女の子名前 キラキラネーム。 【2019年版】女の子のキラキラネーム50選一覧!愛される名前のコツは?

「キラキラネーム」は英語でどう言う?実際どんな名前?

女の子名前 キラキラネーム

「こ」の音は歯切れがよく、キリッとしたイメージを与えます。 雲ひとつない青空をイメージさせます。 アメリというかわいい女の子の物語ですよ。 珍しいですよね。 外国でも使われている名前です。 おしゃれな名前です。 親しみやすい響き。 珍しいですね。 平仮名がおすすめ。 映画「天空の城ラピュタ」に出てきます。 響きが好きです。 「ふぅ」の音はかわいい響き。 漢字も知的。 かわいい響きです。

次の

しわしわネームって?ランキングから見る男女別の名前例一覧と後悔しないための注意点

女の子名前 キラキラネーム

スポンサードリンク 基準1:本来切らないところで漢字の読みを切る たとえば、愛の読みは「あい」ですが、これを真ん中で切ってしまって、「あ」と読ませるのは、一般にはキラキラネームとされます。 近年は、「愛」で「あ」と読ませる名前があまりにも増えてしまったため、「これが通常の使い方」と勘違いされている風潮すらありますが、本来はキラキラネームです。 いずれも、始めの1字だけを使っているわけです。 特に女の子の名前では、こういった「変なところで漢字の読みを切る」という名前が多い傾向がありますので、くれぐれも気をつけたいところです。 「叶」という字の音読みは、実は「キョウ」であり、「と」という読み方はないんです。 これは、おそらく「叶」の右側の「十 とお 」からの連想で、勝手に「と」と呼ばせているだけで、漢字本来の読みではありません。 また、「愛=ら」も同様です。 「叶愛ちゃん」は何と読む? 「愛を叶える」、「愛が叶う」で、叶愛ちゃん。 意味としては、とても素晴らしいですよね。 でもこの名前、一体どう読むと思いますか? どれ1つとしてマトモに読めるものはなく、もちろん、すべてキラキラネームです。 こうなると、幼稚園の同じクラスに複数人の「叶愛ちゃん」がいて、しかもその全員が、「それぞれ読み方が違うキラキラネーム」ということになってしまいます。 キラキラネームをつけているだけでも恥ずかしいことなのに、友人と漢字が被っているというのは、どれぐらい恥ずかしいことか、容易に想像できると思います。 基準3:性 的な意味を連想させる名前 女の子の場合は特に、「知らずに命名したら、性 的な意味の名前になってしまった」というケースがあります。 信じられないことですが、女の子の名前で「あ く め ちゃん」と命名している親が実際にいるんです。 漢字も、「愛永恵」や「明芽」などがあり、いずれも「あ く め」と読ませる事自体に無理があり、かなりのキラキラネームです。 「泡 姫 ありえる 」に至っては、出どころもアニメの登場人物で、しかも英語。 漢字も当て字で、なおかつ意味が良くないという、3重4重のキラキラネームです。 恥ずかしくなる以外の要素がありません。 赤ちゃんの命名の際は、「他に変な意味はないかどうか」を必ず確認するようにしましょう。 スポンサードリンク 基準4:可愛さや美しさが過度に強調されている名前 昔から、赤ちゃんの命名に関しては、「子供が名前負けしないようにする」というのが、最重要項目の1つとして言われてきました。 そのため、「美」という漢字を安易に女の子につけてしまうのは考えものです。 例えば、「美子 よしこ 」という名前は、それ自体はキラキラネームではありませんが、もしも女の子が大きくなって美人ではなかった場合に、それによって本人が傷つく可能性があります。 華恋 かれん や美麗 みれい なども同様です。 名前だけがあまりにも美しすぎると、女の子は苦労します。 これがつまり、「名前負け」ということです。 本人が漢字を説明するときにつらくなる また、美しすぎる名前は、本人が名前の漢字を説明するときに、つらくなります。 あなたも、誰か他の人に自分の名前の漢字を説明するとき… 「幸福の幸に、子供の子で、幸子 さちこ です。 