北斗 奇数スルー。 【北斗の拳天昇】あきらかに設定低そうな奇数スルー台で天昇ラッシュ来た

【北斗天昇】実質天井は1000ゲーム!絶対に止めてはいけない&ハイエナパターン例解説

北斗 奇数スルー

6号機北斗天昇の有利区間の仕組み まずは有利区間の仕組みを見ましょう。 狙い目だけ知りたい方はで狙い方まで飛びます。 この台の有利区間がリセットされる状況は2つ。 実際の例を見てみましょう。 有利区間の仕組み 実例 画像の黄色いかっこで括っている部分が同一有利区間になります。 ATに入らなかったら必ず 激闘ボナ2回を1セットとして有利区間が終わります。 1回だけで終わりということはありません。 有利区間継続後の天井 ATに入るか、2回激闘ボナに当選したら有利区間が切り替わることが分かりました。 次は天井についてです。 規定ゲーム数によるCZ「断末魔ゾーン」は主に250G,450G,650Gで入ります(数ゲームのズレはあります)。 有利区間引き継ぎ後はこれらのゲーム数が天井となります。 引き継ぎ後は最深天井の700Gは選ばれないのね そしてこの台の有利区間は 「 激闘ボナ2回の当選ゲーム数の合計が1000G以下になる」という特徴があります。 例えば前回650Gで激闘ボナに当選したら今回必ず350G以内に当たります。 そして350G以下で天井になりうるのは250Gしかありませんね。 なので前回650Gで当選し有利区間引き継ぎの場合、今回は250G以内に当たります。 有利区間継続狙いのやり方と具体的な狙い目 「理論はいいから実際に何をどこから狙えばいいの!」という方、お待たせしました。 つまり有利区間継続狙いができるわけです。 なぜ狙えるのか この狙い目の説明を軽く。 まず奇数回スルーということは現在は有利区間を引き継いだ状態です。 つまり残りの有利区間内に当たることが確定しているわけです。 そして前回400G以上で当たっているということは、最低でも今回450Gゾーンの断末魔ゾーンで当選するのが確定します。 前回が400G未満の場合は? 有利区間引き継ぎだけど前回が400G未満で当たっている台の狙い目は100G~となります。 前回が250Gで当選だと今回天井が650Gの可能性もあるので0Gから打つのは危険なのです。 こんな時簡単に見分けがつく方法があります。 3個前の履歴を見ると700Gの天井で当たっていることが分かりますね。 700Gでの当選=次回有利区間引き継ぎ確定なので2,3個前が同一有利区間だと分かります。 すると前回分が余るので 今回は前回の有利区間を引き継いでいるとパッと分かります。 合計1000Gを超えるのでこれらが同一有利区間というのはありえません。 芋づる式に他の有利区間も2個ずつで括れますね。 すると... 当日1回目の当たりは700Gなので有利区間が引き継がれていない。 つまり 設定変更されたことまで読み取れます。 有利区間継続狙いのやめどき 以上の狙い方をした際の やめ時は激闘ボナorAT終了後即やめです。 ATに入ろうがスルーしようが有利区間はそこで終わるので即やめしましょう。 偶数回スルーしている台の狙い目は? AT終了後の台や激闘ボナを 偶数回スルーしている台は200G~打ちましょう。 上で話した内容が理解できていれば、なぜこのようなやめ時になるかは理解できるはずです。

