ドラキュラ 映画。 フランケンシュタインとドラキュラ、19世紀イギリス通俗文学とポップカルチャーを紐解く

ここから選べば間違いないドラキュラ・ヴァンパイア映画ベストテン

ドラキュラ 映画

カメレオン俳優として知られるゲイリー・オールドマンだが、同様の誉れ高いダニエル・デイ・ルイスなどに比べると決定的な違いがある。 それはゲイリーの場合、自分一人の力だけで完結する役づくりに終始しないという点だ。 とりわけ本作は自らの俳優としてのオーラに拘束具でもはめ込むかのように、特殊メイクを施して七変化を魅せる。 そのクオリティが凄い。 そこにはもはや、本家ドラキュラをも凌駕する、恐ろしい「化け物ゲイリー」が解き放たれ、阿鼻叫喚の絵図を巻き起こす。 結果、ハーカー役のキアヌ・リーヴスも、ヴァン・ヘルシング役のアンソニー・ホプキンスも、重要役なのにゲイリーに比べるとスケールがまるで違い、小さく見えてしまう始末。 いやいや、それでも公開から25年を経て改めて鑑賞しても全く色褪せないのはさすがだ。 特殊メイクもコスチュームデザインも映像技術も研ぎ澄まされ、ゲイリーの魅力が存分に味わえる快作に仕上がっている。 ネタバレ! クリックして本文を読む dTVで配信終わりそうになってたので観賞。 うん、ゴシック。 そして妙にエロい。 絵作りが先にあって、ストーリーはけっこう飛ばしてる感じがしました。 「ドラキュラ」って誰もが知っている超有名作な割りに原作を読んだ事ある方は少ないのではないかと思うのですが、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」ってこんな感じなんですかねぇ?全然ホラーじゃなかったので逆にビックリでした。 個人的にミナがドラキュラを命を投げ出すほど好きになった理由が全く理解できませんでした・・・前世で好きだったから?それともドラキュラのチャームに掛かっちゃってた?そこがイマイチ分からなかったので、その後のミナの行動が「お前何やっとんねん」になってしまうんですよね。 後、画面がけっこう暗くて何が起こってるか分かりにくいシーンもチラホラ。 「ゴッドファーザー」や「地獄の黙示録」の印象が強いコッポラ監督。 こういう作品も撮ってたんですね。 もう古い映画なのですがゲイリー・オールドマン、キアヌ・リーブス、ウィノナ・ライダー、そしてアンソニー・ホプキンスと今も第一線で活躍している俳優さん達が揃い踏みです。 当たり前ですが皆さん若い! 「ドラキュラ」映画は数あれど、原典であるブラム・ストーカーを小説をちゃんと映像化している作品は意外と少ないように思えます。 オリジナルに忠実に作りましたって事で価値がある作品なのかもしれませんね。 当時のパンフレットを読み返して、記憶が蘇ってくるが、キャスティングが豪華すぎる。 ・ドラキュラ伯爵をゲイリー・オールドマン ・ヒロイン、ミナをウィノナ・ライダー(当たり前だが、実に美しい) ・バンパイア・ハンター ドラキュラ伯爵の宿敵ヘルシング教授にアンソニー・ホプキンス ・ミナの婚約者で弁護士をキアヌ・リーブス (今作から、ウィノナ・ライダーとは仲良しに・・・、うーん。 ) とういう面々・・。 いやはや。 当時でも一流俳優だった彼らが今でも第一線で活躍している(ウィノナさんは色々ありましたが・・)という事実も感慨深い。 <1992年12月27日 劇場にて当時の意中の女性と鑑賞し、内容が怖すぎて不興を買った記憶がある作品。 (すいません・・)> コッポラ作品は、十分に観れていなくて、この作品がコッポラ監督のフィルモグラフィーの中でどういう位置にあるのか分からないんですけど、最近観た『ヴァージニア』につながるものはすでにこの作品に見られていたって感じがしましたですね。 無声映画の時代が強く意識されている感じで、特に序盤はそういう絵作りが中心でした。 私的にはそれがとても、どハマりで、この雰囲気でずっと押してくれたら嬉しかったんですけど、後半にいくにつれて、そういう演出が少し弱まったかなって感じました。 でもこれ、やっぱりすごいレベルの映画ですよ。 コッポラ監督、はずれなし、って感じです。 これからも、ちょっとずつ、彼の作品を観ていこうと思います。 【タランティーノ】が心から愛するソフィア・コッポラ監督 この事実 意外と知らない人が多い その親父であるフランシス・フォード・コッポラ監督がブラム・ストーカーの原作を 完全映画化 いや~素晴らしい 『トゥルーロマンス』『レオン』『JFK』で頭角を現したゲイリー・オールドマンが タイトルロールを演じ またもや強烈な怪演で俺の心を【鷲掴み】 『ロミオとジュリエット』並の ウィノナ・ライダーとの400年越しのラブストーリーを 軸に キアヌ・リーブスや トム・ウェイツや リチャード・E・グラント 他 が絡む アメリカ・イギリス・ルーマニア合作の超大作 2004年にヒュー・ジャックマンが『ヴァンヘルシング』で演じた悪霊ハンターの ヘルシングを その12年前にアンソニー・ホプキンスが演じていたこの作品 年老いたヘルシングを演じているホプキンスが超カッコイイし 今観ると 『ヴァンヘルシング』のジャックマンと顔もソックリで 格好も同じだ そして『ザ・セル』や『落下の王国』のターセム作品でも衣装を担当した 石岡瑛子の手がけた全ての衣装がどれも奇抜でスゴイ ドラキュラ誕生の悲しきオープニングから ウィノナ・ライダーとのクライマックスまで 意外にも【愛】という基本軸が貫かれている YES 完全に純愛話 そして全てのシーンで役者ゲイリー・オールドマンの真骨頂を見れる 原作がそうであるからだと思うけど コッポラの演出は【エンターテイメント】 よりも少しだけ【芸術】寄りで 文芸大作の様な仕上がりになって いて ノンストップの恐怖やアクションのある娯楽作ではない そこらへんはコッポラ監督の『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』を 観る時と同じ感覚で気合を入れて鑑賞しましょう.