」 という言い方をしていると思います。 その時、例えば、真美さんであれば、「真美」自体はキラキラネームではありませんが… 「真実の真に、美しい、で真美 まみ です」と、説明するのは、かなり勇気がいることです。 おそらく、世間一般の「真美さん」たちは、このような説明を絶対にしていないはずです。 そのため、「愛」や「美」などの漢字が羅列された名前で、それでなおかつキラキラネームになってしまうと、将来子供は本当に大変になります。 「愛ちゃん」は良い名前? 「愛」という字も同様です。 近年は、女の子の名前で「愛」の漢字があまりにも人気になりすぎ、クラスの名簿を見ると半分以上に「愛」の漢字が使われている、というケースもよくあります。 しかし、親としては、ここで一度立ち止まって考えてみなくてはなりません。 TVに出ている有名人のなかにも、「愛ちゃん」という名前の人は数多くいますので、確かに可愛いらしい名前ですが、それは、その人が有名人で、一般の人にはない大きな魅力があるからです。 厳しい言い方かもしれませんが、特に有名でも美人でもない一般の女の子が「愛ちゃん」と名乗るのは、名前負けのリスクが必ず伴います。 こうしたリスクは、親としてしっかり考えておくようにしましょう。 基準5:完全な当て字 名前の意味を先に決めて、あとからキラキラな漢字を当てる、というキラキラネームもあります。 初見では、ほぼ100%読むことができません。 それなら、おかしな当て字にしないで、平仮名で「ほたるちゃん」にしてあげたほうが、よっぽど親切です。 女の子の名前に「きてぃちゃん」?? また、これまた信じられないことに、女の子の名前に「きてぃちゃん」と名付ける親がいます。 この時点で、かなりのキラキラネームなのですが、漢字はさらに問題です。 「てぃー」と読む漢字が存在しませんので、この部分が必ず当て字になってしまいます。 このように、「意味の近そうな漢字を並べて、無理やり読ませる」というのも、キラキラネームの典型です。 まとめ いかがでしたか。 今回は、女の子のキラキラネームの基準として、 1:本来読まないところで漢字の読みを切る 2:漢字の読み方がそもそもありえない 3:性的な意味を連想させる名前 4:可愛さや美しさが過度に強調されている名前 5:完全な当て字 の5つを、ご紹介してきました。 今流行りの「叶愛」という名前が、いかに深刻なキラキラネームであるか、ということがお分かりいただけたかと思います。 かわいいだけの名前は、子供が大きくなったときに必ず苦労します。 そのことをよく考えて、女の子の赤ちゃんには、名前をつけてあげるようにしましょう。 また、男の子の名付けに関しても、でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

キラキラネーム一覧!まさかの実在、男の子女の子の名前

女の子名前 キラキラネーム

キラキラネームの定義とは? 奇抜・煌びやか・個性ある名前の総称 そもそも巷に溢れるキラキラネームとは一体どのような名前のことを指すのでしょう? 実は、キラキラネームにはこれと言った定義はありません。 ですが、 「奇抜であり目立つ」「外国人の様な名前」「当て字・難解な漢字や読み方」「その漢字の持つ一般的な音訓読みではないもの」のいずれかを指すことが多いです。 例えば「まりあ」「けん」「えみ」「さら」など、外国に行っても現地でも名付けられているような名前は以前から一般的に使われていました。 キラキラネームとは同じ外国人のような名前であっても「じぇしか」「しぇりる」「ありえる」「でゅぽわ」など、従来の日本のネーミングとしてはほとんど聞いたことがないようなものを言います。 分かりやすく言うと 「聞いただけではそれに当たる漢字が想像しづらい名前」です。 とは言え元々あったような少し珍しいだけな名前も現在は広い意味でキラキラネームと捉えられることもあり、流行や絶対数に応じてその通念定義は日々変化をしていると言えます。 