イオンモバイル mnp。 2019年8月版【MNP弾】イオンモバイル MNP弾の費用を計算してみた!ドコモやauやソフトバンクへのMNPに使える

イオンモバイルからMNP転出してワイモバイルへ乗り換える方法・転入手順を詳しく解説!SIMロック解除したスマホが使える!

イオンモバイル mnp

電話でMNP番号発行情報 イオンモバイルから電話でmnp予約番号を取得する際は、お客さまセンターへ電話して、MNP予約番号の発行を申し込むだけです。 お客さまセンターの電話番号: 0120-025-260• 受付時間: 10:30~19:30(年中無休)• mnp予約番号の発行は、にて転出用のMNP予約番号を確認できます MNP予約番号を取得する手順 まずはを開いてログインします。 パソコンからMNP番号を発行する ログインしたら下の方にMNP転出の項目に 転出申し込みのリンクがあるのでクリックする MNP解約にともなうMNP手数料などの注意事項をしっかりと読み、 「同意します」にチェックを入れ 「MNP予約番号発行を申込む」ボタンをタップする 2~3日程度でMNP転出の項目に MNP予約番号が表示されます。 スマホからMNP番号を発行する ログインしたら下へスクロールさせると契約中の 電話番号が表示されているのでタップする 出てきたメニューのMNP転出にある 転出申し込みをタップ MNP解約にともなうMNP手数料などの注意事項をしっかりと読み、 「同意します」にチェックを入れ 「MNP予約番号発行を申込む」ボタンをタップする 2~3日程度でMNP転出の項目に MNP予約番号が表示されます。 MNP転出のさいに発生する手数料 MNP予約番号の発行するのに料金は発生しませんが、転出・解約に伴う手数料や違約金が発生します。 MNP転出手数料 イオンモバイルから乗り換える先でMNP予約番号を使い申込みをし、MNP転入した時点で発生します。 つまり、転出先のキャリアもしくは格安SIMのシムカードに切り替えたタイミングで手数料が発生するということです。 解約金のあつかいは、キャリアと格安SIMで大きく異なる点です。 しかし、スマホなどの本体代金の分割払いが終わっていない方は、端末代金の支払いが引き続き行われます。 イオンモバイルはSIMカードの返却は不要 イオンモバイルのお客様サポートセンターへ確認したところ、解約やMNP転出で不要になったSIMカードの返却は不要との回答を頂きました。 お客様サポートセンター電話番号 0120-025-260 MNP番号を発行したら転入先で手続きするだけ MNP予約番号は発行してもらえたでしょうか? おもったよりはカンタンでしたのね? あとは取得したMNP番号で転出先へ申し込みをすればMNP完了です。 もしも有効期限が切れてしまったら? 発行したMNP番号の有効期間は、 番号発行日を含めて15日間が有効期限です。 有効期限をすぎるとMNP番号がキャンセルされるので、再発行をしてください。 また、MNP番号取得から5日位内に転出先へ申込みをおこなわないと、乗り換えに時間がかかるとMNP番号がキャンセルされてしまう場合があるので、発行してもらったら出来る限り当日中に申し込みをすませてください。

