しみけん。 トップAV男優しみけんが選んだ「最強の体位」を伝授!

しみけんが解説「顔」と「金」がイマイチでもモテる人の理由

しみけん

2018年7月に事実婚を発表し、2019年9月に長男が誕生した、はあちゅうとしみけん。 活躍する業界もファン層も違う異色夫婦が、「これ、どうする?」「あれ、どう思ってる?」と赤裸々に語り合う本誌連載「家族会議 議事録」の第30回。 結婚式や記念写真、子供の成長イベントに対して、世間の声は分かれます。 * はあちゅう「私が、すごく根に持ってるネットニュース記事があるんだけど」 しみけん「何?」 はあちゅう「私たち、以前マタニティフォトやウェディングフォトを撮ったじゃない。 それに対して『女の自己満足につき合わされるしみけん、かわいそう』って書かれた」 しみけん「僕、『かわいそう』と思ってもらおうなんて、全然思ってない(笑)。 『はあちゅうが喜ぶなら』と思っただけなのにね」 はあちゅう「そう言われがちなんだよ。 結婚式も、『女がやりたがってるだけで、男がつき合わされてる』って。 今日はそれについて、話したい」 しみけん「これは長くなるな(笑)。 まあ、人がやっていることに、いちいち文句を言う人は、うだつのあがらない人生を送る人よ。 いいよ、気にしなくて」 はあちゅう「その記事を書いたのは、女性のライターさんだったんだよ。 なのに、『こんな意地悪なこと言うんだな』って驚いた。 あのね、『この夫婦イタい』ならわかるんだよ。 だけど、『はあちゅうがしみけんを無理につき合わせてて、はあちゅうイタい』って、どういう偏見なのよって」 しみけん「ディズニーランドに対する気持ちの強さの差も、それにあたるからね。 彼女は開園と同時に入って1日遊んでいたいけど、彼氏は夕方6時からの『アフター6』チケットでいいじゃんって」 はあちゅう「私たちは結婚式を挙げてないけど、もし私がやりたいって言ってたら、どうしてた?」 しみけん「せっかくだから、僕も楽しみたい」 はあちゅう「パンツ一枚で式挙げるとか、そういう感じ?」 しみけん「そうそう(笑)」 はあちゅう「男の人って、『結婚式』に前向きじゃないのかな?」 しみけん「僕から見て、男性の半分は『相手につき合ってます』って思ってる印象。 『そんなに派手にやらなくても……。 お金もかかるし……』ってな具合に(笑)」 はあちゅう「マタニティフォトの場合、私たちは『撮影イコール仕事』のことも多いから、カメラマンさんによる撮影が、ことさら『ハレの日』という感覚がないんだけど、いい写真を撮ってもらう機会って貴重じゃない?ウェディングとかマタニティとか、『せっかくだから、撮ろう!』ってなっても、よいものなのに」 しみけん「奥さんじゃなくて浮気相手とだったら、『撮りたい』って気になるんじゃない?(笑)」 はあちゅう「なんで?」 しみけん「ハワイで重婚結婚式を挙げて、記念写真まで撮っちゃった議員さんがいたじゃない。 あれ、男なら全員わかると思う。 テンション上がっちゃってて、記念で残しておきたいんだよね。 『結婚できない』って思ってるからこそ、やりたくなっちゃう」 はあちゅう「重婚の話は置いといて(笑)、じゃあ子供との行事写真は? 七五三の写真とかは撮りたい?」 しみけん「それは撮りたい。 子供の成長は嬉しいし、子供が将来、『写真ないの?』ってさみしい気持ちになるだろうし」 はあちゅう「『どこまで子供との行事を写真に残しておくべきか問題』があってね。 私、『お食い初めをパスします』って書いたら、『なんでやらないんですか。 子供がかわいそうです』って叩かれてたみたい……。 ディズニーランドとか旅行とか。 クリスマスツリーの前とか、七五三も、入園式も入学式もそうかな」 はあちゅう「お食い初めは、『こだわらなくていいかなー』くらいの気持ちだったんだけど、『伝統行事をすっ飛ばすとは何事』みたいに怒ってる方が……(笑)」 しみけん「動物園に連れて行って、シマウマを背景に撮ったほうが楽しいよ(笑)」 はあちゅう「ところで、息子との写真については言いたいことがあるんだけど。 私のスマホのカメラロールには、けんちゃんと息子の写真がめちゃくちゃあるのに、けんちゃんのカメラロールには息子の写真だけで、私と息子の写真はないよね」 しみけん「え? 撮ってるよ(笑)」 はあちゅう「たまに撮ってても、私は背景なんだよ。 息子がメインで写ってて、私はただの背景。 ピントが合ってなかったり、目をつぶってたり。 私はベストショットを撮るために、たくさん撮るのに、けんちゃんは『カシャカシャ』で終わりじゃん」 しみけん「作り込んだ画が嫌いだから。 なんか表面的じゃない?」 はあちゅう「これ、まわりでもよく聞くの。 カメラが趣味のお父さんを持たない限り、お母さんと息子の自然な状態の写真って、お母さんたちは、あんまり持ってない。 このフラストレーション、けっこうあるよ」 しみけん「わかった。 じゃあ撮ろう(笑)」 はあちゅう「マタニティフォトとかもそうなんだけど、『写真撮ってほしい』って言うと、自分大好きな人みたいに聞こえるかもしれないけど、そうじゃないの。 2人で過ごした時間の思い出を残したいんだよ! これは世の中の旦那さんに、もっと知ってほしい!」 しみけん「はい……」 はあちゅう「けんちゃん、お寿司屋に行ったときは、『寿司は、こうやって撮るんだよ』って、私に細かく指南するじゃん。 その熱心さで、私を撮ってよ!」 しみけん「承知しました……」 【はあちゅう】 1986年、神奈川県生まれ 慶應大学在学中より、ブロガー活動を開始。 会社員経験を経て、2014年、フリーに。 1月16日に新著『とらわれずに生きるための幸福論 じゃない、幸せ。 』(秀和システム)を発売 【しみけん】 1979年、千葉県生まれ 1998年にAVデビューし、出演本数は約1万本の現役AV男優。 最新刊に『しみけん式「超」SEXメソッド』(笠倉出版社)がある 取材&構成・稲田豊史 (週刊FLASH 2020年3月31日・4月7日号).

