ブロードバンド スピード テスト。 インターネット回線が遅い…そんな時は「スピードテスト」で速度測定! 使い方&見方を解説

▷ インターネットのスピードテスト

ブロードバンド スピード テスト

ネットの「応答速度」である「Ping値」を測定する方法を紹介! 「Ping値」はサイトやアプリでカンタンに計測できます。 オンラインゲームなどでネットを利用するなら回線の「応答速度」はとても気になりますよね。 「Ping値」は「50ms」未満が快適に利用できる数値の目安になります。 測定方法や数値の目安の詳細についても記事内で順に解説していきます。 「Ping」について詳しく知りたい方はで詳しく解説しているので、参照してみてくださいね。 それでは「なるほどWi-Fi」がおすすめする「Ping値」測定サイトとアプリから見ていきましょう! 「Ping値」を測定できるおすすめサイトを紹介 「Ping値」を測定するサイトはいろいろとありますが、おすすめのサイトはになります! SPEEDTEST 計測する手順はサイトにアクセスして 【GO】ボタンを押すだけで、「Ping値」「ダウンロードスピード」「アップロードスピード」の3つのデータが測定できます。 利用方法にもよりますが、 「Ping値」は「50ms」未満が目安になり、「ダウンロードスピード」はネットでWebサイトの閲覧が中心であれば、「10Mbps」あればかなり快適にネットを利用できます。 「アップロードスピード」はファイル共有など大容量データを頻繁にやりとりしない限りは、「ダウンロードスピード」が確保できていれば、あまり気にしなくても問題ありません。 【SPEEDTEST】を実際に利用してみればわかりますが、シンプルで使いやすいだけでなく、暗い背景に【GO】ボタンの色合いも視認性が良くとてもキレイで、デザインもかなり良い印象です。 測定中のグラフの動きなども滑らかで、動きを見ていれば測定の待ち時間も気になりません。 以前測定した計測結果も確認することができますしサイトの「利便性」「デザイン性」「機能性」などとても高水準で、使いやすいサイトなので「Ping値」を測定するなら【SPEEDTEST】を利用してみて下さいね。 「Ping値」を測定できるおすすめアプリ3選 おすすめアプリ3選• Speedtest. net• Speedcheck• SpeedTest Master おすすめアプリ1:Speedtest. net 「Ping値」を測定できるおすすめアプリですが、まず1つ目のアプリ「Speedtest. net」は、おすすめサイトで紹介した【SPEEDTEST】のアプリ版になります。 アプリを立ち上げると中央に「スタート(GO)」と表示されていて、「スタート(GO)」をタップすれば計測が始まります。 画面がとてもシンプルなので、迷うことなく利用することができる使いやすいアプリです。 計測するテストサーバーも選択することができて、リアルタイムでグラフが表示されます。 過去のレポートを見ることもでき、計測結果を画像として保存できるので、テスト結果の共有もカンタンです。 「Ping値」測定アプリなら「Speedtest. net」が一番おすすめです! 「Speedcheck」は下記からダウンロードできます。 おすすめアプリ3:SpeedTest Master 3つ目のアプリは「SpeedTest Master」です。 計測方法はアプリを立ち上げ「始める」ボタンを押すだけです。 計測ボタンを押した時広告が表示されることがあるので、使い勝手が少し良くありませんが、検索結果にどの程度速いかを帯域幅のグラフで表示してくれます。 1点気にする部分としては、計測結果は「ping」という表示ではなく「ネットワーク遅延」というように日本語訳で表示されているので、「ネットワーク遅延」の数値を参照するようにしましょう。 「SpeedTest Master」はiOSのみになります。 「SpeedTest Master」は下記からダウンロードできます。 以上3つの「Ping値」測定アプリを紹介しました。 特にこだわりがなければ【SPEEDTEST】のアプリ版「Speedtest. net」がおすすめです!