の「理性」段階に至るまでの「精神現象学」に続いて、「客観的精神」「絶対的精神」をも考察の対象に含める。 つまり「意識」あるいは「主観的精神」のみならず広く「精神」一般をその対象に含む。 本書の原題は「学の体系」 System der Wissenschaft であって、ヘーゲル哲学体系の総論ないし導入として執筆されたものであるが、後に出版されたでは、精神現象学に対応する章はない。 構成 [編集 ] 多くの訳書があるが、本書の構成はおおよそ以下のとおり。 A意識• B自己意識• A自己意識の自律性と非自律性• B自己意識の自由• C理性(AA)理性• A観察する理性• a自然の観察• b純粋な状態にある自己意識の観察、および、外界と関係する自己意識の観察• B理性的な自己意識の自己実現• a快楽と必然性• b心の掟とうぬぼれの狂気• c徳性と世のならい• C絶対的な現実性を獲得した個人• a精神の動物王国とだまし• b理性による掟の制定• c理性による掟の吟味• (BB)精神• c法の支配• a教養と、現実の教養の世界• b信仰と純粋な洞察• a啓蒙思想と迷信とのたたかい• b啓蒙思想の真実• a道徳的世界観• bすりかえ• (CC 宗教• A自然宗教• a光の宗教• b植物と動物• c職人• B芸術宗教• a抽象的な芸術作品• b生きた芸術作品• c精神的な芸術作品• C啓示宗教• (DD• 『ヘーゲル『精神現象学』入門』 選書メチエ、1999年3月。 978-4062581530。 黒崎剛『ヘーゲル・未完の弁証法 「意識の経験の学」としての『精神現象学』の批判的研究』早稲田大学出版部〈早稲田大学学術叢書〉、2012年。 978-4657127013。 『ヘーゲルの精神現象学』、1996年。 各・新版• 編 『ヘーゲル「精神現象学」入門』、2012年 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(・/P書物)。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(Portal:哲学)。

次の

精神現象学

ヘーゲル 精神 現象 学

『精神現象学』の基本情報 書籍名:精神現象学 上・下 著者名:ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ=ヘーゲル 翻訳者名:熊野純彦 発行:筑摩書房 発行年:2017年 『精神現象学』のキーワード カテゴリ:哲学 キーワード:西洋思想、合理論 『精神現象学』のレビュー 私たちが学校で歴史を学ぶとき、当たり前のように古代から現代まで直線的に歴史を教わっている。 しかし歴史を直線と見る見方は決して古くからあるわけではない。 「歴史が発展していく」という唯物史観は、ヘーゲルに影響を受けた19世紀の思想家マルクスによって提唱された、極めて近代的な価値観なのである。 したがって、義務教育における歴史の捉え方の源はヘーゲルにあると言っても過言ではない。 本書『精神現象学』は、そのヘーゲルの思想のエッセンスをまとめた一冊である。 邦訳の文庫版は上・下巻で1000ページ以上に及ぶ長大な作品だが、時間のあるときにぜひ目を通してもらいたい。 『精神現象学』の要旨・要約 本書では、原初の感覚的な経験からスタートして、数多の弁証法的過程を経て最高次の「絶対知」へ至るプロセスが壮大なスケールで描かれている。 最も直接的な感覚的確信とは、対象から何者をも取り去っておらず、その全体を目の前においていることに起因している。 しかし一方で、この確信が告げる真理は、「その事柄がただ存在している」というだけの貧しい真理である。 絶対知に至る直前のステップである啓示宗教で、精神は完全で真なる内容を啓示される。 絶対知においては、己の精神はその啓示された内容を概念として知的に理解する。 ここで精神は、完全で真なる内容を内側に収めた絶対精神となるのである。 『精神現象学』への感想 この記事の要旨・要約だけを読んでも、弁証法的プロセスのイメージが湧きづらいと思うので、最初の弁証法を例に、そのプロセスのあり方を示しておく。 直接的な感覚的確信において、対象は純粋に「それ自体」としてのみ現れていた。 ところが、その対象が私たちの知覚対象になると、それは多くの性質を備えた事物として私たちに現前する。 例えば、最初単なるリンゴそれ自体として認知されていたリンゴは、それが知覚対象になると赤さや丸みを帯びたものとして認知されるようになる。 それらの性質は互いに自存しているが、それらは互いに互いを否定し合うことによって己を規定している(例えば「丸み」は「角ばっている」の否定として規定される)。 知覚の対象としての事物は、これらの相互否定が統合された体系として現れることになる。 リンゴの赤さも丸みも、「リンゴ」という表象のもとに統合されているのである。 従来哲学の体系は頂点から下部へと構築される傾向があったのに対して、ヘーゲルの弁証法は下部から上部を作り上げる。 この方向性は、後のマルクスによる労働者の革命の思想にも通じるところがある。 近現代の革命史を振り返る際には、まずその弁証法的なプロセスのあり方を押さえておくといいだろう。 『精神現象学』と関連の深い書籍 『精神現象学』と関連の深い「西洋思想」の書籍• ヘーゲル著・木場深定訳『ヘーゲル全集15〜17 宗教哲学 上・中・下』、岩波書店、1982-1995年• ヘーゲル著・長谷川宏訳『美学講義 上・下』、作品社、1995年• ヘーゲル著・藤野渉;赤沢正敏訳『法の哲学 1・2』、中央公論新社、2001年• マルクス著・長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』、光文社、2010年 『精神現象学』と関連の深い「合理論」の書籍• カント著, 中山元訳『純粋理性批判 1〜7』、光文社、2010-2012年• カント著・篠田英雄訳『判断力批判 上・下』、岩波書店、1964年• シェリング著・西谷啓治訳『人間的自由の本質』、岩波書店、1951年• フィヒテ著・木村素衛訳『全知識学の基礎』、岩波書店、1949年 購読するには、メールアドレスを入力し、[Subscribe]を押してください。 Leave This Blank: Leave This Blank Too: Do Not Change This: Your email: *迷惑メールに振り分けられる場合がありますので受信トレイをよくご確認ください。 カテゴリー カテゴリー 最近の人気記事• 2020年4月24日 に投稿された• 2020年5月9日 に投稿された• 2020年6月13日 に投稿された• 2020年5月5日 に投稿された• 2020年5月23日 に投稿された• 2020年4月16日 に投稿された• 2020年5月17日 に投稿された• 2020年6月22日 に投稿された• 2020年4月22日 に投稿された• 2020年5月2日 に投稿された.