次の

女性の年齢と魅力は比例しない!? — しみけんさんスペシャルインタビュー【後編】

しみけん

2018年7月に事実婚を発表し、2019年9月に長男が誕生した、と。 活躍する業界もファン層も違う異色夫婦が、「これ、どうする?」「あれ、どう思ってる?」赤裸々に語り合う本誌連載「家族会議 議事録」の第14回。 今回は、夫婦の性欲を考えます。 はあちゅう「夫婦のセックスレス問題について。 『パートナーとセックスレスだけど、性欲を解消したい場合、風俗はOKなのか』って話。 私の場合、『私にバレなければOK』という感じかな。 行ってもいいけど、秘密はお墓まで持っていって。 私は知りたくないから。 それくらいのデリカシーは求めたいよ」 しみけん「逆に女性の風俗は?」 はあちゅう「私に今そういう気持ちがないから、わかんないなあ……。 もし私が『ちょっと風俗行ってくる』ってけんちゃんに言ったら、どうする?」 しみけん「お店に電話して、『妻に優しくしてやってください』って言うか、盛り上げてくれる友人のAV男優を派遣する」 はあちゅう「え、けんちゃんの友達……」 しみけん「(笑)。 下手につながりのない相手のほうがいいのかな。 完全な第三者にお金を払ったほうが、感情的にスパッと割り切れるかも」 はあちゅう「どうなんだろう……。 でもそれ以前に、私が風俗に行ったなんて報告、聞きたくないでしょ?」 しみけん「真面目な話、報告されちゃったら、僕は自分を責めると思う。 はあちゅうが『風俗に行きたい』と思ってしまうくらい性欲を溜めさせてしまった、僕の責任」 はあちゅう「私は、どちらかに性欲が溜まることについては、パートナーには責任ないと思うんだよね」 しみけん「どういうこと?」 はあちゅう「性欲のレベルが違うから。 私、けんちゃんとつき合いたてのころ、けんちゃんの性欲があまりにも旺盛だったから、『こんなに求められるくらいなら、正直外でやってもらったほうがいいな』って思ったよ」 しみけん「確かに、体がもたないって言ってたよね、当時」 はあちゅう「『この人は本当に、男優という仕事が天職なんだな』って。 一緒にハワイへ行ったときも、ホテルで誘われてたじゃない? でも、食事の予約の時間が迫ってたから、『嫌だ』って断わって、しないままレストランに連れてったら……」 しみけん「飯食わなかったもんね、僕(笑)」 はあちゅう「食欲より性欲なんだね。 私は逆。 『こいつ、やばいな』って思った」 しみけん「下半身に支配されてますから」 はあちゅう「だから、旺盛すぎる性欲を、私のせいにされても困るのよ(笑)。 あと、『本当に好きな人には、自分の性癖を出せない』って人もいるんだよ、男でも女でも」 しみけん「『自分を晒せない』と」 はあちゅう「私は、性的に変わったことをしたいとは思わないんだけど、けんちゃんは昔、特殊性癖があったじゃない。 つき合いたてのころ、そういうことを求められたときも、『私は嫌だから、ほかでやってよ』って思った」 しみけん「鼻フックで街歩いてってお願いしたら、泣かれた(笑)」 はあちゅう「ドン引きだよ……。 あと、『うんち見せて』って言われたことある。 私の感覚では理解不能で、『それを見せちゃったら、私一生あなたとできなくなるから』って拒否した。 そこで、『別れよう』という発想にならなかったのは、自分でも不思議だけど(笑)」 しみけん「手垢のついた表現だけど、恋と愛の違いだよ。 恋は相手の長所だけを好きだけど、愛は短所も好き。 はあちゅうは、一般的には短所の部分さえも愛してくれたから、いま一緒にいる」 はあちゅう「まったく愛してないけどね。 というか、そもそも最初は、けんちゃんを『人間』という枠組みに入れてなかった」 しみけん「動物?」 はあちゅう「サル。 これもつき合いたてのころのことだけど、鼻くそを私の腕につけてきて、なにこれって聞いたら、『これ、好きな人にしかしないの』って言われて。 『新種の生き物だ……』と思ったよ」 しみけん「そんなこと言ったっけ?」 はあちゅう「理解不能だよ。 でも、好奇心が勝ったんだよね。 『もしこの人を飼いならせたら、私、もう誰とでもやっていける』って。 あと、両親から受け継いだ関西人の気質で『ネタになる』って思ってしまって」 しみけん「僕、よく『いい男やいい女の見分け方を教えてください』って相談を受けるんだけど、相談者を叱るんだよ。 『最初から完成されたものを探そうとするからダメなんだ。 ダメな相手を、自分の力で変えていくのも、愛の育み方だぞ』って」 はあちゅう「(笑)。 それに、『私がまだ発見してない、けんちゃんの長所がきっとあるから、見てみたい』って思った。 しかも、お互い変わり続けていて、日々別人になってる。 つまり、日々関係性が変わる。 意外と子供をあやすの得意だよね」 しみけん「僕、子供の目を見て、なんで泣いてるのか、どうしたいのかがわかるんだよ。 エッチとすごく似てる。 相手の表情で、何を求めてるかを探るでしょ。 『この刺激は強すぎる、これは気持ちいい、ああしてほしいな』とか。 コミュニケーションという意味では、赤ちゃん相手でも一緒。 だから僕の中で、イクメンに関しての格言が生まれた」 はあちゅう「なに?」 しみけん「『子育て上手は、床上手』!」 はあちゅう 1986年、神奈川県生まれ 慶應大学在学中より、ブロガー活動を開始。 会社員経験を経て、2014年、フリーに。 ブログ「旦那観察日記」で、夫婦生活を鋭意発信中 しみけん 1979年、千葉県生まれ 1998年にAVデビューし、出演本数は約1万本の現役AV男優。 最新刊『しみけん式「超」SEXメソッド』(笠倉出版社)が発売中 取材&構成・稲田豊史 (週刊FLASH 2019年12月3日号)•