「Ping値」はサイトやアプリでカンタンに計測できるのでぜひ試してみて下さい。 次章では実際に計測した「Ping値」の目安を解説していきます。 紹介する数値を「Ping値」計測の参考にしてみて下さいね。 「Ping値」の速度は「50ms」未満を目安にする 「ping」値 スピード 30ms以下 速い 50ms 普通 100ms以上 遅い 「Ping値」の速度は表にまとめましたが、数字の低い方(低いほど速い)がより快適にネットを利用することができます。 「Ping値」は50msくらいが理想的な数値で、100ms以下なら快適に利用できる速さになります。 LINEやSkype、オンラインゲームではリアルな通信を連続して行うので、 「Ping値」値が高く通信速度が遅いとタイムラグが発生して、快適にネットが利用できなくなります。 特にオンラインゲームについては素早い動きや発射回数など、より速さを求められるゲームもあり 「応答速度」が遅くなると、PCやスマホから入力した指示が反映されるまで時間がかかってしまい、相手の攻撃についても実際より遅いタイミングで受け取ることになります。 ゲーム中のタイムラグは、格闘ゲームであれば避けたつもりでも相手の攻撃が当たってしまったり、自分の行動も遅れて反映されるので、良いタイミングで攻撃したつもりでも避けられてしまったりします。 快適にオンラインゲームを遊ぶには「Ping値」にそれなりの速さが必要になります。 オンラインゲームで遊ぶときの「Ping値」の目安については下の表を参考にしてみてください。 「ping」値 ゲームのジャンル 15ms以下 FPS、格闘などの対戦ゲーム 50ms以下 RPG、育成などのゲーム 100ms以下 将棋、囲碁などのゲーム 待ち時間がそれほど気にならないタイプのゲームであれば、「Ping値」は高くてもそれほど問題ありませんが、やはり シューティングや格闘ゲームなどアクションが多く、素早い動きが必要なゲームの「Ping値」は「10ms」以下が理想になります。 「Ping値」はできるだけ低いほうが良いけど、計測してみて数値が高い場合どうすれば良いのか気になりますよね。 次章では数値が高い時はどうすればを解説していきます。 「Ping値」のスピードを改善する3つの方法 「Ping値」を改善する3つの方法• 無線(wifi)から有線(LANケーブル)に変更する• 「Ping値」の速いプロバイダに乗り換える• ルーターを変更する 「Ping値」のスピードを改善するには、遅くなっている原因を解消する必要があります。 「Ping値」が高い(=遅い)原因は、主に「wifi」「プロバイダ」「ルーター」の3つが原因となっていることが多いので、その原因を取り除くことが、スピード改善に繋がります。 それではスピードが遅くなっている原因ごとに、3つの対応方法を解説していきますね。 1:無線(wifi)から有線(LANケーブル)に変更する まず無線LAN(wifi)を利用していると、 電波干渉を受けたり、ルーターからの離れると速度が低下したりします。 無線(wifi)から有線(LANケーブル)に変更すれば、電波干渉も受けず、距離的な問題もなくなり、ネットへの安定した接続が可能になります。 安定性が上がれば「Ping値」も、プロバイダ規定の接続スピードを最大限活かすことができるので、スピード改善に繋がります。 またLANケーブルの規格が古いと回線速度に影響が出る場合もあります。 すでにLANケーブルを利用していて回線スピードが気になるようであれば、新しいものに変えることで、速度が改善する場合もあります。 LANケーブルを取り替えるときは、現在一般的な「カテゴリ6」の規格のLANケーブルに替えてみることをおすすめします。 2:「Ping値」の速いプロバイダに乗り換える 回線スピードは、プロバイダとの契約プランによっても違いますが、 自宅から基地局までの距離なども影響します。 速度が同じプランであってもプロバイダが違えば、基地局も異なるので、自宅からの距離も変わってきます。 ですので、プロバイダを変更することで同じようなプランであっても回線速度が違うので、現状利用しているプロバイダの「Ping値」が遅いのであれば、回線スピードの速いプロバイダへの乗り換えを検討しましょう! 