次の

ヘーゲルの精神現象学 (ちくま学芸文庫)

ヘーゲル 精神 現象 学

カントからヘーゲルへ カント哲学を継承展開した、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルらの哲学は ドイツ観念論の哲学と呼ばれています。 ソクラテス、プラトン、アリストテレスによって展開された ギリシア古典時代の哲学に匹敵する黄金時代と見られています。 ギリシア古典哲学については、全て下記のリンクで解説しています。 カントの「純粋理性批判」が1781年に刊行され、ヘーゲルの没年が1831年なので、ちょうど半世紀に渡ってドイツ観念論哲学は展開されました。 この哲学が目指したのは、カントのもとで人間理性は「限定的に」神的理性の後見を退けることができたわけですが、その限定的な範囲を押し広げようとしたと言えます。 なお、このあたりの説明について詳しくは下記のリンクで解説しています。 上の記事でも解説していますが、カントは「現象界」と「物自体界」において、人間は「現象界」のみ正しく理解可能であるとしました。 しかし、「現象界」と「物自体界」という二元論は、落ち着きが悪く、ヘーゲルのもとで一元化が目指されたというわけです。 ヘーゲルとは? ヘーゲルは1770年に南ドイツのシュトゥットガルトに生まれました。 1788年にシュービンゲン大学に入学し哲学と神学を学びました。 その2年後の1789年に、隣国のフランスでフランス革命が起こりました。 ヘーゲルももちろん隣国から入る情報を目の当たりにしてましたから、彼の人生は社会の大きな変革とともにあったと言えるでしょう。 大学卒業後は、当時の習慣に従い、貴族や実業家の家庭教師をしながら研究を続けます。 1801年にシェリングの推薦によって、ようやくイェナ大学の私講師の職を得て、シェリングとヘーゲルは共に哲学雑誌を発行したりし始めます。 しかし、ヘーゲルはシェリングにだいぶ気を遣っていたらしく、1803年にシェリングが大学を離れてようやく伸び伸びと活動し始めます。 1807年に主著「精神現象学」を発表します。 その後は様々な大学に招かれ弟子を各地に配置して、ドイツ哲学界に君臨することになります。 1830年にはベルリン大学総長に就任しますが、1831年にコレラであっけなく亡くなっています。 ヘーゲルの思想 - 精神現象学とは? ヘーゲルはカントの思想をどのように展開していったのでしょうか? カントは人間理性の「有限性」を強く主張しました。 つまり、人間理性が影響を及ぼせるのは、あくまで「現象界」のみであり、「物自体の世界」には及ばないということです。 カントは現象界は「悟性の枠組み(カテゴリー)」によって整理されると考えました。 しかし、 ヘーゲルは「悟性の枠組み(カテゴリー)」が、もっと多ければそれだけ、人間理性が理解できる範囲が増大すると考えました。 もし、そのカテゴリーが無限に増大するのであれば、もはや物自体の世界は限りなく小さくなり、認める必要はないだろうと考えました。 直感の形式 思考の枠組み 量 単一性 数多性 全体性 質 事象内容性 否定性 制限性 関係 実体と属性 原因と結果 相互作用 様相 可能性 現実性 必然性 ちなみに、もともと悟性のカテゴリーは、上の表の通り、12個の固定的な枠組みに考えたことは不評でした。 人間の精神の働きなのだから、もっと生き生きと、拡張されていくはずなのではないか?と考えられていました。 そうして、人間精神には異質として捉えられていたものも、カテゴリーを広げることで、次々と精神へと取り込まれ、本当の意味での世界の創造者になりうるのではないかと考えました。 