キングダム637話 ネタバレ。 【キングダム】637話ネタバレ!王翦の鄴攻めの絵図(シナリオ)とは!?

キングダム【最新637話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

キングダム637話 ネタバレ

Contents• キングダムネタバレ639話最新話確定速報!実際の内容は? 2020年4月16日発売の週刊ヤングジャンプのネタバレ情報が入り次第追記します! 皆さんも今後の展開がどうなるか予想しながら発売を心待ちにしていてください! 【予想・考察】キングダムネタバレ639話最新話確定速報 鄴の攻略が失敗に終わったと確信した舜水樹(しゅんすいじゅ)でしたが、まだ別の手があったことを舜水樹では見抜けませんでしたね。 李牧でもすぐには見つからなかった手でしたので、他の武将では気づくことは無理だったかもしれません。 それだけ予想外の手を打った王翦がすごかったかぁ。 これで秦国兵たちは十分に食いつなぎ生きながらえることができるでしょう! 李朴の設計でできた鄴は王翦でも「攻め落とせね」というほどの城でしたが、兵糧攻めが終わった今となっては趙国軍が奪還するのはもはや不可能といえるでしょう。 趙国側としてはもう一度兵糧攻めをするにしても・斉・列尾・秦国側の水路・橑陽のすべての守りを長時間固めておくことはできません。 なぜならそれをしてしまったら燕や楚からの攻撃を受けてしまい結果として趙は滅ぼされてしまうからです。 この状況から李朴の敗北は確定したととってもいいでしょう! 李朴の胸騒ぎ 胸騒ぎがしている李牧ですが、秦からの水軍以外に何か手があるのかな?しかしこの大事な場面で趙王からの使者が来て、邯鄲に帰れとは。 空気の読めない趙王だなぁ。 こればっかりは李朴に運がなかったと言わざるを得ません。 この先李朴は王の命によって処刑されてしまうでしょう。 史実でも書かれていますが李朴は最後まで王に泣かされた将軍として有名です。 先にも書きましたが趙国に仕えてしまった李朴は本当に運が悪かったのでしょう… 趙国は鄴を取り返せる? 少し話が戻りますが兵糧を得た鄴の中にいる秦国軍を倒し鄴を奪還できるのか?という点ですが、まず不可能でしょう。 正直ここからの趙に勝ち目はありません。 斉国からの支援があると分かった時点で兵が足りないうえに王都を守る兵も少ない中さらに斉国を警戒し、今秦国へ行っている警戒も緩めずに戦うというのは無謀かつ国を滅ぼしかねないです。 また今回の戦いで趙は強い武将を失っています。 明らかに弱体化してしまった趙をほかの国が狙わない、そんな都合のいいことはありません。 隙あらば趙を滅ぼしにかかるでしょう。 趙の鄴の奪還はほぼ不可能となったいま、兵糧攻めが成立しなくなった時点で王翦ですら「難攻不落の城」といった、鄴を落とすという戦いになります。 秦国軍としてはこもりながら敵軍を削るだけで勝利をつかめるシチュエーションです。 長期戦になれば他国が趙を攻めるきっかけを作れることになるわけですが、これに関しては秦も同じ状況に置かれているといえるでしょう。 ただ鄴を落とした今、秦は以前よりもスピードを重視する必要がなくなりました! 鄴を手中に収めたことで 趙の王都・邯鄲の喉元に秦が迫るという展開になったからです! 李朴がいればここから何を切り捨てるべきか判断し最小限の損失で動くところですが、趙の頼みの綱の李朴も王命によって連れていかれてしまいました。 この先、李朴は王命によって処刑されてしまうこともあり得るでしょう。 李朴の処遇 李朴が王命によって処刑されてしまうのだとすれば、他国は黙っていないでしょう。 王翦も言っていた通り李朴がいるかどうかで国の先行きが決まります。 王翦は李朴だけが趙の重しであると言っていました。 史実にもある通り現趙国王の次の王が 李朴を更迭し、その後すぐに邯鄲は陥落して趙は滅亡します。 しかし現状、趙国王には好かれていない李朴ですが、いま・朱海平原での敗北・鄴での敗北によって処刑されたらどうなってしまうのでしょうか。 しかし史実では李朴は死にません。 ということは誰かが今の李朴の罪をぬぐうほどの責任をとり李朴を救うのかもしれません。 一体この先の展開どうなってしまうでしょうか。 秦国軍はここからどうする? 秦の水軍のほぼ全軍を使ったために、趙の水軍も全軍が東の秦に向けて引っ張り出されました。 