ペンタトニック ス 脱退 理由。 ペンタトニックス最終公演、アヴィ最後の感動の日本公演に泣き崩れるファンも

アヴィ脱退: 部屋とバナナと私

ペンタトニック ス 脱退 理由

凄いです。 幼馴染の スコット・ホーイング、 ミッチ・グラッシ、紅一点の カースティン・マルドナードの3人が、高校時代にアカペラトリオを結成し、レディー・ガガの「テレフォン」をカバーしたYouTubeが30万回再生されて話題になったことが全ての始まり。 その後、友人を通じて新たに アヴィ・カプランが加入。 そして、チェロをプレイしながらヒューマン・ビートボックスをする ケヴィン・オルソラのYoutube動画を見て、新たなメンバーを探していたスコットがコンタクトをとり、5人メンバーに。 これが、ペンタトニックの始まりです。 しかも、2011年のNBCのアカペラオーディション番組「The Sing Off」に出演する、たった24時間前にメンバーが正式に顔を合わせたとか。。。 それでも、この素晴らしいハーモニーが奏でられるなんて素晴らしいですよね〜。 2013年には ダフト・パンクの楽曲をメドレーしたYoutubeが 2億回も再生され、人気とその実力を世界に知らしめました。 日本には、これまでにも何度も来日しており、メンバー曰く。。。 友人と家族との時間を大切にしたいから。。。 この一言に尽きるようです。 ペンタトニックの公式フェイスブックでは、ファンに脱退の理由や、これまでのファンへの感謝などを語っています。 涙ぐむ場面も。。。 僕たちがここまで成功できた理由の一つは、僕たちは本当に早いペースで動き続けたからです。 ペンタトニックスとして活動する中で、そのめまぐるしいペースが僕にとってはとても苦しいものでした。 必要な時に家族や友達に会えないのはとてもつらかったんです。 アヴィだけじゃない! 人気絶頂期に悩むアーティストは多い。 今回のブログのタイトルに「納得する」と加えました。 ミュージシャンや、ダンサー、モデル、俳優など、有名になることを夢見て日々頑張っている人からすれば、このアヴィのペンタトニックからの脱退は、ファンだけでなく、「今、何故?」ということだと思います。 絶頂期にもったいない!!• 今が、一番いい時なのに、よく脱退できるな〜。 勇気があると思う。 本当はメンバー間のいざこざ? と、「家族&友人との時間」と言われても、そんなの電話やSNSでコミュニケーションを常にとってればいいのに。。。。 という声も聞こえそうです。 ただ、本当にワールドワイドに活躍するようになると日本よりも、かなりシビアな海外のショウビジネス事情。 有名なミュージシャン達も「ツアーにはうんざり」とか、「アメリカ以外ではツアーはしたくない」など結構な率で所属事務所側に言っているエピソードは数多くあります。 やはり、これも根本的な理由は「時間」です。 (お金もありますが。。。 ) 先にも書いたように、海外のショウビジネスの世界は本当にシビアで、売れないミュージシャンはバシバシ切ります。 そして、売れている時期にはどんどんツアーを入れますし、ワールドワイドなので、そのツアーは世界規模です。 どれだけ長い間、ツアーに出ないといけないのでしょうか? 想像してみてください。 アメリカのミュージシャンだとすると、アメリカ国内だけでもアメリカを横断して、数多くツアーを回らないと、アメリカ中のファンに応えられません。 それにプラスアルファ、海外にツアーに出かけるのです。 キャーキャー言われて羨ましい!という声もあるでしょうが、タフじゃないと出来ないと思いますよ。 最初だけ、その「キャーキャー」に酔いしれますが、すぐに「プライベートな時間」を考える時がやって来ます。 有名になる代償は、想像以上です。 そしてその結果、家族を持っているミュージシャンの場合、家族関係が壊れたりするケースが結構多く、その辺りは映画になっているものが数多くあります。 「愛する人達とすれ違う」という事は思っている以上に精神的に負担になります。 アヴィが語っているように、 「必要な時にお互いが目の前に居ない」からです。 ペンタトニックスの残されたメンバーも、非常に落胆しているでしょう。。。 一緒に頑張ってきた仲間です。 でも、アヴィの精神的な苦痛を考えたら納得せざるを得ないのだったと思います。 今後のツアーはアヴィは参加するの? 既に組み込まれているツアーにはアヴィ・カプランは全て参加するとの事です。 日本では、ジャパンツアーの最初の地、福岡講演が終わり、 本日5月27日の東京国際フォーラムでのパフォーマンス。 そして、それ以降は以下の通りです。 この曲は、エルヴィス・プレスリーが歌い、全米1位にはならなかったものの、エルヴィスの代表作となり、スタンダードナンバーとして、様々なミュージシャンによるカヴァーがあります。 ペンタトニックスのカヴァーはどんなハーモニーを奏でてくれるのでしょうか?.

