検査 un。 検査値の達人

小児臨床検査基準値(国立成育医療研究センター)

検査 un

尿素窒素(BUN)の概要 この項目は、血液中の尿素窒素の量を調べる検査です。 尿素窒素とは、血液中に含まれる尿素です。 尿素は、体内で蛋白質が分解されてできる最終代謝産物です。 蛋白質は、体内で分解されるとアンモニアが発生します。 このアンモニアは、人体には有毒なため、肝臓で代謝されて、無毒な尿素になります。 尿素は、腎臓の糸球体でろ過されて、尿中へ排泄されますが、一部は尿細管で再吸収され血液中へと戻ります。 尿素窒素は、クレアチニンとともに腎機能検査として用いられます。 通常は10:1 の比が保たれていますが、この比が10 以上の場合は腎外性因子を、10以下の場合は腎性因子を考慮します。 尿素窒素は、クレアチニンと同じように腎機能検査として用いられていますが、早期の腎機能低下では値の上昇が軽微で、糸球体ろ過値(GFR)が だいたい30%以下まで低下しないと基準値を超えるような高値を示さないことがあり、そのため、早期の腎機能異常を見過ごしてしまうことがあります。 そのため、尿素窒素が基準値内でも、腎機能の低下が疑われる場合などにおいて、eGFR(推定糸球体濾過量)やクレアチニンクリアランスと呼ばれるより正確な腎機能(糸球体濾過機能)検査を実施することがあります。 2)蛋白の摂取量の増加 摂取する蛋白量が多くなれば、その分尿素の作られる量も増えますので、高蛋白食を摂取した場合は高い値を示すことがあります。 3)腎血流量の減少 心不全のように、腎臓への血流が低下すると、腎臓の排泄機能がうまく働かず、その結果血液中に尿素が溜まるため、尿素窒素は高い値を示します。 4)尿素の再吸収亢進 脱水の場合、尿素の再吸収が亢進されるため、高い値となります。 腎結石・尿管結石、膀胱癌などで尿の排泄障害が起こると、尿素が尿から排泄されないため、血液中の尿素窒素が高い値を示します。 尿素窒素(BUN)の生理的変動 性別による変動 男性の方が女性よりもやや高い値となる傾向があります。 日内変動 日中高く、夜低い傾向があります。 その他の影響による変動 高蛋白食の摂取、激しい運動により高い値を示す傾向があり、妊娠や低蛋白食の摂取で低い値を示す傾向があります。 検査の目的 1)腎機能のスクリーニング検査として 2)腎疾患を疑う場合や腎疾患の経過観察として.