次の

【2020年版】イオンモバイルのMNP弾費用|転出までの日数・同時申込数・コスト解説

イオンモバイル mnp

イオンモバイルの解約方法、退会手順 イオンモバイルの解約は、契約日即日お渡し店舗、またはイオンモバイルお客さまセンターで手続きが可能です。 web上での解約はできません。 この記事では、公式ホームページから確認できる最新の解約手続きの方法を紹介していきます。 (1)「イオンモバイル」と検索し、イオンモバイルの公式サイトへアクセスします。 top画面上部の右側、「サポート」にカーソルを合わせます。 (2)「サポート」の項目の中から「ご利用中の方」をクリックします。 (3)「サポート」画面にかわります。 「ご利用中の方」の項目の中から、「よくある質問」の「詳しくはこちら」をクリックします。 (4)「よくある質問」の画面にかわります。 「カテゴリーから探す」の項目の中から、「各種お手続きについて」をクリックします。 (5)「各種お手続きについて」のよくある質問の一覧が表示されます。 「解約関連」をクリックします。 (6)「解約関連」内のFAQの中から、「イオンモバイルの解約方法を教えてください」という質問を開きましょう。 (7)「イオンモバイルの解約方法を教えてください」という質問の回答画面が表示されます。 ここで、最新の情報が調べられます。 イオンモバイル解約手続きを電話でする場合 解約の手続きを電話でしたい場合は、下記の電話番号へ発信しましょう。 また、解約については契約者本人から電話をかけましょう。 事前に準備しておくと受付がスムーズです。 あわせて、解約対象のICCID(nttドコモ回線の場合はアルファベット2文字と数字13桁、au回線の場合は数字19桁)も必要になります。 また、契約完了後にイオンモバイルから届く「お申込み完了通知書」か、マイページからも確認ができます。 イオンモバイル解約手続きを店舗でする場合 解約手続きは、来店でも可能です。 ただ、どこの店舗でも良いというわけではなく、「契約即日お渡し店舗」へ、契約者本人が来店するようにしましょう。 この時も、本人確認として名前・生年月日・住所・契約の携帯電話番号もしくは連絡先電話番号が聞かれます。 解約対象のICCIDも準備しておきましょう。 ICCIDがわからない方は、上記の「ICCID(識別番号)の確認方法」をご覧ください。 来店の際は、本人確認書類が必要です。 本人確認書類は、氏名・生年月日・現住所が記載されている書類のことです。 例えば、運転免許証・日本国パスポート・在留カード・健康保険証です。 また、本人確認書類は「イオンモバイル契約申込書」の契約者情報に記入された情報と一致している必要があります。 コピーでの受付はできないので、原本を持参しましょう。 「後日配送お渡し店舗」もありますので、間違えないように「契約即日お渡し店舗」を選択し、お近くの店舗を探してみてください。 以上が、イオンモバイルの電話・来店それぞれの解約の手順です。 イオンモバイルのMNP転出方法 MNP転出とは、電話番号を変えずに他社へ乗り換えられる制度です。 イオンモバイルから電話番号を変えずに他社へ乗り換えたい方には、おすすめのサービスです。 ぜひ活用してください。 MNP転出についてポイントごとに見ていきましょう。 マイページは、公式サイトよりアクセスし、登録したお客様IDとパスワードを入力することでログインができます。 