この状況を作り出した上で斉から食糧を購入する。 ある意味では秦の水軍のほぼ全てをおとりにしての作戦でもあり、負けたら本当に壊滅的な打撃を受けるところでしたね。 ヒヤヒヤものの勝利だな。 趙国の喉元に迫る秦国がさらにここから趙を攻めるとして邯鄲をすぐに攻めるのでしょうか? 史実では桓騎が鄴の東にある平陽を攻略しています。 さらにそのまま北上し宜安・武城を攻略します。 ですが今は趙国軍は各地に残っており単純に趙国王を倒せば滅亡するわけではないでしょう。 この先も王翦が何をしてくれるか予想はできませんが、選択肢としては• すぐに邯鄲に向かい趙を滅ぼす• 周りを平定し戦力を整えてから邯鄲を滅ぼす このどちらかだといえるでしょう。 個人的にはこのまま勢いに乗って邯鄲まで攻め崩してくれたらかなり面白い展開になるのではないかなと思っているのですが、そんなことしたらどんだけの損害が秦国にあるかわかりませんからね(笑) 先に書いた・李朴の処遇によっては趙の滅亡までの道のりが早くなるのかもしれませんね。 スポンサーリンク キングダムネタバレ639話最新話確定速報!前回638話を簡単に振り返る 斉王・王建の久しぶりの登場でしたね。 大きな利益が出る取引であれば乗ってくるのは間違いないところ。 斉の水軍にも被害が出ないように秦の水軍のほぼ全軍を出陣させたのだと思いますが、これから色んな場面で斉の動きがポイントになってくるかもしれませんね。 場面は出陣前の昌平君と王翦の会話から始まります。 王翦は「鄴を落としたとしても兵站を断たれおそらく鄴は飢える 」と予想していました。 その場合はどうするのか昌平君と話しています 場面は変わり橑陽。 鄴をとったと同時に食糧難に陥ってると知らせが入ります。 すぐに食料を運ぼうと提案する壁ですが楊端和に無理だと一蹴。 楊端和は陸から運ぶのは無理だと考え水路しかないと壁に伝えます。 ですが頼みの綱である水路は瞬水樹率いる趙軍によって完全にふさがれていました。 完全に食料の入手経路を断たれた鄴。 中にいる秦国軍の兵士たちもこのまま死ぬと死期を悟ります。 同時刻・邯鄲に連行されている李朴は「見落としていた…一つ…ひとつだけっ!!」といい馬車を戻すように言いますが無理だといわれます。 そのころ鄴では南側の門が空き何やら騒がしくなっていました。 尾平たちのそばの門も空き的集荷と思う兵士たち、すぐさま槍を持って応戦しようとします。 がそこにきたのは 敵襲ではなく馬車に積まれた大量の兵糧でした!! いったいどこから?と考える趙軍。 場面は再び冒頭の昌平君と王翦の会話に戻ります。 二人も兵糧を運ぶのは水路しかないと予想。 李朴もそう考えることは目に見えていました。 ならば『逆』運べばいい王翦はそう言います。 兵糧を運んできたのは秦国軍ではなくなんと斉国軍でした! 最後は斉国王が出てきます。 「秦が倍の額で食料を買うというのだから売らぬ手はない。 売ったからには届けねばのォ。 指定の場所に」 といいは終了しました。 キングダムネタバレ639話最新話確定速報!キングダムファンの予想・考察・感想 あんまり中国史って詳しくないからキングダムなんかもほほーっ! きたー!逆の斎からかよー!なんて読んでるけど三國志とか趣味レベルな人はこれハイハイ斎から水路っしょとかネタバレしてるもんなの?? — くぅー ストハウ kuronekoqxu 続いてはを読んだキングダムファンの感想や639話の予測などを、Twitterや掲示板の書き込みから見ていきたいと思います。 既に出陣の際、昌平君に斉王とのネゴシエートを依頼し李牧も無警戒だった斉側からの黄河廻航で鄴への兵糧搬入に成功やもんな。 いや〜自称武神の龐煖さんが信に討たれて以降、ストーリーがサクサク進展して実に良いw — fantasistacafe fantasistacafe 今週のキングダムも、先週に引き続き伏線回収が半端ない。 ここでその同盟が効いてくるのか、、。 天才すぎる。 鄴攻め編、長すぎるけど、煽ってきちんと伏線回収するレベルが段違い。 思いつかなかったわ〜。 あの盟約がこんなところで役に立つとは。 兵糧問題の解決、王翦の作戦にしびれましたね。 李朴の処遇も気になるところです。 またまた639話最新話の確定速報がでてき次第情報を追記していきますので見逃さないようにしっかりチェックしてください! 以上【キングダムネタバレ639話最新話確定速報!】でした! 最後に、.

