自殺 綺麗。 【FGO】自殺の名所に不死身の虞美人が来るってなんとも言えない気持ちになるな

自殺した後の死体って、汚いんですか?首つりとか…。綺麗に自殺...

自殺 綺麗

「もうこの人しかいない!」というくらいに愛した彼から振られてしまったとき。 失ったことへのショックが大きすぎて…自殺を考えたくなってしまう人もいるでしょう。 多くの場合は少し時間を空けることで気持ちが落ち着き、死ぬことへの意識は薄くなっていきます。 しかし、中にはどんどんネガティブな感情に飲み込まれて…「自殺すること」しかかんがえられなくなってしまう人もいるでしょう。 今回はそんな「失恋で自殺を考えてしまう人」へ贈る、自殺への考え方を切り替えさせるための「15のやるべきこと」をご紹介していきます。 生きてさえいれば、誰でも幸せになれるチャンスが待っています! 少しでも失恋で死にたい気持ちになってしまうとき、ぜひ参考にしてください! 目次• 失恋が原因で本当に自殺する人っているの? 残念ながらいます。 もちろん少数派ですが…失恋ショックに追い込まれた結果、周りが見えなくなることで未来のない自分の人生に絶望し、そのまま命を絶ってしまう人もいるのです。 失恋で自殺したくなる原因は… 恋愛を失ったことで死にたくなる感情を抑えきれず、「死にたい」という思いを抱え込んでしまう人には3つの原因があります。 失恋で自殺を考えてしまうとき、自分はどの原因で死にたくなっているのかを見つめられる時間を持てるか、持てないかで、その後の人生は大きく変わってくるでしょう。 死にたい気持ちが強くなっているときに冷静な判断をすることは難しいですが、事前に「こんな原因がある」という情報を頭にいれておくことは、失恋ショックで自殺をしてしまう防波堤にもなります。 今後のための参考として、しっかり把握しておいてください。 自殺したくなるのは「人生が終わったという思い込み」 恋愛が終わった=人生の終わりだと勘違いしてしまうくらい、 のめり込んだ想いを持った相手を失った場合にでてくる思い込みです。 生きている限り人生が終わることなんてないのに、愛する人がいなくなったことで生きる理由を見失ってしまう状態になることが原因です。 自殺したくなるのは「一時の苦しみからの逃げ」 大好きだった恋人を失ったことへのショックに堪えきれず、「こんな苦しい毎はもういらない」という逃げが原因で死にたくなることもよくある話ですね。 失恋の苦しみは未来永劫続くものではないのに、苦し みが終わる目途が見えない状態で期待を持つことができずに逃げ出したいと思ってしまう…弱い心が原因です。 自殺したくなるのは「元彼への復讐心」 自分の元を離れていった元彼に最大の後悔を与えてやりたいと思う曲がった考え方が生み出す復讐心が原因で自殺を考える人もいますね。 もう元の関係に戻れないのであれば、 自分のことを忘れられない存在にしたいという強い身勝手な思い込みが生み出す執念にも近い怨念が原因となるケースもあるでしょう。 失恋で自殺を考える前に15のやるべきこと 「もうこんな人生いらない」と、人生を放棄する自殺を考えてしまうその前に、「15のやるべきこと」を試してみてください。 沈みきった心をリセットさせる効果や、落ち込んだ気持ちを盛り上げる効果もあり、 未来の見えなくなった真っ暗な状態から自分を救い出す大きなきっかけになるはずです。 何もしないで弱った気持ちに飲み込まれて終わる…のではなく、気持ちの整理をして冷静に考えられるチャンスを…自分の人生に与えてあげましょう。 自殺を考える前に「家の掃除をする」 追い詰められた気持ちになると部屋が汚くなります。 片づけることまで意識が回らないので、置いたら置きっぱなし、ゴミが出てもそのまま…と、どんどん部屋がごちゃごちゃになるでしょう。 失恋ショックを受けて汚い部屋にいることで、気持ちも落ち込みやすくなり「死」について考えたくなることも。 いったん何も考えずに「部屋を綺麗にする」ことを試してみてください。 さっぱりとした綺麗に片付いている部屋になることで気持ちがリセットされ、前向きな気持ちが出やすくなります。 