mnp転出の申し込み後4〜5日程度で、イオンモバイルご契約者さま専用マイページで転出用のmnp予約番号が確認できます。 この予約番号を転入先へ伝えましょう。 他社へのmnp転入が完了した時に、イオンモバイルとの契約が解約となります。 別途解約の手続きは不要です。 イオンモバイルのMNP転出にかかる費用 mnp転出には、費用がかかります。 金額は、契約した時期によって異なります。 ただ、mnp転入した回線は、期間にかかわらず転出手数料は3,000円(税抜)となります。 詳細を以下にご案内していきましょう。 イオンモバイルを契約中で、simカードのサイズを変更したい時には、解約ではなく契約内容変更を設定することで、手続きが可能です。 契約しているプランによって手続き方法が変わります。 simカード変更の疑問を解決していきましょう。 1枚につき3,000円(税抜)が翌月の基本料金の請求時に合算して請求されます。 simカードの種別が異なる場合の種類変更に伴う解約の場合も、いつ申込みをしても満額での料金の支払いが発生します。 申込みをしてから1週間から10日で、登録した住所に新しいsimカードが郵送されます。 その際現在使っている回線は、simカードが到着するまで一時的に利用ができなくなります。 また、契約時に登録した住所とは違う住所で受け取りたい場合は、あらかじめ、住所変更の手続きが必要です。 そのため、電話番号は変更になります。 手続きは、契約即日お渡し店舗で受付が可能です、解約後の新規契約となりますが、基本料金が二重で発生することはないので、その点はご安心ください。 イオンスマホ安心パックなどのオプションも、引き続き利用ができます。 イオンモバイル 解約のポイントまとめ イオンモバイルは、解約の際に違約金が発生しないことや、契約前にお試しサービスがあり、初めての人でも契約しやすく、わかりやすい契約内容が魅力的ですね。 最後に、簡単にイオンモバイルの特徴を簡単に紹介します。 契約期間にかかわらず、NTTドコモ回線、au回線ともに、音声プラン(音声回線)を解約した場合でも、解約金は発生しません。 最新の機種への乗り換えや、もっと自分にあった機種へ変更したい時、自由に乗り換えが可能です。 契約したくなった場合、貸し出したsimカードや端末はそのまま使い続けられませんので、一度返却したあと、新たに端末を購入し、契約をしましょう。 イオンモバイルで端末を購入しない場合は、イオンモバイルのsimカードで動作確認済みの通信端末を確認するため、動作確認端末一覧をご覧ください。 iphoneは動作確認済みです。 また、ソフトバンクで契約した携帯電話端末の利用はできません。 動作確認済み端末一覧に記載のない端末や、モバイルルーターの動作確認は取れていません。 イオンモバイルの高速通信サービスに最低利用期間や解約金はありませんが、イオンモバイルを解約の時点で、分割支払い菌が残っている場合、支払いの完了まで継続して支払いが必要です。 また、人気のオプションを無料でお試しすることもできますが、無料期間中にオプションサービスを解約した時は、オプションの基本料金は発生しません。 この記事は、2019年3月時点の情報を元にしています。 実際にお手続きをされる際は、最新版の情報をご確認ください。 速度とコスパで選ぶなら断然Broad Wimax! Broad Wimax(ブロードワイマックス).