名付ける時は漢字の意味に注意 無限ともいえる可能性のあるキラキラネームですが、名付ける時は響きだけではなくその漢字の持つ意味合いをしっかりと調べて理解することが必要です。 役所の人は喚起してくださることはあっても受理を拒否することは特例を除きありませんので、 親がしっかりとした見聞を持っていることが重要です。 例えば比較的キラキラネームで使われがちな「哀」「水」「流」「涙」など、自分の感じるイメージや読み方が美しかったとしても、その漢字自体の持つ意味や由来・使われ方などにネガティブなイメージを持つ年齢や地方の方もいます。 とは言っても、その危険性はどの漢字でも多かれ少なかれあることです。 ですが特に耳に入る響きを尊重する傾向の強いキラキラネームにおいては、名付ける側は その漢字がどのような意味を持つのかを理解した上で検討する視野が必要なのです。 キラキラネームを付ける理由と意味!その背景には? キラキラネームを付ける背景には、 自分の子どもに特別で可愛い名前・かっこいい名前を付けてあげたいと思う親心があります。 また、昔のような古い名前ではなく、これからの未来を生きていくためにもその子だけの特別な名前を付けたいと思うこともつける理由です。 また、 親自身が目立ちたいという心理や、 特別感を味わいたいなど、子どもの誕生を喜ぶ心理とは別の感情が働くこともあります。 キラキラネーム人気ランキング! 名前に親の願いが込められているキラキラネームベスト5 ・第5位 頑張朗(がんばろう)…子供に人生を頑張って生きてもらおうという願いが込められている名前です。 ・第4位 奇跡(だいや)…奇跡はそのまま「きせき」と読みたくなりますが、自分のもとにやってきた子供がダイヤモンドを手に入れたような奇跡が訪れたという意味なのでしょうか。 ・第3位 大大(だいだい)…大きな心を持った人間に、大きく羽ばたいてほしいという願いが込められていそうな名前です。 ・第2位 夢見(ろまん)…何歳になってもロマンを忘れず、夢を持って生きてほしいという親の願いを感じますね。 ・第1位 叶夢(とむ・どりむ)… 自分の夢をかなえてほしいという親の願いが感じられるキラキラネームが第1位となりました。 そう読むのか!英語読みのキラキラネームベスト5 ・第5位 愛(らぶ)…「あいちゃん」という名前の女の子はたくさんいますが、愛を英語読みにして「らぶ」と読む当て字です。 ・第4位 野生(わいるど)…野性的でワイルドな男性に育ってほしいという願いが込められているのが一目でわかります。 ・第3位 六月(じゅん)…英語では6月のことを「June・ジューン」と言いますが、その読み方をあてた名前です。 ・第2位 正義(じゃすてぃす)…せいぎ君ではなくじゃすてぃす君。 とても力強そうな印象を受けるキラキラネームです。 ・第1位 騎士(ないと) …ピンチの時にも守ってもらえそうな正義感の強い男性をイメージできるキラキラネームが第1位になりました。 本当にあるの?こんな名前!キラキラ度が高い名前ベスト5 ・第5位 厳惰夢(がんだむ)…名付けた親は機動戦士ガンダムのファンであることが想像できますね。 ・第4位 主人公(ひーろー)…自分の人生の主人公として輝いて生きてほしいという願いが感じられます。 ・第3位 虹(らるく)…ラルク・アン・シエルのファンである親が考えたキラキラネームです。 虹という歌があるからですね。 ・第2位 新幹線(しんかんせん)…鉄道が好きなご両親が名付けたようです。 確かに名前からそれが感じられますね。 ・第1位 喜怒哀楽(ゆたか)… 感情表現が豊かな人に育ってほしいという願いが込められていそうなキラキラネームが第1位となりました。 キラキラネーム紹介~女の子~ 1文字のキラキラネーム それでは実際にキラキラネームをご紹介します。 まずはまさに字面だけでキラキラとしたイメージいっぱいの女の子からです。 たった1文字でも力強いメッセージを感じられるキラキラネームです。 