次の

危険物容器等検査業務

検査 un

UNについて解説していきますね 「血液検査」は年齢を重ねていくとほとんどの人が体験していますよね!? おそらく、皆さんは「血液検査」と聞くと、あまり良いイメージをお持ちでないかもしれません。 今は血液検査で非常に多くのことが分かるようになってきました。 今まで治療が困難であった病気も、血液検査で早く見つけることによって命を救われた人が数多く存在します。 検査項目にはそれぞれの特性があり、正しく理解することが非常に重要です。 心臓、肝臓、腎臓など、あまり症状がなく突然病気が発覚することも少なくありません。 それ以外の病気でも、あともう少し早く分かっていれば。。。 という方も。 検診で引っかかり指摘はされたものの何となくそのままにしている場合もありますよね!? 検査に関して疑問などを抱えていても、病院ではうまく聞けなかったりしていませんか!? そのような人の悩みを解決できるよう、現役の臨床検査技師が詳しく解説しながら記事にしています。 人生100年時代と言われているこの頃、健康寿命を少しでも延ばせるように知識を共有しましょう! 目次• ・UN(尿素窒素)とは? (注)UNは、医療機関によってBUNと記載されたりしますが、一緒ですのでご安心下さい。 UNは体内の尿素に含まれる窒素量を測ったものです。 エネルギー源である アミノ酸が代謝されアンモニアになり、そのままでは身体に悪いので 肝臓で尿素に変わります。 尿素は血液で全身を巡った後、腎臓で尿などによって排出されるため 腎機能が悪くなると上昇してくるものです。 主に、 腎臓(腎機能)検査という認識の方がいらっしゃると思います。 その通り、正解です! 毎年行なっている健康診断の結果表にもそのような分類として表記されていますね。 診断の補助項目として非常に有用とされています。 また、UNは腎機能の指標として有用であり特異性(ある臓器の状態以外ではほとんど変動しない)も比較的高いですが、 低下した場合に潜んでいる病気の可能性について把握も重要です。 UNの「意外と知られていない」生理学的変動や検査による要因 <異常値を示したとしても、 病気!とは限らず日常生活や検査をする過程で起こり得る様々な要因によって検査値が変動すること>をいいます。 UNは 日内変動(採血するタイミング、朝夕などで検査値が変わる)、性差(元来、男女で検査値に差がある)や加齢による影響はほとんどないといえます。 生化学的検査は、採血後に高速で遠心して固形成分(赤血球や血小板など)と液体成分(血清や血漿など)に分離します。 検査で用いるのは液体成分の方です。 では、UNが異常値を示した場合。。。 腎疾患(腎炎、尿毒症など)の可能性が最も高いですが、低下した場合は肝疾患(肝硬変、肝不全)の疑いなど、があると思います。 しかしながら、別の可能性として、、、 脱水、妊娠、手術後などで病気ではなくても、見かけ上異常値を示す場合があります。 しかしながら、体内でアンモニアを尿素へ変換できない、もしくは尿素を外部へ排出できないとなると問題が生じてきます。 ですので、病院で血液検査をする場合のほとんどで、スクリーニング検査(どこかに異常がないかどうかチェック)として用いられます。 UN値が上昇(低下)した場合、必ずといってよいほどUN値だけではなく他の検査値も変動しているはずです。 UNとUA・CREなどが異常高値であった場合・・・ 腎機能に障害があり、さらに別の病気が潜んでいる可能性があります。 腎臓は 機能が半分程度低下してから検査結果に反映してきます。 特に、 Kが上昇している場合は腎機能障害が進んでいる可能性が高いので注意が必要でしょう。 具体的にUN値がいくつ以上などでパニック値(早急に処置の必要性あり)という基準はありませんが、大幅に上昇している場合、検査室から医師へ連絡します。 UNは異常低値、UA・CREなどは正常値であった場合・・・ 肝疾患の可能性があります。 特に、 体内アンモニア値が上昇している場合はASTやALT値の動向に注意が必要だと思います。 なお、 UN値のみ上昇であれば高蛋白食や妊娠、遺伝的に高めの方もいますのでご留意ください。 測定誤差範囲なので大丈夫ですよ ここからは現場の方の苦労を。。。 血液検査を専門としている臨床検査技師が最も大変なのは・・・血液検体と会話できないことです! 何を言っているんだ。。。 と思うかもしれませんが 目の前に患者さんがいるわけではないので、今どの程度具合が悪いのか、熱がありそうなのか、顔色はどうなのか、など観察できないのです。 検査データを報告する際は、患者さん個別の前回値(前回の採血結果)や診療録を参照しながら、病態をイメージしています。 病気が進化するとともに治療も進化していきますので、分析に用いる検査試薬や方法も古いものは使えなくなっていきます。 そのためには 幅広い知識と豊富な経験が必須となり、日々進化し続ける病気や進歩し続ける検査法、両方に対応しなければならないのです。 Advertisement 関連する記事• 2019. 2019. 2019. 2019. TAKです。 ブログを読んで頂きありがとうございます。 【らぼとーく】は 「医療・健康・話題」を中心に情報を掲載しています。 「臨床検査技師」取得後、大学病院勤務はや20年。。 月日は早いものですね 笑 血液(採血)検体検査専門。 学会発表・論文投稿・専門の資格取得など多数。 サッカー、スノーボード、スキューバダイビングなどスポーツ全般、旅行、映画鑑賞、海外ドラマet。 医療と健康はセットです。 血液検査はマストであり、私の経験や知識を記事にして悩みが解消できれば嬉しいです。 正しい知識を共有して健康寿命を延ばしていきましょう! 今後は色んな記事を書きたいので最新の話題にも触れていきたいと思います。

次の

危険物容器等検査業務

検査 un

【サイト内全文検索】 病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 尿素窒素(BUN) 腎機能が正常に機能しているかを知るための重要な指標になります。 生命活動のエネルギーとして使われたタンパク質の燃えかすとして生じるアンモニアを無害化するために、二酸化炭素と結びついた結果できたものです。 通常、尿素窒素は腎臓でろ過されて尿中へ排出されますが、急性や慢性の腎不全などで腎臓の働きが低下すると、ろ過しきれない分が血液中に残ってしまい、尿素窒素の値が高くなります。 また、タンパク質の取りすぎ、大量の消化管出血、甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍、脱水症状の場合も数値は上昇します。 逆に数値が低い場合、タンパクの摂取不足が考えられます。 その他、尿素のほとんどすべてをつくっている肝臓の働きが悪い場合、すなわち重症肝障害、肝不全などでも数値は低くなります。 尿素窒素に異常があったら? 異常値が出たら脱水、発熱、貧血、常用薬の有無などを検査して、後日再検査します。 同時に、尿タンパクや、尿沈渣、クレアチニンなどの検査を行ない、診断の参考にします。 尿素窒素は値は、基本的には尿素の生成と排泄のバランスで決まりますので、たん白摂取量、たん白代謝機能、腎機能の3つの因子が深く関連しています。 腎不全や脱水では尿素窒素の排泄障害により、また高たん白食の多色や感染症、糖尿病、がんではつくられる尿素窒素の量が増えて高値になります。 肝不全や低たん白食の持続では作られる尿素窒素の量が減り、また尿崩症では排泄される量が多くなって低値になります。

次の