3:ルーターを変更する wifiを利用している状況であれば、ルーターとの距離はとても重要で、ルーターに近いほど「Ping値」は低くなります。 ルーターまでの物理的な距離や遮断物も回線スピードに影響しますが、 ルーターの性能によっても「Ping値」は変わってきます。 ですが、ルーターが「Ping値」の高い原因になっているとはなかなか特定することは難しいです。 最近の機種ではそれほど問題はないかと思いますので、古いルーターを使っているのであれば、ルーターの変更も検討してみましょう! 「Ping値」を測定する方法のまとめ 「Ping値」を測定する方法のまとめ• 「Ping値」はサイト、アプリで測定できる• 「Ping値」の速度は「50ms」未満を目安にする• オンラインゲームは遊ぶジャンルで目安の「Ping値」が違う• 「Ping値」の改善には有線ケーブルやプロバイダ乗換を検討する 「Ping値」の測定する方法を紹介しました。 「Ping値」はサイトやアプリでカンタンに測定できるので、数値が気になる方は、ぜひ測定してみてください。 特にオンラインゲームは遊ぶジャンルによって「Ping値」の目安が違うので、快適にプレイしたい方は、「Ping値」を測定してスピードが遅いようであれば、この記事で紹介した、有線ケーブルやプロバイダ乗換などの改善方法もご検討くださいね。

次の

Broadband Networking Report

ブロードバンド スピード テスト

インターネットが快適に利用できる回線速度の目安は? 快適に感じる速さの目安は下り10〜30Mbps 普通にインターネットでWEBサイトの閲覧を中心に利用されるのであれば、下り10Mbpsほどあればサクサクと快適にインターネットに接続できます。 高画質動画を見られる方でも実は100Mbps以上の速度は必要ありません。 インターネット動画の視聴やオンラインゲームをされる場合まで考慮に入れても、 30Mbps程度の回線速度が1つの目安となります。 『上り』よりも『下り』の回線速度が重要 インターネット回線速度は『上り』と『下り』の2種類があります。 上り(アップロード)・・・メールを送信したり、写真を送信• 下り(ダウンロード)・・・ホームページ閲覧や動画視聴 ネットサーフィンをしたり、動画視聴する時に重要になるのは下りの回線速度です。 大きなファイルをネット上にアップロードするのでなければ、 上りの回線速度は1Mbpsでも快適に利用可能です。 最大通信速度はベストエフォート型!実測速度は違うので注意 インターネットを契約する時に『最大通信速度100Mbps』、『最大通信速度1Gbps』などの速度が記載されていたかと思います。 しかし、これらはベストエフォート型となっており、『最大限の努力をする』という意味での 理論値です。 実際に出る速度ではありません。 インターネット回線速度は、利用しているプロバイダ、場所、混み具合などで大きく異なります。 光回線の場合、実測速度は契約速度の3割〜6割ぐらいが目安となってきます。 最高通信速度1Gbpsの光回線になると実測速度はかなり落ちてくるので、3割の 300Mbpsほど出ていれば十分な速度が出ていると言えます。 実測速度• 100Mbpsの回線なら・・・30〜60Mbps• 1Gbpsの回線なら・・・〜300Mps ベストエフォートの通信速度と実効速度の乖離が起きないように、実行速度計測手法や情報提供などに関するガイドラインもできています。 参考: ネット回線速度の目安を用途別に紹介 インターネットの回線速度の目安は、インターネットを利用して何をするのかでも変わってきます。 PCを利用するのか?スマホに接続するのか?テレビを視聴するのか?用途別の回線速度の目安を紹介していきます。 用途 回線速度 LINE・メール 128kbps〜1Mbps ホームページ閲覧 1Mbps〜10Mbps YouTube動画 1Mbps〜20Mbps オンラインゲーム 30Mbps〜 LINE・メールの送受信の目安 LINE・メールの送受信に必要な回線速度は128Kbps〜1Mbps程度です。 