女の子特有の可憐な雰囲気がたっぷりです。 ・姫(ひいな)…早速難易度の高い読み方です。 自分の名前が姫って冷静に考えたらすごいです。 ・音(りずむ)…音楽が得意になれそうな名前です。 ピアノなどを是非習わせてみたくなりますね。 ・心(はあと)…心が優しい子に育ってくれそうです。 子供なのに既に母性を感じます。 ・望(ゆめ)…「夢」ではなく「望」なところがキラキラ感があります。 ・蜜(はにい)…蜂蜜のハニーから。 赤ちゃんグッズをクマのプーさんで揃えるしかありません。 ・純(ぴゅあ)…プリキュアに出てきそうな名前ですね。 純粋無垢に育ってくれそうです。 ・光(れいん)…さしずめ光りのレイと言ったところでしょうか。 神秘的な雰囲気があります。 プリンセス感いっぱいのキラキラネーム まるでお姫様のような可愛らしい響きと漢字のキラキラネームです。 中にはまだなんとか読めそうなものも。 ・心愛(ここあ)…比較的浸透している名前です。 キラキラネーム界のシンプル・イズ・ベスト。 ・愛姫(なるき)…これで「ひめ」や「あき」と読むことも。 みんなに愛されるお姫様という感じです。 ・姫愛(ひな・ひめな)…漢字をひっくり返すだけで読み方も変わる良い例です。 ・望愛(みのり)…「もあ」「もえみ」と読んだりもします。 恋愛運が上がりそうです。 ・小恋(ちゃこ)…いつまでも恋をしていたいという女性の願望が詰まったような名前です。 ・苺愛(いちあ)…可愛い果物の王様、苺を使った名前。 この漢字さえ使えばどんな組み合わせでも可愛くなりそうです。 ・可愛恋(かあい)… もう自分で可愛いって言っちゃいました。 ・望叶愛(てぃあ)…まさに大恋愛の相が出ている名前ですね。 読み方もまさにキラキラしています。 ・純粋愛(じゅんな)…1人だけを想い貫く純情さが感じられます。 そう来たか!まさに独自の世界 聞きなれた単語でも漢字にするとかなりのインパクトがあるものをまとめました。 ・宝愛瑠(じゅえる)…もはや才能すら感じる当て字です。 口に出してみると思ったよりも言いやすいのがミソ。 ・緒乙女(おとめ)…「乙女」だけでも成立するところを頭に足したもの。 3文字になっただけで目立ちます。 ・花愛人(はあと)…キラキラネームの特徴として音読みと訓読みを混ぜるものも多いです。 その例がこちら。 ・王冠姫(てぃあら)…姫の被る王冠でティアラになるという発想力に感服です。 ・未羅乃(みらの)…ミラノってイタリアのミラノでしょうか?鼻が高い子に育ってくれれば良いですが。 ・七音(どれみ)…読みの珍しさもですが七という数も縁起が良くて良いですね。 長調が気になります。 ・奏音(そなた)…クラシックの器楽曲から。 小規模なソナタはソナチネと言うので赤ちゃんの間はそう呼びたくなります。 ・希星(きらら)…星の光のきらめきから付けたのでしょうか。 希望の星ってすてきな感じですが、読むのは難しいですね。 ・星凛(あかり・きらり)…読みは可愛いのですが、漢字からは想像できません。 星明り、星のキラキラからイメージした名前でしょうか。 ・苺苺苺(みるき・まりなる)…苺が3個並んだ、ちょっぴりおいしそうな名前。 これを読める人はキラキラネームの達人ですね。 キラキラネーム紹介~男の子~ 空・宇宙・星にまつわるキラキラネーム やはり女の子と比べて男らしさや爽やかさが強調されるものが目立ちます。 果たしていくつ読めるでしょうか? 男たるもの広い空のように大きな器を持つ名前を……という願いのもとで生まれた、それらにまつわる名前です。 ・宇宙(そら)…宇宙と書いてソラと読み地球と書いてホシと読む ヒーロー戦隊モノのテーマソングのようです。 ・希星(きら)…輝く希望の星といったところですね。 名前を聞いて何を思い浮かべるかで世代がバレそうです。 ・青空(せいあ)…普通にアオゾラ君って読んでも可愛い気がします。 ・澄海(すかい)… 海なのか?空なのか?迷わせます。 ・星音(しおん)…福音がもらえそうな神秘的な名前ですね。 簡単な漢字なのに読めないのがキラキラネーム。 ・天空(そら)… RPGの勇者感たっぷりな漢字です。 心の広い子供に育ってほしいです。 ・快晴空(かいせい)…重厚感のある響きなのに漢字は爽やかなところがポイントです。 海を使ったキラキラネーム 空も広いが海も広い!爽やかさも兼ね備えながらも海のような荘厳さも持ったキラキラネームです。 ・海空(かいる)…このまま「うみ」「そら」と呼ぶことも。 海も空の魅力を両方入れたいという方に人気です。 ・碧海(あくあ)…アクアマリンの美しい輝きを連想させる漢字です。 ・拓海(たくみ)…これは一般的にも通用しそうですね。 「み」が海なだけでなんだかお洒落になります。 ・南海(みなみ・うみ)…南国の暖かく穏やかな海を彷彿とさせます。 ・十海人(じゅうと)…同じ海の付く名前でも、濁音が入っていると男らしい印象になります。 ・澄海色(すかい)…澄んだ海のスカイブルー色といったところですね。 実に爽やかです。 こんな名前本当にあるの?!男の子ならではの当て字 男の子にもかなり独特な当て字を使ったキラキラネームも。 女の子のそれとはまた違ったアプローチです。 ・黄熊(ぷう)… 「黄」もまさか自分が「ぷ」と読まれる日が来るとは思わなかったでしょう。 ・光宙(ぴかちゅう)…キラキラネームの歴史はここから始まったとも言える有名な名前です。 ・甲子園(こうしえん)…地名じゃありません。 立派な名前です。 ・波波波(さんば)… だんだんIQテストみたいになってきました。 ・誕生(でるた・ばーす)…仮面ライダーにデルタとバースがいるのですが関係があるのでしょうか。 あるのでしょうね。 ・男(あだむ)… 是非イブを見つけて子孫を作ってもらいたいものです。 ・精子(きよし)…名前はいたって平凡なのですが漢字のインパクトがすごすぎます。 ・笑顔(すまいる)…「エガオ」でいいのでは?というツッコミは無しです。 ・輝星(きらきら・べが)…ついに出ました!「きらきら」これこそキラキラネームの頂点かもしれません。 ・頼音(らいおん)…ライオンの様に強い男に育って欲しいという願いからでしょうか。 頼りがいがありそうです。 キラキラネームはまだこんなにも!キラキラネームの一覧 ・憧れ(あこがれ) ・泡姫(ありえる) ・在波(あるふぁ) ・初珠(うぃっしゅ) ・憂入合夢(うぃりあむ) ・羽々亜(うはあ) ・永久恋愛(えくれあ) ・未知(えっくす) ・天使(えんじぇる) ・宝物(おうじ) ・王子様(おうじさま) ・姫星(きてぃ) ・闘女(きゅあ) ・玖麗(くらら) ・緑夢(ぐりむ) ・偉人(ぐれいと) ・皇帝(しいざあ) ・彗斗(じぇっと) ・飛騎(しぶき) ・世歩怜(せふれ) ・大賀寿(たいがーす) ・団慶(だんけ) ・凸(てとり) ・桃苺橙(とまと) ・今鹿(なうしか) ・南椎(なんしー) ・覇安威(はあい) ・爆走蛇亜(ばくそうじゃあ) ・夜神(はです) ・羽夢舞(ぱろま) ・姫守(ひも) ・舞羅(ぶら) ・プリンセスキャンディ(ぷりんせすきゃんでぃ) ・歩木鈴(ぽこりん) ・本気(まじ) ・幻の銀侍(まぼろしのぎんじ) ・弥有二(みゅうつー) ・夢露(めろ) ・瞳路夢(めろん) ・唯一神(ゆいか) ・月姫(らめ) ・生愛(りばい) ・赤輝(るびー) ・龍飛伊(るふぃ) ・侶実雄(ろみお) 芸能人夫婦が付けた子どものキラキラネーム お笑い芸人は子どもの名前も個性的 個性的なキャラクターで人気がある、お笑い芸人は、 子どもの名前にも工夫を凝らし、個性を出しています。 松嶋尚美さんの長女は「空詩(らら)」、空を「そ」と読ませる名前は結構ありますが、「ら」と読むのは珍しいですね。 石橋貴明さん、鈴木保奈美さん夫妻の子どもは「紙音(しおん)、花音(かおん)、桃音(ももね)」と「音」の字をそろえた名前です。 字の選び方や、読み方に工夫が感じられますね。 鈴木おさむさん、大島美幸さん夫妻の子どもは「笑福(えふ)」。 なぜだか笑福亭鶴瓶さんの顔が思い浮かんでしまいます……。 