次の

ドラキュラZERO

ドラキュラ 映画

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 原作の『』の映画化。 史上屈指の傑作として名高い。 戦後ホラーの黄金コンビとされるとの共演作で、監督は。 初のによるドラキュラ映画でもある。 ストーリー [ ] 、ジョナサン・ハーカーは吸血鬼であるドラキュラ伯爵を退治すべく、司書としてのドラキュラ城を訪れる。 女性に助けて、ここから出してと頼まれる。 しかし、女性は既に吸血鬼の毒牙にかかっていて、首を噛まれてしまう。 やがて意識を回復した彼は、地下の墓所に入り、そこで石棺に横たわる女と伯爵の姿を発見する。 ジョナサンは先端を鋭くとがらせた鉄棒を取り出し、女の心臓部に力をこめて打ち込むと、たちまち老婆になる。 こうすることによってのみ、ドラキュラの魔力から女性を解放し、永遠の安息を死体に得させることができる。 暗闇の中で襲いかかった伯爵のために、彼も命を断たれる。 ジョナサンの死体と日記を発見した親友の医師博士であったが、既にドラキュラは城を発った後だった。 ドラキュラはハーカーの婚約者ルーシーを狙っていた。 ルーシーの元を訪れたヘルシングだが、病床にある彼女も既にドラキュラの毒牙に犯されつつあった。 ヘルシングはルーシーの兄アーサー・ホルムウッドと妻のミナにルーシーを守るべく、窓を閉め、ニンニクの花を飾るように助言するが、ルーシーに懇願された召使いゲルダによって片付けられ、虚しく絶命してしまう。 しかも、埋葬されたルーシーは吸血鬼と化して復活し、幼い子どもを狙う。 ヘルシングは訝しがるアーサーに吸血鬼の脅威を説明、ルーシーの胸に杭を打ち込む事によりその魂を解放した。 アーサーも納得し、ヘルシングと共にドラキュラとの闘いに挑む決意をするが、ドラキュラは次にミナを狙う。 城に連れ去られた彼女を、生きているうちに救うため後を追ったヘルシングとアーサーは、ドラキュラを朝の神聖な陽光にさらし、燭台で作った十字架をかざして追い詰めた。 数百年の間生き血を吸いつづけてきた吸血鬼は、太陽の光のもとにみるみる一塊の灰と化した。 ミナは死の寸前に救われた。 製作 [ ] カッシング扮するヘルシング博士 本作はのがに制作・公開した『』の大ヒットを受け、その翌年に制作した古典派ホラー第二弾である。 『』と並ぶの名作ホラー『』(1931年)のリメイク的位置付けの作品で、同作以来のブラム・ストーカーによる小説『』の映画化作品。 主要スタッフ・キャストは前作『フランケンシュタインの逆襲』とほぼ同様の人材が起用され、が吸血鬼ハンターの役で主演、ドラキュラ伯爵はが演じた。 監督も同じく。 興行収入では前作を上回る世界的ヒットとなり、ハマー・フィルムをクラシックホラー映画の名門に押し上げ、フィッシャーをホラーの名匠とした。 また、カッシングとリーは共に世界的知名度を持つ怪奇映画の大スターとなり、以降も多くの作品で共演(通算22本)、この分野の黄金コンビと称されるようになった。 ドラキュラ役のリーが主演と記述される事も多いが、前作同様に主演はカッシングである。 リー扮するドラキュラ伯爵 『フランケンシュタインの逆襲』では破滅へ向かう狂気の科学者を演じたカッシングは、本作では一転して吸血鬼の恐怖と闘う正義の博士を演じ、当たり役とした。 また、前作ではグロテスクなメイクで言葉をしゃべらない怪物役であったリーが、本作では風格と迫力溢れる伯爵を演じ絶賛された。 リーはその後も多く作品でドラキュラを演じ、『魔人ドラキュラ』のと並び立つ、戦後を代表するドラキュラ俳優となっていく。 演出面でもゴシックホラーのクラシカルな雰囲気に、スピード感溢れる展開を融合させた映画の代表作として、またホラー映画史上屈指の傑作として、現在でも高い評価を受けている。 本作の好評に伴い、ハマーはその後まで、本作を含めて合計9本のドラキュラシリーズ作品を製作した。 