次の

キングダム637話ネタバレ予想「兵糧は閼与から来る」

キングダム637話 ネタバレ

キングダム【第637話】のネタバレ 鄴へ兵糧を! 泰軍が運んでいる俵の中は全て空だとバレてしまいました。 想定より早くバレてしまいましたが、本命は他にあるため介億達は余裕の笑みを浮かべます。 一方秦軍青忠水軍大補給船団、黄河では、霧に紛れて鄴まで爆進中。 かんようでは青忠水軍大補給船団が列尾横を超えて趙国の水域に侵入したと報告が入っていました。 しゅんすいじゅは空の俵を見て、黄河の水路を使って兵糧を鄴へ運ぼうとしているはずと伝えられたことを思い出します。 逆にさらに裏をかく可能性を考え危惧したものの要らぬ心配だったと納得しました。 既に水路から鄴を救う術は封じていたのです。 敵襲 大量の船が前方から来てしまい敵襲に為す術がありません。 鄴の命を繋ぐこの兵糧ごと水底に沈めてくれるというこうきおうの言葉そのまま、船は囲まれてしまいました…。 鄴城内 一方鄴城内では飢餓に苦しんでいました。 李牧は鄴を見つめながらどうしたものかと胸騒ぎを感じていました。 その時、王印の騎士団から王都かんたんへと王命により同行を求められます。 断れば側近達の皆殺し。 李牧はまるで罪人扱いのごとく側近と共に馬車に乗せられ王都に向かうことに。 どうやらしゅかいはいげんの敗戦の咎のようです。 李牧はせめて黄河の水軍の勝報まで確認して去りたかったのですが致し方ありません。 しんすいじゅを信じる李牧。 そこさえ止めてしまえばおうせんぐんは飢え死にします。 一方海上では次々と兵糧が海に捨てられていきました…。 そしてかんようでは、水軍壊滅の急報が入ります。 また、おうせんでは出撃前のかんようにて交わされた会話がありました。

次の

キングダム637話【最新ネタバレ考察】閼与に昌平君の別動隊!?想定外の李牧か!

キングダム637話 ネタバレ

Contents• キングダム637話ネタバレの考察 今回の 『キングダム』エピソードでは、諦めた様子で撤退した李牧ですが、まだ諦めずに鄴を包囲しました。 確かに 長期戦になれば王翦たちの方が不利になるので、このまま邯鄲に逃げたら勝ちを逃す事になりますね。 果たして李牧との決着は鄴でつくのか、まだまだ目が離せません。 そして食料の輸送に失敗しそうですが、前回の最後に食料問題は王翦が解決する事が確定しています! それで食料を運んでる介億には何か作戦がある様子でしたが、どうやって食料を鄴に輸送したのでしょうか? きっと 李牧の裏をかいた王翦や昌平君の作戦を用いる事が予測出来ますが、この絶望的な状況をどの様に突破するのか見ものです。 では 『キングダム』637話以降の展開がどうなっていくのかを考察していきます! スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:撤退する介億 補給部隊を率いて、列尾を攻めようと準備をしていた介億。 すると、突然現れた 舜水樹の伏兵に補給部隊を狙われてしまいました! 舜水樹の伏兵がいたことには介億は驚いていましたが、兵糧が空だったことを知った伏兵を見て、介億は笑みを浮かべていました。 介億のあの表情を見る限りでは、舜水樹がいたことはもしかしたら予想外だったかもしれませんが、補給部隊が狙われるということは予想通りだったといった感じですよね? そう考えると、介億が率いている補給部隊は元々食糧を積んでいなかったということになります。 おそらく、 介億の補給部隊は囮として列尾に向かったのではないでしょうか? この鄴攻めの前に、「金安」という城で兵糧を偽装し、黒羊へ送ったこともありましたので、金安に再び兵糧を置いている可能性もあります。 今回の件で兵糧を積んでいないことはバレてしまいましたが、介億の部隊が補給部隊だと思わせ、趙軍の目を列尾に向けさせるという狙いだったと考えています。 