次の

人気ア・カペラグループ「ペンタトニックス」アヴィ・カプラン脱退を発表! 動画メッセージで涙ぐむ場面も[動画あり]

ペンタトニック ス 脱退 理由

動画総再生数が41億回を超え、アカペラ・グループとして史上初の2作連続全米1位、3年連続(2015 〜 2017)グラミー賞受賞といった記録を持つ奇跡の5人組 Pentatonix(ペンタトニックス)。 英語曲だけでなく Official 髭男 dism の『Pretender』やパフュームのメドレー等、日本語カバー曲の披露や、今年初めに行われたジャパンツアーが全公演ソールドアウトとなり、大盛況のうちに幕を閉じたことも記憶に新しい。 その彼らが、本日(日本時間6月25日) 、コロナ禍の中でレコーディング、プロデュース、全てが遠隔で行われた デジタル EP『AT HOME(アット・ホーム)』を発売。 収録曲 「Home(ホーム)」の MV が公開された。 本作では The Weeknd(ザ・ウィークエンド)「Blinding Lights(ブラインディング・ライト)」、Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)「When The Party's Over(ホエン・ザ・パーティーズ・オーヴァー)」、Dua Lipa(デュア・リパ)「Break My Heart(ブレイク・マイ・ハート)」、Clean Bandit(クリーン・バンディット)「Cologne(feat. ニッキー・シスリン・アンド・ジェイボン)』、The Cranberries(クランベリーズ)「Dreams(ドリームス)」といった大ヒット曲たちをカバーしており、ペンタトニックスの「声」によって収録された全6曲は、美しく、時には切なく、新たな魅力を放っている。 「ステイ・アット・ホーム!」と現在のコロナ禍とマッチする印象的な歌詞で始まる『ホーム』の MV ではメンバーそれぞれが遠隔で撮影に臨み、13もの楽曲をマッシュアップしながら流れるように歌い、繋げている。 ペンタトニックスの息のあった美しいハーモニーはまったく距離を感じさせず、EP のタイトル『アット・ホーム』にぴったりだ。 メンバーのスコットは 「バンドメンバーやプロデューサーと一度も同じ部屋にいることなく、EP の音楽とビデオをアレンジしてレコーディングするというのは、非常に挑戦的で奇妙だったよ。 でもこの数ヶ月間での世界中の人々の強さやクリエイティビティに触発されてできたものだ。 この音楽とビデオをファンの皆さんと共有できることをとても誇りに思っているよ。 そして、その他の僕たちの活動を伝えられる日が待ちきれないよ!」と語っている。 現在オフィシャルサイトにて現地時間の6月26日に EP リスニング・パーティを行い、 『ホーム』の MV だけでなくその他収録曲のビデオを毎週公開するとのアナウンスがされており、 7月31日には秘密の情報が公開されるようだ。 31日の発表を待ちながら、ペンタトニックスと一緒に楽しくステイ・ホーム時間を過ごしてほしい。 リード・ヴォーカリスト:スコット・ホーイング/カースティン・マルドナード/ミッチ・グラッシ、ヴォーカル・ベース:マット・サリー、ビートボクサー:ケヴィン・オルソラの5人からなる超絶技巧派アカペラ・グループ。 彼らの代表作「ダフト・パンク・メドレー」が3億回、公式YouTubeチャンネルの動画総再生回数は驚異の41億回を突破。 2016年7月発売の日本独自企画盤『ペンタトニックス 最強盤 』に収録されている「Perfumeメドレー」では初の日本語歌唱に挑戦。 同年発売した2枚目のクリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス』 は、全米2週連続1位を獲得。 