美味しい ハンバーグ の 作り方 コツ。 ハンバーグの肉汁を閉じ込める作り方!肉汁たっぷりにするコツも紹介

元店長がこっそり教えるびっくり◯ンキーのハンバーグ レシピ・作り方 by く〜

美味しい ハンバーグ の 作り方 コツ

スポンサーリンク おいしいハンバーグの作り方のコツは? 真ん中をカットしたら肉汁がじゅわ~っと出てくるような、ジューシーハンバーグが作れたら最高ですね^^ 美味しいハンバーグを作るには、タネ作りや成型・焼き方や火加減など色々なポイントがあります。 ウチでいつも作っている4個分のハンバーグの配合はこんな感じ。 ・合い挽き肉400g ・玉ねぎ 半分 予め炒めて冷やしておく ・卵 1コ ・乾燥パン粉 20g 適量の牛乳で浸してください ・塩 3g ・黒胡椒 少々 ではさっそくおいしく作るためのコツを見ていきましょう。 ハンバーグの黄金比率などとも言われていますので、まずはこの割合で試してみるとよいです。 合い挽き肉の配合は牛7:豚3が基本的には多いようですが、割合については決まりがないので牛6:豚4でも牛5:豚5って事もあります。 お店の人に割合を聞いてみるか、そうでなければ牛挽肉と豚挽肉をそれぞれ7:3になるように買ってもOKです。 タネ作りのポイントは、「まずは肉と塩だけでこねる」こと。 肉に塩を加えることで粘りが出て、肉の旨みが逃げにくくなるという効果があります。 その後に他の材料も加えて「白っぽく粘りが出るまでよくこねる」のが、ジューシーな仕上がりの秘密です しっかりこねて挽肉の密着度を高めておくと、肉汁が外に逃げにくくなります。 挽肉の脂が手の熱で溶けないよう、短時間でしっかりとこねるようにしましょう。 手の熱が気になる場合は、調理用の手袋を使ったり氷水で手を冷やしながらやるといいです。 まだ熱があるのに入れてしまうと、挽肉の脂が溶けてしまうので要注意です。 これをやっていないとその空気が原因で、ハンバーグを焼いているときにひび割れを起こし肉汁が外に出やすくなります。 成形してすぐに焼くと、焼き縮みが大きいため肉汁も流れやすく形も崩れやすいです。 いったん冷蔵庫で冷やし休ませることで、水分がひき肉に行き渡り味もよくなじみます。 肉を焼いたときに肉汁を閉じ込めうま味を逃さないために、成形したお肉の周りに小麦粉を全体に軽くまぶしましょう。 茶こしを使って両面に振ってもOK。 ハンバーグを焼くと肉が縮み真ん中が膨らみますので、真ん中をへこませておかないと膨張してひび割れそこから肉汁が外に出てしまいます。 それに真ん中は一番火が通りにくいところなので、へこませておくことで火の通りを均一にし生焼けを防ぐことにもつながります。 中火でハンバーグの表面にきれいな焦げ目を付けたらひっくり返し、全体にアルミホイルをかぶせてフライパンにフタをし火を消し余熱調理します。 この状態で10~15分程度置いたら完成。 ハンバーグの真ん中を軽く押してみて弾力があれば大丈夫。 心配なら竹串を刺してみて汁が透明なら火が通っています。 もしも加熱が不十分なときは、再度火を付け弱火で焼きましょう。 おわりに 普段お肉はそんなに食べないのですが、なぜかハンバーグは食べたくなる事が多いです。 最近は肉の種類や比率を変えて実験しているのですが、この間は肉の黄金比を逆にして牛3:豚7でやってみたらう~んコレじゃない!っていう味わいになってしまいました。 今のところ牛7:豚3がやっぱり一番おいしいみたいです^^.

次の

ハンバーグの肉汁を閉じ込める作り方!肉汁たっぷりにするコツも紹介

美味しい ハンバーグ の 作り方 コツ

美味しいハンバーグの作り方! 【美味しいハンバーグの作り方】について、ハンバーグ専門店の「ゴールドラッシュ」オーナーの結城アイリーンさんが教えてくれました。 こちらでは、番組で紹介された「 肉々しいハンバーグを作るときのポイントやコツ」について、詳しくまとめました。 最初は 弱火でじっくりと両面を焼き、最後に 強火で少し焦げ目をつければ、美味しいハンバーグが焼けるそうです。 【ハンバーグ専門店が教えたい3つのハナタカ】肉々しいハンバーグの作り方 ゴールドラッシュさんのハンバーグは、ステーキ感覚の肉々しいハンバーグです。 ジューシーさよりも肉々しいハンバーグを作るなら、「たまねぎ」を入れずに作ります。 玉ねぎを入れないと肉感がアップ!しますよ。 【ハンバーグ専門店が教えたい3つのハナタカ】玉ねぎにひと手間でハンバーグがより美味しく! 玉ねぎを使うと玉ねぎの水分でタネが柔らかくなり肉感が薄れてしまうのですが、いつもと違うハンバーグを作るのなら「玉ねぎを抜いてみるのもいい」のですが、今回は 玉ねぎを入れる場合にすると美味しくなるひと手間も教えていただきました。 玉ねぎは炒めてから、冷凍庫へ。 玉ねぎを炒めると甘みがでます。 炒めた玉ねぎをそのままタネに加えると、 熱で脂が溶けうま味が逃げてしまいます。 そのため、冷蔵庫でもよいのですが、 しっかりと冷ますことが大切です。 出典:ハナタカ優越館 【ハンバーグ専門店が教えたい】プロがオススメするソースの作り方! ゴールドラッシュオーナーの結城さんに「 ハンバーグにオススメのソースの作り方」についても教えていただきました。 用意するもの• 玉ねぎ、ニンジン:たっぷり• 市販のハンバーグソース(デミグラスソース) 作り方• たっぷりの玉ねぎとニンジンを煮込み、出汁をとる。 出典:ハナタカ優越館• でとった出汁を濾す。 出典:ハナタカ優越館• 市販のデミグラスソースにちょい足しする。 出典:ハナタカ優越館 「美味しいハンバーグの作り方」・まとめ ハンバーグ専門店「ゴールドラッシュ」オーナー・結城アイリーンさんから教わった肉々しいハンバーグを作るポイントやコツについてまとめました。