自殺を考える前に「お金の整理をする」 借金がある人は返済して綺麗な人生になるようにしてみましょう。 貯金のある人は思い切ってほしかった物を買ってみましょう。 自分のお金の整理をすることで、不思議と心の整理がされ、「死ぬこと」よりも「生きること」について考えるような環境が出やすくなります。 お金は生きているからこそ回っているものなので、お金の整理をすること=生きるための整理をすることに繋がり、自然と失恋で自殺を考える気持ちも整理される環境が生まれるケースもあります。 自殺を考える前に「おいしい食事をする」 食事も生きていくことに不可欠なものですが、失恋で自殺を考えそうになったときには、 おいしい食事を食べることも気持ちを切り替えるための重要なポイントになります。 食事で満たされることで人生への希望が見いだせることが多く、 「もっとおいしいものを食べたい」という欲求が無意識にも発生し、死ぬことより生きることへの気力が湧いてくるでしょう。 自殺を考える前に「マッサージを受ける」 体を癒されることで心をほぐされるものです。 自殺が頭をよぎるくらいの失恋ショックに苦しんでいる人は、心もガチガチに固まっています。 マッサージを受けて強制的なリラックス効果を受け、凝り固まった心をほぐしてあげましょう。 心地よい癒しを経験することで、生きることの楽しさを実感できるようになるはずです。 自殺を考える前に「美容室など身ぎれいにする」 美容室で髪を綺麗にする、エステにいって肌を綺麗にする、ネイルケアをするなど、 自分の体に磨きをかけてみてください。 美への願望が深層心理に染み込んでいる女性は、綺麗になった姿を見ることでテンションが上がり、 死ぬことよりも生きていくほうが楽しい結果になることを感じやすくなります。 綺麗になることで未来への希望と期待が膨らむからでしょう。 自殺を考える前に「仕事をやめる手続きをする」 どんなに苦しくても「仕事には行かなければならない」という意識が残るのが、社会で生計を立ててる人間ならではの強迫観念にも似た使命。 失恋で落ち込んでいるときに、仕事へ行かなければならない状況の中にあると、精神的にどんどん追い込まれやすい状況になります。 いったん仕事をやめる手続きをすることで、「もう仕事に行かなくてもいい」という環境を作ってみましょう。 1つの強迫観念心理が解放されることで、「何も考えなくていい時間」「何も追われない時間」ができるはず。 この「無」の状況が混乱している心を落ち着ける効果があるのです。 何もしない時間をゆっくり味わったその後には、前向きに生きていきたい気持ちが芽生えやすく、人生リセットの大きな転機となるケースもよくある話です。 自殺を考える前に「借りたものを返す」 借りっぱなしで放置している物って、よくよく思い出せば1つくらい出てくるものですよね。 借りたままのものがあれば、まず返しに行くことをしてみましょう。 自殺を考えてしまう人は「自分の殻に閉じこもって出てこない状態」が最悪の結果を作ってしまうもの。 借りたものを返す行動は…大した自殺防止効果なんてないと思われがちですが、 「借り物をなくしてさっぱりする」状況で心の整理がつくことも珍しい話ではないのです。 試してみる価値はあるでしょう。 自殺を考える前に「恩があれば返す」 生きていれば「恩」を受けることもあるでしょう。 失恋という身勝手な自殺を考えるその前に、 せめて恩人には恩を返すくらいの意識を持つのが人間としての最低限の礼儀です。 恩のある人がいれば返しに行く意識を強く持ちましょう。 恩返しをしようと思う気持ちが「人として生きる道」という道徳を思い出させ、自殺に対する考え方を変えさせるきっかけになることもあるものです。 自殺を考える前に「行きたかった場所に行く」 行ってみたいと思っていた場所に行くことで、満足感を得られます。 また、実際に行きたかった場所へ行くという体験をすることは、その場所の景色、匂い、空気感など、五感で感じる達成感も味わえます。 行きたかった場所に実際へ行くことで 「その気になれば自分はどこにでも行ける」という自信が付き、人生を進んでいくための大きな自信に繋げることもあるのです。 自殺を考える前に「やれなかったことに挑戦する」 やれなかったことに挑戦することで「心残り」をなくしてみましょう。 