コロナ ウイルス 喫煙 者。 感染の危険(報道その4)“新型コロナ”「喫煙所」と「喫煙者」

感染の危険(報道その4)“新型コロナ”「喫煙所」と「喫煙者」

コロナ ウイルス 喫煙 者

「そうだと思ったんだよなあ。 喫煙者が危ない、危ないというわりには、オレのまわりの喫煙者はみんな新型コロナに感染せずにピンピンしてるよ」なんて感じで胸がスカッとした愛煙家の方も多いのではないだろうか。 4月24日に、フランスのピティエ・サルペトリエール病院から発表された研究結果のことである。 なんと驚くなかれ、ニコチンが新型コロナウイルスの感染を抑制している可能性があるというのだ。 同病院の研究チームが新型コロナの患者343人と軽症の感染者139人を調査したところ、喫煙者の割合がわずか5%で、フランスの喫煙率約35%を大きく下回っていたという。 要は、このデータをもってして、「喫煙者のほうが非喫煙者より新型コロナにかかりにくい」という説を唱えているのだ。 「たまたまでしょ」と思うかもしれないが、実はこの傾向はフランス以外でも確認されている。 「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」説は本当か 例えば、アメリカの学術論文「ニューイングランド医学ジャーナル」によれば、中国では感染者1000人中の喫煙者の割合が12. 6%という研究結果が出ているが、中国の一般人口の習慣的喫煙者の割合は約26%。 中国社会全体と比較して、感染者の喫煙率は大きく下回っている。 このような結果から、この研究チームは「ニコチンが細胞受容体に付着することで、ウイルスが細胞に侵入して体内で拡散するのを阻止する可能性がある」(同上)と仮説を立てて、さらなる臨床試験を実施するためにフランス保健当局からの承認を待っているというのだ。 という話を聞くと、「デマを流すな!」とご立腹の医療関係者も多くいらっしゃるに違いない。 世界の医療の主流としては、このような説と180度真逆で、「喫煙は新型コロナのリスクを高める」ことが「常識」となっているからだ。 例えば、WHOは3月20日、「タバコを吸わないでください。 喫煙は、あなたがCOVID-19にかかった際に重症化させるリスクがあります」というメッセージを世界へ発信しており、日本でも東京都医師会が「禁煙」を呼びかけているほか、日本呼吸器学会が「喫煙は新型コロナウイルス肺炎重症化の最大のリスクです」という声明も出している。 実際、志村けんさんが亡くなった際にも、「4年前に肺炎で入院するまでの40年以上、ヘビースモーカーだったことが影響したのでは」という説明をする専門家が多くいた。 この背景には、喫煙によって新型コロナにかかりやすくなるとか、喫煙や過去の喫煙歴によって重症化リスクが高まる、という学術論文が各国の研究者から続々と公表されていることに加えて、喫煙が慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめとする肺の病気の主たる原因という事実がある。 関連記事• 政府、自治体、医療関係者などが何度も訴えているのに、なぜ日本人は外出してしまうのか。 筆者の窪田氏はマスコミの報道に原因があると見ていて……。 またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。 二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。 「プリウスバッシング」だ。 どういう意味かというと……。 4月、改正健康増進法が全面施行される。 これによって、飲食店などでも原則禁煙になるわけだが、筆者の窪田氏はちょっと気になることがあるという。 愛煙家を追い込むことによって、「開き直り喫煙おじさん」が増えるというのだ。 どういう意味かというと……。 「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。 家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。 歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。 登山家の栗城史多さんがエベレスト登頂に挑戦したものの、下山中に死亡した。 無謀な死に追い込まれた背景を検証すると……。