そのため、伏兵の急襲された 介億は迎撃せずにこのまま撤退すると予想しています! スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:別動隊 介億の補給部隊が囮だとすると、問題は鄴に食糧を届ける補給部隊がどこに行ったのかです。 実は介億とは別に、 補給を目的とした部隊が別動隊として動いていると予想しています! しかも、その別動隊を率いているのは蒙武ではないでしょうか? 正直、蒙武まで出てきてしまって秦は大丈夫なのか?という考えもありますが、補給部隊を守りながら進軍できるのは、蒙武ぐらいしか思いつきませんでした 笑。 そして、 蒙武が率いる別動隊は列尾ではなく橑陽に向かっていると考えています。 橑陽には楊端和と壁がいます。 ただ、橑陽から鄴への補給を遮断するために、橑陽の周囲は趙軍が囲んでいるとのこと。 さらに、 唐利軍が合流したと今回の最新話で判明しました。 その包囲を蹴散らしながら、楊端和の元に食糧を届けることができるのは蒙武しかいないのではないでしょうか? 蒙武が補給部隊を引き連れてやってきたとなれば、橑陽に閉じ込められている楊端和達も動けるようになるでしょうね! キングダム637話ネタバレ展開考察:黄河から運ぶ可能性も? 改めて地図を見てみると、鄴への補給ルートは限られているのが分かりますよね。 秦から鄴へは黄河が近くに流れているので、わざわざ山を越える必要はなくなります。 ただこのルートでは趙軍にはっきりと動きがバレてしまうということ。 そうなると趙軍は鄴と黄河の間に間違いなく軍隊を配置して待ち構えているでしょう。 となると迅速な動きが必要となるので、王翦や昌平君が考えているとしたら夜分のうちに黄河を移動し、鄴まで移動させてしまうのではないでしょうか。 スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:鄴への進軍 蒙武が率いていた補給部隊から、無事に食糧を受け取った楊端和達。 同時に橑陽を囲んでいた趙軍を蹴散らすこともできたため、鄴への道が開かれたことになります。 そのため、王翦軍への補給部隊を引き連れつつ、 楊端和は鄴へ進軍すると予想しています! 李牧は橑陽から鄴への道は遮断していると考えているため、橑陽から楊端和軍が進軍してくることは予想していないでしょう。 しかも、王翦軍への食糧を運んで来るとは・・・。 李牧軍も楊端和軍を迎撃できるほどの軍はないでしょうし、 食糧を運んできてくれているとなれば、王翦軍や桓騎軍が鄴から出てくることも考えられるでしょう! そのため、李牧は成すすべなく楊端和の鄴への進軍を許すことになるのではないでしょうか? スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:介億の策とは? 食料を運んで来た介億ですが、扈輒と舜水樹軍に阻まれて食料を届ける事が出来ません。 しかしそれはダミーだったので、 前回宣言された通り食料は王翦たちの元に届くでしょう。 ですがそうなると、介億はどの様に食料を送ったのでしょうか? その答えは簡単で介億とは別の輸送部隊を準備していて、 その部隊が鄴に食料を届けたのだと予想します。 そしてその手段なのですが、実は秦から趙に入る入口は列尾だけではありません。 もう1つの入口である 閼与から趙に入り、そのまま食料を王翦たちの元に届けたのでしょう! それだと李牧も考えていそうですが、閼与は山に囲まれているので輸送するには向かない場所です。 なので李牧の裏をかく事が出来て、 食料の輸送に成功したのかもしれませんね。 スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:最悪のシナリオ!? 鄴の周りを李牧軍に囲まれている王翦軍。 ここから食料の供給があったとしても、このまま長期戦に縺れ込めば、 王翦軍は敗北してしまうかもしれませんね! と言うのも鄴から逃げた民は邯鄲に逃げ込んだ可能性があるからです。 まずそうなった場合、悼襄王の耳にも今の戦況がどうなっているのか、少なからず情報が入るでしょう。 