無時間的世界から歴史的世界へ ヘーゲルは、カントの現象界と物自体界という二元論を克服していき、むしろ人間精神は拡張されて変化していくものだと考えました。 いわば、人間精神は全く変化しない、静的なものではなく、動的に拡張されるものだと捉え始めました。 いわば、点から線へと認識を変化したわけです。 それと時を同じくして、人々の「世界」への捉え方も、静的なものから動的な歴史的な世界へと捉え方が変化していきます。 つまり、神様が作った、固定的な世界ではなく、人間が自らの手によって作り替え、歴史を作っていくものだと捉えたわけです。 また、歴史を作るのは民族ですから、民族としてのアイデンティティが生まれ始めたのもこの頃です。 いわば、ヘーゲルの思想は、民族精神の解放の一つの運動でもあったわけです。 弁証法とは何か ヘーゲルは、一方的に人間の精神を、世界に押し付けるとは考えていません。 むしろ、人間の精神が世界に、その枠組み(カテゴリー)をうまく押し付けるために、精神もまた世界に自分を合わせ、従わなくてはいけません。 つまり、精神と世界は相互作用をするものだと考えました。 彼が家庭教師時代に研究した、イギリスの古典経済学、特にアダム・スミスから学んだ「労働」という概念によって捉えています。 アダムスミス については下記のリンクで詳しく解説しています。 「労働」は、労働者が一方的に、材料などの対象に働きかけるのではなく、それと同時に労働主体も対象によって働き掛けられます。 スキルが向上したり、やり方を工夫したりするはずです。 つまり、お互いに作用しています。 ヘーゲルは、遠く離れたドイツから、イギリスの近代的生産様式に触れ、その哲学的骨組みだけを捉えたのだと言えそうです。 絶対精神を獲得する ヘーゲルは、人間の精神は、労働を通じて弁証法的に(=対話して相互に作用しながら)成長していくと考えました。 そして、成長し続けた結果、もはやもう、自分に立ち向かってくる異質な力が何一つなくなった時に 絶対精神 を獲得すると考えました。 ヘーゲルは当時のフランス革命に、その思想を重ねながら、人間は長い圧政から解き放たれて絶対精神を獲得する最終段階に来ていると考えました。 超自然的思考様式の完成 こうして、カントによって自然の科学的認識による支配を約束され、さらにはヘーゲルによって神の後見を退陣させ、 その支配を拡大していくのが人間精神であり、最終的には「絶対精神」を獲得すると考えました。 つまり、人間は「自然」よりも上の概念、つまり支配する立場を確立したというわけです。 プラトンによって提唱されたイデアなどの「超自然的思考様式」が近代化され復興を遂げたと言えそうです。 プラトンについて詳しくは下記のリンクで解説しています。 ヘーゲルによって、見事に人間が自然の支配者になり得る哲学的な根拠が提示され、 その後、自然を操作し、コントロールし、作り替えるという「近代化」や「機械化」を推し進めたことは言うまでもありません。 後の産業革命などは、もちろんヘーゲルの哲学的基礎づけと共に進行していきました。 まとめ カントから始まった、プラトン思想の復興運動は、ヘーゲルによって見事に近代化され完結しました。 プラトンは、自然を死せる物質として捉え、超自然的な「イデア」の模造に過ぎないと考えました。 ヘーゲルはその考え方を踏襲し、人間と自然とが弁証法的に相互作用することで、理解を広げ、技術として取り込んでいくと考えました。 プラトンとヘーゲルの大きな違いは、神様しか持ち得ない超自然的な概念を、人間のもとに取り戻し、そして自ら拡大する精神を持つと考えたことです。 ハイデガーは、ヘーゲルから「形而上学が技術として猛威をふるう」とのちに述べますが、まさしく産業革命など大きな近代化を成し遂げたと言えるでしょう。

次の