次の

北斗の拳 天昇【天井 期待値 スルー回数 有利区間 やめどき】

北斗 奇数スルー

・敗北画面のレバーオン ・敗北画面のレバーオンで通常画面に戻った後のレバーオン ・激闘偶数回スルーの敗北後 上記含む 有利区間報知ランプ消えるまでのレバーオン 激闘偶数回スルーの場合は有利区間報知ランプが消灯するのでそこまでは有効と思われるのだが、激闘奇数回スルーの場合は有利区間報知ランプの消灯は行われないため何G目までが救済判定なのかはちょっとわからない。 とりあえず奇数回だろうが、偶数回だろうが、敗北後通常画面に戻った1G目に関しては救済判定Gに該当するのは濃厚でしょう。 そしてわかりやすいのが偶数回スルーの直後の台。 ランプが消えるまでは救済判定なんじゃないかと思われる。 確率上では 199. 8枚使用したら約1000枚獲得出来る形。 AT中消化を含まない計算なら機械割は 約233. パーソナルの店や、ちょうど余り玉を持っている時などじゃないとやりにくいんですよね。 複数台あるならまだしも、一回一回流すってなると行動も目立っちゃうし。 まあその辺は各々考えて行動したらいいかと思います。 ということで僕自身の3回分の実戦データ。 いずれも偶数回スルー即辞め台。 1台目 2回転 有利区間終了 投資6枚 回収1枚 2台目 1回転 有利区間終了 投資3枚 回収0枚 3台目 2回転 有利区間終了 投資6枚 回収1枚 合計投資15枚 回収2枚 まあ、そんな簡単に結果が出るものではないです。 試行回数が稼げな過ぎな狙い目なので。 まあ、その内引けるでしょう。 一応注意点としては、何度も記載している通り解析公表情報ではないため、例えば 1G目以降に関してもしかしたら救済範囲ではなくなっている可能性もあります。 あくまでも解析数値ではないため参考止まりにという点ですね。 あと、これは狙い目でもあると同時に、辞め時の注意点でもあります。 激闘敗北後は少なくとも1G~2G 偶数回スルーならランプ消灯まで は回してから辞めるのがいいのではないでしょうかね。