次の

喫煙者はコロナウイルスに感染しやすい?専門家の警告に中国ネットは…|レコードチャイナ

コロナ ウイルス 喫煙 者

新型コロナウイルス感染後の重症化の割合が喫煙者が非喫煙者と比較して高い事が指摘されています。 この理由は、 喫煙者特有の「タバコ肺」といわれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患が影響しているからです。 喫煙者が「重症化」する理屈は納得できましたが、 喫煙者の 感染率が高い理由が分からなく、色々考えてみましたが、答えは簡単でした。 そこで今回は、「喫煙者が新型コロナウイルス感染のリスクが高い理由」について紹介します。 もくじ 喫煙者が新型コロナウイルス感染のリスクが高い理由 タバコを吸う時に必ず タバコ(電子タバコ含)をケースから取り出しますよね。 この時、必ずフィルター部を掴みます。 もし、指に新型コロナウイルスが付着していたら、 自身の「指」からタバコの「フィルター」を経由して、自身の「口」へとウイルスを運んでしまいます。 喫煙者が新型コロナウイルス感染のリスクが高い理由は簡単でした。 更に深掘りしていきます。 紙巻タバコと電子タバコのリスクの差は? タバコと言っても色々な種類があります。 それでは、紙巻タバコと電子タバコではどちらがリスクが高いのでしょうか? 結論は、 電子タバコの方がリスクが高いです。 では、何故電子タバコの方がリスクが高いのでしょうか? 理由は簡単です。 電子タバコは、タバコをケースから取り出した後に、電子タバコホルダー部にタバコをセットします。 そのセットする作業が紙巻タバコとの差となります。 セットする作業がある分、紙巻タバコと比較して、自身の「指」がフィルター部に接触する頻度と接触面積が多く、それに伴い、新型コロナウイルス感染のリスクが高くなります。 パチンコ・パチスロをしながらの喫煙はリスクは激高 パチンコ・パチスロをしながらの喫煙は更に新型コロナウイルス感染のリスクが高くなります。 何故なら、 パチンコ・パチスロのハンドルやレバーから自身の「手・指」に新型コロナウイルスが付着するリスクが高くなるからです。 先述の通り、喫煙する際に「手・指」に付着した新型コロナウイルスがフィルター経由で自身の口に付着してしまうからです。 パチンコ・パチスロ・喫煙を自粛出来ない場合は? パチンコ・パチスロ・喫煙を自粛する事が最も効果的ですが、そんな事は出来ない。 でも感染のリスクは下げたい方には、面倒でも 遊技台を移動する度、タバコを吸う度に手を「洗浄」する事です。 すぬつくの経験 すぬつくはお休みの日の朝一はパチスロが日課でした。 正に最近まで朝一カニ歩きで良さそうな台を漁っていました。 この時に、もしレバーに新型コロナウイルスが付着していたら終わってしまいじゃないか!と気が付き青ざめました。 その日以来パチンコ・パチスロは自粛しています。 ただ、喫煙は自粛出来ず、喫煙の度に手を「洗浄」している状態です。 最初は面倒でしたが、最近は慣れてきました。 まとめ 喫煙は 喫煙者特有の「タバコ肺」といわれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)で重症になるリスクがあります。 また、パチンコ・パチスロをしている時の喫煙に限らず、 普段の生活の中でも、非喫煙者と比較しても、指に付着した新型コロナウイルスがフィルターを介して自身の口に入ってしまうリスクが高いのです。

次の

その後の喫煙所“閉鎖”状況~“新型コロナ”感染増悪の「喫煙所」「喫煙者」問題(その7)

コロナ ウイルス 喫煙 者

新型コロナウイルス感染後の重症化の割合が喫煙者が非喫煙者と比較して高い事が指摘されています。 この理由は、 喫煙者特有の「タバコ肺」といわれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患が影響しているからです。 喫煙者が「重症化」する理屈は納得できましたが、 喫煙者の 感染率が高い理由が分からなく、色々考えてみましたが、答えは簡単でした。 そこで今回は、「喫煙者が新型コロナウイルス感染のリスクが高い理由」について紹介します。 もくじ 喫煙者が新型コロナウイルス感染のリスクが高い理由 タバコを吸う時に必ず タバコ(電子タバコ含)をケースから取り出しますよね。 この時、必ずフィルター部を掴みます。 もし、指に新型コロナウイルスが付着していたら、 自身の「指」からタバコの「フィルター」を経由して、自身の「口」へとウイルスを運んでしまいます。 喫煙者が新型コロナウイルス感染のリスクが高い理由は簡単でした。 更に深掘りしていきます。 紙巻タバコと電子タバコのリスクの差は? タバコと言っても色々な種類があります。 それでは、紙巻タバコと電子タバコではどちらがリスクが高いのでしょうか? 結論は、 電子タバコの方がリスクが高いです。 では、何故電子タバコの方がリスクが高いのでしょうか? 理由は簡単です。 電子タバコは、タバコをケースから取り出した後に、電子タバコホルダー部にタバコをセットします。 そのセットする作業が紙巻タバコとの差となります。 セットする作業がある分、紙巻タバコと比較して、自身の「指」がフィルター部に接触する頻度と接触面積が多く、それに伴い、新型コロナウイルス感染のリスクが高くなります。 パチンコ・パチスロをしながらの喫煙はリスクは激高 パチンコ・パチスロをしながらの喫煙は更に新型コロナウイルス感染のリスクが高くなります。 何故なら、 パチンコ・パチスロのハンドルやレバーから自身の「手・指」に新型コロナウイルスが付着するリスクが高くなるからです。 先述の通り、喫煙する際に「手・指」に付着した新型コロナウイルスがフィルター経由で自身の口に付着してしまうからです。 パチンコ・パチスロ・喫煙を自粛出来ない場合は? パチンコ・パチスロ・喫煙を自粛する事が最も効果的ですが、そんな事は出来ない。 でも感染のリスクは下げたい方には、面倒でも 遊技台を移動する度、タバコを吸う度に手を「洗浄」する事です。 すぬつくの経験 すぬつくはお休みの日の朝一はパチスロが日課でした。 正に最近まで朝一カニ歩きで良さそうな台を漁っていました。 この時に、もしレバーに新型コロナウイルスが付着していたら終わってしまいじゃないか!と気が付き青ざめました。 その日以来パチンコ・パチスロは自粛しています。 ただ、喫煙は自粛出来ず、喫煙の度に手を「洗浄」している状態です。 最初は面倒でしたが、最近は慣れてきました。 まとめ 喫煙は 喫煙者特有の「タバコ肺」といわれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)で重症になるリスクがあります。 また、パチンコ・パチスロをしている時の喫煙に限らず、 普段の生活の中でも、非喫煙者と比較しても、指に付着した新型コロナウイルスがフィルターを介して自身の口に入ってしまうリスクが高いのです。

次の