LINEでのやり取りや、メールの送受信はほとんどデータ容量を利用しません。 ですので、もし速度制限にかかっていて128kbpsの速度しか出なかったとしても普通に通信することは可能です。 PCでのホームページ閲覧・ファイルのダウンロードの目安 ホームページ閲覧やネットサーフィンでは 1Mbps〜10Mbpsほどの回線速度が目安となります。 画像が多いサイトでも3Mbps〜10Mbps程度でスムーズにアクセスすることができます。 文字テキストが中心のページならば1Mbpsでも問題はありません。 YouTube動画の視聴の目安 画質 推奨回線速度 4K 20Mbps HD 1080p 5Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 7 Mbps YouTube動画は、動画の解像度によって推奨される回線速度が異なります。 1Mbps〜20Mbps程度の回線速度が必要となります。 スマホで標準画像の動画を視聴するならば1Mbps。 最も高画質となる4K画質の動画の場合は20Mbpsの速度が必要となりますが、HD動画でも5Mbpsで十分ですので、 4K画質の動画を見ない場合は5〜10Mbpsもあれば十分と言えます。 参考: PS4やPCでオンラインゲーム(ネトゲ)をする場合 オンラインゲームもゲームの種類によっては回線速度が8Mbpsぐらいでも問題ないものはあります。 私も以前PS4でFF14を10Mbpsの速度で接続したことがありますが、簡単なプレイならば問題なく接続できました。 ただ、激しい戦闘などは少しでも止まってしまうと問題がありますので、速ければ速いほどよいですね。 FPSなどをされる場合は実測値で50Mbpsほどの回線速度は欲しいです。 インターネット回線の応答速度(PING)も重要 特にFPSなどのオンラインゲームをされる場合は回線速度だけではなく応答速度(PING値)も重要となってきます。 スプラトゥーンなどのFPSゲームや格闘ゲームを遊ばれる方は Ping値10m以下がおすすめです。 1〜15m・・・かなり速い• 15〜35m・・・速い• 35〜50m・・・普通• 50m〜・・・遅い Ping値は25mほどで快適に利用可能です。 50mを超えていたら遅いと認識しておくと良いです。 Ping値の目安は、有線LANならば〜20mbps、無線LANならば20m〜50mぐらいとなりますので、 有線接続にするだけでも応答速度を改善することが可能です。 ネット回線速度とPING値の実測を測定してみよう 自分のインターネット回線速度がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。 スピードテストで有名な『』で回線速度の測定をしてみましょう。 『Speedtest. net』は回線速度と応答速度(PING)の両方を測定することができます。 スマホからでも簡単にアクセスすることができます。 環境・・・Broad WiMAX『W05』• 場所・・・都内のスタバ• 回線速度・・・37. 4Mbps• 応答速度・・・72m 回線速度はポケットWiFiでも問題ない速度がでます。 仕事や動画視聴であれば十分です。 応答速度は遅めになりますので、オンラインゲームには向かないと言えます。 Googleで『スピードテスト』と入力してもチェックできる 簡単にスピードテストをしたい場合はGoogleの検索窓に『スピードテスト』と入力してみましょう。 以下のような画面になり、直接スピードテストを行うことができます。 実際にポケットWiFiでスピードテストを利用してみましたが、18Mbpsでも高速と診断されます。 インターネット回線速度の平均は?どれくらいが普通なの? ブロードバンド通信速度測定サイト『』のランキングデータ集計では、回線速度の平均値を確認することができます。 スマホの回線速度の平均値• 固定回線速度の平均値• 都道府県別の平均値 などの月間80万件ほどのデータを集計しているので信頼できますね。 光回線の回線速度の平均 NURO光とauひかりの回線速度の平均は900Mbps以上とかなりの高速です。 