ルービック キューブ の 解き方。 ルービックキューブの解き方

ルービックキューブ速解き入門|みきめきみくめ|note

ルービック キューブ の 解き方

このライフレシピのもくじ 【】• 一度は挑戦したことのあるルービックキューブ、一面までは揃えられるのに六面全て揃えるのはちょっとしたコツが必要です。 ルービック・キューブの攻略サイトなどでは回し方がたくさんあり、見ながら解くので精一杯になってしまいます。 何も見ないで解いてみたいという方のために、覚える回し方を最小限にした攻略法をご紹介します。 ルービックキューブの簡単な解き方をお求めの方、ぜひご参考下さい。 用意するもの• ルービックキューブ• 鏡 STEP4で使用します STEP1:一面を揃える まずは一面を揃えましょう。 このとき、サイドの色も合うように揃えて下さい。 ここでは決まったパターンはありません。 コツは「どかす、いれる、もどす」です。 ある程度揃ってくると目的の位置に1回で移動させることはできなくなります。 崩れると困るキューブは一度その場からどかして、目的のキューブを差し込みます。 最後にどかした部分を元に戻すことで、崩すことなく揃えることができます。 STEP2:反対面の角の色を揃える 揃えた一面を下にして反対面の色を確認します。 反対面の角の色が4つともあっていればSTEP3に進んで下さい。 反対面の色を合わせるには画像の回し方を行います。 1回で揃わないときは位置を変えて何回か繰り返します。 この回し方は画像でいうと上奥のキューブ以外の3箇所を、位置を変えず色だけ変えることができます。 色が合っているキューブを上奥にしてから行うのがコツです。 STEP3:角の側面を揃える 側面の色が合っているか確認します。 側面の色が全て揃っていればSTEP4に進んで下さい。 画像の回し方でキューブの位置を揃えることができます。 1回で揃わないときは位置を変えて何回か繰り返します。 側面の色が合っている場所を手前にした状態で画像の回し方を行うのがコツです。 STEP4:角以外のキューブを揃える 最後に角以外のキューブを揃えます。 ここでは移動するキューブを意識して回す必要があります。 まずは画像の回し方を確認して下さい。 画像の回し方では色のついている3箇所だけ移動します。 一度に全部揃えることはできないので1箇所ずつ合わせていきましょう。 STEP1で揃えた面の反対面を先に揃えることをお勧めします。 ここでは画像の回し方を左右反転して行う必要が出てきます。 例えば「橙、黄」のキューブを揃えてみたけど「黄、橙」になっており、左右の色を反転させたいという場合があります。 このような時は画像の回し方、左右反転した回し方、画像の回し方の順で元に戻すことができます。 左右反転の回し方は鏡を使って見るとわかりやすいです。 覚えたら即実践! ルービックキューブは老若男女問わず遊べるので、一家に1個あってもいいかもしれませんね! 複雑で沢山の揃え方を覚えないと解けないパズルだと思われがちですが、少ないパターンでも解くことができます。 たった3パターンですので、覚えて周りに自慢しましょう。 Twitterで紹介!.