その行動は…やれなかったことをできた達成感を生み出し、新たに「やってみたいこと」を作り出すこともあります。 やりたいことへの挑戦は、次の挑戦を作り、どんどんステップアップしていくもの。 人生そのもののような行動をすることで人生へのやりがいを見出し、自殺をする考えなんて…いつのまにか消えてしまうでしょう。 自殺を考える前に「話題の映画を見る」 気が乗らなくても、今話題になっている映画を見に行くことも気分転換になります。 話題になるだけあって、時代のニーズに合っている最新映画に色んな感情を与えられます。 たくさんの感情を与えられることで「失恋一色」になっていた心に刺激を与えることができ、気持ちを切り替えるきっかけになることもよくあるケースです。 自殺を考える前に「欲しかったものを買う」 高くて手が出せなかったもの、自分にはぜいたく品だと思っていたもの、 何でも良いので思い切ってほしかったものを購入してみてください。 欲しかった物を実際に手に入れる経験をするこで得る喜びは、人生の喜びの体験となり、 欲しいものを手にすることのできた達成感が人生の達成感となり…生きる希望を見出してくれるでしょう。 自殺を考える前に「感謝すべき人にお礼を言う」 人間社会の中で生きていれば、感謝をすべき人の1人や2人はいますよね。 失恋に落ち込んで死にたい気持ちが強くなったときには…感謝すべき人に会ってお礼を伝えてみましょう。 お礼を直接伝えることで、「感謝するほど助けてもらった事実」を思い出し、人生は捨てたものではないことの認識をするパターンもあります。 助けてくれた人に報いるためにも、人生を放棄することをやめる決心も付きやすくなります。 自殺を考える前に「親に会う」 自分を生んでくれた親、自分を育ててくれた親に会うことは失恋で自殺を考えたくなるときに思いとどまらせてくれる大きなきっかけとなるでしょう。 実際に会うことで親の自分に対する思いを肌で感じることができ、「死ぬことは親不孝」になることも実感するものです。 親の笑顔をみたり、自分の状況を心配する姿を見て、 死にたい気持ちを抱えていたことに「なんてことをしようとしたんだろう…」と後悔も芽生えるはず。 親のためにも人生をやり直したいという希望が見えてくるでしょう。 自殺を考える前に「会いたかった人に会う」 友達、お世話になった人、優しくしてくれた人など、「会いたかったけどなかなか時間を作れずに会えなかった人」に会ってみましょう。 自分の会いたかった人と会って少しでも会話をすることで、心が癒される瞬間ができます。 このたった一瞬がポイントになるのです。 自殺を考えたくなる人に心には心の隙間がないことが多く、なかなか切り替えの感情を投入することができない状態になっています。 そこにほんの一瞬でも隙ができることで、風穴となることもあります。 小さくとも風の入る隙間ができれば…そこには「希望」という名の風が吹き込んでくるはずです。 恋愛に自殺する価値も理由もない!「未来の幸せ」を放棄するな! せっかく生まれることができた人生は、誰のものでもなく自分のものです。 腐らせて終わるのも、光り輝かせて終わるのも…周りではなく自分自身。 生きてさえいればいくらでも再起はできますし、やり直すこともできるもの。 それなのに、1つの恋愛で受けたショックだけで人生を放棄してしまうのは、本当に、本当にもったいないことなのです。 生きていなければ見られない明るい世界を知ることなく終えるのは、本当にもっいないのです。 恋愛は1つの「人生の通過点」に過ぎません。 失ったからといって自分の人生を投げ出すほどの価値も理由もないはずなのです。 人生を放棄するということは、未来の幸せを放棄すること。 このことを絶対に忘れることなく、人生と向き合ってほしいと願います。 生きていれば辛い恋愛もするでしょう。 しかし素敵な恋愛も経験するはず。 自分を信じて、自分の可能性を信じて、決して「未来の幸せ」を放棄するような決断をしないよう…前向きな人生を歩いていきましょう! 新しい彼氏を見つけて 素敵な恋をしませんか? あなたに ぴったりのパートナーを探せます。

