大相撲 nhk。 中止となった大相撲夏場所の代わりに『特別場所』放送

第53回「NHK福祉大相撲」2020年2月11日(火・祝)国技館にて開催|社会福祉法人NHK厚生文化事業団のプレスリリース

大相撲 nhk

日本相撲協会の運営費はNHKが出している。 NHKにとって都合の悪い人間を処分しないといけないという話を上司から聞いたことがある。 それはNHKの大問題である大相撲である。 相撲協会との契約は6年契約で当時5億円 年間6場所で30億円。 昔大相撲は民放がやっていたが今はNHKだけ。 大相撲は視聴率が取れないから民放は撤退している。 相撲協会は暴力団と繋がっている。 暴力団と付き合うと会社自体が取引できなくなるから。 相撲協会は放送権料を5億円に値上げした。 「バカじゃないの」と思って上司に「何で相撲協会に値上げをするんですか。 こんなものに値上げしてどうするんですか?」と聞いたら 「相撲協会というのはこっちの世界としっかり繋がっているんだ。 NHKにとって都合の悪いことを言う奴を抹殺するためのカネだ」と小声で言われた。 相撲協会とNHKの共通点 日本相撲協会の相撲事業の収益は約107億6000万円 2017年。 NHKが相撲協会へ渡している放映権料が30億円とすれば、3分の1近く 27. 30億円というと一般人からすれば結構な大金であるが、NHKの年間受信料収入 約6700億円 のわずか0. お金をたくさん持っている 金銭感覚の鈍っている NHKからすれば痛くもかゆくも無いことは容易に想像できる。 相撲協会からすれば、高額な放映権収入が入ってくるため両者にとって都合のいい関係となっている。 相撲界の不祥事でNHKが大相撲中継を中止した時、相撲協会は大きな痛手を食らったが闇社会の力で過去のものになっているし、今も起こり続ける不祥事に対しても大きく変わることはない。

次の

チケット大相撲|チケット販売・予約

大相撲 nhk

NHK大相撲中継、テレビ放送の解説者と実況アナウンサー:十両 はじめにNHK地上波、十両テレビ放送の解説者と実況アナウンサーから。 解説 実況アナウンサー 十一日目 高崎親方 戸部アナ 十二日目 松ヶ根親方 大坂アナ 十三日目 岩友親方 三輪アナ 十四日目 清見潟親方 吉田アナ 千秋楽 熊ヶ谷親方 厚井アナ 十一日目の解説は元・金開山の 高崎親方。 十二日目の解説は元・玉力道の 松ヶ根親方。 十三日目の解説は元・木村山の 岩友親方。 十四日目の解説は元・武州山の 清見潟親方。 なお、十四日目の十両放送は地上波ではなくBSとなります。 ご注意ください。 千秋楽の解説は元・玉飛鳥の 熊ヶ谷親方です。 NHK大相撲中継、テレビ放送の解説者と実況アナウンサー:幕内 続いてNHK地上波、幕内テレビ放送の解説者と実況アナウンサーです。 正面解説 向正面解説 実況アナウンサー 十一日目 陸奥親方 宮城野親方 三輪アナ 十二日目 荒磯親方 舞の海さん 太田アナ 十三日目 北の富士さん 立田川親方 藤井アナ 十四日目 尾車親方 立浪親方 佐藤アナ 千秋楽 北の富士さん 舞の海さん 三瓶アナ 十一日目の正面解説は元・大関霧島の 陸奥親方。 向正面解説は元・竹葉山の 宮城野親方。 十二日目の正面解説は元・横綱稀勢の里の 荒磯親方。 向正面解説は 舞の海さん。 十三日目の正面解説は 北の富士さん。 向正面解説は元・小結豊真将の 立田川親方。 十四日目の正面解説は元・大関琴風の 尾車親方。 向正面解説は元・小結旭豊の 立浪親方。 千秋楽はいつものお二人、 北の富士さんと 舞の海さんのコンビが解説を担当します。 NHK大相撲中継、ラジオ放送の解説者と実況アナウンサー ラストはNHKラジオ放送の解説者と実況アナウンサーです。 解説 実況アナウンサー 十一日目 北の富士さん 酒井アナ、藤井アナ 十二日目 稲川親方 吉田アナ 十三日目 二十山親方 三瓶アナ 十四日目 伊勢ヶ濱親方 太田アナ 千秋楽 立田川親方 大坂アナ 十一日目の解説は 北の富士さん。 十二日目の解説は元・小結普天王の 稲川親方。 十三日目の解説は元・小結栃乃花の 二十山親方。 十四日目の解説は元・横綱旭富士の 伊勢ヶ濱親方。 千秋楽の解説は元・小結豊真将の 立田川親方です。 さいごに 大相撲十一月場所(九州場所)、十一日目から千秋楽までのNHK大相撲中継の解説者と実況アナウンサーをまとめました。 毎日熱い取組が続く大相撲。 終盤5日間も、テレビを観ながらラジオを聞きながら盛り上がりましょう! 大相撲観戦のおともに。

次の

大相撲十一月場所(九州場所)NHK大相撲中継の解説者と実況アナウンサーまとめ(十一日目〜千秋楽まで)|好きです!大相撲

大相撲 nhk

日本相撲協会の運営費はNHKが出している。 NHKにとって都合の悪い人間を処分しないといけないという話を上司から聞いたことがある。 それはNHKの大問題である大相撲である。 相撲協会との契約は6年契約で当時5億円 年間6場所で30億円。 昔大相撲は民放がやっていたが今はNHKだけ。 大相撲は視聴率が取れないから民放は撤退している。 相撲協会は暴力団と繋がっている。 暴力団と付き合うと会社自体が取引できなくなるから。 相撲協会は放送権料を5億円に値上げした。 「バカじゃないの」と思って上司に「何で相撲協会に値上げをするんですか。 こんなものに値上げしてどうするんですか?」と聞いたら 「相撲協会というのはこっちの世界としっかり繋がっているんだ。 NHKにとって都合の悪いことを言う奴を抹殺するためのカネだ」と小声で言われた。 相撲協会とNHKの共通点 日本相撲協会の相撲事業の収益は約107億6000万円 2017年。 NHKが相撲協会へ渡している放映権料が30億円とすれば、3分の1近く 27. 30億円というと一般人からすれば結構な大金であるが、NHKの年間受信料収入 約6700億円 のわずか0. お金をたくさん持っている 金銭感覚の鈍っている NHKからすれば痛くもかゆくも無いことは容易に想像できる。 相撲協会からすれば、高額な放映権収入が入ってくるため両者にとって都合のいい関係となっている。 相撲界の不祥事でNHKが大相撲中継を中止した時、相撲協会は大きな痛手を食らったが闇社会の力で過去のものになっているし、今も起こり続ける不祥事に対しても大きく変わることはない。

次の