ここで勝ちを考えた悼襄王は、今まで援軍を送るのを渋っていましたが、 李牧の元に援軍や食料を送るかもしれません! そうなったら更に戦いは長期戦になり、王翦たちが打開策を見つけない限り敗北してしまうと予想します。 なのでこの最悪の結末にならない様に、王翦たちは 趙軍の戦意を喪失させる方法を考えるのも重要だと感じました。 キングダム637話ネタバレ展開考察:逆転の一手!! 持久戦に持ち込みたいと考える李牧と、短期戦で勝負を決めたいと考える王翦。 この状況から王翦が勝つには、 趙の戦力の要である李牧や紀彗たちを素早く討たなければなりません。 そうなると鄴に食料が届けば、秦軍の将兵たちに活気が戻り、鄴を囲んでいる李牧たちを追い込む事が出来ると予想します。 しかしそれだけでは一手足りず、王翦と李牧は互角の戦いを繰り広げ、李牧が望む長期戦になってしまいます。 ですがその時、 橑陽にいるはずの楊端和軍が救援に駆けつけるかもしれません。 橑陽は包囲されているとはありましたが、動けないと見せかけて事前に楊端和が動いていてくれたら…。 そうすれば奇襲や挟撃など多くの戦略で、李牧たちに深手を負わせる事が出来ますね。 そしてもし李牧を取り逃がしても、李牧は敗戦の責任を問われ、精神的にダメージを与えられるかもしれません。 スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:王翦の作戦 『キングダム』637話で、一番気になるのは 食料問題を驚くべき方法で解決したという王翦の作戦です! 正直、桓騎もわかっていないようでしたし、蒙恬と王賁は食糧を手に入れるのは不可能だと言っていました。 李牧もそれを予想して、市民達と鄴を離れたのでしょう。 ただ、実際に王翦は食糧を手に入れ、その問題を解決したというのです! では、この状況でどうやって王翦が食糧を手に入れられるかですよね。 考えられるのは、 事前に食糧を隠していた!か、どこかで食糧を手に入れた!かのどちらかになるでしょう。 王翦なら、事前に食糧を隠していたというのは十分に考えられます。 ただ、それが驚くべき方法かと言われると、まだ予想の範囲内ではないでしょうか? もしかしたら、 隠していた場所が驚くべき場所だったという可能性はあるでしょうが・・・。 そう考えると、どこかで手に入れたという方法の方が、驚くべき方法と言えるのではないでしょうか? そんな中、気になったのが後軍を率いている田里弥です! 田里弥は食糧が全くない後軍を率いています。 ただ、こういうのは倉央に比べたら自分の方が得意だと言っていました。 そのため、 田里弥には食糧を確保する術があるということなのではないでしょうか? もしかしたら、田里弥は元々兵士だったのではなく、人がいない環境で育った経験があるのではないかと考えています。 そんな田里弥からしたら、自然の中から食糧を手に入れるということは容易なことなのではないでしょうか? おそらく、王翦は後軍を進軍を任せつつ、 後軍の兵士達を使って田里弥に食糧確保の命を出していたのでは・・・!? 『キングダム』637話では、食糧問題を解決した王翦の作戦が明かされると予想しています! キングダム637話ネタバレ展開考察:王翦の作戦とは? 王翦はどの様な方法で食料問題を解決するのか、次回の注目ポイントの1つです。 そしてその王翦の解決方法ですが、時間と場所を指定して、 事前に食料の輸送を秦国に頼んでいたのだと予想します。 そうすればタイミング良く鄴に食料が届きますし、食料問題は一瞬で解決! それにこの方法は前もって予測してないと出来ない行動ですし、 王翦にしか思いつきません! しかしこんなどちらに転ぶか分からない大博打を、王翦が選択するかと疑問に思う人いるでしょうね。 そこで鄴までの道中で攻め落とした城が、この食料問題の解決の布石になっていたのかもしれません。 と言うのも、 秦から輸送で来た人たちを城に隠せば、鄴を落とせても落とせなくても対処出来て被害は最小限に食い止められるからです! またもう一つ考えられるのが、軍が手薄になった閼与でしょう。 