漢字ではありませんが、明石家さんまさん、大竹しのぶさん夫妻の子どもである「いまる」もキラキラネームと言えるのではないでしょうか。 ほかにも松本人志さん、伊原凛さん夫妻の子どもの「てら」もひらがなですが個性的な名前ですね。 布袋寅泰さん、今井美樹さん夫妻の子ども「愛紗(あいしゃ)」は、愛情をたっぷり受けて育って欲しいという願いからでしょうか。 名前の響きが綺麗ですね。 高橋ジョージさん、三船美佳さんの間に生まれた子どもは「蓮音(れんおん)」で、音の字を使っています。 読めない漢字ではありませんが、珍しい名前ですね。 タレントは名付けもおしゃれ タレントの中でもキラキラネームが有名な杉浦太陽さん、辻希美さん夫妻の子どもは「希空(のあ)、青空(せいあ)、昊空(そら)」と「空」の字で統一されています。 この名付けから「希」を「の」、「空」を「あ」と読ませる名付けが浸透してきましたね。 モデルとしての人気も高いりゅうちぇるさん、ぺこさん夫妻は「リンク」と名付けました。 普通の人なら、名前に似合う姿に成長できるか自信がないところですが、お二人の子どもなら、意外と似合う名前かもしれません。 土屋アンナさんの子どもは「澄海(すかい)、心羽(しんば)、星波(せいな)」と、これも ぱっと見では読めない名前です。 名前から漢字を想像するのも難しそうです。 キラキラネームは受験に不利? 名前は本人の実力の範囲外 そもそも入学試験とは、その学校の学生であるという身分を取得することが目的です。 学校側は教育理念や教育方針を踏まえて、入学希望者が適格性を持っているかを選抜するために試験を行うのです。 その評価要素として、 点数や成績以外にも調査書や面接があることは事実です。 ですが合否において考慮される「成績以外のもの」に関しては、上記の通り 「適格性を判断する要素」に限られています。 いわゆる素行ですとか出席日数、はたまた委員会や部活動などもそれにあたります。 そこに、 本人の能力や努力に無関係な事項である名前は含まれていないのです。 そもそもキラキラネームとしての定義は曖昧なものがあり明確な線引きがありませんので、それを理由に落としたとなると担当者の価値観に依存していると言わざるをえません。 私立の場合でも大丈夫? 公立とくらべてPTAの存在意義が大きい学校も多く存在する私立。 学校の伝統や校風との適格性を判断する上で、本人の成績だけではなく育てた両親の性格等も考慮されることもあります。 その一貫として、 キラキラネームかどうかを判断される余地自体は存在している可能性はあります。 ですが、公立・私立に限らずその学校の入学希望者である以上は、その場合においても考慮できる範囲は限定的となっています。 その中に名前という要素は入ってはいけないのですが、 外部から判断をするのは非常に困難と言えます。 ですがもしもキラキラネームということが理由で不合格になったことが発覚した場合、学校側は憲法違反をしているということになりますので、そのような煙の立ちそうな火は最初から燃やさないにこしたことはないでしょう。 このご時勢どこから何がバレるか分かりませんからね。 結果的には公立私立共に 「証拠がないので可能性が全くないとは言いきれないが、もしも何かがきっかけで発覚したら大変な大事になるので、ほぼありえないと言って良い」ということになります。 自分の子どもにキラキラネームはかわいそう? 今までの内容を加味して考えてみると、子どもにキラキラネームを付けることは少々かわいそうな場合もあります。 あまりにも常識を逸脱したキラキラネームだと、子供が大きくなるにつれて名前が嫌いになり、ストレスを感じながら生活しなくてはならないこともあります。 実際、自分の名前のせいでからかわれる・いじめられるなど名前が原因で辛い思いをしている人も多くいますので、 キラキラネームを付けようと考えるのであれば、あまりにも突飛な名前はつけないようにするのが親の愛ではないでしょうか。 人の名前をからかうのは良くないことですが、場合によっては何かトラブルや悩みを抱えてしまうこともあります。 