週刊 文春 中 吊り。 週刊文春って少しやりすぎじゃないですか?仕事なのは理解できますが、特に芸...

週刊文春って少しやりすぎじゃないですか?仕事なのは理解できますが、特に芸...

週刊 文春 中 吊り

人間誰しも叩いて埃の出ない人はいません。 世間で注目される存在になれば、俗に言う有名税の税務調査が入るのは今も昔も変わりません。 ただ、もう叩けない程にまで登り詰めれば、そのレベルに応じた課税対策が施されます。 即ち、対象者からの恩恵を受ける存在が多数いれば、損得からも皆が護ろうとしますね。 要は汚い人間の俗社会なのです。 さて、その有名税のマルサとも言うべき今の文春ですが、ここも例外なく組織内部には埃まみれの人間が多数いるはずです。 そして、その内に文春内部から詐欺師だの、イジメだの、違法行為だのと騒ぐ時が必ずきます。 それは文春の販売部数がやがて落ちてきて、内部環境が悪くなるタイミングで訪れることになります。 言わば内部分裂による内部告発です。 しかし、勢いにのった今の状態では、組織統制も保たれて強くなったままでしょうね。 文春の発展は、その時点まで続きます。 悔しいですが、それなりのガードが固いとなかなかリークはありませんが、必ずや状況の変化と共に内部から崩壊していく文春をみる時が来ると思います。 とにかく社会の賞賛と同じかそれ以上の恨みも買った組織となりましたからね。

次の

週刊新潮「週刊文春は中吊り広告をカンニング」と告発 取次「トーハン」認める: J

週刊 文春 中 吊り

背負っているリュックは品切れとなり、昼食メニューには注文が殺到。 いまや、やることなすことすべてに注目が集まるほどの人気者となったのが、将棋界の連勝記録を更新中のプロ棋士・藤井聡太四段だ。 その藤井四段にテレビや雑誌の取材が殺到する中、「文春砲」で知られる週刊文春も参戦。 6月29日発売号でさっそく藤井四段を取り上げているが、通勤電車内に掲示される車内吊り広告を見たファンから驚きの声があがっているというのだ。 「その吊り広告では高年齢層向けの記事なのか、左側に『保存版「尿の悩み」完全ガイド』というタイトルが大きく書いてありました。 ところがその見出しと藤井四段の顔写真との間には、別の記事に登場する市川海老蔵の顔写真が挟まっている。 そのため藤井四段の顔写真がなぜか、尿漏れ記事の横に添えられてしまったのだ。 「多くの情報を詰め込む車内吊り広告はデザインが難しく、顔写真と記事の位置関係が不自然になってしまうことは珍しくありません。 週刊文春の記者は藤井四段や日本将棋連盟に一言、詫びを入れたほうがいいかもしれません」(前出・出版関係者) 大活躍の藤井四段には、この一件が現実になってしまわないよう、対局中のトイレ休憩をまめにとっていただきたいものである。 (金田麻有).

次の

「週刊文春の記事内容を事前につかめ!」新聞社・広告代理店との攻防

週刊 文春 中 吊り

木俣正剛 [元週刊文春・月刊文芸春秋編集長] きまた・せいごう/岐阜女子大学副学長、元週刊文春・月刊文芸春秋編集長。 1955年京都市生まれ。 78年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、同年文芸春秋入社。 『週刊文春』『文芸春秋』の編集長を経て、2015年常務取締役、18年退社。 現在、岐阜女子大学副学長を務める。 関わった主な記事は、江川紹子との坂本弁護士失踪事件追及、野坂参三密告の手紙、少年Aこの子を生んで、ジャニーズ追及キャンペーン、田中真紀子秘書給与疑惑、村木厚子独占手記、田中角栄の恋文、尾崎豊の遺書など多数。 文春は、お嫌いですか?元編集長の懺悔録 元週刊文春、月刊文芸春秋編集長が明かす週刊誌報道の舞台裏。 記者たちの奮闘ぶりはもちろん、権力との対峙から文豪の素顔まで、40年間の文春での日々を赤裸々に振り返ります。 週刊誌が出す広告を巡っては、実は新聞社、広告代理店との間に水面下のバトルがある(写真はイメージです) Photo:PIXTA 文藝春秋に入社して2018年に退社するまで40年間。 『週刊文春』『文藝春秋』編集長を務め、週刊誌報道の一線に身を置いてきた筆者が語る「あの事件の舞台裏」。 今回は広告を巡る週刊誌と新聞社、広告代理店、そして取材先である政治家や芸能人のバトルをお伝えする。 (元週刊文春編集長、岐阜女子大学副学長 木俣正剛) 発売前に記事内容を 知る方法とは? 週刊誌のタイトルを中づりや新聞広告で見てから買うという人も多いと思います。 実はこの広告は神経を使う部分なのです。 週刊文春の場合、発売日は通常木曜日。 原稿の最終締め切りは火曜の夕方です。 火曜の朝までに記者が原稿を書き、編集者が修正して、2回のゲラチェックを経て校了します。 何もなければ夕方には終わりますが、大事件が起きたときなどは深夜になることもあります。 この原稿の中身を早く知る方法はなかなかありません。 印刷所といっても週刊文春を印刷している凸版印刷は文春社内に組版の部屋を持っているため、そこですべてが処理されます。 しかし週刊誌に記事を書かれる側は、なんとかして中身を知ろうとします。 月曜の夕方から原稿を書くのが通常ですから、月曜の朝には取材を申し込みます。 申し込みを受けた側、あるいは取材を受けた側というのは、どんなタイトルと中身になるのか必死で探ります。 そして、実は抜け道があるのです。

次の