次の

肉汁ジューシー【美味しいハンバーグの作り方・コツ】でプロの味を再現♪

美味しい ハンバーグ の 作り方 コツ

ハンバーグに使う「ひき肉」。 牛を始め、豚、そして合いびき肉など種類が多く迷いますよね。 用意するひき肉によって当然仕上がりの味が変わってきます。 それぞれの特徴を知り、好みのものを選びましょう。 牛ひき肉肉の旨味が強く弾力性があります。 比較的水分が少ないのが特徴。 まとめやすく香辛料とも相性がいいので、ハンバーグのメインとして使われます。 牛肉100%のひき肉で作る場合は、脂肪が適度に2割くらい混ざっているもののほうが好まれるようです。 豚ひき肉脂肪が多く味にコクがあります。 また、豚の脂は牛の脂に比べて、溶ける温度が低く、口の中でもとろけます。 そのため、ハンバーグに入れると、口当たりが良くなります。 鶏ひき肉淡白な味わいが特徴。 さっぱりとしたハンバーグに仕上がります。 合いびき肉 挽き肉、塩、玉ねぎ、パン粉など基本の材料に加えて、入れると更にうま味を引き立てる材料をご紹介します。 お好みでお試しください。 「ナツメグ」で肉の臭みを取るハンバーグに入れるスパイスとして有名ですが、なぜ入れるのかご存知ですか? ナツメグは肉の臭みを取ります。 玉ねぎと併用すると更に効果が高まるそう。 一緒に練り込み加熱する事で力を発揮するので、ハンバーグにピッタリなスパイスなんですね。 「マヨネーズ」でふんわりと仕上げるマヨネーズを一緒に練り込むと、ふんわりジューシーに仕上がるってご存知でしたか? マヨネーズの中の植物油が肉のたんぱく質の結合を和らげ、結果としてジューシーに仕上がるそうです。 ひき肉に対して、5%の量が目安ですよ。 こねる前の準備まずひき肉は、使う直前に冷蔵庫から出しましょう。 室温に長く置くとやわらかくなり、脂が溶け出しやすくなってしまいます。 最初はひき肉と塩だけでよくこねるまず肉と塩だけをボウルに入れこねます。 塩を入れると肉に粘りが出て、肉汁を包み込む膜ができます。 他の材料を先に入れると、塩の効果が発揮される前に、脂が溶け出してしまうのでご注意ください。 手早く・こねすぎはNGこねるのが足りないと、加熱時に肉汁が流れ出す「身割れ」の原因になります。 ただし、こねすぎると焼いたときに硬めになってしまいがちです。 こねる時のコツは、最初は肉を握り込むようにして、粘りが出てきたら指先でグルグルとかき混ぜる事。 時間をかけず、手早く行いましょう。 次に調味料、その他材料の順に入れて練るナツメグなどの調味料を入れ、再び練ります。 肉に馴染んだら、玉ねぎやパン粉などの材料を入れましょう。 赤身に脂をなじませるよう、しっかりと練ります。 肉ダネができたら、お好みの大きさになるよう手に取ります。 そして片手から片手に、キャッチボールするように短い距離で10回ほど往復させましょう。 空気をしっかり抜く事で、加熱の際に膨張して型崩れするのを防ぎます。 最後は小判型にまとめて、中央をくぼませましょう。 ハンバーグの厚みはどれくらい? 実は「ハンバーグを厚くしすぎない」のがコツ! ハンバーグは加熱すると膨張し、高さが出てきます。 お店のように厚めにまとめると、生焼けの原因になるので注意です。 美味しく仕上げ、しっかりと火を通すには厚さ「1センチ」に仕上げ、真ん中をくぼませましょう。 きれいにまとめるコツハンバーグのタネをまとめる時に、手のひらにサラダ油を薄くつけてからまとめてみましょう。 タネの表面がきれいに仕上がりますよ。 フライパンを熱しておき、油をひいてハンバーグのタネを入れます。 レシピによって加熱時間が違うことも多いですが、焼き色や肉汁の色に注意しながら、蓋をしてじっくりと中まで火を通し、生焼けを防ぎましょう。 ひっくり返すタイミングを見極めるコツは? レシピによって加熱時間が違う場合、何を目安にすればいいでしょうか? 裏返す目安は「タネの周囲が白っぽいピンク色」になったタイミング。 ひっくり返したら再び蓋をし、蒸し焼きにしましょう。 焼き上がりの目安は? 中までしっかり火を通す事が重要! 軽く表面を押して、弾力があるか確認します。 また竹串で刺してみて、肉汁が透明である事も重要です。 ひき肉は病原体が付着しやすいので、しっかりと中心まで加熱する必要があります。 (一番確実なのは、試しに断面を割ってみる事。 中心部にピンク色が残っていないか確認してくださいね。 ) おススメの焼き方厚さ1センチのハンバーグの場合、強火で表裏1分ずつ両面に焼き色をつけます。 そのあとは、ふたをして弱火で8分ほど蒸し焼きにします。 ふんわりしたハンバーグに仕上がります。

次の