博士:()• 伯爵:()• アーサー・ホルムウッド:()• ミナ・ホルムウッド:()• ジョナサン・ハーカー:()• ルーシー:• ゲルダ:()• タニア:• ドクター・セワード:()• 葬儀屋:(辻村真人)• 女吸血鬼:()• 警官:()• インシュタット通行所の官吏: スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 製作:• 製作総指揮:• 製作補:• 原作:• 音楽:• 撮影:• 美術:• 編集:• スタント:• 制作:• 日本語字幕翻訳 DVD :林完治• DVD販売元: 原作との相違 [ ] 原作とはいくつかの大きな相違がある。 原作はイギリスが主要舞台であるが、本作ではドラキュラ城があるから地続きで、同地からさほど遠くないと思しき周辺地で主にストーリーが展開する。 具体的な地域の特定は難しく、イギリスと誤記している資料も多い。 原作で実質上の主人公であるハーカーは、ドラキュラの正体を知らずに、弁理士として招かれドラキュラ城を訪れるが、本作では最初からドラキュラ退治を目的としてドラキュラ城を訊ねる。 しかしハーカーは吸血鬼の犠牲となって早々と没し、ヘルシングが主役として、アーサーと共にドラキュラと闘う。 そのヘルシングも原作の重厚な老教授とは違い、を思わせる痩身、俊敏で鋭利な博士として描かれている。 原作でヘルシングはプロフェッサーで、一般にも「ヘルシング教授」と呼称される事が多いキャラクターだが、本作ではドクターである。 原作でヘルシングとともにドラキュラに立ち向かう2人の仲間、ジャック・セワード、キンシー・モリスの内、モリスは登場せず、セワードはルーシーの主治医として僅かに登場するが、ドラキュラと闘う事はない。 原作でセワードが行っていた蓄音機による日記はヘルシングが受け継いでいる。 また本作ではアーサーの妹がルーシー、妻がミナとなっているが、原作ではルーシーはアーサーの婚約者、ミナはジョナサン・ハーカーの婚約者であり後の妻である。 この変更はハーカーの死亡で役の重要性が変化したことによると思われる。 日本公開版 [ ] 日本で初公開された際、オリジナルには無いカットが含まれている別編集版が上映されていた。 現在確認されている物では、ラストのドラキュラが滅びるシーンで、ドラキュラの体が灰になっていくカットが長くなっていたり、リーの顔に特殊メイクを施したカットが挿入されている(オリジナルは、灰になったダミーヘッドのみ)。 また、ドラキュラがミナの寝室で彼女の血を吸うシーンでも、日本版のみのカットがある。 特殊メイクのカットは、特殊効果のが本編撮影終了後に、別撮りしたものである。 テレンス・フィッシャーは別バージョンの存在について「撮った覚えが無いよ」と発言しており 、本人の記憶違いか、撮影自体に参加していなかったかのどちらかと思われる。 日本版のフィルムは全9巻のうち、後半の6~9巻が現存しており、東京国立近代美術館が所有している。 イギリスではのブルーレイ・DVDコンボセットに、オリジナルに日本版のカットを再編集したバージョンと、現存する日本版を収録している シリーズ作品 [ ]• 吸血鬼ドラキュラ 1958年 *本作• 1960• 1966• 1968• 1970• 1970• 1972• 1973• 1974 本作の好評によりハマーの看板シリーズとして8本の後継作品が作られたが、その系譜はやや変則的である。 2は1の続編だがドラキュラは登場せず、ヘルシングがドラキュラの使徒である吸血鬼と闘う内容。 6年の空白期間を経て制作された3から6までは復活したドラキュラが主役でヘルシングは登場しない。 8では1以来のリーとカッシングの共演が実現するが、(製作当時の)現代に蘇ったドラキュラが、ヴァン・ヘルシングの子孫と闘う異色作。 9は中国を舞台にヘルシングとドラキュラが闘う更なる異色作で、リーは8を最後にドラキュラ役の引退宣言をした為、ドラキュラはが演じている。 注釈 [ ].