次の

イオンモバイルの解約手数料はないが落とし穴が!MNP転出手数料に注意 | iPhone大辞典

イオンモバイル mnp

イオンモバイルのマイページからMNP予約番号を発行して自分で転出しました。 特に困っていることもなかったのですが、 楽天経済圏に移行するために、長らく使っていたイオンモバイルから転出をして楽天モバイルに移ることにしました。 ただ、MNP予約番号の発行方法は マイページもしくはお客さまセンターで手続きが可能と書かれていましたが、 マイページのどこでで手続きをすればいいのかなかなか見つからない!! イオンモバイル側としては気軽に転出されたくないからでしょうか、詳しくは書かれていませんでした。 公式にはどこでMNP転出番号を申し込めるのか書いていなかったので、 マイページのいろんなリンクを確認して、なんとかMNPの予約番号を発行する方法を見つけました。 MNP予約番号の発行がインターネット上で完了したので、その方法を書いていこうと思います。 Contents• イオンモバイルのマイページからMNP転出する方法 イオンモバイルから電話番号をそのままにして転出するには、MNP予約番号を発行する必要があります。 MNP予約番号は公式ホームページによると、マイページもしくはお客様センターで手続きをしてください、と記載されています。 お客様センターは電話して番号を発行して貰う方法で、マイページからの場合は電話しなくてもMNP予約番号を発行することができます。 僕はあまり電話が好きではないので、MNP予約番号をマイページから発行しようと思ったのですが、 発行方法がどこにも書いていないことに気づきました。 得られる情報はマイページから発行するということのみ。 マイページのどこからなんや……。 と悩んでマイページの中を探していると見つけたので、イオンモバイルのマイページからMNP予約番号を発行する方法を解説していきます。 ちなみに、スマホからでもパソコンからでもできます。 イオンモバイルのマイページにログイン ますはイオンモバイルのマイページにログインします。 ログインはからもどうぞ。 ログインすると利用情報が表示されるので、 電話番号が表示されているところをクリックします。 僕はここがなかなか見つけられませんでした。 これは僕だけでしょうか? すごい簡単にことに苦労した気がします。 転出するためのMNP予約番号を申し込み トップページから電話番号のリンクを押すと、自分の電話番号に対する契約情報が表示されます。 表示された契約情報の右下に「MNP予約番号発行申込」というボタンがあるので、クリックします。 転出するときの注意事項に同意 転出するときの注意事項が表示されます。 イオンモバイルからMNP転出する場合、手数料がかかります。 手数料は以下のとおりです。 契約日より90日以内……15,000円+税• 契約日より91日以降……3,000円+税 約3ヶ月以内に転出すると、手数料が割高になるので注意が必要です。 もう一点注意事項として、 申請してから即時MNP予約番号が発行されるわけではなく、最大4~5日待たされる可能性があるということです。 ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアなら即日MNP予約番号が発行されるのですが、イオンモバイルの場合、申請してから少し待たされます。 乗り換え先の契約を始める数日前に番号の申請をする必要があるので注意が必要です。 僕の場合は申請してから1日でMNP予約番号が発行されました。 予約番号は2週間ほど有効なので、乗り換える前の週くらいに申請すると確実です。 MNP予約番号を発行してもいいと思ったら、「MNP予約番号発行を申し込む」をクリックしましょう。 番号をクリックすると申し込み完了の画面が表示されます。 イオンモバイルのマイページでMNP予約番号の確認 MNP予約番号を申し込むとイオンモバイルのマイページから番号をみることが出来ます。 しばらくすると、マイページから電話番号をクリックすることで見れる契約内容のページにMNP予約番号が表示されます。 予約番号が表示されたら、後は転出するキャリアや格安SIM会社に申し込みだけです。 僕の場合は楽天モバイルを契約するときにこの番号を使いました。 MNPの転出は、申し込みさえすれば特に手続きもいらないので簡単ですね。 イオンモバイルからMNP転出するときの注意点まとめ イオンモバイルから転出するときの注意点がいくつかあります。 まず、 転出しても料金は日割りされません。 例えば4月1日にMNPで転出しても、4月20日に転出しても料金は一緒です。 なので、なるべく月末に近い日にMNP転出した方がお得です。 転出先では、最初の利用料金が日割りされることも多いです。 ただし、 月末の場合は解約がされず来月も料金を払うことになるので、月末の解約は避けましょう。 転出するときは契約してから何日たってかで解約の手数料も1万円以上変わります。 イオンモバイルにしてからは最低3ヶ月は使い続けた方が手数料も安抑えられます。 最後に、MNPの予約番号は申し込んでから発行されるまで最大4~5日かかる可能性があるので余裕をもった申込みをしましょう。 僕の場合は1日でしたが、人によってはかわるかもしれません。 まとめると• 転出するときの料金は日割りされない• 月末の転出は翌月の料金も発生する• 契約から90日以内の転出は手数料が高くなる• MNP予約番号は申し込んでから発行まで最大4~5日かかることもある になります。 転出するときは気をつけたいですね。 イオンモバイルのマイページからMNP転出する方法 まとめ イオンモバイルのマイページからMNP予約番号で転出する方法をまとめました。 予約番号を発行するページを見つけるのに苦労しましたが、 予約番号の申し込み自体はボタンを数回押すだけなので簡単でした。 身分証明書の提示や本人確認などもありません。 電話で人とやり取りするよりも早そうです。 キャリアで使っていたときは、電話して転出するのを止められることもあったので面倒くさかったのですが、マイページから自分でMNP予約番号を発行できるのは楽で助かりました。 ただ、 どうしても自分でMNP予約番号を発行して転出するのが心配な人はイオンモバイルのお客様センターに問い合わせるのが一番確実です。 ちゃんとお客様センターも用意されているので、自信のない人は電話で詳しく聞きましょう。 その方が確実です。 お客様センターは年中無休で10:30~19:30まで対応してくれるそうです。 公式サイトで確認しましょう。 イオンモバイルのマイページからMNP予約番号を発行して自分で転出する方法をご紹介しました。 お役に立てばと思います。

次の