次の

北斗天昇奇数回スルーの【有利区間狙い】やり方を解説

北斗 奇数スルー

0スルー後 AT終了後orリセット後• 偶数回スルー後 2・4・6・8… 有利区間継続時の天井狙い 狙い目 0G〜• 有利区間はボーナス2回でリセット or AT当選でリセット• 「情報が浸透したら無料化する」と宣言してましたので、購入してくれた方はご了承ください。 なお平時の期待値5種類だけでなく、閉店前の期待値も載っております。 激闘ボーナスでAT非当選の場合、有利区間ランプが消灯しなければ有利区間継続• 朝一リセット後100Gは荒野ステージに滞在• 据え置きであれば液晶のゲーム数が引き継がれる。 前日の最終ゲーム数が表示されていなければ設定変更orリセット濃厚。 通常時はCZ「断末魔ZONE」の当選期待度が変化する4つのモードが存在。 モード示唆演出 天候変化 雨 雪• 雨や雪など天候変化発生で通常B以上濃厚• 七星CHARGE終了時にサブ液晶をタッチするとセリフが発生• 100G以内だと「あべし!! 」以上の台詞出現頻度が大幅にアップ 打ち方 リール配列 順押し 左リール枠上~上段に北斗の拳BAR狙い 以下停止形で打ち分ける。 18時以降にデータを確認可能。 閲覧できるのは当日の18:00~24:30まで マイスロカスタム 衣装カスタム 衣装 開放条件 カスタムA 累計ゲーム数1万ゲーム突破 カスタムB 累計ゲーム数3万ゲーム突破 サミーカスタム 累計ゲーム数5万ゲーム突破 ボイスカスタム ボイス 開放条件 カイオウ・ラオウ マイスロLV100以上 シャチ・レイ マイスロLV200以上 リン マイスロLV500以上 PV 北斗の拳天昇が導入される前評判として、「歴代の北斗シリーズとしてのブランド力があるため、期待が大きい。 」「北斗の拳天昇が失敗なら6号は厳しい。 」という期待とプレッシャーを共に背負った機種だったと感じます。 導入後のユーザー評価として「劣化リゼロ」や「パチスロ終わった!」という意見をネット上で拝見しました。 初代北斗の拳、北斗の拳転生のゲーム性は4号機、5号機の一番出玉性能が高い時代に発売された機種なので、比較されると6号機の内規ではどうしてもできることに限界があります。 その中でも今のルールに則した機種としてはかなりゲーム性が秀逸だと個人的に感じています。 この機種を打っていく中で良い部分は設定の良し悪しが分かりやすいと感じています。 サミートロフィーの出現もありますが、偶数高設定の場合、(実践値のデータでは)400のゾーンでの激闘ボーナスが終日出現しやすく、「設定4or6ツモれたかも!」と汲み取ることができるので、設定推測をする観点からお店が頑張る日には朝から攻めやすい機種だと思います。 また、設定6の勝率がとても高く、「設定4だな~」と感じても終日打っています。 リゼロの設定4は個人的に結果が出せなかったので、その点では北斗の拳天昇が好きです。 あとは何といっても出玉速度が気持ちいいです。 高純増枚数機は5号機からパチスロを始めた方には味わってほしい感覚です。 また、仕事帰りの方にも夕方から2400枚までなら時間をかけずにメダルを得ることができるので、機種の知識を得た上でチャンスがあったら打ってほしいです。 特に40歳前後の北斗の拳4号機世代は5号機になって出玉速度が遅く、パチスロから足が遠のいた方が多いと思いますが、「中、右リールを押す。 左リールにチェリーを狙う。 よし!!中段チェリー!」という気持ちの良い停止系というのは踏襲されているので、打ってみたいと感じて下さったら幸甚です。 「自力感」という要素も北斗の拳天昇の良い部分だと感じます。 世紀末ZONE中にレア子役を引けば激闘ボーナスの抽選を受けることができる然り激闘ボーナス中に子役を引くことができたらAT真・天昇ラッシュに突入することができる等、「引いたぜ!!」という感覚はパチスロに於いて熱くなれる要素だと感じます。 6号機の内規上仕方がない部分も勿論あります。 ほぼ、無抽選期間が存在してしまうことです。 そうするとお店が通常営業で0Gから打ち始める方が少ないのが悲しい部分です。 ただ、4号機から5号機に移行した際、もっとパチスロのゲーム性、瞬発力というものは著しく低かったことを覚えています。 月日が流れ、6号機の初期の段階で、「HEY!鏡」「Re:ゼロから始める異世界生活」そして「北斗の拳天昇」という台は良い台だったなと言われる気がします。 パチスロを設計している方はとても頭が良い方が多く、現状、支持をされていない要素の改善はしてくださると感じていて、パチスロには規制緩和が必ずあります。 6号機初期の台作りの礎として、もっともっと楽しいパチスロ機が出てくれると信じています。 憂いている部分として、北斗の拳天昇は取りこぼしがない分、演出がない時、打ち方が指をボタン上でスライドさせて出目を嗜むことが減ってしまった打ち手が増えてしまったことです。 (ただ、逆を言えば高設定をツモった時にぶん回せることはできます。 )サミーさんが開催しているP-SPORTS超ディスクアッパー選手権を見て、「目押しが上手いってかっこいいよな!」と感じました。 北斗の拳シリーズで「目押しを完璧に!」というフレーズを聞くことは無いような気がしますが、パチスロ屋さんに設置してあるパチスロではなく、回胴式遊技機という機械の在り方がP-SPORTSの観点から変わってくる可能性はあると思います。 (P-SPORTSとして北斗の拳天昇の左リールに中段ビタで成功、失敗で角。 とかあったら出場希望します!) AT真・天昇ラッシュの楽しみ方として、「世紀末モード」はシンプルモードを選んでいます。 好きな要素として、演出が発生したら「レア役」「モードUP」が確定し、他のモードに比べて静かに熱く打てる部分が好きです。 見えている要素があるのでレバーを叩いた時に気持ちが良いです。 この機種の総括として、未だホールの主力機種であることに間違いはないし、お店が頑張ってくれる日には設定狙いの立ち回りができる。 設定6を狙って、ツモれなくても設定4でも戦える。 高設定は6号機の中でも勝率が高い機種なので、出ている解析値と照らし合わせながら、昇舞魂を沢山貯められることを祈りつつ、打ち込んでいきたいです。

次の