同年9月にベース担当のアヴィ・カプランが惜しまれながらグループを脱退し、2018年3月に、バークリー音楽大学で声楽の勉強をした経歴を持つマット・サリーが正式加入。 4月には、最旬のヒット曲ばかりをカバーした最新アルバム『PTX プレゼンツ:トップ・ポップ VOL. 2019年2月、サイモン & ガーファンクルのカヴァー「サウンド・オブ・サイレンス」、3月にコスモ・シェルドレイクのカヴァー「カム・アロング」を配信、4月にはアリアナ・グランデのカヴァー・メドレー MV「エヴォリューション・オブ・アリアナ・グランデ」を公開。 更に、8月には映画『ライオン・キング』曲より「愛を感じて」のカヴァー MV を公開。 2020年1月~2月、全国5都市5公演のジャパン・ツアーを敢行、全公演ソールドアウトとなった。 これまでにプロモーション、フェスティバル出演、単独ツアーで計9回の来日を果たしている。 関連ページ• Tue, 16 Jul 2019 世界中で世代を超えて愛される今世紀最大のアカペラ・センセーション! ペンタトニックスが 2 年半ぶりに日本に帰ってくる! 2020 年全国 5 都市でジャパン・ツアー 開催決定!• Tue, 18 Dec 2018 Pentatonix(ペンタトニックス)さらにムード高まる中、最新クリスマス・アルバムから新たなMV公開!• Wed, 21 Nov 2018 【ペンタトニックス】大ヒット・クリスマス・シリーズ第3弾アルバム本日発売!日本のファンに向けた動画も公開• Sun, 15 Apr 2018 【新生ペンタトニックス】最旬大ヒット曲ばかりのカバーによる最新アルバム発売!iTunesで即時1位!• Mon, 12 Mar 2018 【PENTATONIX】新メンバーが加入後初のアルバム、4月18日 金 に世界同時リリース!• Wed, 24 May 2017 女性ソロ・アーティストとして、そしてペンタトニックスのメンバーとして、さらなる魅力を放って成長し続けるカースティン• Thu, 22 Dec 2016 TV-CMでも話題沸騰中の「奇跡のアカペラ5人組」、最新ミュージック・ビデオ「アップ・オン・ザ・ハウストップ」を公開!• Mon, 05 Dec 2016 あのテーマ曲を完全アカペラ化!• Fri, 25 Nov 2016 今年もペンタトニックスでクリスマス!• 1アカペラ・グループがPerfumeの楽曲メドレーを日本語で披露!.

次の

ペンタトニックスケール概論

ペンタトニック ス 脱退 理由

全米1位を獲得した2016年の大ヒット・クリスマスアルバムに、新録5曲を追加したアルバム『ペンタトニックス・クリスマス(ジャパン・デラックス・エディション)』は、現在発売中。 『ペンタトニックス・クリスマス(ジャパン・デラックス・エディション)』 発売中 2,400円+税(SICP-5631) 収録曲 1. 神の御子は今宵しも 2. 神が喜びを下さるように ほしかげさやけき 3. ホワイト・クリスマス feat. マンハッタン・トランスファー 4. クリスマスを我が家で 5. アップ・オン・ザ・ハウストップ 6. クリスマス・シング・アロング 7. コヴェントリー・キャロル 8. ハレルヤ 9. コールデスト・ウィンター 10. グッド・トゥ・ビー・バッド 11. メリー・クリスマス、ハッピー・ホリデイ 12. ひいらぎかざろう 13. 輝く日を仰ぐとき feat. ジェニファー・ハドソン 14. 飼い葉の桶で 15. レッツ・イット・スノー! レッツ・イット・スノー! レッツ・イット・スノー! 16. ハレルヤ feat. ザ・ストリング・モブ 購入リンク: 日本公式サイト:.

次の