次の

簡単に死ぬには / www.videocon.com#人力検索はてな

自殺 綺麗

本人の苦しんでいるレベルは誰にも分かりません。 赤の他人でも家族でも綺麗事は無責任だと思いますし、 逆に本人を苦しめる場合もあるでしょう。 私も自殺を何度か考えた事はあります。 その時を冷静に振り返ってみると、 自殺を誰かに口にするというのは死にたいのではなく、 今の苦しみから抜け出したいという事だと思います。 本当に死にたい人は誰かに話せば止められると予想 出来ますから、口には出さずに行動すると思います。 根本的な原因が分かっていれば、 その問題を解決出来る様な専門機関を紹介するとか、 周囲が職場変更を許してあげる、次の職場を一緒に 探す手伝いをする等の協力的な行動を示してあげれば 本人も楽になると思います。 この国に生きる権利はあっても死ぬ権利というのは 認められていないと思いますよ。 権利という言葉の意味を確認して下さい。 本当に自殺を考えている人を救うなんて事は出来ないと、思います。 私のお父さんは自殺しました。 私は、お父さんが死にたいというのをずっと聞いていましたし、気づいてもいました。 けど、本当に死ぬなんて思っていませんでした・・・・。 かまってもらいたいだけじゃないのか・・・くらいに思っていた自分が情けないです。 でも、お父さんが死にたいという時、安っぽい奇麗事を言いました。 『もっとがんばってみなよ。 』とか・・ 『生きてればいいこともあるんじゃない?』とか・・ けど、たしかに、貴方のいう通り、根本的な原因を助ける事はしなかったんです。 父が死んだ今、色々考えます。 もし、ああいたら、お父さんは自殺しなかったんじゃないか?とか・・ 助けられたんじゃないか・・とか。 結局死んじゃったから、思えることで、生きていたら、そんな事思えないですよね。 お父さんが死んでから、ずっと書いているブログです。 私の苦しみが・・長年にわたって書いてあります。 よかったら、自殺遺族の一人の私としての意見ですが、参考にしてくださいね。 質問者さんの、意見もすごくわかるのですが・・・ちょっと思った事を書かせてくださいね。 自殺を止める事を言うという事は・・ 自殺をしようとしている人は、相談しているという事が過程になりますよね? 自殺を考えている人が、相談にきたらきっと、『死ねよ。 』という人は少ないと思います。 貴方の死を尊重するから、死んでもいいんじゃない?と言える人はいないと思います。 もし、自分が死を考えているという事を言われたら、やっぱり反対してしまうかなって思います。 『頑張ってよ。 』 『生きてよ。 』 『なんとかなるよ・・・』 なんて、安っぽい言葉しかでてきませんよね・・・。 といって、その人の根本を取り除くのってやっぱり不可能な事だと思います。 自殺遺族として、言うのですが、 わたしは、自殺した人達を尊敬しています。 尊重をして、誇りに思います。 けど、やっぱり死なないで欲しいし、生きて欲しいです。 