1位・・・NURO光• 2位・・・auひかり(au one net)• 3位・・・auひかり( nifty) プロバイダはSo-net、au one net、 nifty、BIGLOBEの平均値が速いですが、そこまで変わらないので誤差ですね。 ケーブルテレビは一部の地域でしか利用できませんがもTOP10入りしているものがあります。 光コラボの回線速度の平均 光コラボレーションはフレッツ光の回線を利用しています。 ビッグローブ光、 nifty光、AsahiNet光の回線速度の平均値が高いですが、対象の計測数はドコモ光やソフトバンク光が圧倒的に多いです。 特にドコモ光はプロバイダによってかなり速度が変わりますので、どのプロバイダを利用しているのかもチェックする必要があります。 それでも改善しないようであればインターネット回線自体を乗り換えてしまうのが確実です。 NTTのフレッツ光や光コラボを利用している場合、NTT以外の回線に乗り換えをすることで速度が改善することはよくあります。 NURO光(最大通信速度2Gbps) NURO光は 最大通信速度2Gbpsの光回線です。 他社の光回線は最大1Gbpsですので、 2倍の回線速度となります。 一番速度が速い光回線として有名で、施設したけれど使われていない『ダークファイバー』という光ファイバーを利用しています。 しかし、NURO光は関東と関西の一部の地域のエリア限定の光回線となりますので、エリア外の方は残念ながら利用することができません。 月額料金は戸建て4,743円、マンション1,900円〜2,500円と他社の光回線と比べて料金が安いので『速度が遅い』とお悩みの方は乗り換えの考慮に入れてみることをおすすめします。 キャッシュバック額は35,000円と高額キャッシュバック特典も付きます。 nuro光(2Gbps)導入までの顛末。 結果として得られた速度は最高でした — Engadget 日本版 engadgetjp auひかり(auユーザーにおすすめ) auひかりもNURO光と同じぐらいの実測速度が出る光回線です。 NURO光が対象外のエリアにお住まいの方におすすめです。 ネットのみの申込みでも43,000円のキャッシュバック特典があります。 月額料金は戸建て5100円、マンション3,800円とNURO光よりは高くなりますが、auのスマホをお使いの方はスマホ料金も割引となりますので、特にauユーザーにおすすめできます。 インターネット契約を変更する際の違約金負担もしてくれるのが魅力ですね。 ちなみにauひかりの仙台サーバとの通信速度はこうだった — 喘息肺炎治らないマン NTRoLIKoNs ドコモ光(v6プラス対応プロバイダがおすすめ) ドコモ光も回線速度が速いと評判の光回線で、フレッツ光を利用中の方は簡単に転用できますし、光電話や光テレビも継続して利用することができます。 しかし、ドコモ光はプロバイダによって速度がかなり異なります。 現在ドコモ光を利用されている方であればプロバイダを変更するだけでも速度は改善する可能性があります。 高速通信をしたい場合はv6プラス対応のプロバイダを選択することが重要です。 月額料金も戸建て5,200円、マンション4,000円と低価格です。 『GMOとくとくBB』のドコモ光では公式サイトで実測速度を公開していますし、対応の無線LANルーターも無料でレンタルできますので、ドコモの携帯電話やスマホをお持ちの方にはとてもおすすめの光回線です。 900Kbps. もし、『自宅であまり高画質動画を見ない』『オンラインゲーム』をやらないのであれば最大1Gbpsの光回線は必要ありません。 WiMAXの最新機種『W05』の最大通信速度は758Mbpsで、高速通信ができるモバイルルーターです。 自宅のみで利用されるのであればホームルーター『L01s』で安定通信が可能です。 マンションタイプのフレッツ光ネクストを利用している場合、集合住宅で共有となりますので、モバイル通信に切り替えてしまった方が通信速度が改善する場合があります。 ギガ放題プランに加入することで月間のデータ通信量は無制限、通信制限無しで利用可能となります。 