エースバーン いかりのまえば。 【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論

ラビフット育成論 : ラビフットでエースバーンをぶっ壊す!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーン いかりのまえば

相手の残りHPが1の場合は1ダメージを与える。 0個以下の場合は、1個減らす。 0個以下の場合は1個減らす。 いかりのまえばは、ポケモンのの一種。 説明文 たたかうわざ ・ するどいまえばで こうげきして てきの たいりょくを はんぶんにする するどい まえばで はげしく かみついて こうげきする。 あいての HPを はんぶんに する。 ・・・・ するどい まえばで はげしく かみついて こうげきする。 あいての HPは はんぶんに なる。 漢字 鋭い 前歯で 激しく かみついて 攻撃する。 相手の HPは 半分に なる。 コンテストわざ アピールが うまくいった ポケモン みんなを かなり おどろかす ポケモンの もつ わざを つかって きほんの えんぎ。 :ポケモンドリームワールド• :ポケモンドリームワールド ちいさな森• :ポケモンドリームワールド こんなときに使おう も参照。 相手のを強制的に半分にする効果は耐久型のには特に有効。 と合わせれば等でも回復が追いつかなくなる。 ポケモンカードゲームにおけるいかりのまえば ゲーム同様、「 相手の残りHPの半分 切り上げ のダメージを与える」という効果のワザとして登場する。 BWシリーズで再登場した際、効果が変わり「相手の残りHPが10になるようにダメカンを載せる」ワザになった。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるいかりのまえば 探検隊 PP17 敵ポケモンの現在のHPの半分を与える。 HPの高いボス戦なら効果は大きい。 では、のなどが使用する。 技の仕様• 固定ダメージを与えるわざに共通の仕様についてはの記事を参照。 のから、タイプのポケモンには全くダメージを与えることができない。 のみ例外で、ゴーストタイプにもダメージを与えられる。 状態のポケモンへのダメージは、人形の残りHPではなく、本体の残りHPで決まる。 したポケモンに対しては、ダイマックスレベルによる補正値を除したHPを元にダメージを算出する。 例 ダイマックスレベル10の相手がダイマックスし残りHPが300になっているとする。 からの間は・のだった。 以降からまでので習得可能なポケモンは多い。 特性のポケモンが使用しても効果は変わらない。 各言語版での名称 言語 名前 いかりのまえば Super Fang Superzahn Croc Fatal Superzanna Superdiente 분노의앞니 愤怒门牙 Super Fang 関連項目•