次の

「ドラキュラ」再映画化が始動、『ゲット・アウト』『アス』製作のジェイソン・ブラムが手がける

ドラキュラ 映画

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 原作の『』の映画化。 史上屈指の傑作として名高い。 戦後ホラーの黄金コンビとされるとの共演作で、監督は。 初のによるドラキュラ映画でもある。 ストーリー [ ] 、ジョナサン・ハーカーは吸血鬼であるドラキュラ伯爵を退治すべく、司書としてのドラキュラ城を訪れる。 女性に助けて、ここから出してと頼まれる。 しかし、女性は既に吸血鬼の毒牙にかかっていて、首を噛まれてしまう。 やがて意識を回復した彼は、地下の墓所に入り、そこで石棺に横たわる女と伯爵の姿を発見する。 ジョナサンは先端を鋭くとがらせた鉄棒を取り出し、女の心臓部に力をこめて打ち込むと、たちまち老婆になる。 こうすることによってのみ、ドラキュラの魔力から女性を解放し、永遠の安息を死体に得させることができる。 暗闇の中で襲いかかった伯爵のために、彼も命を断たれる。 ジョナサンの死体と日記を発見した親友の医師博士であったが、既にドラキュラは城を発った後だった。 ドラキュラはハーカーの婚約者ルーシーを狙っていた。 ルーシーの元を訪れたヘルシングだが、病床にある彼女も既にドラキュラの毒牙に犯されつつあった。 ヘルシングはルーシーの兄アーサー・ホルムウッドと妻のミナにルーシーを守るべく、窓を閉め、ニンニクの花を飾るように助言するが、ルーシーに懇願された召使いゲルダによって片付けられ、虚しく絶命してしまう。 しかも、埋葬されたルーシーは吸血鬼と化して復活し、幼い子どもを狙う。 ヘルシングは訝しがるアーサーに吸血鬼の脅威を説明、ルーシーの胸に杭を打ち込む事によりその魂を解放した。 アーサーも納得し、ヘルシングと共にドラキュラとの闘いに挑む決意をするが、ドラキュラは次にミナを狙う。 城に連れ去られた彼女を、生きているうちに救うため後を追ったヘルシングとアーサーは、ドラキュラを朝の神聖な陽光にさらし、燭台で作った十字架をかざして追い詰めた。 数百年の間生き血を吸いつづけてきた吸血鬼は、太陽の光のもとにみるみる一塊の灰と化した。 ミナは死の寸前に救われた。 製作 [ ] カッシング扮するヘルシング博士 本作はのがに制作・公開した『』の大ヒットを受け、その翌年に制作した古典派ホラー第二弾である。 『』と並ぶの名作ホラー『』(1931年)のリメイク的位置付けの作品で、同作以来のブラム・ストーカーによる小説『』の映画化作品。 主要スタッフ・キャストは前作『フランケンシュタインの逆襲』とほぼ同様の人材が起用され、が吸血鬼ハンターの役で主演、ドラキュラ伯爵はが演じた。 監督も同じく。 興行収入では前作を上回る世界的ヒットとなり、ハマー・フィルムをクラシックホラー映画の名門に押し上げ、フィッシャーをホラーの名匠とした。 また、カッシングとリーは共に世界的知名度を持つ怪奇映画の大スターとなり、以降も多くの作品で共演(通算22本)、この分野の黄金コンビと称されるようになった。 ドラキュラ役のリーが主演と記述される事も多いが、前作同様に主演はカッシングである。 リー扮するドラキュラ伯爵 『フランケンシュタインの逆襲』では破滅へ向かう狂気の科学者を演じたカッシングは、本作では一転して吸血鬼の恐怖と闘う正義の博士を演じ、当たり役とした。 また、前作ではグロテスクなメイクで言葉をしゃべらない怪物役であったリーが、本作では風格と迫力溢れる伯爵を演じ絶賛された。 リーはその後も多く作品でドラキュラを演じ、『魔人ドラキュラ』のと並び立つ、戦後を代表するドラキュラ俳優となっていく。 演出面でもゴシックホラーのクラシカルな雰囲気に、スピード感溢れる展開を融合させた映画の代表作として、またホラー映画史上屈指の傑作として、現在でも高い評価を受けている。 本作の好評に伴い、ハマーはその後まで、本作を含めて合計9本のドラキュラシリーズ作品を製作した。 