月額料金2,726円〜利用可能なので、光回線を利用されている方ならば毎月2,000円近く節約できる可能性が高いです。 関連記事: まとめ ネット回線速度の 目安は下り30Mbps、応答速度25msほどあれば十分快適にインターネット利用することができるでしょう。 光回線は確かに高速通信ができるのですが、そこまでの速度を必要としていない方は多いはずです。 高画質動画やオンラインゲームを利用されない方でしたら、通信速度は10Mbpsでも十分ですので、WiMAXなどの料金の安いプランに変更をしてしまった方がお得にインターネットが利用できるかと思います。 逆に、ネット回線速度が速ければ速いほどいい方はNURO光やauひかりがおすすめです。

次の

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

ブロードバンド スピード テスト

「上り」はアップロード速度• 「下り」はダウンロード速度 を表します。 また、通信速度の単位を「Mbps(メガビーピーエス)」「Gbps(ギガビーピーエス)」と表示し、1Gbpsは1,000Mbps、1Mbpsは1,000Kbpsの単位表示となります。 さらに詳しくは「」を確認してください。 (1)インターネットの快適な速度目安(ダウンロード) インターネットを快適に行うためには、アップロード(上り)より、ダウンロード(下り)の速度が安定していたほうが、(インターネットはダウンロードする行為が多いため)快適といえます。 目安としては以下のダウンロード速度を参照してください。 100Mbps以上 かなり快適に利用できる 50Mbps~99Mbps ・比較的快適 ・数が多い複数台の利用で遅い場合もある 49Mbps~11Mbps ・普通 ・動画視聴に不具合が生じる可能性もある ・インターネットは通常に利用可能 ・皆遅いとTwitterでツイートする速度 11Mbps以下 ・遅い、快適ではない可能性がある ・光回線では皆遅いとTwitterでツイートする速度 現在はダウンロード容量も動画やファイルなど含めて大きいため、上記の速度目安にしてください。 実際には、動画視聴には画質にもよりますが、2~5Mbps(上り)、オンラインゲームでは5Mbps(上り・下り)あれば、快適にインターネットを楽しむことが可能ですが、安定していた場合となり、速度が遅くなった場合は、動画が止まることや、ゲームがカクカク動くなどの障害が出る可能性があります。 (2)Ping値の目安について Ping(ピング)値はオンラインゲームを行う場合に関係してくる値です。 Ping(ピング)値は、数字が小さい方が良く、ミリセカンド(ms)という単位で数値を表します。 さらに詳細は「」を確認してください。 オンラインゲームではアップロードの速度も関係してきます。 Ping(ピング)値の目安は以下の通りです。 非常に快適 1~10ms 快適 11~30ms 普通 31~49ms 快適とは言えない 51~100ms プレイ困難 101ms以上 「 Ping(ピング)値は少ない方が良い!」と覚えておきましょう。 それでは、速度テストを行うスピードテストサイトをご紹介していきます。 スマートフォンでも、PCでも簡単に測定できるので、是非試してみてください。 (3)インターネット速度の計測方法の種類 インターネット速度の計測方法の種類としては、3つあります。 ダウンロード式 ダミーデータをダウンロードして、その結果から測定する方式 (PCなどにダミーデータをダウンロードしなければならない) Flash方式 Adobe Flash Playerを利用して計測する方式 (ダウンロードしてないとFlashが見られないため一昔前の計測方法) HTML5方式 海外では支流の計測方法で、HTML5を利用して計測する方式 スマートフォンなどでも計測することが可能で重宝します 主に、3つのタイプの形式がありますが、どのOSからでも測定できるように、 今回はHTML5方式のスピードテストサイトをご紹介しています。 (4)スピードテストは一つの目安 スピードテストは一つの速度目安としてとらえておきましょう。 