死んでしまったから、本人の自由でこれでよかったんだって・・思うしかないけれど、 もし、過去や未来が変えられるのであれば、おもいっきり、首を突っ込んで何とかするのに・・って思えるんです。 ただ、貴方の質問を読んで、心が動きました。 >自殺を止める人は無責任ではありませんか? 無責任でしょうね >一時的に安っぽい綺麗事を言って自殺を止めたとしても、根本的な原因を無くさなければまた苦しむだけです。 >自殺を止めるならば、悩みの原因を取り去る義務が有ると思います。 >例えるならば、他人の家 心 に土足で踏み込んで、偉そうに 説教 している様な物です。 安っぽい奇麗事で自殺が止められるならそれに越したことは無いでしょう その後苦しむかもしれませんが取り敢えず死ぬのは先に伸びます 止める人は自分が相手に死んで欲しくない(相手が死ぬのが嫌)だから止めるだけ その相手に苦しんで欲しくないとまで考える人が周りにいれば、 原因を取り除くことまで手助けしてくれるかもしれませんが、 悩みの原因まで取り除く「義務」なんか無い 悩みの原因を取り除くことは出来ないけど今正に死のうとしている人が目の前にいる そこで一言安っぽい奇麗事を言えばその人は自殺を思い留まる そんな状況の時、あなたは悩みの原因を取り除くことが出来ないのなら無責任に安っぽい奇麗事なんか言うなと、 自殺するのを黙って見届けろと言うんですか? それも無責任でしょう 無責任だろうが奇麗事だろうが死ぬのを止められるなら問題ない その後のことは当人が周りに助けを求めるなり、 誰にも止められない状況で再度自殺を敢行するなりするだけです 元々死ぬはずだったのを助けた(止めていなければ死んでいた)訳ですから、 仮に再度自殺をしたとしても止めた人が責められる筋合いはありません >補足 家族や仲間ならば止めるのは当たり前です。 >でも、赤の他人の人生に首を突っ込むのは図々しいと思います。 >でしゃばりです。 家族や仲間と赤の他人、死のうとしている場合に助ける助けないに何の差があるんですか?込めている情が多いか少ないかですよね? 結局のところ、あなたは自分が死んで欲しくないと思う人は止めるけどそうでない人には関わりたくないというだけでしょう もちろん助ける「義務」は無いですから、あなたが関わらないのは勝手ですが、 他人が自殺を止めることに関して非難する理由にはならないかと >どうせ『救ってやった』とか思っているんですよね? >生きる権利が有れば、それをどうするかは本人の自由です。 >尊厳を大切にするべきです。 「救ってやった」と思う人も「死なないでくれた」と思う人もいるでしょう それに何の問題がありますか? 世の中全ての行動は多かれ少なかれ自己満足を得るためです 自由を奪うなというようなことを言っていますが、 それならあなたは今「目の前の自殺しようとしている人を止める自由」を奪おうとしているのでは? 自殺をするもしないも止めるも止めないもその人の自由です.