次の

しみけん(男優)の元妻や子供は?性癖やタイプが衝撃で年収を暴露!

しみけん

セクシー男優、しみけんさんの特別インタビュー。 前編では、夫婦関係を中心にお聞きしました。 後編では、日本の男性を代表し、ママ世代の女性の魅力について語っていただきたいと思います! 安田 私はアラフォーなのですが、自分の女としての賞味期限のようなものを最近考えるようになりました。 しみけんさんは、女性の年齢についてはどうお考えですか? しみけん 年齢というものは全く気にしないですね。 気にするのは実年齢ではなく、精神年齢です。 たとえば40歳でも中身が幼ければ魅力を感じませんが、50歳以上でも様々な経験を重ねてきて言葉や行動に深みのある女性には異性としてとても惹かれます。 安田 それは励まされるお言葉! でも、日本の男性って若い女性が好きな人が多いですよね。 しみけん 若い女性がいいと言っている男はハッキリ言って「つまらない男」ですね。 女性の本質を見ている男は、年齢は全く気にしません。 それを気にするような男は切り捨てるべきです。 安田 では、若い子と比べてカラダ的にはどうでしょうか? しみけん それも、 僕はある程度年齢を重ねた女性の方が好みです。 ふんわりと包み込むような柔らかさがある。 女性は、年齢ごとに魅力が変化していくんです。 安田 いやー。 ナイスプラス思考ですね! カラダの老化もかなり気になっていたのですが、なんだか勇気が出ます(涙)。 しみけん 女性は、「太ってきたから痩せなきゃ」とか、「エステに行ってキレイになろう」とか外見を気にしがちですよね。 それって、周りの目を気にしすぎているのではないでしょうか。 たとえば、 渡辺直美さんとかハリセンボンさんとか、自分の見た目を個性として認めている人は、男から見てものすごく魅力的です。 安田 確かに、そうですね。 彼女たちは、とても輝いて見えます。 しみけん 女性の輝きは、外見では作れないということです。 無理に変えようとするのではなく、ありのままの自分を受け入れることで自信になりそれが魅力へと繋がっていきます。

次の