なぜなら、スピードテストを実施しているテストサーバーの位置で速度が変わり、以下でご紹介する各スピードテストサイトを利用しても、同じ速度は出ません。 また、利用する環境や時間によっても変わり、関係ないソフトやアプリを消した状態で利用しましょう。 時間や曜日を変えて測定してみましょう。 回線速度を調べる時間や曜日によっても大きく変動するのでご注意ください。 Googleの「インターネット速度テスト」(日本語)• 公式サイト: 「speedtest. net」は、世界中のインターネットプロバイダが自社の速度を測るために利用していることで有名なサイトです。 公式サイトに行き、「GO」のボタンを押すだけで、インターネットや光回線のスピードを確認することが可能です。 ボタンを押してから30秒ぐらいで計測することが可能です。 海外のサイトですが、結果もシンプルに表示されるため、非常に利用しやすいといえます。 3,500を超えるサーバーを利用することも可能で、これ一つでかなり重宝します。 ダウンロードなども不要で(HTML5で表示してくれるの)利用することが可能です。 Speedof. me(海外) 公式サイト: 海外では有名なスピードを計測するテストサイトで、綺麗なグラフックを通じて教えてくれますが、少し見にくいと感じる方も多いのではないでしょうか。 ダウンロード、アップロード、Ping(ピング)値もしっかりと表示されます。 Fast. com(日本語) 公式サイト: クリックしただけで(サイトに行っただけで)、利用しているインターネット速度を計測してくれるシンプルな測定ツールです。 また、Fast. comは、動画視聴サイトのネットフリックスが運営しているスピードテストツールです。 (勝手に測定が始まるので注意しましょう。 ) 「詳細を表示」を押すことで、細かい数値を確認することが可能です。 レイテンシとは、Ping値のことを言った専門用語です。 アンロード済み:ネットワークに他のトラフィックが存在しない際に、要求が出されてから応答が帰ってくるまでのデータの往復時間• ロード済み:ネットワーク上でデータ使用量の多いアプリケーションを使用中の場合における、データの往復時間 インターネットゲームに関するPing値を知りたい場合は 「アンロード済み」のレイテンシを参照しましょう。 速度JP(日本語) 【ご注意点】• 回線速度は「みんなのネット回線」様より、2018年11月時点のデータを算出しています• 速度平均に関しては、目安ととらえてください(実際の平均ではない)• レポート数(回答数)が少ない業者(99件以下)は除外しています 業者 (投稿件数) ダウンロード (下り) アップロード (上り) Ping値 フレッツ光ネクスト (1,464件) 83. 21Mbps 103. 45Mbps 31. 64ms ドコモ光 (1,797件) 89. 08Mbps 124. 49Mbps 29. 3ms ソフトバンク光 (1,662件) 104. 47Mbps 120. 86Mbps 25. 43ms auひかり (1,040件) 158. 57Mbps 136. 82Mbps 21. 8ms NURO光 (430件) 242. 27Mbps 184. 48Mbps 14. 2ms ビッグローブ光 (211件) 110. 0Mbps 150. 62Mbps 25. 14ms OCN光 (131件) 118. 7Mbps 115. 9Mbps 29. 77ms ぷらら光 (124件) 89. 25Mbps 87. 56Mbps 26. 51ms nifty光 (110件) 58. 08Mbps 93. 25Mbps 23. 07ms eo光 (482件) 147. 7Mbps 168. 6Mbps 20. 05ms メガ・エッグ光 (108件) 63. 35Mbps 74. 27Mbps 29. 38ms コミュファ光 (156件) 128. 66Mbps 122. 32Mbps 31. 86ms 当サイトでの回線速度重視でお勧めしている、「」と「」はやはり平均ダウンロード速度やPing値も高いことが分かります。 是非、ご自身に合った光回線を選んでみてください。

次の