次の

【2020年最新版】ルービックキューブのおすすめ人気ランキング11選

ルービック キューブ の 解き方

昨年末からをやりだして、3 ヶ月ぐらいたちました。 最近人に会ったときに、かなりの確率で話題にあげているので聞いたことがある人もいるかもしれません。 そこで、一度文章にまとめてみたいと思います。 なぜやりだしたのか きっかけは、なんとなく脳に刺激をあたえるのに指先を動かしたいということでした。 仕事がなんだし、仕事中に指はよく動かすだろうと思われるでしょう。 しかし、普段使っているキーボードはキー数が少なく、あまりから手を動かさなくてコーディングができるようになっています。 そのため、HHKB のような標準的な配列でキー数の多いキーボードを使うとすごく疲れます。 なにをやっているのか メインは、 3x3x3 と呼ばれる一般的なやつをやっています。 左から2x2x2, 3x3x3, 4x4x4 とはいえ、やっているうちに、2x2x2 や 4x4x4 と呼ばれる 3x3x3とキューブの数が違う直方体パズルや、同じ直方体だけど回り方の違う、正四面体の、正十二面体のなどにも手をだしました。 左からピラミンクス、メガミンクス、スクエア1 なお、使っているのは からでている公式のものでは無く、スピードキューブと呼ばれる解くスピードを競う競技で使われているものになります。 公式のものは荒っぽい使い方をしても壊れないように頑丈に作られていますが、キューブの回転が重く回しにくいです。 一方、スピードキューブで使われるキューブは回転が軽く大変回しやすいです。 価格も公式のものより安いものあれば、高いものもあります。 高いといっても、世界記録保持者が使っているものと同じものが 7000 円以下で買えるので趣味のものとしては格安です。 何が面白いのか 単純に子供の頃にできなかったことができるようになるという経験は大変よいです。 インターネットが発達した現代において、各種パズルの解法は少し調べたらわかります。 などの動画での解説もあるので回し方も理解できます。 また、やっていくうちに自分の成長がわかりやすいというのもあります。 まずは解法を見ながら解いていたのが、見なくても解けるようになり、そしてどんどんタイムを縮めていくと、ただ解いて終わりだけではない世界があるのが楽しいです。 そして、ハマっていくにつれ仕組みが理解できる楽しさもあります。 キューブという道具の仕組みがわかるというのもありますし、こう回すとキューブがどこにどう移動するかというのをもわかるようになります。 どれから始めればよいのか さて、ここからはこの記事で興味を持ってくれた人向けに、始め方のような記事を書いていこうかと思います。 この記事だけでも 6 種類のパズルがでてきて、どれからやり出したらよいか迷うかもしれません。 特に過去に 3x3x3 のキューブをやって解けなかった経験がある人はキューブの数が少ない 2x2x2 に興味を持つかもしません。 私は 3x3x3 のパズルから始めることをおすすめします。 なぜなら、スクエア1やなどを除く直方体のパズルについては、3x3x3 の解法がベースとなっているため、一度覚えると後が楽だと思うからです。 2x2x2 は 3x3x3 の頂点のキューブのみとして解けますし、4x4x4 以上になると 3x3x3 の形になるように解いた後に、3x3x3 の解法を適用していきます。 どこで何を買えば良いのか まず、私の回答を先に載せると、 、もしくは で、最初から投資するお金を気にしないなら 、お試しで安いのがよいなら を買って下さい。 ステッとステッカータイプの2種類がありますが、ステッのほうがシールが剥がれたりするということがないのでステッをおすすめします。 まず購入する場所についてですが、一般的なおもちゃやなどでは販売されていないため、ネットショップで購入することになります。 そうなるとまずは で探すと思いますが、価格がかなり高くなっています。 Tribox と Smartship の両ショップでは、公式ショップでの価格とあまりかわらず、安心して購入できます。 次におすすめのキューブについてですが、予算に余裕があれば GAN 356 XS をおすすめします。 このキューブが、現在 3x3x3 の中で一番評価が高いものです。 私がこのキューブをすすめる理由は 2 つあります。 まずは、何よりも軽いという点です。 これは、キューブ自体の重さもそうですし、キューブの回転の軽さというのもあります。 キューブの回転の軽さというのは、私にとっては非常に重要なポイントです。 前回の年末年始に帰省した際、安いキューブを持って帰り手順を覚えるために暇なときはずっと回していたのですが、どうやら回すときに力が思ったよりいれていたようで、休み明けに指が腱鞘炎のようになりました。 そのため、回転の軽いキューブがいいのではと考えるようになりました。 キューブは調整により、回転の軽さを重くしたりできるのですが重いものを軽くするのは難しいので最初から軽いのを買うのをおすすめします。 なお、GANCUBE というメーカーのだしているキューブは比較的どれも回転が軽いと感じています。 次に調整がわかりやすいという点です。 スピードキューブは、回しやすいセッティングを探して調整する必要があります。 スピードキューブは、で売られているようなキューブと違い、回しやすく作られています。 スピードキューブは仕組みとしてコアと呼ばれるパーツに各色の中央のキューブがバネをいれてネジ留めされています。 バネの強さは回転の軽さに影響してきます。 コアとキューブの距離は、キューブ同士のくっつく力に影響してきます。 このバネの強さとコアとの距離が調整可能なポイントなのですが、大半のキューブはこの調整をドライバーを使ってネジの回転数や出具合をみながら感覚で 6 面調整することとなります。 しかし GAN 356 XS は、バネの強さは 6 段階、コアとの距離は 4 段階で設定できるため、調整が非常に簡単でわかりやすくなっています。 また、大半のスピードキューブには立方体の頂点となるキューブに磁石が入っており、キューブを解く際のサポートをしてくれます。 GAN 356 XS では、この磁力も 3 段階から選択可能となります。 このように設定を段階的に変更できるため、バネが強いのがいいのか弱いのがいいのか、キューブ同士のくっつきがゆるいのがいいのかキツいのがいいのか、磁力が強いのがいいのか弱いのがいいのかを探りやすくなります。 実は、同じ GANCUBE からでている も同様に調整が可能なのですが、価格差が 1000 円程度なので、それならモデルを買った方がよいと考えています。 一方、初めてだしそんなにお金をかけたくないという人は、1000 円台で評価のよいキューブを買ってみるのをおすすめします。 この 1000 円台で評価のよいキューブというのが、 だったり、 になります。 もし、これらを買って回しづらいと感じたら、Thunderclap のレビューにあるようにネジを緩めて試すことをおすすめします。 私は、最初に買ったキューブはこれらではなく、 でした。 このキューブもネジを緩めるとだいぶ印象が変わり、ここから調整の奥深さにはまりました。 どうやって解くのか 解き方については、Tribox のを参考にするとよいでしょう。 なおキューブを Tribox で買う場合は を併せて注文してください。 ネット版と解き方の回し方が違いますが紙でみながら解いたほうが一覧性がありわかりやすいと思います。 また、yhara さんの にいろいろまとまっているので参考になると思います。 最後に わたしも最初始めるときは、そこまでやらないだろうと思っていたのに、あれよあれよと沼にはまった感じがあります。 これを読んで興味を持った方が、一人でも初めてくれたらうれしいです。

次の

ルービックキューブをやりだしたおはなし

ルービック キューブ の 解き方

ルービックキューブには様々なの解き方があります。 初めてのルービックキューブ LBL法 ルービックキューブについて初めて学ぶ方のための解法です。 2019年、ビデオ版を追加しました。 上級者が使うCFOPの簡易版、 簡易CFOPをベースに、キューブの持ち方、回し方から解説しています。 手順の数をいたずらに削るのではなく、理解のし易さと、中級編、上級編への移行のスムーズさを意識した構成になっています。 『初めてのルービックキューブ』で紹介する手順だけを使ってルービックキューブを解く様子を撮影してみました。 基本情報• キューブの配色は世界基準配色です CFOP解法 CFOPは、LBLに分類される競技用解法です。 CFOPの名前は「Cross — F2L — OLL — PLL」に由来します。 3層目を揃える方法は2つの段階に分かれています。 PLLを終えると6面が揃います。 リンク•

次の