次の

【ソードシールド】エースバーン考察【シングル63】

エースバーン いかりのまえば

第八世代ではオンバーンのみの固有タイプである。 第七世代ではメガシンカを除けば最速のドラゴンだったが、今世代では素早さも火力も上回るが登場。 特性「すりぬけ」も被っており、めぼしい新技もオンバーンの種族値と噛み合っていないのが悩み。 更に第七世代までは習得可能だったすりかえがアーケオス不在も相まって遺伝技から消滅してしまった。 差別化要素としてはいかりのまえばやおいかぜをはじめとした多彩な補助技や飛行タイプならではの地面耐性、タイプ一致ダイジェットやかくとう技の存在など。 純粋なアタッカーとしてドラパルトと差別化する事は難しいため、補助技を絡めていきたい。 一応素早さを上回るなどのカプ系やがいなくなり、が弱体化した事は嬉しいところか。 地味な変更点だがタマゴグループにドラゴンが追加されている。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 おみとおし タスキ・スカーフによる奇襲を予見できるため安定性が高い。 おみとおし持ちでは最速であり、ドラパルトとの差別化の為にも優先的に採用したい。 すりかえとの相性も良いのだが、前述の通り第8世代では習得する術がない為注意。 すりぬけ ばくおんぱはもともとみがわり貫通なので恩恵は少ない。 今世代ではみがわりを貫通して道具をすりかえるという芸当も不可能になってしまった。 単純に活かすだけではの壁が大きい為、如何に差別化するかを考える必要がある。 テレパシー 隠れ特性。 ダブル用。 周囲全体攻撃を使う味方と組むなら。 連発には向かない。 撃ち逃げ向き。 りゅうのはどう 竜 85 127 100 - タイプ一致技。 性能安定だが元のCも低く低火力なので基本的に優先度は低い。 雨とあわせて。 怯みを狙いやすい。 そらをとぶ 飛 90 135 100 溜め技 ダイマックス枯らしに。 かみなりにある程度耐性があるのもポイント。 ばくおんぱ 無 140 100 - りゅうのはどうより高威力だがぼうおんやじごくづき持ちに注意。 みがわり貫通。 ダブルでは周囲全体攻撃。 ハイパーボイス 無 90 100 - ダブルバトルで味方に当てたくない場合に。 性能安定。 だいもんじは覚えない。 ダブルでは相手全体攻撃。 ソーラービーム 草 120 100 晴れ下で溜め解除 ダイマックスで晴れになったら。 ダイソウゲンでも。 いかりのまえば 無 - 90 - 優秀な削り技。 ゴースト以外に。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 攻撃しつつ撤退。 おみとおしやりゅうせいぐん、スカーフとあわせて。 変化技 タイプ 命中 解説 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 素早いので使いやすい。 みがわり 無 - あると便利。 音技や連続技に注意。 おいかぜ 飛 - サポート用。 味方の素早さ強化。 ふきとばし 無 - 積み技対策。 起点化回避に。 はねやすめ 飛 - 回復技。 耐性変化に注意。 つきのひかり 妖 - 回復技。 ダイマックス技による天候変化に注意。 すりかえ 悪 100 こだわりメガネやスカーフとあわせて。 おみとおしと相性がよい。 過去作限定遺伝技。 先制で使えば疑似物理耐久アップ。 追加効果が発動すればスカーフ持ちすら抜ける。 エアスラッシュ 130 195 ダイバーン ねっぷう かえんほうしゃ 130 天候:晴 対鋼。 4倍狙いで。 つきのひかりと相性がいい。 4倍狙いで。 シングルでは追加効果の恩恵は薄い。 ダイサイコ サイコキネシス 130 場:PF サイコフィールドでミストフィールドを上塗り。 オンバーン自身はひこうタイプなので恩恵はない。 特防削りが優秀。 基本はこちら。 を意識するなら。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスのターン切れ狙いで。 通常時ばくおんぱと威力がまったく同じ。 ダイストリーム みずのはどう 110 天候:雨 過去作教え技。 ダイソウゲン ソーラービーム 140 場:GF 対水地。 通常時使いにくい。 ダイサンダー ワイルドボルト 130 場:EF 物理技のみ。 対水飛。 疑似特殊耐久アップ。 対妖岩。 無補正りゅうのはどうではやすら確定で落ちないので、撃ち逃げをやらせるならりゅうせいぐんが欲しい。 火力は足りておらず、臆病@珠ではをりゅうせいぐんで確定1にできない。 いかりのまえばを持たせておけばとりあえず削りを入れることができ、ドラパルトとの差別化にもなるので優先的に持っておきたい。 撃ち分けが出来なくなるためとんぼがえりの優先度が高くなる。 H252はかえんほうしゃで確定2発、交代読みなら倒せるが対面では厳しい。 先制いかりのまえばとレッドカードで相手2匹のHPを半分削り、相手パーティの弱体化を狙う型。 Hに252振ると実数値が偶数になってしまうので、目一杯振りたい場合でも244止め推奨。 耐久調整• H228振りでA特化のストーンエッジ確定耐え。 H228B4振りでのこおりのつぶて確定耐え。 レッドカード発動後は持ち物がフリーになるため、どろぼうは好相性。 奪った道具を更に別の相手に押しつけることができるすりかえも有用なのであわせて採用したい。 ちなみに、悪タイプ弱点でじゃくてんほけん持ちの相手に対してどろぼうを使った場合、 奪う前にじゃくてんほけんが先に発動することになる。 特に対では注意が必要。 相性考察 タイプのポケモンはオンバーンの弱点を全て半減し、自身の弱点である地面・格闘・炎はオンバーンが半減以下にできるため相性がよい。 オンバーンと鋼タイプを同時に選出した場合、一貫するのは電気・悪・ゴーストのみなので、残りの1枠にはこれらに対抗できるポケモンを入れるとよい。 対オンバーン 注意すべき点 S123からの高威力特殊技の数々。 いかりのまえばやちょうはつ等の小技も習得。 おみとおしによりこちらの行動を読まれやすい。 対策方法 火力は並程度で積み技も無いため、やなら後出しから受けられる。 覚える技 レベルアップ 6th SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 オンバット オンバーン オンバット オンバーン - 1 - 1 ばくおんぱ 140 100 ノーマル 特殊 10 - 1 - 1 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 - 1 - 1 ぼうふう 110 70 ひこう 特殊 5 - 1 - 1 つきのひかり - - フェアリー 変化 5 1 1 1 1 いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 1 1 1 1 ちょうおんぱ - 55 ノーマル 変化 20 1 1 1 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 40 - - - 1 すいとる 20 100 くさ 特殊 25 5 5 - - きゅうけつ 80 100 むし 物理 10 - - 5 5 すいとる 20 100 くさ 特殊 25 11 11 11 11 かぜおこし 40 100 ひこう 特殊 35 13 13 13 13 かみつく 60 100 あく 物理 25 16 16 16 16 つばさでうつ 60 100 ひこう 物理 35 18 18 18 18 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 23 23 23 23 エアカッター 60 95 ひこう 特殊 25 27 27 27 27 はねやすめ - - ひこう 変化 10 31 31 31 31 かまいたち 80 100 ノーマル 特殊 15 35 35 35 35 おいかぜ - - ひこう 変化 15 40 40 40 40 ふきとばし - - ノーマル 変化 20 43 43 43 43 いかりのまえば - 90 ノーマル 物理 10 48 53 48 53 エアスラッシュ 75 95 ひこう 特殊 15 58 62 58 62 ぼうふう 110 70 ひこう 特殊 5 - 70 - 70 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 - 75 - 75 ばくおんぱ 140 100 ノーマル 特殊 10 技マシン No.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーン物理アタッカー型育成論!