博士:()• 伯爵:()• アーサー・ホルムウッド:()• ミナ・ホルムウッド:()• ジョナサン・ハーカー:()• ルーシー:• ゲルダ:()• タニア:• ドクター・セワード:()• 葬儀屋:(辻村真人)• 女吸血鬼:()• 警官:()• インシュタット通行所の官吏: スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 製作:• 製作総指揮:• 製作補:• 原作:• 音楽:• 撮影:• 美術:• 編集:• スタント:• 制作:• 日本語字幕翻訳 DVD :林完治• DVD販売元: 原作との相違 [ ] 原作とはいくつかの大きな相違がある。 原作はイギリスが主要舞台であるが、本作ではドラキュラ城があるから地続きで、同地からさほど遠くないと思しき周辺地で主にストーリーが展開する。 具体的な地域の特定は難しく、イギリスと誤記している資料も多い。 原作で実質上の主人公であるハーカーは、ドラキュラの正体を知らずに、弁理士として招かれドラキュラ城を訪れるが、本作では最初からドラキュラ退治を目的としてドラキュラ城を訊ねる。 しかしハーカーは吸血鬼の犠牲となって早々と没し、ヘルシングが主役として、アーサーと共にドラキュラと闘う。 そのヘルシングも原作の重厚な老教授とは違い、を思わせる痩身、俊敏で鋭利な博士として描かれている。 原作でヘルシングはプロフェッサーで、一般にも「ヘルシング教授」と呼称される事が多いキャラクターだが、本作ではドクターである。 原作でヘルシングとともにドラキュラに立ち向かう2人の仲間、ジャック・セワード、キンシー・モリスの内、モリスは登場せず、セワードはルーシーの主治医として僅かに登場するが、ドラキュラと闘う事はない。 原作でセワードが行っていた蓄音機による日記はヘルシングが受け継いでいる。 また本作ではアーサーの妹がルーシー、妻がミナとなっているが、原作ではルーシーはアーサーの婚約者、ミナはジョナサン・ハーカーの婚約者であり後の妻である。 この変更はハーカーの死亡で役の重要性が変化したことによると思われる。 日本公開版 [ ] 日本で初公開された際、オリジナルには無いカットが含まれている別編集版が上映されていた。 現在確認されている物では、ラストのドラキュラが滅びるシーンで、ドラキュラの体が灰になっていくカットが長くなっていたり、リーの顔に特殊メイクを施したカットが挿入されている(オリジナルは、灰になったダミーヘッドのみ)。 また、ドラキュラがミナの寝室で彼女の血を吸うシーンでも、日本版のみのカットがある。 特殊メイクのカットは、特殊効果のが本編撮影終了後に、別撮りしたものである。 テレンス・フィッシャーは別バージョンの存在について「撮った覚えが無いよ」と発言しており 、本人の記憶違いか、撮影自体に参加していなかったかのどちらかと思われる。 日本版のフィルムは全9巻のうち、後半の6~9巻が現存しており、東京国立近代美術館が所有している。 イギリスではのブルーレイ・DVDコンボセットに、オリジナルに日本版のカットを再編集したバージョンと、現存する日本版を収録している シリーズ作品 [ ]• 吸血鬼ドラキュラ 1958年 *本作• 1960• 1966• 1968• 1970• 1970• 1972• 1973• 1974 本作の好評によりハマーの看板シリーズとして8本の後継作品が作られたが、その系譜はやや変則的である。 2は1の続編だがドラキュラは登場せず、ヘルシングがドラキュラの使徒である吸血鬼と闘う内容。 6年の空白期間を経て制作された3から6までは復活したドラキュラが主役でヘルシングは登場しない。 8では1以来のリーとカッシングの共演が実現するが、(製作当時の)現代に蘇ったドラキュラが、ヴァン・ヘルシングの子孫と闘う異色作。 9は中国を舞台にヘルシングとドラキュラが闘う更なる異色作で、リーは8を最後にドラキュラ役の引退宣言をした為、ドラキュラはが演じている。 注釈 [ ].

次の