ポケモン グソクムシャ。 www.videocon.com: ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ グソクムシャ ボスごっこ RR: おもちゃ

【サンムーン】「グソクムシャ」って専用技とデザインは良かったよな 夢特性は無いがポケモンUSUMの教え技で評価は変わるのか?

ポケモン グソクムシャ

相手の技のダメージ以外の場合や、すでに残りHPが半分以下の場合は発動しない。 なお、野生のポケモンが相手の場合は交代せずに逃げ出す。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。

次の

グソクムシャとは (グソクムシャとは) [単語記事]

ポケモン グソクムシャ

英語名 First Impression 概要 第7世代から存在する技。 出会い頭に敵を切りつける。 初登場のではの専用技として登場。 ただし以下のような押しかけのような技ではない為、その点は注意。 英名の"First Impression"を日本語訳すると「第一印象」。 「 Night Slash 」とは異なり元の行動からは離れてしまっているが、日本人以外には通じにくいことを考慮したであろう妙訳と言える。 同様、登場した直後のターンにしか使用できない欠点が存在する。 威力はなんと先制技トップの 90。 通りがあまり良くないむしタイプの技である事を考慮しても破格の威力を誇る。 その代わり、ひるみ効果はない。 グソクムシャの高い攻撃力が合わされば、等倍程度なら相手の体力を抉り飛ばす事も難しくない。 弱点ならば言わずもがなである。 伝わりやすく例えるならあのの「」と同等の火力である。 このせいでポケモン以外の虫弱点持ちは、がいなければ下手に採用できないとか何とか。 グソクムシャの性質上不利なポケモンを受けだされると有効打を与えられずに控えに戻る可能性もある。 こういう点を踏まえると結構玄人向けなわざであったりする。 USUMではなんと が習得した。 やっていることは要するに辻斬りなので違和感はないと言えばないのだが…。 ちなみに、カモネギとグソクムシャはタマゴグループが異なるため、遺伝にはが必須となる。 ではさらに多くのポケモンが習得できるようになる。 新ポケモンではやなどが使用可能だが、旧作のポケモンでは一致で撃てる が習得したのが大きい。 との相性の良さから使用率を伸ばしているアイアントだが、高い攻撃力と「」適用のであいがしらの威力はグソクムシャのものを大きく上回り、ダイマックス化すれば威力130の必中虫技として使えるなど高い採用率を誇っている。 しかし、「はりきり」のデメリットでダイマックスしないと威力と引き換えに命中不安になってしまうため、ここぞで外しかねないなど明確な弱点も持つ。 また、高攻撃力を誇るも習得可能に。 うまく活用できればむし技が等倍以上で通る相手に大ダメージを狙っていけるので採用するのも一考だろう。 ただし、 グソクムシャから系統を経由して遺伝させなければならないので、習得が少し面倒なのが難点。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

であいがしら

ポケモン グソクムシャ

図鑑説明 するどく きょだいな で いっせん。 くうきや かいすいさえ いっとうだんの うでまえ。 6の うでで に たたかう。 ふだんは しんかいの いわあなで めいそうするように に すごす。 情けない感じの前から一転してかなりごつくなっている。 共々最終形としては初の・。 名前の由来は具足 武者の脚部 +者+、となったのはか。 分類の「そうこう」は前と同じだが、あちらは「走行」でこちらは「装甲」だろうか?• の方も、前のとは較にならないほど強化されている。 のかは不安を抱えているが、防御と特防の大幅上昇によっては高い。 特には、に振るだけで陽気のをほぼ確定3発に抑えるほど。 攻撃もと並ぶ高さで、後述の先制技を始めとして技も充実している。 大きく低下した素さを除けば、どこかやのを彷彿とさせる。 「」同様場に出たにのみ使用可で、ひるみ効果はい。 しかし、グソクムシャのであればかなりのを出せる強な技。 弱点のならば、言葉通り出会い頭に粉砕できる。 警もされやすい。 後述のの事もあり、この技の採用率は非常に高い。 他にも「」・「」まで習得するなど、素さがしかなく素く動けそうもいのに先制技にている。 但し第7世代では先制技自体を封じる技・も登場したので過信は禁物。 特に強ポケとして名高いには要注意。 の「ききかいひ」はが半分になると逃亡・交代する…ようするに前の「にげごし」が名前を変えただけで効果は全く同じである。 敗走から戦略的撤退になったのだろうか 性質上積み技との相性が悪く癖の強いだが、わざとこのを発動させることで有利なに交代したり、再登場時に「であいがしら」を再び使うといった使いも考えられる。 場に向く。 では、の切り札たるなのだが… なんとではしい事に、切り札であるはずのグソクムシャを 初っ端から繰り出してくる。 容赦なく上記の「であいがしら」と「ききかいひ」を利用したを使用してくるため、たかがと侮っていたらが半壊していた…なんて事も。 さん本当に手加減しない 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の