エースバーン いかりのまえば

エースバーンの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお 特性 もうか HPが3分の1以下で ほのおタイプの技が1. とびひざげりを採用することでカビゴンやバンギラスなど、ほのお技だけでは倒しづらかったポケモンも突破しやすくなります。 性格は攻撃を上げるいじっぱりでも問題ありませんが、先制で攻撃しやすくなるようきが無難です。 おすすめ技構成 フレアドライブ 高火力のほのお技で命中が100なので外す心配がありません。 とびひざげり ノーマルやあくなど、ほのお技で対応し辛い敵に対して刺さりやすいです。 ふいうちを使う場合は相手の型からある程度技を読む必要があるので注意しましょう。 しねんのずつき アイアンヘッド タイプ補完として必要な場合は採用するのもいいでしょう。 基本的には素早さを活かして上から殴る型なので持ち物はいのちのたまで火力をアップさせるのがおすすめです。 しかし、耐久力が心もとないので、万が一素早さで負けても1度だけ耐えられるきあいのタスキ を持たせるかこらえるを覚えさせるのも一つの手です。 特性のもうかを活かしたい場合はHPが4分の1以下で火力が上がるチイラのみを持たせましょう。 命中が90ですが反動を受けません。 フレアドライブは命中が100ですが体力が削られてしまうので、 きあいのタスキを持たせる場合はかえんボールの方が安定でしょう。 とびひざげり 確定技 ほのおタイプの弱点であるいわタイプに刺さる格闘技です。 いかりのまえば 当たれば確実に体力を半分にすることができるので耐久の高いポケモンや相性の悪いポケモンに対してごり押しすることができます。 とんぼがえり ダメージを与えつつ他のポケモンに変更することができます。 ランクバトルでも技の採用率は高め。 エースバーンの対策・弱点 麻痺が有効 エースバーンは物理アタッカーとしての採用が多いため、行動を制限できる麻痺が非常に機能します。 ただし、エースバーンはほのおタイプのため、鬼火などによるやけどは効かないということは留意しておきましょう。 攻撃ダウンを活用しよう エースバーンは攻撃に特化しているため、攻撃をダウンさせる変化技が効果的です。 いかくであれば場に出しただけで攻撃を下げることができるので、相手の編成からエースバーンの順番を読んだ場合はうまく活用していきましょう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 ギャラドス ・いかくによりAを下げられる ・たきのぼりで確1を取れる 水ロトム ・ハイドロポンプで確1を取れる ・一方的に有利を取れる ドヒドイデ ・水属性かつ防御が高いため技を受けやすい ・水技で弱点を突ける ヌオー ・耐久しつつダメージを与えられる ・エースバーンはヌオーへの有効打が少ない エースバーンの与ダメージ計算 フレアドライブ エースバーンの攻撃の個体値が31、努力値が252、もうか発動時のフレアドライブで相手ポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。 とびひざげり エースバーンの努力値が252、持ち物がいのちのたま、特性がリベロでとびひざげりを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。

次の