閼与の軍は鄴を解放するために監視す津態勢でした。 しかし一気に攻撃態勢になり、楊端和の動きを封じ込めるために橑陽へ向かっています。 さらに舜水樹も列尾に派遣されているので、閼与の守りは完全に手薄。 そのため、閼与から補給部隊が動けるというのは非常に可能性が高いのではないでしょうか! スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:邯鄲での戦い!! 食料問題を解決した王翦と桓騎は、李牧が撤退したと思われる邯鄲に向かいます。 しかしその前に楊端和と一度合流し、 邯鄲を攻略する為の作戦を3人で立てるでしょう。 まず鄴にいた民が邯鄲に集まる事になるので、 また邯鄲でも兵糧問題が起こるはずです。 なので王翦たちはゆっくりと進軍して、長期戦になればなるほど趙が不利になるという圧力を掛けます。 そこで痺れを切らした悼襄王が、王翦たちを討てと全軍に命令。 ですが力の差は歴然としていて 趙軍は返り討ちに遭います。 そして何とか逃げてきた将兵に対して悼襄王は怒り、もう一度攻めろと言い放ちます。 するとその行動に愛想を尽かした将兵たちが裏切って、趙は内部崩壊をするでしょう。 そうなれば王翦たちは、 邯鄲も鄴と同様に無駄な血を流さずに攻略する事になると予想します! キングダム637話ネタバレ展開考察:桓騎の予想 『キングダム』637話以降でどうなるか気になっているのが、乱戦を解いた李牧軍を見た桓騎馬が、 それに・・・と言っていたシーンです。 今の所、それに・・・の後は明かされていません! 李牧軍の動きを見て言ったのか、鄴陥落を見ていったのかすらわかっていません。 ただ、今の状況を見て桓騎は何かを感じているのは確かです。 そのため、 『キングダム』637話では 桓騎の予想が描かれると考えています! もしかしたら、桓騎は李牧軍の動きを見て、李牧の狙いが予想できたのではないでしょうか? ただ問題は、その予想を桓騎は王翦に進言するかどうかでしょう。 食糧問題が解決されたとなると、食糧を分配するために各将達が集められると思います。 そこで軍略の会議が開かれるなら、 王翦に桓騎の予想を進言する機会もあるでしょう。 ですが、桓騎が素直に進言するかと言われると微妙ですよね 笑。 そのため、桓騎は自分の予想を王翦には進言せず、桓騎軍内でのみ話すと予想しています! そして、 桓騎の予想通りの展開になった時に、桓騎軍が先に対応して手柄を上げるのではないでしょうか? スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ展開考察:桓騎と李牧! 李牧は桓騎の弱点を知っていると言っていたのに、鄴ではまともに戦う事なく李牧が逃げてしまいました。 なのでこの件は先延ばしになりましたが、 邯鄲の戦いでこの謎が解き明かされるかもしれませんね。 そしてこれが桓騎にとって良い方に転ぶのか、悪い方に転ぶのかまだ分かりません。 しかし 今の所悪い方に転びそうな気がします。 と言うのも李牧が去り際に桓騎の事を見て、何かを考えていたからです! 更に李牧も敗戦が続き、ここで汚名挽回しないと周りに示しが付きません。 そこで李牧だけが知っている弱点で桓騎を追い込み、 最低でも桓騎は深手を負ってしまうと予想します。 ですがこうなると確定していませんし、 もしかすると桓騎は弱点を克服するチャンスになるかも知れません。 まだ判断するには難しい場面ですが、邯鄲での戦いが桓騎の運命の分岐点になるでしょう!! キングダム637話ネタバレ展開考察:李牧の狙い 鄴が陥落し、乱戦を解いて市民達と鄴から離れた李牧軍。 鄴が陥落したことに意気消沈するカイネ達に対して、李牧だけはまだ諦めていない顔をしていました! 李牧のあの表情を見る限りでは、 まだ何か策があるのではないか?と考えてしまいます。 おそらく、桓騎はそれをいち早く察知し、李牧の狙いを予想しているのではないでしょうか? 