次の

史上最も有名で美しい自殺写真|歴ログ(尾登雄平)|note

自殺 綺麗

こんばんは。 暇な女子大生です。 死までもう少しのところにいる気がします。 ダメですね。 気持ちが弱っている・・・ 今回は自殺の方法をじっくり考えてみようと思う。 自殺方法大百科というサイトを引用させてもらいます。 () 薬による自殺 メリット:痛くない デメリット:金がかかる、入手が難しい 「自殺するのに金の心配をする奴があるか!」って話ですよね ちゃんと致死量以上飲まないと、途中で吐いて助かったり、全然効かなかったりして生き残っちゃうみたいです。 致死量の3倍飲まないといけないとか。 うーんdeathly! むしろ首吊りで快感を得る人さえもいる。 成功すればすぐあの世に行けるというところも良い。 でも死後の有様はぐっちゃぐちゃのようです。 飛び降り自殺 メリット:すぐ死ねる、意外と痛くない デメリット:人様に迷惑がかかる ポピュラーな自殺方法。 死ぬまでの必須条件は高さ20M以上(7,8階以上)、下がコンであること、すぐ人に発見されない場所であること、らしいです。 出来るだけ迷惑をかけたくないのなら、通行人が多く行きかっているところで落下するのはやめましょう。 メリット:死に様がきれい デメリット:跡が残る、死に至らない場合がほとんど をする人は多いようですが、実際に自殺に成功する人は少ないようです。 ちょっとやってみようかな、とかいう生半可な気持ちで臨んでいるみたい。 ファッションスーサイド?暇女はやったことありませんよ、だって、痛そうなんだもん・・・友達でやったことあるって子は何人か知ってるけど。 もう、死んでるんですけどね・・・。 死体の処理、多くの人間の足止めをしてしまうことの処理などで賠償金が数千万に及ぶこともあるそうですよ・・・あわわわ 高速の列車に跳ね飛ばされて線路を引きずられるので身体がバラッバラの破片になっちゃうみたいです。 貴方の死体と面会するご家族はどのような思いになるでしょうね?死体を片付けなきゃいけない駅員さんも可哀相・・・ ガス自殺 メリット:死に様がきれい デメリット:手間がかかる、車を持ってないと難しい まずゴムホース4Mとガムテープと車を用意しなきゃなので、この自殺方法を実行できる人は限られてしまうかもしれません。 車に乗る必要の無いシティ派の貴方は無理?ゴムホース4Mを買っていく人を見かけたら「用途は何ですか?」と聞いてあげたほうがいいかも。 痛みはそんなに無いようですが、首吊りと同様脱糞、失禁があるようです。 導線を胸と背中に貼り付けてコンセントに刺すだけ。 でも高圧じゃないと死ねないから致死率は低いって。 「お前、感電自殺なの?渋いねえ~」って地獄で他の自殺者たちに感心されるかも。 入水自殺 メリット:すぐ引き上げられれば死体はきれい デメリット:何日も経って引き上げられたとき見てくれが酷い、苦痛を伴う 窒息死なので苦痛を伴うようです。 耐え切れず水から上がってきちゃったり浮いちゃったりするみたいなので、意思が弱い方は足にコンクリを紐で巻きつけると良いと思います。 水に浸かれば浸かるほど腐敗が進行するからだ。 映画みたい デメリット:物凄い痛みが長く続く 悪者が死ぬ時って大抵炎に包まれてってパターンが多いですよね。 それだけトはある。 でもやっぱり痛い・・から却下。 凍死自殺 メリット:死に様が恐ろしいほどに美しい デメリット:とにかく寒い きれいに死にたい女性にはお勧めかも?でもやっぱり寒い・・から却下。 ちなみに人気の自殺方法は・・・ 男性編 1位 首吊り 2位 等 3位 飛び降り 女性編 1位 首吊り 2位 飛び降り 3位 入水 首吊りは男性で7割、女性で6割を超えるほどの人気みたいです。 入水自殺をする女性ってのはなどの文学作品を読んで憧れるのでしょうか? 私の持っている「死因百科」(マイケル・ラルゴ著)という本に自殺者の多い職業というのが載っていました。 自殺率が最も高いのは24歳~35歳の白人男性医師。 黒人では警備員や警察官に自殺者が多い。 女性では画家や彫刻家、版画家に多い。 西海岸では歯科医の自殺者が物凄く多く、では羊飼いが沢山自殺しているそうです。 お気づきの通りこれ全部アメリカの話ですwすみません。 歯科医は医者の中でも地位が低いし患者にもあまり感謝されないから死にたくなるようで、羊飼いは孤独だし時間を持て余す(暇すぎる)ので自殺でもしようか、という気持ちになるようです。 不思議なのですが、この記事を書く直前までは死にたい気持ちでいっぱいだったのに、実際に死ぬ方法を色々と考えているうちにもっと生きてやろうと思い始めました。 だから皆さんもせっかく受けた命ともう少し一緒に生きてあげてくださいよ。 ダメ人間でもいいからさあ。 最後に自殺方法大百科の管理人さんの言葉を載せて締めたいと思う。 生きたくても生きる事が出来ない方が世の中には大勢いる。

次の