ラブレター カナイセイジ。 【カードゲーム】ラブレターの遊び方とゲーム紹介

ゲーム紹介『ラブレター (Love Letter)』

ラブレター カナイセイジ

ゲーム紹介 各プレイヤーは協力者の助力を受けながら姫にラブレターを届けることをが目的です。 プレイヤーは1枚の手札を持った状態で山札から1枚カードを引き、1枚場にカードをだし、カードの効果を使って次の人の手番に移ります。 これを繰り返し、最後に手札に一番大きい数字を持っていたい人時が勝利です。 カードの効果にはライバルを脱落させたり、カードの内容を見たりするものがあるため、効果的に使いましょう。 歴史 ラブレターは2012年5月にカナイセイジ氏制作の同人ゲームとして発売されました。 現在では国内ではアークライト、海外ではエルダラック・エンターテインメント・グループ から製品版が発売されています。 また、日本ボードゲーム大賞「投票部門」大賞受賞、ドイツゲーム賞 4位など様々な賞を受賞している作品です。 2セット集めることで、「ごいた」を遊ぶことも可能です。 このゲームは、女子高生がアナログゲームで遊ぶ漫画「放課後さいころ倶楽部」の27話で紹介されました。 遊び方 カードの種類 カードは何人でプレイしても16枚全て使います。 カードの種類と効果は以下の通りです。 [ 兵士] 数字:1 枚数:5枚 効果:対象のプレイヤーに兵士以外のカード名を1つ宣言し、手札と一致したら脱落させる。 [ 道化] 数字:2 枚数:2枚 効果:対象プレイヤーの手札を見る [ 騎士] 数字:3 枚数:2枚 効果:対象プレイヤーとあなたの手札の強さを秘密裏に比較し、強さの小さい方を脱落させる。 [ 僧侶] 数字:4 枚数:2枚 効果:あなたは次の手番まであなたへの効果を無効にする。 [ 魔術師] 数字:5 枚数:2枚 効果:あなた、もしくは対象のプレイヤーは手札を捨て札にし、山札からカードを1枚引く。 [ 将軍] 数字:6 枚数:1枚 効果:対象のプレイヤと手札を交換する。 [ 大臣] 数字:7 枚数:1枚 効果:手札の数字の合計が12以上である場合、あなたは脱落する。 [ 姫] 数字:8 枚数:1枚 効果:このカードを捨て札にした場合、あなたは脱落する。 このゲームを入手.

次の

「ラブレター」2人で遊べるアナログゲーム。夫婦で遊んだリプレイ

ラブレター カナイセイジ

ゲーム紹介 各プレイヤーは協力者の助力を受けながら姫にラブレターを届けることをが目的です。 プレイヤーは1枚の手札を持った状態で山札から1枚カードを引き、1枚場にカードをだし、カードの効果を使って次の人の手番に移ります。 これを繰り返し、最後に手札に一番大きい数字を持っていたい人時が勝利です。 カードの効果にはライバルを脱落させたり、カードの内容を見たりするものがあるため、効果的に使いましょう。 歴史 ラブレターは2012年5月にカナイセイジ氏制作の同人ゲームとして発売されました。 現在では国内ではアークライト、海外ではエルダラック・エンターテインメント・グループ から製品版が発売されています。 また、日本ボードゲーム大賞「投票部門」大賞受賞、ドイツゲーム賞 4位など様々な賞を受賞している作品です。 2セット集めることで、「ごいた」を遊ぶことも可能です。 このゲームは、女子高生がアナログゲームで遊ぶ漫画「放課後さいころ倶楽部」の27話で紹介されました。 遊び方 カードの種類 カードは何人でプレイしても16枚全て使います。 カードの種類と効果は以下の通りです。 [ 兵士] 数字:1 枚数:5枚 効果:対象のプレイヤーに兵士以外のカード名を1つ宣言し、手札と一致したら脱落させる。 [ 道化] 数字:2 枚数:2枚 効果:対象プレイヤーの手札を見る [ 騎士] 数字:3 枚数:2枚 効果:対象プレイヤーとあなたの手札の強さを秘密裏に比較し、強さの小さい方を脱落させる。 [ 僧侶] 数字:4 枚数:2枚 効果:あなたは次の手番まであなたへの効果を無効にする。 [ 魔術師] 数字:5 枚数:2枚 効果:あなた、もしくは対象のプレイヤーは手札を捨て札にし、山札からカードを1枚引く。 [ 将軍] 数字:6 枚数:1枚 効果:対象のプレイヤと手札を交換する。 [ 大臣] 数字:7 枚数:1枚 効果:手札の数字の合計が12以上である場合、あなたは脱落する。 [ 姫] 数字:8 枚数:1枚 効果:このカードを捨て札にした場合、あなたは脱落する。 このゲームを入手.

次の

ラブレター

ラブレター カナイセイジ

略歴 [ ] 学生時代はに傾倒しており、ゲーム作りを志すきっかけとなる。 2002年のにて、自作のカードゲーム『Dragon Rush! 』を持ちこんだのが処女作となる。 2008年、JAPON BRAND経由で「 ()」に初出展。 2014年、『』で2014において、4位に入賞。 日本人として初めての受賞となった。 作品リスト [ ]• 2002年 『Dragon Rush! 2005年 『円卓会議』• 2006年 『アストラル・シフト』• 2006年 『いばらの姫と4人の騎士』• 2006年 『精霊と旅人』• 2006年 『Chicken Warriors』• 2007年 『マイティ・ランドロード』• 2008年 『イカサマージ!』• 2009年 『クロニクル』• 2010年 『RR』• 2010年 『舞星』• 2011年 『大商人』• 2012年 『』• 2012年 『成敗』• 2013年 『ロストレガシー』 (木皿儀隼一との共同製作)• 2014年 『Gods' Gambit』• 2014年 『シークレットムーン』• 2014年 『R-rivals』• 2015年 『Eight Epics』• 2015年 『ライバルズ』• 2015年 『シノビアーツ』• 2016年 『ウニコルヌスの騎士たち』 (kuroとの共同製作)• 2017年 『デカスレイヤー ~10の試練~』• 2017年 『ソードアート・オンライン ボードゲーム ソード・オブ・フェローズ』• 2017年 『ローレルクラウン』• 2017年 『文絵のために』 出典 [ ]• 電撃オンライン 2014年10月9日. 2017年1月9日閲覧。 4Gamer. net 2014年12月27日. 2017年1月9日閲覧。 2017年1月9日閲覧。 ワンドロー. 2017年1月9日閲覧。 SWITCH GAMES. 2017年1月9日閲覧。 ゲームマーケット. 2017年1月9日閲覧。 4Gamer. net 2015年9月18日. 2017年1月9日閲覧。 ゲームマーケット. 2017年1月9日閲覧。 外部リンク [ ]• kanaiseiji - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の