食糧のない秦軍を鄴に閉じこめ、周囲を包囲して餓死を狙うと王賁は李牧の狙いを予想していましたが、本当に李牧の狙いがそれだけとは思えないです。 李牧軍も食糧がほとんどないことは変わりないため、李牧軍にとってもリスクは伴いますからね。 そう考えると、 李牧には別の狙いがあると考えるのが妥当です! もしかしたら、鄴が陥落した時に奪い返しやすいような秘密が隠されているのではないでしょうか? 過去に別の城で同じようなことがありましたからね~。 おそらく、李牧は最悪の展開まで予想しているため、鄴が陥落した時のことも考えているはずです。 そうなると、 鄴には何か秘密が隠されていて、それが『キングダム』636話で李牧の狙いとして明かされるのではないでしょうか? 桓騎はその秘密をいち早く察知していたのかもしれないですね! スポンサードリンク キングダム637話への読者の声 『キングダム』最新話637話に向けて感想や考察を集めました! 今週のキングダム! 伏線回収ターンきた…! 秦の中枢の様子が垣間見れたのもだいぶ嬉しい。 他の俵も調べろ!という指示で、次々と俵を切り中を確認していきます。 他の俵も空だったことがわかり、 この補給部隊が囮だと趙兵達は気付き、慌てて舜水樹へ報告します! 補給部隊の方が騒がしくなっているのを見て、バレるのが予定よりも早かったかなと不敵な笑みを浮かべる介億。 全滅する前に補給部隊の兵を退却させろ!と指示を送ります。 兵糧のことを心配する兵士達に、 本命は他にある!と介億が言います。 その頃、大量の兵糧を積んだ複数の船が黄河を移動しています。 水路を利用し、 鄴へと向かおうとする秦の青忠水軍。 青忠水軍は列尾の横を通過していきます! その報せが咸陽に届きますが、何やら浮かない表情をしている昌平君。 鄴から離れた場所で軍議を行っている李牧。 王翦軍の様子を見ながら、 陸からの補給が無理なら水路を使って兵糧を運ぶはずだと予測しています。 そのことを報せるために、すでに舜水樹に鳥を放っていた李牧。 頼みますよ!と舜水樹の働きに期待します。 兵糧部隊が運んでいた俵が空だったことで、秦軍は水路を利用して兵糧を運ぼうとしている!と気付く舜水樹。 李牧の予想通りだった!と。 裏をかいて陸路で運んでいる可能性も考え、こちらも潰しに来たが李牧の筋書き通りの展開になったと考えます。 水路から鄴を救う術はすでに封じている!と舜水樹が言います。 介億の補給部隊が囮というのは、前回のラストで判明していました。 ただ、まさか 別ルートが水路だったとは・・・。 キングダムでは水軍が描かれることがないため、完全に存在を忘れてましたね 笑。 キングダム637話ネタバレ:予想外の敵襲 霧の中を進んでいく青忠水軍。 このまま一気に鄴まで行くぞ!と進軍を速めますが、霧が晴れた先には 趙の水軍が待ち構えています! 趙の水軍が待ち伏せしていたこと、そして水軍の多さに驚愕する青忠。 秦の水軍を確認した趙の水軍は、一斉に弓矢を撃ち込みます! 予想していなかった敵襲に、慌てふためく青忠水軍。 趙の水軍は青忠水軍の正面まで来ると、左右を囲むように狭撃します。 そして、 兵糧が積まれた船を一斉に襲撃します! 次々と海に落とされる秦の兵糧と水軍達。 このままでは兵糧を届けることができないと感じた側近が、一度退却するよう青忠に進言します。 すると、秦の水軍は最強だから力技で突破しろ!と青忠が突撃を命じます。 趙の水軍に向かって進軍する青忠水軍。 それを見て、趙の水軍を率いている甲鬼央が、 上流と下流では水流の勢いが違うため、下流にいるこちらの方が有利だ!と余裕を見せます。 そして、青忠水軍を沈めるために自らも進軍していきます! その頃、鄴の城内にいる飛信隊の兵士達は、 空腹で起き上がる力もなく横になっています。 横になっている兵士達の顔は痩せ細っています。 そんな状況を座って見つめている信。 すると、小さい芋が二つありました!と兵士が信に持ってきます。 