そして、人にはなかなか相談しにくいような状況になることも。 そのような辛い状況からはどうやって抜け出せばよいのでしょうか。 こういったお悩みは、「電話占い」を利用することで解決策が見えることもあります。 どうしても誰にも相談できずに辛いときは、「電話占い」を頼ってみてはいかがでしょうか。 キラキラネームの対であるシワシワネームとは!? シワシワネームとは シワシワネームとは、 キラキラネームとは対照的な古風な名前のことを言います。 昔流行ったような古い印象を与える名前のことを言い、和風で古臭い印象を与える名前のことをいます。 シワシワネームの判断基準が明確に決められているわけではありませんが、 キーワードは「古風」でしょう。 シワシワネームの一覧! 男の子の場合は、 名前に「介」がつく名前や「仁」という文字を最後につけると古風な印象になって人気です。 また、 「太郎」とつく名前も人気の高いシワシワネームです。 ・太郎(たろう)、龍之介(りゅうのすけ)、保仁(やすひと)、清(きよし)、茂(しげる)、大輔(だいすけ)、博(ひろし)など。 女の子の場合は 「子」という感じが付く名前や「美」がシワシワネームとしては一般的な印象です。 また、 カタカナ二文字の名前もシワシワネームとして名づける親がいます。 ・花子(はなこ)、幸子(さちこ)、キヨ(きよ)、ハル(はる)、久美子(くみこ)、美代子(みよこ)、真奈美(まなみ)など。 親が子供にシワシワネームを付けるのは? キラキラネームが流行したことをきっかけに、あまりにも常識とかけ離れた名前を付けることを嫌う人がいるのも事実です。 キラキラネームは周囲に驚きやマイナスの印象を与えることがありますが、シワシワネームは 昔からある名前だけに就職のときに有利だという声も聞かれます。 実際、学校で先生や友達に名前を呼んでもらえないことも少なくなりますし、突飛な名前をからかわれることも少なくなります。 ただ、少々古風な名前のであることから、子ども本人が「もっとかわいい・かっこいい名前が良かった」と思うこともあります。 大切な子どもに名前を付けるときは、子どもの将来を考えて親として悩むこともありますよね。 一度付けた名前は、ほとんどの場合一生使用するものです。 子どもに幸せな人生を歩んでほしいと考え、誰かのアドバイスや助言が欲しいと思ったときは、「電話占い」で占ってもらう方法もあります。 腕の良い占い師に占ってもらうことで、開運につながるアドバイスをもらいましょう。 子どもにつけるならキラキラネーム?シワシワネーム? キラキラネームにもシワシワネームにも、それぞれいいところと悪いところがあります。 もちろん、どちらの名前をつけても親の願いが込められていることでしょう。 キラキラネームをつけるときは、あまりにも奇抜で突飛な名前にならないようにする必要があります。 キラキラネームと言われる名前の中にも、とっても素敵な名前はあります。 どんな名前を付けたらいいのか迷ったときは、どんな願いを込めて名前を付けたいと思うかを考えてみましょう。 子どもの将来のことを考えると、シワシワネームのほうがいい可能性もあります。 ですが、大切なのは親が子どもを思う気持ち。 子どもの健やかな成長を願って、 その子の人生の足かせにならないようなステキな名前を付けてあげましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 日々生まれ続け、進化し続けるキラキラネーム。 親が最初に子供に与えるプレゼントである名前には、様々な優しい想いが沢山詰まっていることは昔から変わりません。 ですが、時にはキラキラネームによって子供が不具合を感じてしまう場合があるのも事実です。 子供の将来を考えた上で、それでも名前に含ませたい響きがあればそれを天秤にかけ。 名前に正解はありません。 キラキラネームであろうとなかろうと、他の誰でもない愛しいわが子が笑顔になってくれる名前を付けたいものですね。

次の