その兵士に、一つは羌瘣にあげて、もう一つはお前が食え!と信が言います。 兵糧問題が解決されないことに、イライラが募り始める信。 陸路を囮にして水路から鄴を目指しましたが、これも李牧に読まれてましたね。 完全に趙の水軍に待ち伏せされてましたから! しかも、趙の水軍の方が下流にいるため、 青忠水軍は苦戦が必至ですね。 スポンサードリンク キングダム637話ネタバレ:李牧の連行 軍議を終えても天幕に入らず鄴を見つめている李牧。 そんな李牧に、天幕に入って少し休んでください!とカイネ達が声をかけます。 すると、鄴に兵糧を運ぶとしたら陸路以外は水路しかないはずだ!と考える李牧。 それなのに 何か嫌な胸騒ぎがする!と。 ただ、考えても状況が変わるわけがないため、一度休息を取ると李牧がカイネ達に言います。 そんな李牧の元に、突然王都の王宮兵達が現れます! 今すぐ王都邯鄲へご同行願います!と言う王宮兵。 そんな王宮兵に、今は大事な時だからここを離れることはできない!と李牧が言います。 それに対して、王命は絶対です!と言う王宮兵。 もし断ったら?と李牧が尋ねると、カイネ達の首に剣先を突きつける王宮兵達。 側近を皆殺しにして連行するまでだ!と。 すると、 これ以上無駄な死は増やしたくない!と李牧が言い、素直に王宮兵に従います。 持ち場は雷伯に任せると伝えてください!と李牧がカイネに言います。 馬車に乗せられた李牧は、手枷をされてることに対して、まるで罪人みたいな扱いだと王宮兵に言います。 朱海平原で敗けた責ですか?と。 そのようです・・・と答える王宮兵。 王翦軍はもうすぐ餓死するから、あと10日もあれば鄴を取り戻せる!と李牧が話します。 王命は絶対なので・・・と王宮兵があしらいます。 そんな王宮兵に、あなた方も大変ですねと李牧が言うと、あなた様ほどではありません・・・と王宮兵が言います。 黄河の水軍が勝利するまでは見届けたかったと考える李牧。 ただ、こうなっては仕方ないから、舜水樹に後を託します。 まさかこのタイミングで 李牧が連行されるとは予想外でした! 趙王は一体何を考えているのでしょうか? 王命は絶対っていうのが凄いですよね~。 キングダム637話ネタバレ:王翦の頼み 次々と青忠水軍を討ち取っていく趙の水軍。 船に積まれた兵糧も海に落とされていきます! 青忠水軍が趙の敵襲を受けたことが咸陽に報せられます。 鄴へ向かわせた水軍は秦の水軍の全てのため、もう出せる水軍はない!と絶望する秦の文官達。 そんな中、厳しい表情を浮かべる昌平君が、出陣前に王翦から頼まれたことを思い出します! 総司令、 出陣前に一つ頼んでおきたいことがあると言う王翦。 王翦の頼みを聞いた昌平君は、驚きの表情を浮かべます。 やはり青忠水軍は厳しい状況に追い込まれてましたね。 その報せを聞き絶望する文官達の中で、昌平君は 出陣前に王翦から頼まれたことを思い出してました! 一体王翦は何を頼んだのでしょうか? スポンサードリンク キングダム637話ネタバレの感想考察 今回の最新話でも、鄴に兵糧を届けさせた王翦の驚くべき方法は明らかになりませんでした。 王翦と李牧の読みあい合戦が続いていますが、 見事に李牧が読みきって防いでいますよね~。 介億は囮で、兵糧は別動隊か運んでいるとは予想していましたが、まさか水軍が出てくるとは思いませんでしたね。 今まで『キングダム』で水軍が出てきたことはあったでしょうか? 笑 ただ、それすらも李牧は読みきってしまうので恐ろしいですよね。 ですが、何か胸騒ぎがすると李牧は違和感を感じていました。 しかも、そのタイミングで王都から、 王宮兵が李牧を連行するために現れましたからね! 罪人のような扱いに、朱海平原での敗けの責だと李牧は連行される理由を推測していました。 ただ、 さすがの李牧もこの展開は読めてなかったようですね。 この李牧の連行が、この後の展開にどんな影響をもたらすのか気になります! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の